ヌッシー疑似餌同好会

タイラバって釣りはオフショアの釣りとしては道具が少なくてコンパクトにできるのが特徴。
なのでヌッシーはドカットの最小サイズD4500にコンパクトに纏めて使用してました。

まぁ雨具とか食べ物とかカメラとかは別のバッグで持ち込んでたりしてましたけどね。


でも最近はLUXXE桜幻シリーズもアイテムが増え、実験すべき素材も増え、パッケージ写真が必要な場面も多いのでパッケージごとの商品も持ち込み…
気がつくと小ドカットD4500+バッグだけでは入り切らず、小ドカットD4500+中ドカットD4700(迷彩塗装)の2つを船に持ち込んでる毎日。

箱2個は面倒くさいし邪魔!

という訳で新たに大ドカットD5000追加!
ジギング用に加えて2個めのD5000です。

ドカットD5000
(D5000の内部トレイのサイズが小さくなったのね)


何か箱ばかりが増えていく…( TДT)
箱を整理するために箱を買い足すマッチポンプ。

まぁ取り敢えずドカットを買ったので恒例の開閉ストッパーワイヤーの施工です。
巷では風呂の栓を繋ぐチェーンを使用する例が多いですが(ヌッシーも以前はそうしてました)、車で運ぶ時にチャラチャラ音がするし・開閉時に蓋に挟み込むし・意外と弱くてパンッと破断するし…

という訳でヌッシー方式は太いナイロンをスリーブ留め!
太さは300lb位ありそうなものですが、釣具屋さんよりもホームセンターで吊り下げ用のテグスとして売られているものがベストマッチ。

ドカットワイヤー1

穴を2個開けて、内側から外側に向かって通すと開閉時に必ず内側に曲がるので噛み込みません。

ドカットワイヤー3

これをアルミスリーブでカシメて留めるだけ。
お好みでチューブ噛ませておけば頻繁な開閉にも強いです。

ドカットワイヤー2

これはかなり強度もあって、トラブル少なくて、音もしないのでオススメですよ!





ちなみに小ドカットD4500のタイラバでの使い方はこんな感じでした。
よくあるタイプの小さいケースが縦にピッタリ収まるのです。

ドカット4500A

トレイには使ったタイラバを放り込んでおく小皿を置いてます。
他には道具一式などがトレイに乗っかってます。

トレイを外すとシンカーを水平置きで3層構造。

ドカット4500B

こんなのが何かの参考になれば良いのですが(笑)

【海況】8月17日長潮 雨→晴れ
【釣船】白墨丸
【釣り座】胴の間

例年お盆の間は釣り自粛のヌッシーです。
古風なんです。
という訳で送り火も終わった17日に早速タイラバにGO!
何か潮周り的に紀淡海峡で釣れそうな気がするので白墨丸さんにお世話になりました。
何となく同じ目論見の顔見知りの常連さん達含む選手8名で出港〜

白墨丸
(お盆過ぎると夜明けもかなり遅くなりましたね〜)

くじ引きの結果ヌッシーの釣り座はちょっと後方の胴の間。
お客さんは皆さんかなりやり手っぽい感じです。

ポイント着。
取り敢えず投入してみますが速攻でプツン!とタチウオに切られ…
おいおい〜と思いながら再投入するとまた速攻でプツン!とタチウオに切られ…

まだ誰も何も釣ってない間にヌッシー2発も切られてしまいました。
こりゃかなりタチウオ沸いてるで〜

しかも天気予報では晴れ予報だったのに夜明け前からどんより曇り、時々しゃ〜っと雨が降るごっついローライト
更には二枚潮どころか三枚・四枚な感じのトルネード潮
更にはプッツンプッツン切っていくタチウオ
なんじゃこりゃ〜!

タチウオも狙ったらなかなか釣れんのにタイラバの邪魔はチョコチョコしてくるのよね〜
周りの皆さんもタングステンヘッドをプチプチ切られてはります。
きっと釣具屋さんに雇われたタチウオにちがいありません(笑)

10時を回っても相変わらず雨・二枚潮・タチウオの三重苦は続きます。
特に今日の潮は無茶苦茶変で手練のお客さんばかりなのに3人4人で絡む複合オマツリが多発します。
これだけオマツリするとラインの信頼度はゼロになりますね。
下船後、船長も「午前中のあの潮はありゃ無理だと思った」と遠い目で語ってました(笑)

それでもミヨシのお客さんは結構いい感じで釣れ続けます。
でも胴の間〜艫のお客さんは沈黙。
潮が変すぎてドテラで流せずスパンカーを使って船を立てなきゃ釣りになりません。
そこで船長が「ヌッシー左前空いてるから行ってみ〜」と言ってくれたのでホホ〜イと移動。
移動した途端にミヨシが沈黙して艫がポポン!と連続ヒット!
マジか!ヌッシーが毒電波だしとるんか?!



昼を回って胴の間3人だけが取り残されてしまいました。

この辺りからようやく潮が落ち着いてきて素直なライン軌道でドテラ流し出来る状態になってきました。

チャンス!
ちょっと風が強かったのでヌッシーはかなり重めの150gシンカーで投入。
すると胴の間のお客さん2人がポポン!とヒット!
ヌッシーはシンカーを重くしたのに風が緩んだせいでレンジが合わず乗り遅れ。

しまった〜セッティング間違えた!
慌てて100gにシンカーをセットし直し。
ネクタイもこの辺りで一番実績のあるゴールドオレンジのロングカーリーをセット。

今日のアタリ玉

潮の残り時間もそう長くはないです。
持ってこの1流しか2流し。
間に合うか?!

野球で言えば9回裏2アウト!
いや、野球はここからや!
(野球ちゃうけど)
9回裏2アウトこそ男のロマンや!!


すると
の〜〜〜んと重くなるアタリ発生!
すかさず巻き合わせ!
ヒット!(涙)

やったぜ!51cm

上がってきたのは値千金のマダイ51cm!
まさに2010年の仙台育英×開星の試合、9回の裏2アウト・2ストライク3ボール、フルカウントで自動的に走り始めたランナーから始まる開星の逆転劇!

続けて同じようなアタリを巻き合わせで刈り取った55cm!
続けて2匹め55cm
(真っ白な魚体のべっぴんさん)

この後もアタリは何度か発生したものの
監督船長から試合終了のホイッスル。
満足してタイラバを回収しようとした水面直下でサワラがギャーンと来てバクっと来てブチッと引きちぎってあ〜ビックリで終了〜(笑)

いや〜〜〜〜危なかった!
今日は本当に厳しい試合でした。
マダイ攻略というより二枚潮とタチウオに苦しめられた一日。
それでもワンチャンスに掛けてじっとタイムリーを待ち続けた我慢の釣りでした。
まぁ潮さえ整えば4番セットでガツンと長打でるんですけどね〜

50cm台が2匹釣れて帳尻も合って満足できる結果に終わりました。

あ〜〜危なかった!(笑)


釣果

シーホークの古川船長にお誘いを受けて京都釣船業協同組合様主催の真鯛稚魚放流事業に参加させていただきました(←漢字多い!)
これは例年京都府水産事務所が年間(と言うか2〜3日で)60万匹程放流する真鯛稚魚の放流を京都釣船業協同組合で協力するというもの。

本当は今月7日に実施の予定でしたがノロノロ台風5号の影響で延期になり、急遽前日の9日に「明日(10日)にやる!」と決まったもの。この急な予定変更にも関わらず各社フットワーク軽く参加され朝9時集合!
ヌッシーは厚かましくもうちのチビっ子2人も参加させて頂きました。

トップスジャパンさんに乗せていただいて栗田にある京都府水産事務所へGO!
ここでワープゾーンさんと舞鶴セントラルマリーナさんと合流です。

京都府水産試験場2

水産試験場の生け簀。

スゲー数います

この中にスゲー数の稚魚が居ます。

これをバケツリレーで

これをバケツリレーで

船内生け簀へ

船内生け簀へ。

ほらほらっ!

ほらほらっ!(山本艦長お元気そうでした!)

これを沖の放流場へ

これを沖のポイント(通称マダイの里)へ放流しに行きます。

網で掬って

網ですくって…

放流っ!1

放流っ!

放流っ!2

放流っ!

放流っ!3

放流っ!

放流っ!4

放流っ!

放流っ!5

放流っ!


ヌッシーも

ヌッシーも放流っ!


なかなか得難い経験させていただきました。
これだけ放流すれば丹後の真鯛も安泰っ!


ありがとうございました


ありがとうございました〜!

8月7日(月)発売の週刊つりニュースで先日の江井ヶ島の阪本丸でのタコ釣りの記事を掲載していただきました〜!
タコシーズン継続中に掲載間に合って良かった(笑)
つりニュース1


今回はタコ釣り繋がりで辻原さんと一緒に掲載〜

つりニュース2


おっと!エイジさんも居るね
ハゼクランクの記事か〜
(何となく釣り新聞って知り合いで作られてる印象)

つりニュース3

週刊つりニュースはコンビニ&専門店で毎週月曜日発売です〜

今日は連載を頂いているコスミック出版「ゲームフィッシング」誌vol3の取材で白墨丸さんにお世話になってきました〜

時々雨の降る生憎の空模様&海底まで見えそうな澄潮。
昼を過ぎたらカラッカラの快晴猛暑!


(白墨丸さんのインスタは面白い)


そんな中でも今日は快調に釣れ続け、少なくとも12〜13匹は釣ったはず。
(チャリコは釣れるたびにソッとリリース)
後半はダブルヒットトリプルヒットも飛び出してお祭り騒ぎ!
     


よく釣れて最高の取材になりました!!


今回のヒットタイラバはコレ!
桜幻ロングカーリー(ゴールデンオレンジ)激アタリ!
しかもなぜかマットライムのヘッドとの組み合わせが超強力

DSC_0019
この組み合わせ、ちょっと試してみて〜!


ゲームフィッシングVOL3は8月21日発売です!

【海況】7月22日大潮 快晴 メチャ暑い
【釣船】阪本丸(S丸)
【釣り座】大ミヨシ


釣友のたいちゃんが阪本丸を片舷チャーターした上でタコ釣りに誘ってくれました。
阪本丸(通称S丸)と言えば今や播磨灘で最も予約が難しいタコ釣り船として有名。
昔のようにヒョイと乗せてもらって無茶な遊びをしていた頃が懐かしい…

今シーズンの明石タコ釣りは当初かなり渋かったもののこのところ急激に上向いて、S丸では一日釣果1000オーバー・1人で3桁前後釣る猛者もちらほら現れて絶好調!
これはかなり期待できる!!

とワクワクしていたらあろうことかチャーター前日朝に200隻を超える底引き網船団がゴッソリ獲ってしまってベストポイントはスッカラカンとのこと…

なんですとぉぉぉ!

まぁ仕方ない…
持ち込むクーラーを50Lから35Lに変更し、個人目標を80オーバーから「最低30・目標45・努力目標50」に設定。
何しろ昨日の今日で状況がサッパリ判らんのでどうしようもありません。

朝4時にたいちゃんチーム右舷・もう一方チーム左舷で計13人で出撃です!
ヌッシーは大ミヨシのお立ち台に釣り座を設定。

この春に新艇となったNEW!S丸。
デカイ広い使いやすい!

NEWーS丸


ポイント到着後に早速投入。
今回ロッドは終始ジグドライブB60UL-RFでこなし、ルアーはコウイカスッテで通しました。
コウイカスッテ投入→即タコヒット!
タコ釣りはほぼ1年ぶりですが絶好調に釣れていきます。

タコ居るやん!(喜)
すぐにツ抜け。


しかしココからちょっと苦戦。
なぁ阪本くん何か俺って常に潮下ちゃうか?(爆)
船は艫流れでポイントに進入。
当然艫からバンバンバンと釣れ始めます。
開始直後は戸惑っていた同船者の皆さんも時間が経つにつれ上手になり、取りこぼしがないのでミヨシのヌッシーまでタコが回ってきません。
右舷と左舷のちょうど真ん中に落としたり遠投したり投入する筋を変えして対抗!

努力の甲斐あって午前10時前に40杯達成!
こりゃ一日目標50杯行けそうやな!
しかしココから先が長かった…

まず潮が止まって食いが激減。
加えて梅雨明け直後の快晴。メチャ暑いのです!
なぁ阪本くん今気がついたけどミヨシの俺のとこだけ屋根無いんちゃうの?(爆)
他の人は皆屋根の下で涼しそうなのですが、ヌッシーだけ日に照らされ1人で汗だくです。
あの〜俺は光合成しませんからっ!
炎天下ミヨシ
暑ぅ〜〜暑ぅ〜〜〜!



それでも時折良型も混じり。
ええ型

昼前には総計48匹に!
50匹まであと2匹!

しかしこの2匹が全然増えん!(笑)

あまりに追加できないのでステッカーでマーキングしてみたり…
マーキング


時計は12時を回り阪本くんの「あと30分であがりましょか〜」コール発動!
ヤバイ!48匹なんて中途半端な匹数で終わったらS丸メンバーにどんだけ弄られることか!

焦って真面目に狙ってみますがコレがまた全然釣れません。
密かに阪本船長は船を回頭してヌッシーを潮上にして「あんたが2杯追加したら帰れるねん。はよ釣らんかい!(笑)」と明らかなプレッシャーをヌッシーに掛けてきます。

メチャクチャ集中して何とか2杯追加したらその辺りから急にまた食い気が良くなって結局13時まで延長。
ヌッシーも更に2杯追加して計52杯で終了となりました。
ヌッシー釣果

ふ〜〜!何とか努力目標の50杯クリアできました。
まぁ今日の状況ではコレだけ釣れればオッケーオッケーです。

船内合計でも300杯オーバー。
両チームともリーダーさんが頑張って50匹近く釣り上げたんですね。

リザルト

阪本船長は今年から始まったタコ釣り規制をよく守って小蛸リリースの他、蛸壺エリアでは他の船が釣りをしていても自分はしなかったりと自分に厳しく営業しています。
それでいてこれだけ釣らせるんだからそりゃ予約取れないわけだわ。

そろそろ7月も後半にさしかかりタコ釣りもピークを超えて釣果が下がる時期になってきました。
もうちょっとの期間は釣れそうですがやっぱり今年もタコ釣りはお盆までかな〜?

【海況】7月18日長潮 雨 風 波
【釣船】白墨丸
【釣り座】大艫

前回ヌッシーが遊びに行った二日後辺りから急激にタイラバ釣果が良くなり爆発した紀淡海峡。
すんげ〜釣れてるのは知ってましたがヌッシーは地元の祭り準備で参加できず。
ようやく白墨丸のアッキー船長に電話できたのはヌッシー誕生日の17日。
「ええけど爆釣は昨日で終ったでたぶん…」
え〜〜!マジすか?!
でも取り敢えず行きます!やりたいことも色々あるし。

取り敢えず出港!
天気良く海はベタ凪。
instaweather_org_20170718_063438

今日は全部でお客さん5人。常連さんが前3人でヌッシーの前は釣り船に乗るのも初めてのシニアさん。
うん、今日はこのシニアさんに釣ってもらえたら勝利やな〜と船長と雑談しながらポイント到着。

開始してしばらくしてミヨシの常連さんがチャリコをポン、しばらくしてまたポンと釣り上げ。
ここのところずっとアレコレ試行錯誤中のヌッシー。
巷で色々「コレエエで!」と言われていることがホントかどうかとか色々検証していたりするのですが、実験してたりすると釣果が出遅れがち(笑)

こりゃイカン!と気合い入れて巻くとココんっ!とアタリ!
巻いてみると上がってきたのは生まれたて鮒サイズのチャリコ(笑)
もう即リリース

この辺りから淡路島の洲本の方から強風が吹き付けてきて、洲本の街が雨で見えなくなってきました。
「またか〜〜〜」と思いつつヌッシーは黄金聖闘士並の速さでいつものパープルカッパ装着!
案の定どさ〜っと雨降ってきましたよ…

前回よりも雨量は少ないですが今回はやけに冷たい雨。
何か冷えてきます。
今回は雨も大概ですが前線が通過しているのか風が強くて波気が出てきました。

そこへ
お!何か釣れた!

でもどうにもマダイな感じがしません。
上がってきたのはタチウオ(指3本)
船べりで吐き出したのはカタクチイワシ。
タチウオやらカタクチイワシやら大阪湾も夏ですね〜

しかし渋い…
本当にサービス期間は終了なの?
(潮が小さくなっただけと思いますが…)

海はザブザブになったので島の風裏に移動するも当たってくるのは生まれたてのチャリコばかりなので風表に移動。

そろそろ時間も無くなってきました。
今日も色々試していたのですがどうにも空回り。
ちょっと基本に立ち返ろうとパッションオレンジのショートカーリーを気持ち入れて巻いたら即ヒット!
そうなんだよな〜やっぱり基本通りなんだよな〜

でも上がってきたのはこのサイズ。
DSC_0008


でも釣れる気がしてきたのでもう一度巻いたらゴゴンとヒットして即バレ。
早巻きして中層ヒットするもリーダー切られ…(またタチウオ?)

ザブザブだった海も終了間際に少し治まったタイミングで隣のシニアさんが何かヒット!
上がってきたのは良く肥えたニベ!
マダイじゃないけどそれ旨いですよ〜
なにはともあれ喜んでいただけたみたいで良かった!
初めての船釣りと聞いていましたが一度もタイラバをロストすることもなく上手にされていましたよ。

そこへミヨシの常連さんが59cmヒットさせて心折られて終了〜!

今日も色々試したけどタイラバは判らんことだらけやわ〜〜〜

7月10日(月)発売の週刊つりニュースで先日の第八大洋丸での南紀タイラバ(ジギングしに行ったのだが…)の記事を掲載していただきました。!

表紙は大田さん!
つりニュース1


よく見ると今日誕生日の越智さんがちゃっかりマダイ持って載ってます(笑)
つりニュース2


ちゃっかりしてるぜ!


お隣には舞鶴シーホークさんでのタラジギングの記事も!


週刊つりニュースはコンビニ&専門店で毎週月曜日発売です〜

【海況】7月7日大潮 大雨
【釣船】白墨丸
【釣り座】大艫

久しぶりに加太のマダイを食べたい!
と言う訳で半年ぶり位に泉南の白墨丸さんに乗せてもらいました。
今日は全部で6人のお客さん、ヌッシーは珍しく大艫です。

出港直後から空はどんより具合…
ポイントに着くと淡路島方面から明らかにヤバイ雨が近づいてきたかと思うとザーザー降り…
ザーザーザー!
滝行かっ!





#白墨丸 #鯛ラバ #雨にも負けず 7月7日 金曜日

白墨丸さん(@sirosumi4643)がシェアした投稿 -



潮も二枚潮で風向きは吹いたり止んだり風向き変わったり…
雨は降ったり止んだりと言うよりは強烈に降ったり小雨になったりって感じ。
アッと言う間にパンツまでグッショリ〜

そんな中でもポツポツと釣れます。

6時前
一匹目


7時前
二匹目


9時前
三匹目


この後また1匹追加…
「ヌッシー写真撮らんの?」と聞かれましたがどれも同じサイズなの上に土砂降りなのでカメラを出すのをやめて写真無し。





そんな中、その事件は昼前に起きました。




ヌッシーはまた同じようなサイズのマダイを追加。
釣り上げて魚を生け簀に入れたタイミングでお隣さんと更にその横の方がダブルヒット!
お隣さんは何やら大型の魚らしく皆さんを躱しながらミヨシへ移動。

ヌッシーはちょうどタイラバを上げていたタイミングなのでタモ入れにまわりました。
隣の隣の方のマダイをタモアシスト。
お!今日としては良い型の50cmクラスじゃないですか!

マダイを掬って今度はミヨシに回ったお隣さんのタモ入れにまわります。


あ〜これは青物…ブリですね〜

尻尾スレか?
メチャ走りますね〜

ヌッシーは青物用の大型タモを構えてスタンバイ

お!見えた!
これは大きいブリや!


目視でかなり大きいブリです。よく太ってます。


船を見てからブリは更に2〜3回突っ込んで逃げます。


それをPE0.8号で耐えてあともう少し!!!


もうちょい、


もうちょい、


よしっ!

ヌッシーナイスタモ!


船のデッキへおりゃ〜!






ポンッ




????



ヌッシーが握っているのは棒だけ。

海を見るとブリは網に入ったままゆっくりと沈んでいきます。



????

全員で一瞬何が起こったのか判らずフリーズしましたが、皆で我に返り…
ヌッシーは棒(?)でタモ網を引っ掛けて耐え
アングラーはブリの尻尾を素手で掴み
そこへ船長が他のタモを2本持ってきてサンドイッチで船上へ!

危なかったー!
何でタモ網が外れるねん!(笑)

見るとタモ網を留めるノッチ部分が錆びて全て無くなってましたよ〜〜

スッポン


何とか無事にブリをランディング出来ましたがヌッシーはマジで焦りましたよ〜
皆で「こんな事ってある?!」と大笑い。
いや船長笑ってる場合やないでマジで頼むわホンマに〜(笑)


ブリは90cmに迫る大型でした。
ブリ89cm

胃袋の中からはカタクチではなく大型のマイワシが2匹出てきました。


このあともう一回マダイを掛けてバラしたような気がしますがもういいや(笑)
あれ?ヌッシー今日何匹釣ったっけ?4匹だっけ?

今日の白墨全体釣果。
なんやかんやで結構釣れてましたね。

全体釣果


帰宅後ヌッシーの釣果を見ると5匹。
そう言えば5匹釣った気もする(笑)

釣果


でもタモが抜けた事件で何か細かいことスッカリ忘れてしまった一日でした!

7月2日に行われたNPO法人・瀬戸内西部遊漁船協議会(SSYK)主催の第一回タイラバ大会に参加してきました。
SSYR


瀬戸内西部遊漁船協議会は愛媛・香川・岡山・広島の遊漁船70艇で構成される団体とのことで今後も色んな活動をしていく予定だそうです。

ヌッシーはLUXXE桜幻総監督M氏と2人で前日から松山入り。
ちょっと早めに着いたので路面電車に乗って道後温泉本館で入浴もしてきました。何度も松山には来ているけど道後温泉に入ったのは初めて。宇和島式の鯛めしも食べて準備万端!

今回のタイラバ大会は参加艇15隻・参加者120名と第一回大会ながら大盛り上がり。
シマノの赤澤さんダイワの植田さんジャッカルのあいちゃんも参加で賑やかです。
ヌッシーはお初のOZさんに乗せていただくことになりました。

参加艇


いよいよ出港!
順番に船に乗り込み、全艇揃ったところでスタート。
各船散り散りになるのかと思いきや公平を期すために目の前の灘(斎灘っていうのかな?)で一緒に釣り開始。
適度な潮の流れ、風無し快晴。
こりゃ釣れるで〜〜〜!

と思いきや何の反応も無し…

釣座はXローテーション方式で1時間毎に移動するスタイル。
左大艫で始まったヌッシーは1時間後に右大ミヨシに移動。
移動直後に大艫でポンポン!と50up60upが釣れ…

船中1匹目


船中二匹目

そしてその後左艫でまた60up(左大艫の総監督M氏すっとばされてますやん!(笑))

そして左胴の間後方で70up!

船中三匹目

ぐぬぬ〜〜〜!
何か悔しい〜(笑)

その後ちょっと移動して今回も見えたぜダッシュ島(笑)

ダッシュ島

必死にマキマキし続けるもコツンともアタリ無く…
いやタイラバなんて絶対釣れるやろ?!
と思うもその後も全くアタリ無く納竿。

マジすか?!
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


そして検量。

検量


検量が終わったらメーカー系4人でトークショーの予定ですがヌッシー釣ってないよ( TДT)
打ちひしがれていたら同じようにノーフィッシュだった某氏が居てくれて助かりました!マジでホンマに!

トークショー

釣りではええとこ無かったヌッシーでしたが、最後のくじ引きだけは強運を発揮!
何とスミスさんとこのロッドが大当たり!
そしてそのロッドを急遽ジャンケン大会開始でそのまま参加者の方にお渡し。
ちょっとでも盛り上がりのお手伝いできて良かった〜


その後の表彰式では優勝者の方は何と2匹合計8kgとブッチギリの釣果で優勝!
優勝賞品の一つはLUXXE 桜幻 鯛ラバー B68L-solid.Rです。

表彰式

なかなか厳しいタイラバ大会でしたが第一回なのに大いに盛り上がり楽しく過ごさせていただきました。
来年も出来たらお手伝いさせていただきたいな〜

運営の皆様ありがとうございました!

参加者


帰りの道中はずっと総監督M氏と反省会だったのは言うまでもありません(爆)

このページのトップヘ