ヌッシー疑似餌同好会

【海況】7月18日長潮 雨 風 波
【釣船】白墨丸
【釣り座】大艫

前回ヌッシーが遊びに行った二日後辺りから急激にタイラバ釣果が良くなり爆発した紀淡海峡。
すんげ〜釣れてるのは知ってましたがヌッシーは地元の祭り準備で参加できず。
ようやく白墨丸のアッキー船長に電話できたのはヌッシー誕生日の17日。
「ええけど爆釣は昨日で終ったでたぶん…」
え〜〜!マジすか?!
でも取り敢えず行きます!やりたいことも色々あるし。

取り敢えず出港!
天気良く海はベタ凪。
instaweather_org_20170718_063438

今日は全部でお客さん5人。常連さんが前3人でヌッシーの前は釣り船に乗るのも初めてのシニアさん。
うん、今日はこのシニアさんに釣ってもらえたら勝利やな〜と船長と雑談しながらポイント到着。

開始してしばらくしてミヨシの常連さんがチャリコをポン、しばらくしてまたポンと釣り上げ。
ここのところずっとアレコレ試行錯誤中のヌッシー。
巷で色々「コレエエで!」と言われていることがホントかどうかとか色々検証していたりするのですが、実験してたりすると釣果が出遅れがち(笑)

こりゃイカン!と気合い入れて巻くとココんっ!とアタリ!
巻いてみると上がってきたのは生まれたて鮒サイズのチャリコ(笑)
もう即リリース

この辺りから淡路島の洲本の方から強風が吹き付けてきて、洲本の街が雨で見えなくなってきました。
「またか〜〜〜」と思いつつヌッシーは黄金聖闘士並の速さでいつものパープルカッパ装着!
案の定どさ〜っと雨降ってきましたよ…

前回よりも雨量は少ないですが今回はやけに冷たい雨。
何か冷えてきます。
今回は雨も大概ですが前線が通過しているのか風が強くて波気が出てきました。

そこへ
お!何か釣れた!

でもどうにもマダイな感じがしません。
上がってきたのはタチウオ(指3本)
船べりで吐き出したのはカタクチイワシ。
タチウオやらカタクチイワシやら大阪湾も夏ですね〜

しかし渋い…
本当にサービス期間は終了なの?
(潮が小さくなっただけと思いますが…)

海はザブザブになったので島の風裏に移動するも当たってくるのは生まれたてのチャリコばかりなので風表に移動。

そろそろ時間も無くなってきました。
今日も色々試していたのですがどうにも空回り。
ちょっと基本に立ち返ろうとパッションオレンジのショートカーリーを気持ち入れて巻いたら即ヒット!
そうなんだよな〜やっぱり基本通りなんだよな〜

でも上がってきたのはこのサイズ。
DSC_0008


でも釣れる気がしてきたのでもう一度巻いたらゴゴンとヒットして即バレ。
早巻きして中層ヒットするもリーダー切られ…(またタチウオ?)

ザブザブだった海も終了間際に少し治まったタイミングで隣のシニアさんが何かヒット!
上がってきたのは良く肥えたニベ!
マダイじゃないけどそれ旨いですよ〜
なにはともあれ喜んでいただけたみたいで良かった!
初めての船釣りと聞いていましたが一度もタイラバをロストすることもなく上手にされていましたよ。

そこへミヨシの常連さんが59cmヒットさせて心折られて終了〜!

今日も色々試したけどタイラバは判らんことだらけやわ〜〜〜

7月10日(月)発売の週刊つりニュースで先日の第八大洋丸での南紀タイラバ(ジギングしに行ったのだが…)の記事を掲載していただきました。!

表紙は大田さん!
つりニュース1


よく見ると今日誕生日の越智さんがちゃっかりマダイ持って載ってます(笑)
つりニュース2


ちゃっかりしてるぜ!


お隣には舞鶴シーホークさんでのタラジギングの記事も!


週刊つりニュースはコンビニ&専門店で毎週月曜日発売です〜

【海況】7月7日大潮 大雨
【釣船】白墨丸
【釣り座】大艫

久しぶりに加太のマダイを食べたい!
と言う訳で半年ぶり位に泉南の白墨丸さんに乗せてもらいました。
今日は全部で6人のお客さん、ヌッシーは珍しく大艫です。

出港直後から空はどんより具合…
ポイントに着くと淡路島方面から明らかにヤバイ雨が近づいてきたかと思うとザーザー降り…
ザーザーザー!
滝行かっ!





#白墨丸 #鯛ラバ #雨にも負けず 7月7日 金曜日

白墨丸さん(@sirosumi4643)がシェアした投稿 -



潮も二枚潮で風向きは吹いたり止んだり風向き変わったり…
雨は降ったり止んだりと言うよりは強烈に降ったり小雨になったりって感じ。
アッと言う間にパンツまでグッショリ〜

そんな中でもポツポツと釣れます。

6時前
一匹目


7時前
二匹目


9時前
三匹目


この後また1匹追加…
「ヌッシー写真撮らんの?」と聞かれましたがどれも同じサイズなの上に土砂降りなのでカメラを出すのをやめて写真無し。





そんな中、その事件は昼前に起きました。




ヌッシーはまた同じようなサイズのマダイを追加。
釣り上げて魚を生け簀に入れたタイミングでお隣さんと更にその横の方がダブルヒット!
お隣さんは何やら大型の魚らしく皆さんを躱しながらミヨシへ移動。

ヌッシーはちょうどタイラバを上げていたタイミングなのでタモ入れにまわりました。
隣の隣の方のマダイをタモアシスト。
お!今日としては良い型の50cmクラスじゃないですか!

マダイを掬って今度はミヨシに回ったお隣さんのタモ入れにまわります。


あ〜これは青物…ブリですね〜

尻尾スレか?
メチャ走りますね〜

ヌッシーは青物用の大型タモを構えてスタンバイ

お!見えた!
これは大きいブリや!


目視でかなり大きいブリです。よく太ってます。


船を見てからブリは更に2〜3回突っ込んで逃げます。


それをPE0.8号で耐えてあともう少し!!!


もうちょい、


もうちょい、


よしっ!

ヌッシーナイスタモ!


船のデッキへおりゃ〜!






ポンッ




????



ヌッシーが握っているのは棒だけ。

海を見るとブリは網に入ったままゆっくりと沈んでいきます。



????

全員で一瞬何が起こったのか判らずフリーズしましたが、皆で我に返り…
ヌッシーは棒(?)でタモ網を引っ掛けて耐え
アングラーはブリの尻尾を素手で掴み
そこへ船長が他のタモを2本持ってきてサンドイッチで船上へ!

危なかったー!
何でタモ網が外れるねん!(笑)

見るとタモ網を留めるノッチ部分が錆びて全て無くなってましたよ〜〜

スッポン


何とか無事にブリをランディング出来ましたがヌッシーはマジで焦りましたよ〜
皆で「こんな事ってある?!」と大笑い。
いや船長笑ってる場合やないでマジで頼むわホンマに〜(笑)


ブリは90cmに迫る大型でした。
ブリ89cm

胃袋の中からはカタクチではなく大型のマイワシが2匹出てきました。


このあともう一回マダイを掛けてバラしたような気がしますがもういいや(笑)
あれ?ヌッシー今日何匹釣ったっけ?4匹だっけ?

今日の白墨全体釣果。
なんやかんやで結構釣れてましたね。

全体釣果


帰宅後ヌッシーの釣果を見ると5匹。
そう言えば5匹釣った気もする(笑)

釣果


でもタモが抜けた事件で何か細かいことスッカリ忘れてしまった一日でした!

7月2日に行われたNPO法人・瀬戸内西部遊漁船協議会(SSYK)主催の第一回タイラバ大会に参加してきました。
SSYR


瀬戸内西部遊漁船協議会は愛媛・香川・岡山・広島の遊漁船70艇で構成される団体とのことで今後も色んな活動をしていく予定だそうです。

ヌッシーはLUXXE桜幻総監督M氏と2人で前日から松山入り。
ちょっと早めに着いたので路面電車に乗って道後温泉本館で入浴もしてきました。何度も松山には来ているけど道後温泉に入ったのは初めて。宇和島式の鯛めしも食べて準備万端!

今回のタイラバ大会は参加艇15隻・参加者120名と第一回大会ながら大盛り上がり。
シマノの赤澤さんダイワの植田さんジャッカルのあいちゃんも参加で賑やかです。
ヌッシーはお初のOZさんに乗せていただくことになりました。

参加艇


いよいよ出港!
順番に船に乗り込み、全艇揃ったところでスタート。
各船散り散りになるのかと思いきや公平を期すために目の前の灘(斎灘っていうのかな?)で一緒に釣り開始。
適度な潮の流れ、風無し快晴。
こりゃ釣れるで〜〜〜!

と思いきや何の反応も無し…

釣座はXローテーション方式で1時間毎に移動するスタイル。
左大艫で始まったヌッシーは1時間後に右大ミヨシに移動。
移動直後に大艫でポンポン!と50up60upが釣れ…

船中1匹目


船中二匹目

そしてその後左艫でまた60up(左大艫の総監督M氏すっとばされてますやん!(笑))

そして左胴の間後方で70up!

船中三匹目

ぐぬぬ〜〜〜!
何か悔しい〜(笑)

その後ちょっと移動して今回も見えたぜダッシュ島(笑)

ダッシュ島

必死にマキマキし続けるもコツンともアタリ無く…
いやタイラバなんて絶対釣れるやろ?!
と思うもその後も全くアタリ無く納竿。

マジすか?!
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


そして検量。

検量


検量が終わったらメーカー系4人でトークショーの予定ですがヌッシー釣ってないよ( TДT)
打ちひしがれていたら同じようにノーフィッシュだった某氏が居てくれて助かりました!マジでホンマに!

トークショー

釣りではええとこ無かったヌッシーでしたが、最後のくじ引きだけは強運を発揮!
何とスミスさんとこのロッドが大当たり!
そしてそのロッドを急遽ジャンケン大会開始でそのまま参加者の方にお渡し。
ちょっとでも盛り上がりのお手伝いできて良かった〜


その後の表彰式では優勝者の方は何と2匹合計8kgとブッチギリの釣果で優勝!
優勝賞品の一つはLUXXE 桜幻 鯛ラバー B68L-solid.Rです。

表彰式

なかなか厳しいタイラバ大会でしたが第一回なのに大いに盛り上がり楽しく過ごさせていただきました。
来年も出来たらお手伝いさせていただきたいな〜

運営の皆様ありがとうございました!

参加者


帰りの道中はずっと総監督M氏と反省会だったのは言うまでもありません(爆)

アングリングソルト特別編集
GameFishing(ゲームフィッシング)創刊第二号が発売中です!

GF1

今回もヌッシーは連載記事を載せていただいてます。
今回のステージは鳴門海峡。
しかも春の大潮で超激流、風強く太平洋側出られず、産卵ど真ん中で魚食ってこずとウルトラタフコンディションでの取材実釣となっております。
そんな中からどうやって魚を引きずりだしたのか?ってな内容です。

GF2

GF3

何故か巻末でもう一回出てきております(笑)
こんな事もするのね〜な事をしております(ヌッシーも初めてやりました)

皆さん見てね〜!

【海況】6月18日小潮 曇 北の風&上り潮=二枚潮 
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】左艫

カラーデジタル魚拓サービス「Fishing My World!!」を展開する越智さんとワイフの3人で久しぶりの南紀周参見の第八大洋丸さんに乗せてもらいました。
前日までの長野船長の話によるとキハダマグロやカツオをキャスティングで狙いつつジギングでカンパチとハタ狙いと言ういつもの南紀メニューな感じ。最近ずっとタイラバ続きだったので心ゆくまでジギングとキャスティングを満喫するぜ〜!

しかし潮止め名人ヌッシーと海を荒らす名人越智さんが一緒で無事に済むはずがなく…
潮が止まるヌッシーの能力は幸い発揮されずかなりの上り潮(南→北)。しかし謎の北風(北→南)が吹き付けてきて強烈な二枚潮発生!しかも雨雲がないのに雨が降ってきて越智さんの能力がいかんなく発揮されております( TДT)
ヤッテクレタナオチサン!

水深90mに200gのジグを落としてもしばらくすると底が判らなくなる状況。二枚潮ではジグが上手く動かないので一生懸命にシャクっても何のバイトも無し…
周囲の船からも悲鳴に似た無線が入ってきます。

これはマズイ…

ふと見ると船はタイラバポイントに差し掛かっています。
そう言えば念のためにLUXXE 桜幻 鯛ラバー B68ML-solid.FとタイラバQも若干持ってきてました。
落下の早いタイラバQの180g位の重いシンカーなら二枚潮を突き抜けられるかもしれません。
という訳でササッと用意して投入、クリクリクリ。

コキーン!
軽いアタリが発生して何かがヒット!
何だ何だ?と巻いてみるとチビキさん。
チビキとしては小型ですがタイラバで釣ったのは初めてです。
チビキ

気を良くして再度タイラバを落としてみると…

ド〜ン!
引ったくられるようなアタリと強烈な引きでドラグが出されます!
これは青物か?!シオ辺りを掛けちゃったかな?
巻いては出されを繰り返して巻き上げてみると…


1匹目68cm
(帽子忘れた…)
あ!マダイ!
68cmの大型マダイです。
今日もタイラバでマダイ釣っちゃったよ…
タイラバに真面目なヌッシーです(笑)

その次の流し。
タイラバQを入れるなり50cmクラスのマダイ!
二匹目


小型のマダイ!
三匹目


アオハタ親分!!
アオハタ親分


一流しで3匹ゲッツ!
相変わらずの強烈な二枚潮ながらタイラバQの突破性の高さが炸裂しています!



タイラバQを使ってすぐに5匹の釣果。
う〜ん満足。
この状況下でこれは大成功です。
タックルを置いて船長と喋っていたら…

越智さんが”船に落ちていた”らしいがまかつの桜幻ってタイラバタックルを持ち出してきて”先っちょに付いてた”タイラバQ投入。
すぐに何か掛かって食べごろのマダイゲッツ!

越智さんマダイ
(何か妙にムカつく〜!)

再度投入して今度はアオハタゲッツ!

越智さんアオハタ
(ホンマにムカつく〜!)

この辺りであまりにも二枚潮がキツイので浅場に移動。

すると越智さんちのワイフが”船に落ちていた”らしいがまかつのアルメイアってジギングロッドを持ち出してきて”先っちょに付いてた”インチク投入。

気がつくと何かウンショウンショとやり取りしています。
上がってきたのはオオモンハタ。
ワイフオオモン
コノニタモノフウフメ!

最後にアカハタを狙ってみましたがこちらはヒットせず…
納竿〜!

釣果

いや〜ホンマに今日はキツイ二枚潮でした。

あれじゃぁなかなか釣りとして成立しません。
こういう時は二枚潮を突破できる性能あるアイテムしか難しいですね。

南紀のタイラバですがこれからまたガンガン釣れそうです。
多彩なゲストも南紀タイラバの楽しみの一つですね〜
今日もワンタックルと念の為に持ってきただけのちょこっとのタイラバを3人で回して使ってコレだけの釣果ですから人数分のタックルを使ってキッチリやってたらどれだけ釣れていたか…

また南紀に行かなアカン理由が出来ました〜

あ、そうそう。
第八大洋丸にはスマホ用の探見丸Wi-Fiが付いてます。
これ、かなり便利なのですがスマホ用の探見丸アプリがメチャクチャ電気を食うんですよね。
みるみるバッテリーグラフが減っていきます。
そこで20000mAh位のモバイルバッテリーと使わなくなった古いスマホを組み合わせて使えば丸一日使用可能なんですよね。
ちょっと試してみて〜!
探見丸

【海況】若潮 凪 五月晴れ
【釣り船】ニライカナイ
【釣り座】左大艫

高松からタイラバ大会の後で爆走して松山にたどり着いたGチーム。
風呂入ってからヌッシーはスイッチ切れたように寝落ち。
一方G社桜幻総監督M氏と営業I氏は近くの焼鳥屋にGO!(←元気かっ!(笑))

ぐっすりと7時間は爆睡したヌッシー、翌朝は目覚まし無しに目が冷めて絶好調!
昨日は力及ばず運もなく鳴かず飛ばずに終わったヌッシーですが、今日はやるぜ!!

今回は初めてお世話になる松山の
ニライカナイさん。
よろしくお願いいたします〜

ニライカナイ

ちょっと遅めの7時出港です。
ヌッシー達Gチームは左艫を並んで確保。全員で釣り人9名です。

今日は若潮で潮が緩いのですがそれでも瀬戸内の島々の間では潮が沸いて結構な速さです。
ちょっと深場のポイントなので最初は100gのシンカーからスタート。
そしてフォールに何か食ってきたと思ったら…

今日もコチスタート

今日もコチスタートです(笑)

そのままの勢いでマダイもゲッツ!

朝イチ1匹目

今日はやったるで〜!
しかしこのマダイ、産卵絡みで腹パンなのは判るのですが、何か厚みと体高おかしくない?(笑)
どないなっとるんや?!

ここで移動。
ちょっと西に移動したら見えてきたのはこの島。

ダッシュ島

ダッシュ島です!
リーダーがショベルカー運転してるの見えましたよ(嘘)

この島が見えてる辺りの水深100mポイント。
若潮ながらメチャ流れてますやん!
シンカーを慌てて増量して120g。

アタフタしながらふと前を見上げるとあ”〜〜っ!

環水平アーク

環水平アークです。
この季節によく見えるのですがメチャ綺麗です。
(虹とは違うのよ太陽の真下に出来るんです)

これは吉兆!
爆釣の予感がする!


この吉兆を合図にヌッシー爆りはじめました!
水深100m2ノット、シンカー150gです!

まずは2匹目!

二匹目

これも何だかバランスおかしい(笑)
全体的に丸いというか何というか…

次の流しでまた追加!

3匹目!




ここまで沈黙の総監督M氏と営業I氏。
それぞれ1バラシ3バラシ中。
I氏は今回はバスプロでもある意地で絶対釣りたいみたいですが3回もバラして実は半泣きです(笑)

う〜ん掛けるところまでは上手く行ってるよね。
バラす原因は大概ドラグ設定。
という訳でドラグをチェックしてみると、こりゃ強すぎるわ〜。緩めて見た直後にI氏ヒット!

I氏ヒット!

お!今度はうまく行ってるみたい。
船長も「これが船中20枚目やからバラさんように」とハードル上げるのに参戦!(笑)

I氏1匹目

そして感涙のマダイゲッツ!

そして勢いついたI氏はまたヒット!


I氏二匹目

ヌッシーも行くぜ4匹目!

行くぜ4匹目!

これがまたエグい刺さり方です。
一体どうしたらこんな風に刺さるのか理解できません(笑)
がまかつサーベルポイントエグいぜ!

エグい刺さり方

ここで潮が早くなり過ぎて来ました。
流石にこのポイント攻めるのもあと一流し二流しか?

と、何か開眼したのかI氏3匹目!

I氏3匹目

ヌッシー5匹目!

5匹目!!

ここで潮がワヤクチャになり実釣終了〜

やっぱり激流タイラバはオモロイわ〜!
魂を削るような底取りはスリリングです。
今回はタイラバを1個ロストしましたが1個ロストで済んだのは立派(エヘン)

バコバコ釣れて前日の大会での不甲斐なさを解消できました!
ニライカナイさんありがとうございました〜
噂通りのナイスな船でした!

それから産卵の最中とはいえ形がおかしい程にパンパンになった何匹かのマダイ。
釣り上げたそばからボロボロと臭いウンコをこぼしましたが、よく見ると全部カニ。
もしやコレは旨いのでは?!と予想して捌いてみましたが、真子入ってるのにメチャ旨い!
これは今期一番旨いマダイです!
松山沖スゲー!

帰港後19時に松山を出発したGチーム。
西脇のがまかつ本社着は翌0時、ヌッシー帰宅は1時でした。
皆さんお疲れ様でした〜!


え?


総監督M氏はって?


M氏曰く「今回は監督業に徹していた!」そうです(笑)

【海況】長潮 凪 五月晴れ
【釣り船】豊綾丸
【釣り座】大会なのでXローテーション

今回はG社タイラバチームで四国横断連戦に出かけてきました。
6月3日(土)昼に西脇市のがまかつ本社集合。
そこから一路香川県高松市内へGO!
高松市内でひね鶏食べてホテルで1泊して次の日に備えます。

4日は鯛ラバーズ主催「鯛ラバカップ2017高松大会」です!
庵治の港に集合したのは鯛ラバーズスタッフの皆さんと参加選手(140名)。
何だか前よりスケールアップしてない??
佐々木さんの開会宣言で大会スタート!

18809637_444059512619069_7268984754068783104_n

ヌッシー達G社チームは今回はじめてお世話になる
豊綾丸さんに乗り込み実釣開始です。
各船ともに散り散りに散っていきます。
参加の船は多いですがポイントは島々が連なる高松おきはそれ以上にポイントが多く全然かぶらないみたい。

最近の傾向としては虫っぽい小さなネクタイなどにアタリが集中するのは判ってます。
たぶんそれが一番アタリが多いハズ。
でもそれだと小型のマダイがヒットする確立が多くなってしまう。
大会なのでデカイマダイにはデカイネクタイ…を少ないアタリの中で果たして辛抱して巻き続けることが出来るのか?
がポイントになりそうな気もするし、取り敢えず日頃の行いが良い人に大きいのが掛かる気もするし…

あれこれ考えていたらゴゴン!とヌッシーヒット!
幸先いいぜ〜!
ん?何だか引き方が妙やな…

DSC_0423

やっぱりマゴチさんでした!
しかも大きいマゴチでヌッシー大喜び(笑)
マダイの大会やっちゅうのにマゴチ釣ってG社総監督&営業I氏にブーブー言われますが美味しい獲物こそ理想なのです。

その後ヌッシーは小型のマダイを2匹釣りましたがこれでは入賞できひんな〜

18839090_1473966492659787_1935662602377736241_n


一方G社営業I氏(バスプロ)は最後の最後まで一匹も釣れず半泣きでしたが、本当にラスト流しでG社チーム最大魚を釣り上げ面目躍如。

DSC_0425


大会結果としてはG社チームは誰も入賞できず…
う〜ん船長、力及ばず申し訳ありませんm(_ _)m

個人釣果


それでも豊綾丸さん全体(9名)でこれだけ釣れましたよ。
DSC_0427

豊綾丸さんはかなりヤラハル船長さんでした!
ポイントの的確な判断や親切丁寧な物腰。
うん、こりゃまたプライベートで乗せてもらわなきゃね〜!


帰港後は検量。

DSC_0429


そして閉会式…
佐々木さんのコメントからスタートです。
暑い…
DSC_0431



大会全体としては渋い状況とは言え140名の中から優勝するとなると5kg(二匹の重量)は必要なラインとなってきます。
そしてこちらが栄えある優勝二位三位の皆さん!

DSC_0433


特に二位の方は豊綾丸で同船して居られた方で、がまかつ賞ゲット(LUXXE 桜幻 鯛ラバー B68L-solid.R)されてました。良いロッドなのでバンバン使って見てくださいね!
DSC_0432

ヌッシーは優勝した方に優勝インタビューをさせていただきました。
ちょっとグダグダな内容になってしまいスミマセン〜!


表彰式が終わったら有志はそのまま移動して志度の名店「源内うどん」さんで食事会です。
何かテレビで見たことある人が大勢居ますが気にしない気にしない(笑)

IMG_20170604_171524_106

本当に大会を主催してくださった鯛ラバーズの皆様、そして庵治の皆様ありがとうございました!
また参加させていただきますね!



食べ終わったら皆さんに挨拶もそこそこに高松から一路松山を目指します。
そう、今回は四国横断ツアー。
翌日は松山でタイラバなのです。
ホテルに着いたら疲れ切って速攻で寝落ち。

四国横断シリーズ後編に続く

5月29日発売の週刊つりニュースで先日の岡山タイラバ釣行の記事が掲載されています〜。

つりニュース1

表紙はおっくんジグで高橋さんです〜。

ヌッシーの記事はと言うと…
お!カラーページや!(笑)
お隣はダイワの辻原さんです。

つりニュース2

どちらも岡山沖&明石沖と瀬戸内のタイラバの記事ですが切り口が違うので面白いですね。

週刊つりニュースはコンビニ&専門店で毎週月曜日発売です!

25日は鳴門のつるぎさんで雑誌GAME FISHING 創刊第二号の実釣取材でした。
あ、GAME FISHINGさんには連載頂いてますのでこれから当分毎号何か書かせて頂く予定です!

instaweather_org_20170525_060341

で、最近の雑誌は記事に連動する動画があることが多いので編集さんにずっとビデオ撮られつづけ…(笑)

しかし25日は何故かこの日だけ雨!
ず〜っと晴れてたのにこの日だけ雨!
しかも途中淡路鳴門自動車道では思わずブレーキ踏むくらいの濃霧。
ほぼ昼過ぎまで大鳴門橋の橋桁が上半分見えない状態の超ローライト。
そして春の大潮ではウルトラ激流過ぎて頼みの太平洋側を攻めれず…

(ほかのお客さんが絡まりまくって釣りにならないので)

コレ以上無いくらいの悪条件から取り敢えず引きずり出してミッション完遂!(涙)

終わってから編集さんを徳島空港まで送って腹ペコな胃袋を定番の中華そばひろっちゃんで満たして帰りました〜

IMG_20170525_170730_315

コスミック出版発行のGAME FISHING第二号は6月21日発売予定です!

このページのトップヘ