ヌッシー疑似餌同好会

シルバーウィークの3連休の17日(土)18日(日)にJ.I.G.主催のジギングフェスティバルが大阪鶴見緑地のハナミズキホールで開催されました。
もちろんヌッシーはスタッフとして参加。

 まずは朝礼。佐藤さんの挨拶から。

佐藤さんトーク

我らががまかつラグゼブースも準備万端! 

ラグゼブース
永井さんのジギングロッド「ジグレボシリーズ」や加藤さんの「ドラゴンアークシリーズ」や、もちろん「桜幻シリーズ・タイラバQ」も完備!!

今回は新企画として豪華釣具が当たる1000円ガチャガチャや(売上は全て日釣振と熊本県宛に募金予定)、ノット強度対決など盛りだくさん!
ガチャガチャは思った通り開始早々大行列でほとんど瞬殺!(笑)
ノット強度対決はヌッシーのお友達にも多数ご参加いただき盛り上がりました。

ノット対決

二日目はヌッシー大きなお仕事頂いてました。

スケジュール二日目
(よく見当たら一日通して壇上にがまかつ系の人が常に出てるプログラム…)
何と佐々木さんと一緒にタイラバトーク。
殆ど打ち合わせ無しのブッツケでしたが場馴れされておられる佐々木さんのお陰でなんとかなりました(笑)

トークショー2

トークショー

もちろん佐藤さんのトークショーには黒山の人だかり。
(み、見えん!(笑))
 
佐藤さんトーク

てな感じに盛り上がった二日間でした。
今回のジギングフェスティバルは第十回という節目の大会となりましたが、今までで一番多くのメーカー様に出展いただき、またご来場者様も過去最高人数の方々にご来場頂き記念すべき10回目に相応しいジギングフェスティバルになりました。

ヌッシーの友人方々にも多数ご来場頂き、いろんな方に「ブログ見てるよ!」とお声も掛けていただきありがたい2日間となりました。

また次回第十一回ジギングフェスティバルもよろしくお願いいたします! 

先日の釣場速報さんの取材時に同時に撮った動画がYOUTUBEにアップされました。



白墨丸さんでのチョ〜難しかったタイラバの時のMOVIEです。
例によって朝イチのコメントは棒読みですが悪しからず…(笑)

まぁオープニングは置いておいて…
ちょっと見ていただきたいのは動画の中盤。
この日は巻いて(上げて)釣るタイラバとは思えない「止めて」「送り込む」と言うパターン。
これはニワカには再現できん!という訳でヌッシーが取った策はデッドスロー 
デッドスローで出たアタリを巻く手を止めて食わせて…と言う見てるだけでも非常にもどかしい攻防をしております。
こんなタイラバもあるんやな〜って見て頂ければ面白いかと思います。

(注:巻く手を止めても船は潮で流されているのでタイラバは動いています)

鯛ラバーズ主催のタイラバカップin瀬戸内・明石大会に参加してきました〜!
参加人数は約60名、5隻に分かれて育波漁港から乗り込みます。

明石タイラバカップ1


皆さんいかにもタイラバをやり込んで居られるような方ばかり…

ヌッシーはエビス丸さんにお世話になることになりました。
大会規定で先に釣り座は決まっています。ヌッシーは最初に左舷前から4/5の釣り座に。そこから1時間毎に釣り座が一つづつ後ろに下がって、大艫から反対側のミヨシに移るルールです。

競技説明の後、各自乗り込んで6:00一斉にスタートフィッシングです!
普段同じ海域でタイラバをされてる各船長ですが、面白いくらいに行く先が各船別れていきます(笑)
オモロイわ!これ!

エビス丸さんには初めて乗せていただいたのですが一日通してヌッシーがあまり今まで攻めたことがなかったポイントが多くて面白かったです。

と、そんな最初のポイント。
船長は「ベイトはタコかも」と言っていましたが、確かにここはタコのポイント(笑)
マジか?!
と思いながらも最近良く効くと言う赤のストレートネクタイでタイラバを落としてみます。

しばらくすると背中でヒット!コール!
右舷大艫の岡さんが何やらビッグファイトを展開されています。
あ〜こりゃメジロか何か掛かったね〜
釣ったご本人も青物と思われたのかやや強引なやりとり。

あ〜もうちょっとか…


浮いてきた魚を見て一同ビックリ!
デカイ鯛や!

明石タイラバカップ2


ヌッシー目測で75cmはあろうかと思われるビッグマダイです!

はい、あなた優勝(爆)

まさに参加者一同のやる気を削ぐビッグサイズが朝一番に出現しました(笑)
ヌッシーはそこまで詳しく観察していませんでしたが、マダイの口からは大きなマダコの頭が見えていたとのことで、やはり船長の言うとおりタコがベイトのようでした。

ここからが厳しかった〜〜!

あちこち彷徨ってタイラバを上げ下げするのですが全く当たらず…
虚しく釣り座だけがローテーションするのみ。

そんな中でも2時間に1匹位の割合でマダイがヒットします。
明石タイラバカップ3

明石タイラバカップ4


ヌッシーはフグとガシラのみ…
アチャ〜〜〜やっちまった…(笑)


13:00ストップフィッシング!


検量の結果、海豚一号さんで大崎さんが釣り上げられたビッグマダイと岡さんのビッグマダイの最終勝負となりましたが僅差で岡さんの勝利!!

明石タイラバカップ5


メチャクチャ厳しいタイラバでヌッシー含め大半がノーフィッシュと言う中で見事な大鯛を釣り上げられた方はホンマに素晴らしいです。 

一応ヌッシーもちょっとは働けという訳で最後に優勝者インタビューをさせていただきました。

明石タイラバカップ6


最後になりましたが、企画運営してくださった鯛ラバーズの皆様、各船長様、育波漁港の皆様ありがとうございました!

先日の泉南白墨丸さんでの取材釣行。
その時の写真が何と釣場速報さんの表紙にっ!

釣速


何か実際よりも派手や!(笑)

センターカラーページも見開きで書かせていただきました。
(タイラバの解説です)

皆様よろしければ専門店かコンビニで発売中ですのでよろしくお願い致します!

何か最近似たようなブログを書いた気が…(笑)

今日はつりニュースさんの取材で播州の美里丸さんにお世話になってきました。
美里丸さんにお世話になるのは初めてでしたが驚くほどの綺麗な船とフル装備!(キラーン)
最寄りの山陽道姫路東インターも吹田インターから1時間ちょいと考えてるよりも近かったです。

美里丸1


さてさて今日はジギング。
ちょっと苦戦しましたがサワラに助けられました。
何かフルセのアルミにやたらと当たると思ったら最新情報ではサワラが喰ってるのはタチウオ!
(みなさん今行くならフルセのアルミ必須ですよ!)

美里丸3

この空前のサワラ爆沸きに対応するにはフックも普通のんじゃ無理(笑)
という訳でワイヤー入りのがまかつアシストフック筋金5/0がメチャクチャええ仕事して安心キャッチ!


という訳で今日も何とか取材成功〜!
美里丸さん同船して頂いた皆さんありがとうございました〜

美里丸2


今回の予定は近日中のつりニュースさんに掲載予定です。 

今日は釣場速報さんの取材で泉南の白墨丸さんとこでお世話になってきました。

白1

実は8月29日に取材の予定だったのですが迷走台風10号の影響による豪雨前線に阻まれ出撃するも撤退した経緯があって仕切り直し取材です。

今日は釣るぜ!

と朝からチャリコ連発して良い出だしも後半失速。
いやもう難しいパターンでした。


まぁ何とか無理やりパターンに合わせて取材成功!
はぁヤレヤレ〜〜(笑)

白2

今月中には釣場速報さんに載せていただく予定です〜!

レジャーフィッシング別冊の「タイラバBESTガイド」が遂に発売されました〜!

タイラバガイド


中身がこれまた濃い!
タイラバと一口に言っても地方によって肝となる部分は違ってくるのですが、それを各地の名手達が細か〜く解説されてるのでメチャメチャ参考になります。
(およそタイラバに関係する人全員集めたんじゃないの?コレ)
これは遠征時の虎の巻にしよう…(笑)

僭越ながらヌッシーも寄稿させて頂きました。
(なんとカラーページに掲載とは畏れ多い…) 
タイラバガイド2
あっ小指立ってる(笑)

タイラバBESTガイド 1200円
専門店・書店で発売中です!
よろしくお願いいたします。

【海況】8月19日大潮 晴れ
【釣船】白墨丸
【釣り座】一番前

かなり久しぶりの釣りに出かけてきました。
復帰戦は泉南から出港の
白墨丸さん。
船長いわく「メチャ渋いのにチャレンジャーやな〜」とのこと。
そんなチャレンジャーを7名乗せて朝5時に出発です!
ホンマに皆さんMな方ばかりです(笑)

白墨丸

とりあえず紀淡海峡到着。

早速マキマキマキマキ…
な〜んの反応も返ってきません。
あ、胴の間のお兄さんが鯛釣った…

ポイント移動…
マキマキマキマキ…
やっぱりな〜んの反応も返ってきません
あ、また胴の間のお兄さんが鯛釣った…

何故か胴の間のお兄さんただ一人だけヒットします。
ロッドは桜幻L… ヌッシーも同じの使ってるんですが…(笑)
何でお兄さんだけ釣れるのか、何でヌッシーは釣れないのかさっぱり判りません。
お兄さんはリーダーが25cmしか無いらしく(笑)リーダー短いほうが釣れると船長と笑ってますがホンマかいな〜〜!

真面目にずっと正確に巻き続けてますがコツリと2回ほど微かなアタリがあったのみ。

ついに14時をまわり船長から「これが最後の流し」コール発令!
(ただし釣れたら延長ルール)
ここまで完全ボーズ
まさに9回裏2アウトまで追い込まれてます。

うむ〜ここは新発売のロングカーリーに賭けてみるか!
実はこのロングカーリーは試作段階から何故かデカイ鯛ばかり連れて来るスグレモノ。
今日のこの状況に合っているのかどうかは判りませんが取り敢えず今日はコレで勝負だ!

新発売カーリー


落としてマキマキマキ…
状況はバーチカルに近いドテラ状態。
底からハンドル5回転…
ん?!


何か妙な重みを感じたので巻き合わせ一閃!
ドゴン!

 お!ドラグ出る出る〜〜
コレを逃せば後が無いのでかなり慎重にやり取りしてタモに収まったのはデカイマダイ68cm

白墨丸68cm


やったった!(笑)


釣れたので延長戦突入です。

何だかユックリ巻きではないような気がしたので少し早巻きにしてみるとドゴン!
さっきよりも凄い勢いでドラグ出る出る〜!
しかしPEに傷が付いていたのかPE高切れブレイク…

う〜ん残念

急いで手近なノーマルタイラバQに戻して落としてみるも反応が無いので一旦回収…
急いで巻いているとボトムから50m位上でドゴン!
うぉ!コレもデカイ!
ドラグを出しながらかなり向こうに浮かび上がったのは本日最大71cm!

白墨丸71cm
 
完全に「釣った」というより「釣れた」魚です(笑)

白墨丸71cmその2

という訳で本日はここまで。
結局延長戦は16時までに及び、帰港は17時。
船長長い時間ありがとうございました。

殆どボウズで半泣きでしたが何とか帳尻合いました(笑)
ホンマに危なかったわ〜〜
どうせ釣れるならもっと早く釣れてくれればいいのに〜

船中7名全釣果はこんな感じでした。
全体釣果


【海況】8月1日中潮 晴れ(灼熱)
【釣船】シーライド
【釣り座】ミヨシ


シーライドの野田キャプテンから「紀淡海峡でブリ爆釣中!」の知らせを受けたヌッシー。
しかし仕事が立て込んでて釣りに行けない!
やっと行けるようになったのは潮回りが小さくなり始めた中潮の8月1日。
案の定紀淡海峡のブリは全て行方不明に…(笑)
どこ行きましょうか?
仕方ないから明石方面行けば何なり釣れるでしょ〜!

という訳でヌッシーと友人のM田さんともうお一方の3人乗せて
シーライド出港!

野田キャプテン曰く「全部する!(爆)」予定らしく、まずはごく最近釣れ始めた神戸沖のタチウオから。
あ!しまった!色々用意しろと言われてたけどタチウオの用意忘れた…
まぁ何なりの組み合わせでなんとかなるでしょ〜

シャクシャクシャク、シャクシャクシャク、あれ?当たらんな?
シャクシャクシャク、ドン!
今日の棚はボトムから20m以上上げたところ。かなり上です。

タチウオ
(フックは今期がまかつ推しの近海FINE使用!)

上がってくるのは寸は短いけど身幅は太いなかなか良型のタチウオ!
こんなんが連発で釣れるから面白いです!
この時期からこのサイズ連発って、もしかして今年はタチウオ当たり年?!

それなりにタチウオ釣って潮が緩くなってから移動です。
今度は神戸沖でサワラキャスティングや!
皆で目を凝らしてボイルしている所を探します。
単発のサワラジャンプが多いですが、よくよく探すとナブラになっている部分もあります。

ここで気を吐いたのがオシアペンシル(シンキング)付けたお兄さん。
最初にメジロかブリらしき魚を掛けてバラし、サワラをばらした後でサワラ2連発!

サワラ2

か、帰りにオシアペンシル買って帰ろう…(笑)

ヌッシーは愛用のピンテールチューンで対抗!
で、やっとこさ1匹サワラゲッツ!

キャストサワラ

太ぉ〜い!旨そ〜〜!
(写真はあまり太そうに映ってないな…)

サワラはどれも口からカタクチイワシをボロボロこぼす飽食具合。
これ絶対旨いやつやん!

ひとしきりキャスティングを楽しんだ後で今度は3種目目(笑)
3種目目はジグサビキでアジ&サバ釣りです。

アジ&サバ… 特にアジはジギングをメインとするヌッシーには釣れそうで釣れない憧れの魚(←やや大げさ)。
ジグサビキとか言わんと本気で狙うぜ!
持ち込んでいたタイラバロッドの桜◯ にタックルボックスの底に入っていたブ◯イトンを半分に切ってセット。
うおりゃ〜〜!
いきなり3連!

以降熱中していたので写真ありません。
一応サビキ釣りだったのですがいわゆる普通に「サビく」感じではなく何かちょっと違うパターンでしか反応しない面白い釣りでした。
ちなみにマルアジは抜き上げられるんだけど、時折掛かる立派なヒラアジはことごとく抜き上げ失敗しました…
タモ使えばよかった〜!

さて気温もグングン上がって船上は灼熱地獄となってきました。
持ち込んだ飲料も底を尽きかけてきました。
しかし今日はまだまだ帰らせてもらえそうにありません(爆)

4種目目はジギング!
この海域のジギングはヌッシーが得意とするところ。
頑張るぜ!

と、ここで連発し始めたのがさっきのオシアペンシルのお兄さん、今度はTGベイトで掛けてはバラしを繰り返しながら結局2本ゲット!

友人のM田さんも綺麗なマダイの次にサワラもゲッツ!
サワラ3


ヌッシーは…
サワラすっぽ抜けの後にようやくヒットしたと思ったらまさかのバーサー!(しかも良型

グハッ!撃沈…
何がアカンかったのか皆目判りませぬ。
まだブリ族が紀淡海峡から入ってきていない様子だったので狙いをサワラに切り替えて臨んだのですが全く釣れず。


まぁそれでもクーラーにそれなりになる量釣れました。
ヌッシー釣果


全体でも3人でこんな感じ。
三人釣果


今日は色んな種目で遊ばせてもらって盛りだくさんで面白かったです。
キャストしている時に見かけた魚はブリ族やサワラの他に大きなシイラやシュモクザメ等の夏を感じさせる魚が多く賑やかでしたしね。

しかし暑かった!
途中本当に倒れそうなくらいしんどかったです。
持ち込む飲料は今日のような丸一日コースだと一人3Lは持ち込んだほうが良さそうですよ。

そうそう、帰宅してから真っ先にサバを捌いてみましたが、予想通りの脂の乗り!
これこれ!この夏の神戸沖のサバを食べたかったのよね〜!
鯖の身

 

【海況】7月18日中潮 晴れ 無風潮無し
【釣船】第二龍勢丸
【釣り座】右胴の間

海の日のおっくんツアーに参加させてもらって境港から出港する
第二龍勢丸にお世話になってきました。
今回は
おっくんはじめオカノさんやOTさんやOTさんワイフ等の手練揃い。
ヌッシーは右胴の間に釣り座を貰って出発!

1・龍勢丸

結構走った水深80mポイント。まずはウッカリカサゴやアコウやマハタを狙います。
開始早々ミヨシの
おっくんがレンコダイを連発!
ヌッシーは全然アタリません。
何か違和感がすると思ったらチッコイオニカサゴでリリース。

そんな中、背中合わせの左ミヨシのOTさんワイフが何かビッグファイト!
何かと思ったら超デカイチカメキントキです!
(ホンマにデカかった)
2・ワイフメガチカメ

レンコもチカメも良いですがどちらもチョットだけ浮いている魚。
ベタ底のウッカリカサゴが全然釣れないのは何故?!

どうも今日はゴム系に反応が悪いと判断してジグの針に付けたタコやインチクはやめてジグのみで勝負してみます。
すると遠投してちょっと巻いたところでヒット!

3・やっとこウッカリ

ようやくウッカリカサゴゲットです!

しかし釣れね〜!
魚が居ると反応は良いのですが、とにかく無風潮無しで船の位置が変わりません。
20分位流しても位置が3mしか移動しないような状況。
ソロっと風が吹いて微妙に船が動くと前や後ろの人にパタパタっとヒットするのですが、胴の間は真下に動かしていてはノーヒットです。
そこで遠投して遠くから魚を呼んでくるか、艫のオカノさんがヒットして上げている間に空いたスペースに放り込むとか涙ぐましい努力をしてポツポツと魚を拾います。

船長もどうにか良いポイントを探して走り回ってくれているうちにとうとう隠岐の島まで来ちゃいました。
4・隠岐の島

ここまで来るとそれまでよりは反応が良くなりましたが、やっぱり無風潮無しで船の位置は変わらないので新しいポイント到着一投目しか釣れません。そこで船長は細々とポイント移動を繰り返してくれます。

そんな船長のお陰でポツポツとみんなで拾い釣り。

5・オカノさんウッカリ

6・ワイフウッカリ

7・おっくんヒラメ

8・トモさんウッカリ

グハッ!ハタが出ん!
一番のターゲットであるアコウとマハタが全くヒットしません。
ここに来てハタ類が船中ノーヒットなんてあるんか?! 

ヌッシーはとにかくジグ一本で勝負!
触れれば釣る!
の気合の下で新発売のフックがまかつ近海FINEで寄ってきた魚にトスットスッ!とフックを刺して絡めとる作戦です。
この作戦でレンコやタヌキメバルなどをそれなりに追加。

9・FINEでレンコ

10・FINEでタヌキ

ハタ類が出ん!

取り敢えずジグで戦っていましたが、ちょっとタイラバも落としてみようと桜幻タックルで鯛ラバ-Qを落とすとヒット!

上がってきたのはチャリコながらマダイ(笑)
13・Qでマダイ
やっぱりタイラバって鯛が釣れるんやね〜感心感心。

そしてレンコダイも追加して納竿。
14・Qでレンコ

最後の最後にOTさんがマハタをヒットさせたような気がしましたが多分気のせいです(笑)

OTさん


ホンマにまぁ厳しい状況でしたが何とか家でそれなりに食べる分は釣れたし、厳しい釣りは厳しいなりに工夫のしがいがあって面白いですね。

船長厳しい中で長時間走り回って下さってありがとうございました。

このページのトップヘ