ヌッシー疑似餌同好会

超訂正あり!!
放送日は阪神タイガース絡みの特別編成により
20日水曜日20:47〜です!




何かつい先日もFISHING LIFEにヌッシーが出ていた気がしますが…(笑)

スミマセンまた出てます…

FLトップ


今度は紀北・紀淡海峡でタイラバしてます。
当日は大荒れ超二枚潮と無茶苦茶なコンディション。
まぁ放送するってことは1匹は釣れたって事なんだけど…(笑)
結構いことになってます。
果たしてこの状態でどこまで果を伸ばせるのか?!
ただでさえむのに大揺れで舌噛んでないのか?!

今回は面白いので是非ご覧くださいませ!

サンテレビ・・・毎週月曜日 20:54〜21:24

三重テレビ・・・毎週土曜日 08:00〜08:30

熊本放送・・・毎週火曜日 25:23〜25:53

テレビ和歌山・・・毎週日曜日 07:30〜08:00

北陸放送 ・・・毎週日曜日 05:30〜06:00

※各テレビ局の特別編成がある週に限っては
  放送時間の変更・放送を休止する場合があります。

【海況】7月12日小潮 晴れ うねり1.5m
【釣船】白墨丸
【釣り座】前から2番め

好評いただいてますLUXXE桜幻シリーズ。
新たな可能性を探るべく日々テスト中ですが、今回は泉南から出港の
白墨丸さんにお世話になって集中テストしてきました。

今日は朝4時集合4時半出港予定とのことで暗い中に淡輪漁港までひとっ走り。しかし
白墨丸のHPにあるガイドを読んでいたにも関わらず淡輪の狭い路地に突っ込んでしまい暗いうちから泣きながら車を鬼バック(泣)
淡輪の路地に迷い込んだのは以前夜な夜なメバルを狙っていた時以来か…

さて今日のメンバーはヌッシーの他は今年からラグゼスタッフに加入した永田さん、そしてがまかつ社から社員さん3名。
「そう言えば船長、今日って友ヶ島の南ってうねってますよね?」
IMOCの波浪予報には1.5m位の南からの波の予報になっています。
この予報は…

でも船長は「大丈夫大丈夫!昨日も凪やったから」とのこと。
そうなの?良かった!じゃぁ大丈夫か〜今日はアネロンも底をついて持ってきてないし。

船はベタ凪の泉南沖を疾走します。好調です!
ところが友ヶ島付近まで来ると超スーパーうねってますやん!(爆)
ドンブラコッコドンブラコッコ!
狭い海峡を抜けると幾分マシにはなりましたが1mオーバーのうねりが止みません。

ここで釣り座ジャンケン!
今日は基本ドテラ流しとのことなので前から順番に一列です。
海がうねってるから負けられません!
ジャンケンホイ!
真っ先に負けたのは永田さん(爆)ヌッシーは3番手。
釣り座はまず後ろ2つが埋まり(笑)ヌッシーは前から2番めを選択。負けた永田さんは揺れるミヨシ!

今日はテストなのでテストなパーツで狙ってみます。テストなので全然アカン場合もあるしメチャ当たる場合もあるのですが、何しろウネリがキツくてなかなか難しい釣りになってます。
そんな中で最初にヒットさせたのは社員Pさん。
ええやん〜

続けて永田さんもぽぽーんと2連続ヒットです!
永田さん先制パンチ

やるな〜!

こうしちゃおれん!
ヌッシーも何ぞ釣らんと今日は居なかったことになってしまいます。
しかし昨日までの好釣果はどこへやら、船の上下動が激しくてなかなかヒットしません。

うねる〜うねる〜!
こんなにうねってるのはKATSUMIのソバージュヘアー以来です、YES抱きしめて〜♪



・・・酔ってきた…
何だか気持ち悪いです…
朝4時集合は起床2時・自宅出発2時半です。
アネロンも飲んでません。

でも大概ヒットするのはこんな時(笑)
取り敢えず1枚
取り敢えず1枚!(でも酔ってます)

すぐに放り込んだその手でまたヒット!
なんとか2枚目
ぽぽーんと2枚目(でも酔ってます)

イカン!
船酔いがきつくなってきました(爆)
アネロンを貰って飲んでみたものの今からどこまで効くか…
しばらく続けてみましたが取り敢えず寝る!と後ろに移動して皆のドカットを集めてベッドにして寝ることにしました。
揺れるから寝にくいんだけど寝る!

・・・多分1時間半位横になっていたはずです。
何だか気分が楽になったので起きてみることにしました。
寝ていた間に釣果は上がっていない様子(笑)
と言うか人数減ってる!(爆)
社員さん2名も撃沈でキャビンに入っています。現状の釣り手は永田さんと社員さんの計2名。

うし!頑張るか!
再開するなりヌッシーヒット!
3枚目釣れましたがもう写真はええかな〜

すると隣で永田さんヒット!
永田さん飛ばし過ぎ

更にしばらくするとまたヒット!
今度はデカそうで桜幻の振り幅がかなり大きいです。

デカイの?!

上がってきたのは今日のBIGワン!
ナナマルさんです!

永田さん70UP
(お、こりゃノーマル鯛ラバ-Qやな)

勢いが止まらない永田さんは次の「上げて〜!」で回収ヒット!

止まらない回収ヒット

こっちも大きい!

この辺りで撃沈していた社員さんたちも次々復帰!
うねりは治まってきたのですが、今度は強烈な二枚潮に苦しめられます。
風と流れの方向は同じなのですが、船からドテラ方向に流れたラインは船の移動よりも早い底潮に乗って後ろへ飛んで行く感じ。つまりパッと見のラインは自分から正面に流れていくのだけど、ある水深から曲がってこっちに向かって足元を通過して後ろへ向かうと言うこと。

これは釣れんタイプの二枚潮や!
と思っていても時々誰かが釣り上げてしかも型が良いです。

こんなのや
こんなのや

覆面さん

こんなのがポツポツと…

ここで終了〜
ヌッシー後半全然釣れませんでした…前半に3枚釣っておいて良かったわ〜(笑)

非常に釣りづらい日でしたが
白墨丸さんもとっても頑張って下さって色々と試せた有意義な釣行になりました。
まだまだ鯛ラバ-Qも新展開ありますよ!

釣果

【海況】7月6日大潮 晴れ 南の風9m
【釣船】シーライド
【釣り座】終始前(一人貸し切り)


紀淡海峡あたりの調査をしたくて泉佐野の
シーライドさんにお世話になってきました。
一応フェイスブックで同行者募ってみましたが平日水曜に一緒に行ってくれる人は見つからず結局ヌッシー一人で乗せていただきました。
という訳で今回の釣り手はヌッシーとキャプテンです。

前日の電話相談では「何が釣れるか判らん」そうで「当日釣れるものを釣る!」作戦です。当然持ち込む道具も多くなり、ジギング&タイラバ&キャスティングと盛りだくさんです。

今日の潮は前半緩く登った後で(満ちてくる潮ね)後半大潮らしく激しく下る(引いていく潮ね)タイムテーブル。しかし南風が強く吹き続ける予報なので、後半は北上する風と南下する潮がぶつかって喧嘩をするのでザブザブになることは必至!
何とかザブザブになる前に結果を出したいところです。

取り敢えず南下して友ヶ島を抜けると…
すでにザブザブやん!(ToT)
思いの外に南風が強くて上り潮のはずなのに
ザブザブです。しかもかなり濁ってます。
前半は潮が緩いはずなのでタイラバをチョイスしますが反応無し。
どうやら緩いはずなのに結構流れてるみたい。
魚探にはイワシらしきベイトがかなりてんこ盛り写ります。
そこでジギングに変更!
Beeline180gを付けてチョンチョンポーン的にフォールを入れながら誘うと 落ち際でヒット!

初めはメジロの尻尾スレかと思うほどビューン!とドラグが出ましたが、どうやら口に掛かっている様子。
ということは結構デカイぞ?!

うんしょうんしょと上がってきたのは良く肥えたブリ!

ブリ87cm

87cmドーン!
頂きました!


もう帰って良いですか?とキャプテンに聞かれましたが、タイラバもせなアカンでしょ!(笑)

取り敢えずタイラバセットを出してシンカー100gドテラ流しで狙ってみます。
しかし朝イチ同様タイラバ反応無い〜
散々巻いて心折れかけてそろそろキャプテンに「マジで帰りましょうか」と進言しようと思ったその時に竿先にグーンと重みが乗り、体が勝手にスイープに巻き合わせ実行!

お!これは鯛の引きや!

マダイ

上がってきたのは40cm程の食べごろマダイ。

さぁブリもマダイも釣れたし本当に帰ろうか〜!
そう思いながら移動したその先でキャプテンが何かをドーンとヒット!

キャプテンのロッドはファインアクター(タイラバロッド)なので無理はできませんが、それにしても引きすぎるんちゃいますの?もしかして大きい??
出されては巻きのビッグファイトの末にヌッシータモ係で取り込んだのはデカイブリ!

ブリ92cm

ちょっと〜!さっきのヌッシーのよりデカイんちゃうの?!

ハイ、92cmありました(笑)

TGベイトがええ仕事してますね〜!
ちなみにキャプテンのロッドはがまかつFAINACTOR B66M-F、いわゆるタイラバロッドですがその中でもこのモデルは超先調子でシーバスからライトジギングまでこなす何でもロッド。
これに合わせる鈎は近海ミディアム5/0。
ジグの動きを殺すために柔軟なロッドを使いたいけど、柔軟な分だけフッキングパワーが落ちる分は刺さりの良い鈎でカバーするバランスタックルです。

この直後にキャプテンはサワラも追加。

ここで潮が無くなって納竿。

うんうん、周りの状況からするとかなり頑張った方ちゃうかな?
イワシパターンなのに小ジグをあまり持って行かなかったのはヌッシーの準備ミス。
今日の感じからすると濁りが抜けてセンターバランスの小ジグを持っていけば結構よく釣れるんじゃ無いかと思います。
紀淡海峡も楽しいね〜!


昨年ヌッシープロデュースで発売した明石海域鹿ノ瀬用ジグ
ENERFURUSE
今期分出荷いたしました!

furuselineup


今期は昨年同様の115gに加えて150gもリリース!
これで鹿ノ瀬の潮が早い時や他の海域での使用にも使えるラインナップとなりました。
150g版も115gと同様にイカナゴ的ストレートスライドな動きを実現。
フォールは水平ウォブリングです。
派手に振動しながら左右に飛びまくるアクションではないので魚をスレさせない効果大!

また、待望のアルミカラー「タチシルバー」もラインナップ。
個人的に大好きなチャートは初回生産分のみの限定とさせていただきました。

昨年は作成本数が少なくて大変ご迷惑をお掛けしましたが、今期はちょっと多めに作成しましたので皆様よろしくお願いいたします!

お取扱店様も昨年より大幅増!
詳しくはお近くのショップまで〜!

【海況】6月29日長潮 曇のち雨
【釣船】海豚
【釣り座】右ミヨシ

いつもどおりポッコリ明日が休み〜な展開となったヌッシー。
どこ行こうか…雨みたいやし…
瀬戸内か〜
と言うわけで急遽
海豚さんのタイラバに乗せて頂くことになりました。
タイラバの潮には不向きやけどたぶん大丈夫な気がします(笑)
という訳で二見から出港!

うみぶた

船長に話を聞くと大雨の濁りが入ってから急にマダイの食いが芳しくなくなったとのこと。
まぁボウズは無いでしょ。

で、明石沖を走り回りますがこれが噂通り渋い!!
コツリとも反応が返って来ません。

そんな中で船中ファーストヒットはヌッシー!
小振りな鯛めしサイズですがこの状況ならアリでしょ〜

マダイ1stヒット


実はバレやすい小鯛サイズ、このクラスを確実に取れるようになったのはやっぱり鈎の進化が大きいですね。

その後も釣れない時間が続きます…

ここで不意にヒットした船中二匹目は左艫のお客さん!
何だかビッグファイトの末にヌッシータモ入れで上がってきたのは見事な70UPです!


70cmマダイ


すげぇな〜!と感心していたらしばらくして今度は右艫のお客さんヒット!
今度もデカイ魚の気配でヌッシータモ入れしてみると堂々の65cm!


65cmマダイ


ヌッシー完全にタモ係です…(ToT)

この辺りからポツポツ釣れ始めました。
特に65cmのお客さんは小振りの鯛ながら連発で掛けていきます。
観察していると超デッドスロー!
ヌッシーの一番苦手な状況です。
頑張ってみますがなかなか気力が保ちません(爆)

しかしそんな中でも上手くアジャストした左前のお客さんはコンスタントにヒットさせて結果的には5枚。
ヌッシーも巻き方以外にも上手く微調整してヒットさせましたがまさかのリリースサイズ!!
同時ヒットの左前のお客さんは55cm…な〜んでやね〜ん!(笑)

最後には雨も本降りで降り出して、雨霧も発生してすぐそこの陸地も見えなくなる始末。

という訳で泣きながら納竿。
今日は何かとうまく行きませんでした…


消沈して帰路についていると近くのS丸でタコ爆釣したソルティガ吉田さんから電話を受けてタコを分けてもらいました。吉田さんありがとうぉぉぉ!


【海況】6月14日小潮 晴れ
【釣船】阪本丸
【釣り座】一番前

「タコのエエ潮ありますよ!」と阪本丸にお誘いを受けたヌッシー。
行こう行こう!と仲間を募ってチャーターしてまいりました。

タコの他に何狙おう?
潮が流れている時間はタコを狙えないので何か他にターゲットを決めなきゃいけません。
アジは?… 今釣れてるポイントが遠い
ブリ釣れてるね… もうちょっと肥えるの待とう
ハマチは?… 行方不明
という訳でタコのポイント近くで釣れるはずのタイを狙うことにしました。

朝イチまずはタコからスタート。
ヌッシーは一番前。釣り手はヌッシー含め4名のお友達です。
幸先良くタコを釣り上げたのは一番後ろの尾崎さん。
流石にマイボートで鍛えた技を遺憾無く発揮して同行者から
「さすが!」と連呼されています(笑)
今日は操船しなくても良いからフルパワーですね!

ヌッシーもポツポツ釣りますが一番潮下は超不利ですやん!(←見苦しい言い訳(笑))
全体的にポツポツ釣れますが本当に散発的で結構だらだらした展開。
最近はタコの沸きが芳しくなかったのは知ってましたがこれほどとは…
阪本船長はちょっとでも良い反応を探して播磨灘を走り回ってくれています。

初めてタコ釣りに参加のS氏も徐々に感覚を掴んできた様子。
生け簀に放り込んでいたタコも何やかんやと増えてきて生け簀の底は取り敢えず見えなくなってきました。

そんな昼前。
流れも変わって風と潮の関係で船が横向きに流れ始めました。いわゆるドテラに近い状態。
「これなら戦える!」
そこへ遂に阪本船長が良さげな沸きを見つけ出してくれました!
うっしゃ!〜エンジン全開!(笑)

ここから怒涛のラッシュスタートです!
エエ型のタコもガンガン混じります!

2ヌッシー良型タコ

コツを掴んだS氏も良型含めエエ調子で釣り上げていきます!

1S氏良型タコ

N氏も絶好調!
N氏タコ

4馬力でエンジン全開!
ガンガン釣り上げ続けて生け簀は超満杯酸欠に!
たまらず阪本船長がタコを絞めはじめましたが、そもそも「超渋い」と思っていたタコ釣り、船内にはヌッシーの35Lクーラー1個しか持ち込んでいません。
「蓋閉まらん!」と叫んだ阪本船長、見ると閉まらんどころか絶対閉まらん角度で蓋が開いたままビニール満杯のタコが見えています(爆)

蓋閉まらん

仕方なく近くの船に救援を頼んでクーラーをお借りすることに…(高砂屋さんありがとうございました!)
お借りしたクーラーも速攻で満杯になり、更に生け簀もまたタコで一杯に…

アカン…タコ終了や!(笑)
保管できないのでタコ釣り終了です。

この頃から海はベタ凪の播磨池状態に。
6ベタ凪
完全に夏の海です。

潮も流れてきたしタイラバしようか!
風の具合もちょうどいいので明石では珍しいドテラで船を流してみます。

タイラバ… ならヌッシーが頑張らないとイカン場面ですが、ここに来てヌッシーは超眠くなってきました。
「寝る…」と後ろで寝始めたヌッシー。
ところが寝かけた瞬間!眠気を覚ますかのように尾崎さんヒット!
尾崎さんやるやん!

3尾崎さんタイ

こりゃぁ寝てる場合やないです!

ヌッシーも真剣に狙ってみます。
そもそもタイラバは気合を入れれば釣れる釣り(いやホントそうなんです)
結果はすぐに出てドーンと桜幻Lが曲がります!
お!お!
タイラバとしては常に強めの設定になっているヌッシーセッティングリールから糸が何度も引き出されます。
頭の振り幅からして…これデカイで!
上がってきたのはコレ!

5マダイ67cm

67cmドーン!
デカイのに綺麗な明石鯛です

その直後にN氏と尾崎さんもマダイヒット!
尾崎さん計3枚もマダイ釣ってますやん〜!

7尾崎さん3枚目

最後にちょろっとしただけのタイラバでササッと結果だして帰港!

で4人釣果がコレ。
釣果
出ましたタコ絨毯!(爆)
4人でタコ100匹位です。
渋い状況でこれだけ釣れたら大満足です!
阪本船長ありがとぅぅ〜!

【海況】6月7日大潮 小雨 結構風強い 
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】前

愛媛県在住のヌッシー釣友のWBさん。
以前から一度周参見の
第八大洋丸で釣りをしたいと仰ってましたが、仕事の用事で大阪にくるついでに今度こそ第八大洋丸に乗りたい!とのどっちが本来の目的か判らんスケジュールで来阪!
(明らかに釣りの荷物のほうが多いです)
当然長野船長が張り切らないはずはなく…(笑)

小雨交じりで南東からの強風・潮無しと涙ちょちょぎれそうな条件の中で出港です!
とにかく今日のミッションは愛媛県からのゲストに魚を釣って貰う事が第一なのですが、こんな条件でも長野船長は「絶対釣らせる!」と本気です。
一応キャスティングとジギングの用意をそれなりに持ってきてはいるのですが、船長のこの気合の入れ方からすると今日はキャスティング1色の1日になることは間違い無さそうです。

大洋丸


朝イチは港を出たすぐの周辺から。
ヌッシーはLUXXE TOPGEAR 83MHにDOGFIGHTにPE6号と20kgクラスのキハダまでなら獲れるタックルで振り回します。
魚探にはベイト山盛りで出そうな雰囲気ムンムンな上に周囲の本職さん達はポコポコと景気良くビンタを釣り上げてるようですが、投げども投げども反応が返って来ません。

散々投げて…
「ちょっとジギングしてみようかな(チラッ)」
船長の様子を伺いながら得意のレクター投下!(笑)
シャクシャクシャク…ドン!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

やるやん俺!


ALMEA B67ULをブチ曲げる魚はなんか違う気もするけどカンパチに違いない!
しかもそこそこエエ型やで!

で、

上がってきたのは周参見のお友達エイラクブカさん。

えいらくさん
(お友達なので優しくリリース)

むぅ〜〜〜…
釣れないねぇ…



船長は意を決して沖へ。
こなったら長野勘ピューターが頼りです!!
小マシな反応を探して走り回り…


ココ!と言うところで船は停止。
二人でピューンと投げてみる。
ヌッシーがブルーフィッシュ60をヒョイと引っ張るとパシャ!
ん?!
もう一度引っ張るとゴン!とヒット!

それをボーッと見ていたWBさんの浮きっぱなしのブルーフィッシュもゴン!とヒット!

ダブルヒットや〜!

デッキまで抜きあげたのは待望のビンタ(キハダマグロの幼魚)

ダブルヒット

魚を外して即投げると即ヒット!
時合いや!
二人で投げてはデッキに抜きあげを繰り返し。

ビューン、ドン!、バチン!
小マシなサイズがヒットした瞬間抜き上げ用に締めていたドラグが回らずラインブレイク…
(下手っぴです…)
WBさんはその間に小マシなサイズゲット!

WBさんビンタ


おお〜!小マシなサイズ!
良かった〜!

その後ヌッシーのビンタとWBさんのカツオのWヒットがあり今日は終了〜!

WBさんカツヲ

ホント、釣れない時は何しても釣れないのに釣れるときは放り込むだけで釣れるとはキャスティングは理不尽な釣りです(笑)
しかしトップでヒットするとサイズ問わず興奮しますね〜!

WBさん遠くからお疲れ様でした。
長野船長ガンバって頂きありがとうございました!

釣果


今日はフィッシングライフの撮影のため紀淡海峡まで出かけてきました!
お世話になったのは泉佐野のシーライドさん。

もうね、朝から凄まじい北寄りの強&大阪湾とは思えない&強烈な二枚潮(泣)
とんでもなくザブザブです…

まずもってタイラバなんぞでは釣れそうに無い切望的な状況

でもヌッシーのタイラバロケって大概こんな感じの逆境なんよね。
自作の段階からそんなロケを乗り切ってきたから製品版の鯛ラバ-Qを持ってる今は釣れない気なんてしない。
スタッフの中で一人だけ朝から釣る気満々(爆)

そして案の定HIT!!

紀淡ロケ

取り敢えずホッとしてからが今回のロケは凄かった!
凄まじい展開!
あ〜!言いたいけど言えない!(爆)

放送は7月の予定です。
(前回の明石ロケの分は6月後半に放送予定しております)

鯛ラバ-Qの発売以来予想を超える反響を頂いてます。
ありがとうございます!

タイラバの王道進化

を目指した鯛ラバ-Qですが、フレアさせたネクタイや球体ヘッドや特殊スイベルやナノスムースコートのフックやら目立つ改良点の他にも超細かい部分にまでこだわってます!

そもそも何を持って「王道進化」と謳っているかと言うと(1)ノントラブル(2)大きな誘いを上げているわけです。

その「トラブル」の一種に「フックがリーダーに絡まる」ってのがあります。
タイラバでは定番のトラブルです。

で、鯛ラバ-Qですが出荷時パッケージから出した状態ではこんな感じです。

結び目1

これが正解!

もともとPE等と比較して張りのある素材であるシーハンターですが、この結び方をすることによりフック全体が後方にピンと張った状態で固定されます。
こうすることによってリーダーに絡みにくい状態をキープできます。

拡大するとこんな感じ。

結び目2


スイベルのリングにしっかり付けると下記のような状態になりますが、こうすると結んだ所を中心にフック全体が回転しやすくなりリーダーに絡む事が頻発しますのでご注意下さい。

結び目3

まぁ理屈っぽいルアーやな〜(笑)

【海況】5月25〜26日中潮 曇り時々雨 南東風 
【釣船】太郎丸
【釣り座】貸し切り

テストに行こう!とG社S氏からお誘いを受けて向かったのは南紀の
太郎丸
2日間通して釣りをする計画です。
まぁぶっちゃけヌッシーは機嫌よく釣りをすればいいとの事で朝イチからやる気満々!

太郎丸


取り敢えずジギングから。
船長にオーダーしてカンパチを狙うべく100mラインを攻めるも反応無し。
う〜む…
巻きが早過ぎるのか…?
そこでちょいゆっくり目にシャクリ上げて少し落としてまた巻き…
ここでジグのテンションが抜ける!
すかさず巻き合わせてヒット!
ドゴーン!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!カンパチや!

手応えから結構な大型と推測、恐らく10kgクラス。
強引に行くか、いやフックが細軸の近海ミディアム5/0やから口切れもあるぞ…
等としばし考えていたらビューンと突っ込まれて根ズレアウト!

あぁぁぁぁぁ〜〜〜!

船長とS氏の目が怖い…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

結局この日はサバが1匹サバフグ1匹で納竿。


夕食は紀伊田辺市内で地元の魚が美味しい居酒屋さんで食べて早めにホテルにチェックイン。

紀伊田辺〜白浜間はホテルが多いので泊まる所には苦労しません。
今回のお宿はちょっと古い感じのホテル。
明日は6時出船とのことなのでかなりゆっくり出来るはず。
シャワーを浴びてからベッドでうとうと…

うとうと

うとうと

ん?

深夜1時過ぎ位、何か黒っぽいモワッとした気配を右下辺りに感じました。
何?!
と思うとブワッと上半身に覆いかぶさって来た!
ぐわっ!#$%^&!


ナメんな!
気合を入れたら気配消失…
何の類や?アレは?!
寝るか起きるか迷いましたが、もう一度出やがったらシバキ倒す事にして就寝。

スマホの目覚ましで起きたら朝5時前。
夜中のアレは何やったのかと思いつつ用意してS氏と合流。
S氏に昨夜のことを話すと、その前の晩から田辺入りしていたS氏も別のホテルで似たような事があったとのこと。
大丈夫なんか俺ら?(笑)

太郎丸二日目 

取り敢えず昨日逃したカンパチを釣るべく200mクラスの深場まで探るもベイト反応は多いのに二枚潮がきつくてバイトなし。
上潮は2ノット位出てるのだが、上潮だけが滑っているだけで底潮が動いていないのかジグだけがボトムに置いて行かれる感じ。

散々シャクってみましたが昼前にギブアップ!
…(;´Д`)ウウッ…


2日連続で丸ボーズ…

こっちのほうが怖いわ!(爆)

このページのトップヘ