ヌッシー疑似餌同好会

オフショアアングラーの間でもはやド定番のタックルボックスとなっているリングスターのドカットシリーズ。
ヌッシーも大・中・中・小と4つ持っています。

ところがね〜、4つもあるとやっぱりその中の1個は殆ど使わないんですよ…
(ジギング・キャスティング・タイラバ用に3つ買ったものの後にタイラバ用の小さいサイズを買い足した為)

これどないしよ…

そうだ気分転換に塗り替えよう!
そうやな〜カモフラにしよう!


脈絡もなく思いつきました(爆)

早速作業開始です。
まずは元のコレ。

ドカット元の姿


分解して→シール剥がして→金タワシでゴシゴシして洗浄&塗装面を作ります。
そこまで仕上がったら蓋の裏側と箱の内側をマスキングしておきます。

解体洗浄


んでもってプラサフ(プライマーサーフェイサー)を吹き付けて下地作り。
ドカットは蓋は問題ないんだけど下の箱部分がPP(ポリプロピレン)なので接着剤とか塗料が乗りにくいんですよね〜。
このプラサフもどこまで効き目があるか…
まぁ迷彩なら剥がれも判りづらいし逆に味になるってもんでしょ?(笑)

プラサフ塗装


プラサフ乾燥…
何かモックアップみたいになった。

プラサフ上がり


次はベースカラーを吹き付けます。
塗料は軍物塗料の定番BLPのデザートタンカラーです。
ここんちのは有害物質含みまくりな分だけ発色サイコーですが、色ダレしやすいので注意。
まぁ色ダレもカモフラの味の一つですが…

デザートタン

すごく綺麗にベースカラーを塗れました!
でも何か綺麗過ぎる!
「カモフラ」って言うとこんな感じかもしれませんが、どちらかと言うと「迷彩」を目指したいので(判るかな〜?この感じ)もうちょっと小汚い感じにしたいのです。
米兵が昼飯前にテキトーに塗った感じを出したい(笑)

まぁ方向性が出てきて乾いたら迷彩面の塗装です。
ここで一つ問題が…

「どんな迷彩にするか?」
迷彩=カモフラージュ塗装と一口に言っても色んな迷彩があって塗り方があります。
現在の自衛隊が採用している迷彩2型はドットが細かすぎる上にガチ過ぎてちょっと引く(笑)
色のバランスはあんな感じでもうちょい大雑把な感じを目指す(あくまで目標)ことにしました。

まずはつや消しカーキ色と言うか迷彩っぽい色その1から。
色々順番も考えましたが塗装のセオリー通りに薄い色から順番に吹きつけることにしました。

迷彩っぽい色1

子どものイタズラみたいになりましたが、気にしちゃいけません(爆)


次に迷彩っぽい色その2、ブラウン(これもBLPのブラウンにしました)

そして最後にチョコットだけつや消し黒。
つや消し黒はチョコットだけにするのが良い感じと判断(笑)

迷彩終わり

これで迷彩は出来上がり!
まぁまぁエエカンジでないの?!

本当はもうちょっと色を塗りたいんだけど、経験上「ここをもうチョット」「あそこをもうチョット」と足していくと最終的に失敗するパターンにハマる恐れが強いのでここで我慢!(笑)



でもこのままだと芸が無いのでステンシルを入れることにしました。
ステンシルってのは軍物のアイテムに白とか黄色でシュッと吹き付けてあるあの文字の事ですよ。


まずは厚紙にステンシルっぽい字を印刷してから丁寧に切り抜きます。
メッチャマメな作業です。


んでもって、つや消し白をシュッと吹き付け!

ここでブラウンに塗っておいたバックルと迷彩に塗っておいたハンドルを再度合体。

完成!

迷彩完成1

こっちのサイドは撃墜マークっぽい魚のステンシルを作成して吹付け。
フォトショップで魚のシルエットを作ってからズラしたり角度変えてコピペして「テキトー感」を出した逸品(爆)

迷彩完成2

こっちのサイドは「NUSHI」の文字で所有者表示。
少し右上がりに吹き付けてテキトー感出してみました。

まぁエエんでないかい?(笑)

カモフラドカット

後はPPに塗装した強度がどこまで持つかだな〜

【海況】11月13日中潮 晴れ・予想より北の風強し
【釣船】ハマー3
【釣り座】前から2番目

吉田さんとゆかいな仲間たちのグループで山陰根魚釣行に行ってきました。
船は開業間近のハマー3!
境港から出港です〜!

ハマー3

当日は絶好のベタ凪を予想していたのですが、海に出てみると結構風があります。
取り敢えず隠岐の島周りへゴー! 
(キャビン広いから寝ていたら爆睡の吉田さんに抱きつかれて耳元で2時間イビキを聞かされました(爆))

水深90m。
何か渋い感じですが早々に艫の植村さんがナイスなマハタゲッツ!

マハタ

続けて吉田さんも良型アオハタゲッツ!

吉田さんアオハタ

むむむ!やるな!

ミヨシの岡野さんは強欲仕掛けで何かダブルで釣り上げてます!

ダブル

更には小型のクエまでゲッツ!

クエ

ヌッシーはと言いますと釣れども釣れどもガシラ(笑)

ガシラ

お!良い引き!
と思ったらやっとこさ良型アオハタ!

アオハタ

最後に今日イチのエエのんを掛けましたが中層でバレちゃいました…

ハマーさんは近々開業されると思いますので皆さんヨロシクね!

また来るぜ!
 

【海況】11月4日大潮 晴れ・まぁまぁ凪
【釣船】シーホーク
【釣り座】前から2〜3番目

今回はLUXXEチームで丹後ディープタイラバテストに行ってきました。
LUXXEチームはヌッシーとLUXXEスタッフの永田さん、そして開発担当G社M氏。
一緒にBOZLESチームもタングステンジグでマダイを狙うとのことで合同で古川船長のシーホークにお世話になりました。

船は経ヶ岬沖の120m付近へ。
道中ずっと景気良く喋っていたヌッシーでしたがポイントに付く頃に何だか若干船酔い気味。
ここで遅ればせながらアネロン投入(笑)

ディープのタイラバってどんなもんじゃろ?
実は90m水深なら何度もドテラでタイラバをしたことがあるので、それの延長上と考えてもそれほどの差異があるとは思えません。取り敢えず普段のタックルで普通にやれるはずなので頑張ってみます。M氏は敢えてULのロッドで挑戦(笑)

取り敢えず開始。
シンカーはプロト180g。
潮はいい感じだそうですが風が吹かずあまりドテラにならないスタートです。
艫のBOSLESチームがいきなりハマチ2連発!
もしやジグの方が分がいいのか?!
と思ったら何かちっこい鯛っぽいものヒット!(笑)
上がってきたのは予想通りのレンコダイ。

これをそのままクーラーに放り込めば良かったのですが、妙に丁寧に絞めて血抜き…
あ、酔った…
何故か急に船酔いが来ました…

体調は万全のはずですし波高から考えても酔うはずが無いのですが酔っちゃったものは仕方ありません。

キャビンで休憩です。
横になっていたらしばらくして復活!

休憩しているうちにちょっと風が吹いてドテラ流れになってきました。
とは言え流れはゆるいのでシンカーはプロト150gに変更。
クリクリ巻いていたら…
ポーンと食いあげてドン!
ヒット!
こりゃエエ型です。
隣で永田さんもダブルヒットしています。

1

上がってきたのは70UP!
ここいらじゃ珍しくもないサイズですが幸先いいです。 

しかし



ここで船酔い悪化

キャビンに撤退です。
横になっていると楽になるのですが、起き上がると頭がクラクラして膝に力が入りません。
それでも頑張って表に出るとマダイの臭いにノックアウト…

アカン今日はやめとこ…
12時過ぎに今日の釣りを諦めました(T_T)


その間LUXXEチームの2人はバカスカ釣りまくりです!
どうもロングカーリーがドハマリしているようでドッタンバッタン釣りまくってます。

2
 80UPに

3

4

5

ダブルヒットにつぐダブルヒット(だったそうです

終わってみればこんな感じ。
(あ、ヌッシーもマダイ1レンコ1釣ってるよ〜)

釣果

これ、ヌッシーもフル参戦してたらエライことになってたんじゃ…(爆)

タイラバQの球体シンカーは落下も早いからドテラにも強いですね。
特にロングカーリーがヤバイ釣れ方してたみたいです(伝聞)

ヌッシーは手頃な2枚を持って帰りましたよハイ。
(2人がまたちっこいクーラーで来て全然持って帰る気ゼロ(爆)残りはBOZLESチームさんに持って帰っていただきました)

捌いてみると2枚のうちの1枚に丹後産では珍しい鳴門骨を発見!

鳴門骨



そうそう、タイラバの帰りに福知山に寄ってLUXXEスタッフ(エギング担当)の木下さんの「麺屋 蓮次郎」に寄ってきました。
船酔いで冷え切った体にラーメンが染み渡るわ〜〜〜

蓮次郎
 
皆さんもお近くに起こしの際は是非寄ってみて下さい!

麺屋 蓮次郎
京都府福知山市篠尾新町3−79−2

【海況】10月23日小潮 北の風10m波高3m
【釣船】阿波哲
【釣り座】右胴の間


今日は釣友のユート君のお誘いで徳島の阿波哲さんチャーターに混ぜていただきました。 
阿波哲さんに乗せていただくのは初めて。
釣果を拝見するとちょいちょい行く南紀方面と似たような内容なので同様のタックル構成で行けるだろうと準備。

阿波哲

お客さん10名乗せて出港!
あれれ?常連さんたちのタックル結構シッカリした(ヘビー目)の構成やぞ…

出港するといきなり北の風10m波高3m
ヌッシーは右の胴の間ですが風邪気味やし寝てないしこれは無事に生還出来るかどうかかなり不安です。
ちゅうか他のお客さんは皆さん大丈夫なの?!

取り敢えずシオ狙いなので色々やってみますが当たらん…

迫りくる波…

5時間くらい経った頃に隣でユート君ヒット!
上がってきたのはメジロ

白飛び
グハッ!
カメラ壊れた!
何度撮っても白飛びする…

ここからカメラ故障…

波はずっと3m
風も強くて呼吸も苦しい程…

波かぶりすぎて顔もシオシオ(笑)

昼過ぎくらいから何かのスイッチが入ったのかポロポロと左舷側から釣れ始めました。
時々シオが上がって1匹カンパチが混じりました。

ヌッシーは…
釣れども釣れどもエソばかり…

そして迫りくる大波…

結局夕方までやってヌッシー完全ボウズです( TДT)
船長スミマセン〜!

まぁしかしよく酔わずに済んだもんだ…
10人乗って1人も脱落者居ないのに感心しましたよ。 

【海況】10月11日長潮 晴れ
【釣船】白墨丸
【釣り座】右胴の間

休みを取れたので毎度のごとく前日に釣りを計画したヌッシー。
日本海も太平洋も荒れて無理っぽい…
と言って瀬戸内はどこも厳しいな…
厳しいながらも多少は目の有りそうな紀淡海峡行くか!
と言うわけで今回も
白墨丸さんにお世話になりました。

 ヌッシー含め7人の釣り人を乗せて5:30出撃!

聞けば状況はかなり渋いようですが、一日やってボウズは無いはず。
何なり上がるでしょ?(笑)

ところがポイントについてタイラバを巻けども巻けども微か〜なアタリが時折あるだけで全然釣れません。
濁りも強くタチウオも多いため時々タイラバが噛みちぎられます。

9時を回った位で少し考えてみました。
「何かベイトが小さい気がする」
そこでがまかつ新製品のショートカーリーの赤に付け替えて落とすとヒット!!

YES!何だか知らんがドンピシャや!(笑)

引き方からして完全にマダイです。
それほど大きなマダイでは無さそうですが、この超渋い中貴重な1匹です。

マキマキしながらタモを構える船長と海を覗いていたら…
あ!リーダー入った!




アレ?!白いぞ?!

上がってきたのは…マダイじゃない!
と言ってチヌでもない…
タイっぽいけどなんだこれ?!


1ヘダイ


「ヘダイ…やな」と船長

ヘダイって何ぞ??ヘダイの「ヘ」って何ぞ?!!

チダイ(血鯛)やレンコダイ(連子鯛)とかは判りますがヘダイの「ヘ」は一体何から来てるのか?!

そう言えばガンタンクはタンクやしガンキャノンはキャノン砲付けてるけど 、ガンダムの「ダム」って何やねん!ってのと似ています。


早速調べてみるとヘダイは平鯛から来ているらしい。へ〜〜〜〜。

周囲の船長さん達に聞きまくってみると皆さん異口同音に「旨い魚」とのこと。マダイよりも旨いと言うことで大事にキープ。 



その後マキマキするもリリースサイズのチャリコ1匹釣れたのみ。
(かろうじてマダイボウズ回避?)

2チャリコ


オマケにティップランでアオリを狙ってみるもこちらもボウズ…

危なかった…
ヘダイを釣っておかないと何も無いところだった…(笑)

週末にかけて潮が大きくなるし、濃い濁りが取れればもしかしたら釣果も上向くかな〜?



という訳で帰宅後早速ヘダイを捌いてみた。

3ヘダイ

ウロコはマダイよりもかなり取りやすい!
頭を落として、腹を割って…

4ヘダイ

おっと!何だこの内臓脂肪は!!
小振りのボディに不釣り合いなほどの脂を蓄えています。
3枚におろすだけで手はヌルヌルに〜!

今回は薄造りにしてポン酢で頂いてみましたが、鯛そっくりな癖のない味ながら旨味も脂も濃くて美味!
船長の神経〆もバッチリ決まってブリンブリンの薄造りになりました。
ホンマに旨いわコレ!

6日(木)はフィッシングライフのロケに鳴門のつるぎさんにお世話になってきました。

6日…
という事は台風18号がグワーっと通過した5日の直後!
マジっすか?!(爆)
(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

1618-00

台風の風が残ってたので普通の日でも怖い鳴門海峡大橋は朝イチ通過時に5回ほど風にハンドル取られました。

いやもうホント超濁りまくりで…

どないなったかは放送を見てね!

 FL

(今回は持ち帰りマニア向けの記事なのであまり一般向けではないです…)

ヌッシーの周りはジギングで釣った魚を美味しく食べるために持ち帰り方を超こだわる人ばかりです。
かくいうヌッシーも持ち帰る魚の鮮度維持にはそれなりに気を使っています。

まぁ各自持ち帰り方には好みがあるし、海からの距離や季節によっても大事なポイントは色々変わるので「コレがベスト!」と言い切れる方法は実は無いのですが…

ヌッシーのスタイルは
1)クーラーにたっぷりの氷
2)魚が釣れたらクーラーに海水を入れて潮氷に
3)車に乗せる前に8割型排水(既に魚も冷えている)

と言う方法を取っています。


ここで問題になるのが氷!
クラッシュアイスよりもできるだけ大きな塊の氷が長持ちするので好きなのですが、デカイ氷は買うと高い!!
コンビニで買うと2kg位の板氷が300円はします。 
50Lのクーラーだと2kgが3つは最低欲しいところ。
ただ魚を冷やすだけの氷に毎回1000円は痛い…


という訳で大きなタッパーウェア等で氷を作成しては持っていっていたのですが、分厚いタッパーウェアでも3回位製氷すると割れてしまうのです。
たまに長持ちするやつもありますが、どちみち割れます。

 2Lのペットボトルを凍らせて持っていく方法は簡単なうえに潮氷も溶けた水で薄まらないのでメリット沢山なのですが、どうしてもクーラーの中の容積をペットボトルが占めてしまうのが個人的には好みではないのです。


氷を繰り返し作っても割れないそこそこ大きな入れ物は無いのか?

色々探しているうちに目に止まったのがホームセンターで見つけたシリコン製のバケツ!

1


温度変化に強いシリコンなら割れないだろうと試してみたらビンゴ!
もうかなり繰り返し使ってますが一向に割れる気配なしです!!

2


しかし購入したのは丸型で当然作成される氷も半円形、大きさももう一声欲しいところ。

もうちょい大きな容積稼げる角型はないのか?
と某アマゾンを検索したらあった!

アイメディア たためる シリコン 洗い桶  グリーン7L
台所で使う洗い桶です。

3


強度もバッチリ!

シリコン製の容器は氷作るのにええですよ〜って話でした。

【海況】9月24日中潮 晴れ
【釣船】シーライド
【釣り座】右胴の間

初めてジギングの友人2人を含む4人で明石方面へ出かけてきました。

明石の最近の状況は非常に難しいとのこと。
しかし!何と昨日はメジロがかなり釣れたとの情報が多方面から入電してメチャクチャ期待大!!
(しかも写真で見る限りかなりのメタボ体型)

朝7時出港してダッシュで向かった海峡東の海域。
ジギングのしゃくり方を解説して開始早々初ジギングのカツヤさんがサゴシゲッツ!
続けてタイチャンもサゴシゲッツ!
その後サワラもゲッツ!


う〜む…

周りでポツポツサゴシが上がりますがヌッシーだけ釣れません。
ようやくフルセ150gシルバーでサゴシ一匹釣るも何かコレジャナイ感じ

赤金のメタルフリッカー120gに付け替えてシャクると尻尾スレヒット!(爆)
うんでもコレっぽいカンジがするぞ!

すると岩屋前で何だか今日イチの魚探反応に遭遇。
そこでアシストフックに引っかかってきたのは小アジ!
まさにマッチザベイト!
DSC_0029

何だかいろんなベイトが混在してるな〜

17時まで野田キャプテンは頑張ってくれてアレコレと頑張ってみましたが…

サゴシ2匹撃沈!!(泣)


DSC_0031

グハッ!何もできませんでした…
昨日のメジロはどこへ行ったんや?!
修行しなおしやな〜

いつもお世話になっている週刊つりニュースの表紙を頂いちゃいました!
今回は秋からの明石ジギングについての特集です。

つりニュース


表紙含め4ページもヌッシーが占領…
そんな事があり得るのか?!(爆)

釣り専門店&コンビニで発売中です!
よろしくお願いいたします。

シルバーウィークの3連休の17日(土)18日(日)にJ.I.G.主催のジギングフェスティバルが大阪鶴見緑地のハナミズキホールで開催されました。
もちろんヌッシーはスタッフとして参加。

 まずは朝礼。佐藤さんの挨拶から。

佐藤さんトーク

我らががまかつラグゼブースも準備万端! 

ラグゼブース
永井さんのジギングロッド「ジグレボシリーズ」や加藤さんの「ドラゴンアークシリーズ」や、もちろん「桜幻シリーズ・タイラバQ」も完備!!

今回は新企画として豪華釣具が当たる1000円ガチャガチャや(売上は全て日釣振と熊本県宛に募金予定)、ノット強度対決など盛りだくさん!
ガチャガチャは思った通り開始早々大行列でほとんど瞬殺!(笑)
ノット強度対決はヌッシーのお友達にも多数ご参加いただき盛り上がりました。

ノット対決

二日目はヌッシー大きなお仕事頂いてました。

スケジュール二日目
(よく見当たら一日通して壇上にがまかつ系の人が常に出てるプログラム…)
何と佐々木さんと一緒にタイラバトーク。
殆ど打ち合わせ無しのブッツケでしたが場馴れされておられる佐々木さんのお陰でなんとかなりました(笑)

トークショー2

トークショー

もちろん佐藤さんのトークショーには黒山の人だかり。
(み、見えん!(笑))
 
佐藤さんトーク

てな感じに盛り上がった二日間でした。
今回のジギングフェスティバルは第十回という節目の大会となりましたが、今までで一番多くのメーカー様に出展いただき、またご来場者様も過去最高人数の方々にご来場頂き記念すべき10回目に相応しいジギングフェスティバルになりました。

ヌッシーの友人方々にも多数ご来場頂き、いろんな方に「ブログ見てるよ!」とお声も掛けていただきありがたい2日間となりました。

また次回第十一回ジギングフェスティバルもよろしくお願いいたします! 

このページのトップヘ