ヌッシー疑似餌同好会

3

【地域】 明石
【海況】 小潮 曇り  北の風2〜3 波高0.5M 
【釣り船】魚英
【釣り座】右大艫
【釣行者】ヌッシー 
【釣果】 ツバス1匹 大サバ1匹 マルアジ7匹 エソ1匹(竿頭)

 

今日も明石のジギング船「魚英」に乗ってきました。
朝起きると寒い!大阪AM3:30でプリウスの外気温計は18℃を指しています。これは短パンで乗船は無理やなぁ。でも寒方系の魚であるツバスの食いは良くなっているはずなので爆釣の予感。
気がかりは出かけるまで降っていた雨の影響(濁り)。良い方に転ぶか悪い方に転ぶかは濁り次第ってところでしょうか。

AM5:00魚英到着。すると「8月度一日数釣り賞」で1000円割引券・「8月度総計数釣り賞」で1000円割引券の計2枚頂いちゃいました(期限10月末まで) ウフフ。

ちょっと気をよくして出発。

まずは明石港付近で様子見・・・・。濁りきつ〜い! 魚の反応無ぁ〜い!
明石港付近での流速は2ノット。他の地方は判りませんが、明石沖で2ノットは「止まっている」に等しい潮流。だめだこりゃ。

そこから魚の反応求めて垂水沖から鹿ノ瀬の奥まで放浪が始まりました。しかし船中7人でAM10:00を回っても上がったのはツバス1匹のみ。

この辺りでヌッシーの気力は途絶えました。釣れない時間はクーラーボックスの上で仰向けに昼寝。何か音がしたらちょっと釣りしてみるパターンに。(船で寝るの気持ちいいんだこれが)
鹿ノ瀬の奥でヌッシーにやや強い引きがあったものの、上がってきたのはお約束のエソ。

「今日は釣れない日だ!」
ヌッシー頭の中で切り替えます。
ツバス狙いをあっさり捨て去り、伝家の宝刀「リーディング XA73 」にハヤブサのサビキ針「ブライトン20」を半分に切って(前回の残りです)錘40号付けて投入! アジ、あわよくばマダイ狙いです。
(すっかり汚れジガーです・・・でも魚釣れる方が楽しいんだもん)

すると・・・すぐに反応アリ!水面でばらすも、あれはアジかサバか・・・。

すぐさま再投入。鹿ノ瀬のアジは底ベッタリに居ることが多いので一番下のサビキハリス結束部から錘までの長さを半分にし、なおかつ錘をゴツゴツとまるで底取りの出来ない素人さんのように海底をずる引く「一見素人釣法(ヌッシー命名)」を実践。

これが大当たりでアジが飽きない程度に釣れ始めます。大きなサバも混じりました。

1人で楽しくサビキ釣りを満喫していると、気が付くと左艫の常連I井さんもサビキを付けてアジ釣ってはります。そのままあれよあれよと言う間に皆さんサビキ一色になり、今日の魚英さんはジギング船ならぬ「サビキ船」に。
(すでに近くの中島丸は完全にサビキ船と化していましたが・・・)

サビキ勝負なら唯一サビキ用の竿を持ち込んでいるヌッシーが断然有利!何匹かは判らないまでもお土産は十分確保して再度ツバス狙いポイントへ。

ちょいちょいジグを斜め引きしているといきなり魚が掛かった感触!凄い引きです!これはでかいよ!!バスロッド+PE1号で大丈夫か?
竿がぶち曲がっているので皆さんの注目を集めながら上がってきたのはツバスのスレ。なぁ〜んだ。これもお約束の落ちですが、でもやっと本命1匹ゲットです。

ここでまた眠たくなってヌッシーは昼寝。

ハッと目が覚めるといつのまにやら帰港途中の林崎沖での釣りも終わって明石港へ向かっている最中。しまった釣りそびれた(笑)でも何も釣れなかったようでした。

2006.09.14で、昼寝ぶっこいていた割にはヌッシー竿頭。うふ。
大漁ではありませんが、ツバス1・サバ1・アジ7は釣果としてはまぁまぁ。サビキ釣りも面白かったし。

(あ、陸に上がってから釣果報告するの忘れてた・・・)

でも魚英的には思わしくなかったようでまた渋々券(次回1000円割引券)出ました。これは10月14日期限。

と言うことは8月の賞の分で頂いたのと合わせると10月期限の1000円割引券が3枚もあることになります。使い切れるかなぁ・・・。

ポチッと押してね アジは旨かった!サバは締め鯖作成中

ヌッシーがジギングで使用しているクーラーはシマノ製スペーザベイシス35L。シマノ社製としては最大サイズで保冷性能も結構良いグレードのもの。
35Lと言う容量は明石近海でジギングするには必要十分な大きさで使い勝手も良く、なおかつ他社製よりも見た目が格好良いのでお気に入り。

しかし釣り関係のお友達のシャチョウさんから「ダイワのトランク大将いらんか?1回しか使って無いよ」とのお誘いを受けて悩むヌッシー。

確かに数回35Lのクーラーも満タンになる事ありましたし、先日釣り上げたメジロが収まる魚のサイズとしては最大級であってそれ以上の大物が釣れた場合は持ち帰りが困難(いつ釣れるねんそんな大魚!)

聞けばダイワ製最大サイズの50L!しかも一番高いSXUシリーズ!!定価46000円、釣具屋で買っても35000円はします。

う〜む。

「幾らで譲って貰えますか?」と聞けば「いくらでも」との答え。
そう言うのが一番困るねんけど・・・(笑)
「10000円でも良いですか?」と聞けば「OK」との返事。
そりゃ譲って貰わなきゃいかんでしょ!
(たとえ持ち帰ってから嫁さんに「こんなんどこに置くの!」と叱られてもです)

トランク大将1で、今日昼間にシャチョウさんの会社まで行って貰ってきました。これがダイワ製トランク大将SXU-5000RWです。
でかいです!!一瞬たじろぐでかさ。
これならブリでもマグロでも入りそうです。ケンチャンと2人で船乗るときもこれ1個だけ持ち込めば良いかも。

帰宅すると案の定嫁さんから「どこ置くの、それ?」と言われましたが、予想よりも軽めのお叱りでしたのでラッキー。
でも言われずともどこに置いておこう?です。

トランク大将2以前からある
「メバル等のちょい釣り用13L」
「加太なんかでアジ釣る時用18L」
「今までジギングで使ってた35L」
そして今回の50L。
積み重ねると凄いかさばってます。

大きなクーラーの中に小さなクーラー入れて収納できる訳でも無いのでホントに困りものです。

でもまぁこの値段でこのクーラー入手はまず不可能だしなぁ〜。

取りあえず今週の木曜日に釣り行くときに持って行こうっと(笑)

3

【地域】 明石
【海況】 小潮 快晴  波高0M 
【釣り船】魚英
【釣り座】右大ミヨシ
【釣行者】ヌッシー 
【釣果】   ツバス4匹 アジ4匹

 

今日も明石の魚英でジギングです。昨日辺りから少し気温も下がってきたので何となく爆釣の予感。予感のみが高まりすぎてワクワクして寝られず、一睡もせずに明石へ向かいます。大丈夫か?!

今日の乗船者は17人、平日の木曜なのに凄い人出です。船は2隻出て、ヌッシーはお父さん船頭の1号艇に。常連のちとむさんも一緒です。ヌッシーは大ミヨシ、ちとむさんは大艫に乗船。

6時前に出船、すぐに林崎沖に向かいます。で、ジグ落としてしゃくるとヌッシー船中ファーストヒット!最近いつも1番に釣れますねぇ〜。ジグとサビキに1匹づつ掛かってツバスがダブルで上がってきました。さい先良いです。
その後6:20までにもう1匹追加して早くもツバス3匹に。この時点ではヌッシー竿頭です。
しかし朝の時合いはこれにて終了。ここから地獄の釣れない時間が続きます。

いやぁ〜釣れません。
誰も釣れません。

船は魚を求めて明石近海を右往左往。

船の中程には初心者の方々が何人か乗船されていましたが、皆さん肝心の底取りが出来ていない様子。今日は小潮で潮緩いんだけどなぁ〜。あっちこっちにライン飛ばしてオマツリしまくってはります。

それでも時折(1時間に1匹位)ツバスが釣れます。が、ヌッシー寝てないので根気が続きません。しんど〜い。ジギングやだぁ〜!
ワガママ病発病です。

鹿ノ瀬に移動してからは底に魚が写るもののジギングでは無反応。ジグしゃくるのしんどいし魚はアジかもしれないのでヌッシーはサビキ投入することにしました(ハヤブサのブライトン6連を半分に切って3連で使用)。
程なくええ型のアジ1匹ゲット!!うひょ〜!アジうれしい!

しかし後が続かずヌッシー昼寝です。
で、大ミヨシ左の常連I井さんがツバス釣って甲板でバタンバタン音をさせた時にお目覚め。あ〜ツバスいるのね。じゃぁヌッシーも釣りしようか、サビキで(笑)

しかしサビキを投入して底から棚を切った時点で再度ウトウト居眠り。すると何だかよく判らない衝撃アリ!!何だ!何だ!何が起こった?!竿が曲がってます。何これ?
「釣れてるよ!!」周りから言われてようやく魚が掛かっていることに気が付きました。寝ぼけてました。
上がってきたのはまたまた良型のアジ。魚英のナオチャンに「ヌッシーさん何しに来てんねん」と笑われました。

その後運良くアジをダブルで釣り上げたところでタイムアップ。
鹿ノ瀬沖から帰港することに。

しかしヌッシー&みよしの常連I井さん&ナオチャンは読んでました。魚英のお父さんは帰り道に林崎沖辺りで「ついでにこの辺りジグ落としてみよかぁ〜」って言うであろうと。
と言うわけで完全に後かたづけせずにいつでも釣り出来る体勢を維持したまま後かたづけ。

すると・・・・予想通り林崎沖で・・・・・

大ナブラ大会発生中です!海一面でツバスやハマチが小魚追って水面を跳ねています!これはお父さんでなくとも素通り出来ません!
かなりやる気のあるナブラで、船が近づいても消えません(この時期にナブラなんて珍しい!)

皆で急いでルアーキャスト! でも焦るばかりで全然魚釣れません。みんなナブラを前にして興奮状態ですので何が何だか判らなくなってます。その時にポケットの中で携帯なりますが、取れへんよ!今は!


メタルジグ・・・不発!  ヌッシー自作の漁師仕掛け・・・・不発!

釣れなぁい!
もの凄い数の魚が周りに居ますが、皆ポツポツ単発で上がるだけで全然釣れません。

しょうがない!ポップクイーン投入!投げる!・・・・釣れた!!
ハマチの子位の大きめのツバスゲット!!

結局ナブラが消えるまでに1匹しかツバス追加出来ませんでしたが、久しぶりのナブラに大興奮!大満足しました!

ええアジ4匹で、今日の結果はツバス4匹・ええ型のアジ4匹!
1日の成績としてはまぁまぁです。

ついでに今日で8月終わりなので前回のヌッシーの成績ツバス26匹・シオ1匹・サバ2匹が8月数釣り賞獲得決定となりました。パチパチパチ!

んでもって魚英主催・2006明石ジギングダービーでのヌッシー対象魚成績は計33匹。これは2005年のシーズン通しての成績とすでに同数です。
う〜ん絶好調!!
まぁ誰かにすぐに抜かれるとは思いますが、現時点で総合成績1位とのことですので何だか気持ちいいです。

ポチッと押してね 今年は頑張ってます!

5

【地域】 明石
【海況】 大潮 快晴  波高0M 
【釣り船】魚英
【釣り座】右大艫
【釣行者】ヌッシー 
【釣果】ツバス26匹・シオ1匹・大サバ2匹(竿頭!!)

 

今日もお休み貰って明石の魚英から出港してジギングです。先週台風の中で出撃して敢え無く撃沈したのでリベンジしなくては!

シオ5:30出港。すぐ近くの林崎沖で釣り開始です。と、ここでヌッシー船中ファーストヒット!上がってきたのは何とシオ!さい先良いです!

 


ツバス続けてツバスも釣り上げますが程なくして周囲でもツバスが釣れだし、あっという間に大連チャンモードに突入!!
祭りキタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!です。

そりゃもうガンガン釣れます。
一回ジグを落とすたびに必ず魚が掛かります。
皆さんも頑張っておられますが、どうやらヌッシーのカラーがマッチしているようで人一倍魚が掛かります。しかしこれまた人一倍ばれてます(笑)

サバ先ほどのシオ、そしてツバスが釣れ続く中で時折混じる大きなサバ!!こいつは旨そうです!サバだけは慎重に取り込まないとね。(1匹ばらしましたが・・・)

釣り上げては絞めて血抜きしてバケツに放り込み、すぐさまジグを再投入。もうヌッシーの腕から足からズボンからクーラーボックスから何まで返り血浴びてスプラッター状態です。

魚掛かる!釣れる!掛かる!ばれる!掛かる!釣れる!ばれる!ばれる!ばれる!


あれ?

釣れるのと同じだけ魚ばれてます。

釣り上げた数もかなりのものですが、よしのぶ船長から「ヌッシーさんばらしすぎや!」とクレーム入ります。でも強引に巻いたら口切れするし、慎重に取り込んでもなぜかばれるし・・・。
ここでよしのぶ船長から一言「ドラグ緩くしてみ」。
実は乗船前に「ツバスに混じってメジロも釣れる」と聞いていたので対メジロ用ドラグ設定にしていたのでした。

これがズバリでそこからは少し取り込み失敗も減りました。う〜んこんな事で釣果に影響するのか〜。しかしこのツバス用ドラグ設定がかなり微妙でなかなか難しい〜。

このお祭り騒ぎも1時間少々で終了。ヌッシーかなり釣り上げました。

しかしここから釣れない時間が長かった。祭りが9:00頃に終わってそこから延々13:00過ぎまで明石周辺海域を彷徨いますが誰も全く釣れません。
最近よく釣れていたサワラも反応無し。

精も根も尽き果てた13:30頃、帰港間際に再び寄った林崎沖でまたツバスのアタリがあり、ヌッシー3匹追加で終了。

爆釣釣果終わってみればヌッシー釣果ツバス26匹・シオ1匹・大サバ2匹で竿頭!!パチパチパチ!!
現状では魚英の月間数釣り賞も頂きです!

しかしよしのぶ船長からは何度も「ヌッシーさんばらしすぎや〜」「ばらしすぎや〜」と文句を言われ(笑)
確かにばらしすぎです。数釣ってる間にアシストフックも鈍ってしまって針先丸くなってたしねぇ。もう少し上手く釣っていたらあと10匹、もしかすると20匹は多く釣れていた可能性もあります。う〜ん残念。

25日天気図昨日とは打って変わって爆釣した今日の明石海域ですが、高気圧が北に張り出して北よりの風が吹くとツバスの釣れが急に上向くことが良くあるそうです。
ちょうど良い日にドンピシャ当たった模様。

よくばれましたが、まぁでも今期一番数釣り出来て満足です。

ポチッと押してね ツバスはばれるもんやんね〜

5

【地域】 明石
【海況】 長潮 晴  波高0M やや濁り
【釣り船】魚英
【釣り座】右大艫
【釣行者】ヌッシー 
【釣果】 メジロ68.5cm   真サバ40cm級1匹

 

先週に引き続き魚英にてジギング。そろそろ大雨の濁りも取れた頃かな? 本日はお客さんはヌッシー含めて4人。一番小さい魚英3号艇にて出港です。

で、釣り開始・・・・・。

渋い!!先週もかなり厳しい釣りでしたが今週も更に輪を掛けて渋い海況です。しかもヌッシーはスタート早々リールはバックラッシュするし、やたらと根掛かってAM9時までに5回もライン結び治しです。

先週もヌッシーに1匹目が来たのが9:15でしたが、今日はその時間になっても何も釣れず。その時間までで船中シーバス(セイゴ)1匹・サバ1匹程度です。
明石周辺から平磯の辺りまで移動して釣りますが何も釣れず、アタリすら無し。あ、ヨコワが飛んでます。まぁ先週も昼過ぎからパタパタッと釣れましたので今週もそんな感じかなと思いつつ、「移動〜」の声を聞いてからヌッシーは寝てしまいました。

船が減速する音でお目覚め。ん?!ここはどこ? 見渡せばまた明石周辺。時間は10:30です。よ〜しサバでも真剣に狙うか!っと真剣サバ狙いセットを作って投入。

すると同じく艫(左)に座っておられた方が美味しそうなサバを釣り上げておられます。お!良い感じ!すぐにヌッシーもちょい投げして斜めにジグ(チャートのツダジグ90g)を投入してサバジャークしてみると・・・・。

「コン!」お!アタリあり! そのまま巻き続けるとグン!と魚が乗った感触!やりました!感触と前後の状況からして大サバです。

即「ヒット!」のかけ声を出して・・・・・
3秒
4秒
5秒
ん?・・・・。
6秒
サバ独特のブルブル感がありません
7秒
8秒
おかしい
9秒
サバじゃないかも!合わせてみるか!
10秒
ウリャ!

合わせた途端にもの凄い引きに変わりました。
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!
青物ですこいつは!!

ゼナックウィッピー2番がぶち曲がって、締めたドラグからラインがドンドン出ていきます。でかいよ!こいつは!
あ〜ミヨシの兄ちゃん今からジグ投入せんといて〜! あ〜遅かった絡んだよ〜。もうそのまま巻くしかないなこりゃ。

グリグリ巻いてビューと走られてを繰り返した後で意を決して1.2の3でタモ入れ成功!

メジロ68.5cm1やったー!でかいよ!メジロやーー!!大サバちゃうやんか!(笑)

単純に嬉しいです。半分寝てましたが一気に目が覚めました。うっほほ〜い!

根掛かりで5個もジグ無くしたのも、それまで釣果0だったのも帳消しです。

ここからはルンルンで釣り続行。釣れなくても御機嫌さんです。

それからもかなり渋い海況だったのですが、予想通り昼過ぎにサバの群れに当たり、船内ポツポツ、ヌッシーも1匹真サバ追加で終了。

メジロ68.5cm2寄港後メジロのサイズを測ると68.5cm!!やったぜ!!まだシーズン始めながらも現在魚英の青物ダービー・サイズの部暫定トップ!

帰宅後半身を刺身にして晩ご飯に。しかし家族4人で半身は多すぎ(笑) 味はまことによろしゅうございました。脂が乗ってる割にしつこくなくあっさりと上品な味。

今日は大満足!

ポチッと押してね メジロ釣れて嬉しい!!

3

【地域】 明石
【海況】 大潮 晴  べた凪
【釣り船】魚英
【釣り座】左大ミヨシ
【釣行者】ヌッシー 
【釣果】 サバ40cm級 x 7匹(サバ竿頭)

久しぶりの魚英でのジギング。今回はヌッシーの定位置とも言える大ミヨシでの釣行です。お客さんはヌッシー含めて10人。平日なのに結構な人手です。
本当に長い間降り続いた大雨の影響がどれだけ残っているのか心配しながら出港しましたが・・・・。

案の定明石周辺はどこへ行っても激濁り状態です。まるで田んぼの中で釣りをしているような感覚に襲われます。どちらかと言えば濁っている状況が得意なヌッシーですが、ここまで酷いのは初めてです。

で、釣り開始・・・・釣れません。

誰1人全然釣れません。乗船前は常連さん達と「サバは飽きたしねぇ〜」等とほざいていたヌッシーですが、サバのアタリすら無い状況に「取りあえずサバ確保!」が今日の命題となりました。

5:30出港して9:00を回ってもヌッシー獲物無しです。

まずい!!
ボウズの予感がします。

そう思った9:05頃、ヌッシーの竿がぶち曲がる反応アリ!!すかさず「ヒット!」と叫んでタモ入れ救援待ちますが何か反応がおかしい。皆の注目集める中上がってきたのは大きな岩の塊。
ハズカシィィ〜〜!

小さくなって釣り続けると9:15分頃に今度はキチンと魚の反応アリ、で上がってきたのは40cm級の美味しそうなサバ。まずはボウズ逃れてホッと一息です。

この時点で船中10人中、カンパチ上げた人1人・シーバス1人・サバ1匹づつ3人。かなり厳しい戦いになりそうです。

その後鹿ノ瀬をまるでジプシーのように彷徨いながら魚の反応探しますが、どこもだだ濁りで反応薄。時折ポッツポッツサバが上がりますが本当に単発です。
ここで先ほどカンパチ上げた胴の間の方がサワラをゲット!うらやましぃ〜!この方、小型クーラーしか持ち込んでいないとのことでひとまずヌッシーのクーラーでサワラ預かります。

その後も船はアテもなく彷徨い続けますが釣果は上がらず、胴の間の方々は皆さんお昼寝。

12:00回った時点でヌッシーの釣果はサバ2匹、船中皆さんサバ1〜2匹で、ボウズの方もチラホラ見受けられます。

諦めかけて港近くへ戻った13:00頃、奇跡のようにサバの群れに遭遇!皆さんポツポツ釣り上げ始めます。

ここでヌッシー急にエンジン全開!

休み無くサバ狙いセットでサバジャーク続けてサバ!サバ!サバ!サバダブル!と捕獲しまくり!魚英さんから「ヌッシーさんシーバス狙ってや〜」と言われますが(ここはシーバス狙いだった様子)、ヌッシーは釣れるときに釣れる物を釣っておく主義なので構わずサバジャーク続行。

隣の人が丸々太ったシーバスをかけて水面でばらしたのを見てからシーバスのしゃくりに切り替えますが時既に遅く14:00納竿となりました。

今日の目立った釣果、カンパチとサワラ釣った方・シーバス釣った方。他の方は皆さんサバ2〜3匹。

激濁り明石で鯖7匹ヌッシーは40cm級の大サバ7匹でサバ竿頭でした。わ〜い自分だけサバキッチリ釣れたぁ!終わりよければ全て良し!自分良ければ全て良し!
おまけに船中の釣果振るわなかったので次回割引券(しぶしぶ券)まで頂いちゃいました。ウフ。

 

ポチッと押してね まだ当分サバはいけそうですね

3

【地域】 和歌山・加太
【海況】 中潮 晴 波高0M
【釣り船】荒神丸(餌釣り)
【釣り座】右胴の間
【釣行者】ヌッシー ケンチャン
【釣果】 
ヌッシー : アジ18匹
ケンチャン: アジ11匹・マダイ2匹・ガシラ1匹
         コモンサカタザメ1匹

 今日はケンチャンと久しぶりに2人で釣行。いつもの明石ではなく大阪と和歌山の県境にある加太から出る「荒神丸」でアジ釣りです。

 早めに現地着するつもりが着いてみると出港寸前。危なかった〜。座る場所選択の余地が無く仕方なしに分の悪い胴の間(真ん中)の釣り座になりました。

 で、釣り開始・・・・。つ、釣れねぇ〜〜!

釣り座の悪さもさることながら他にも何かが違う模様。嫌になるくらい釣れません。他の人はポツポツ釣り上げ始めますがヌッシー達2人は「ポ」位です。こいつはやばい! 

途中でガシラ(カサゴ)も狙いますがこっちもサッパリでケンチャン1匹・ヌッシー0匹です。(隣のオッサン上手かった!隣でバンバンガシラ水揚げしてました。微妙な差があるんやろなぁ〜)

 そのうちにポイントを深場に移して再びアジ狙い。この辺りからヌッシー達が急に釣れ始めました。今まで何回か荒神丸に乗りましたが、いつも2人でスロースターターなんですよね〜。いつも後半の巻き返しで何とか並の釣果に持って行くパターンですが、本日もまんまそのパターンのようです。

 とか言ってるうちにケンチャン何かアジでない魚ヒット!

上げてみるとマダイです。お〜〜!鯛じゃ鯛じゃ! ケンチャンそれまで釣れなくてちょっと不機嫌でしたがこれ1発でエンジン掛かった模様。御機嫌さんです。あ〜良かった。

 外道王1写真は荒神丸の釣果報告のページに掲載された写真。ご覧の通り後からもう1匹鯛追加でケンチャンが本日の外道王です。(ヌッシーも後ろに写り混んでます 笑) 
釣果報告のページでは34cmと41cmって書かれていますが、そんなに無いし第一一回も計ってません。ええ加減やなぁ〜荒神丸(笑) 帰宅後計ったら35cmと30cmだったそうです。

そうこうしてるうちにまたまたケンチャン何かでかい獲物をヒット!!竿がぶち曲がってます。

 周りからあ〜しろだのこ〜しろだの色々言われながら必死に上げてみると・・・・。

エイでした。

外道王2しかも見たこと無い細長いエイです。

(調べてみました。名前はコモンサカタザメ。エイ目サカタザメ科。南日本の深海の砂泥地に生息。湯引きや甘辛く煮込んで食べると絶品)

リリースしましたが、あ〜ケンチャンこれ喰えるみたいよ。しかも美味しいみたい。今度から釣りに行くときは釣魚図鑑持って行こうねぇ・・・。普段は深い所にいる魚のようですから見たこと無いのもうなずけます。

この日ケンチャンはアジ・ガシラ・マダイ・コモンサカタザメ・フグと五目釣り達成です。

ケンチャンがアジ以外の魚を次々に掛けている間にもヌッシーはアジばかり釣り続けました。

外道王3終わってみるとヌッシーの釣果アジ18匹、ケンチャンの釣果アジ11匹・ガシラ1匹・マダイ2匹でした。いつもながら出足遅かった割には結構盛り返した感じです。サイズ的にはケンチャントップ賞か?!

外道王4サイズは小さいながらもそこそこアジ釣れたので6匹はタタキにして食べ、残りは開いて一塩で干物にしてみました。

い〜ねぇ干物。

 

 

 

ポチッと押してね コモンサカタザメ・・覚えておこう

1
【地域】 明石
【海況】 中潮 曇り 波高0M
【釣り船】鍵庄
【釣り座】右ミヨシ
【釣行者】ヌッシー 
【釣果】 どうって事無いアジ3匹


梅雨の晴れ間の金曜日、魚英に予約入れるも客がヌッシー1人だけだったために出船出来ず。じゃぁ代わりにどこ行こうか考えた末に魚英の西100Mにある鍵庄へ初乗船してみることにしました。
前日前々日と竿頭がアジ30匹オーバーって釣果報告も気になったので・・・。

鍵庄は5:30出船。魚英と違って席は早い者勝ちなのでヌッシーが乗り込んだときには既に艫から埋まっていました。17人ぐらいの客数です。

朝一はまだ潮が動いていないと言うことで鹿ノ瀬でタコ釣りから開始です。しかしタコ釣れず。船中5匹位上がって、上がったタコは結構良型揃いなのですがいかんせんアタリが少なすぎます。
程なく移動。

7時過ぎ辺りから鹿ノ瀬奥でサビキでアジを狙います。
で・・・。

全然釣れません。

大艫から魚の群に入るので大艫の人は良く釣れていますが、他は皆目です。

ヌッシーは当初ハリス1.5号のサビキで釣り始めましたが、たまに来るでかいサバがあっという間にハリスをぶち切ってしまいます。連続4回ハリスをぶち切られ、今度はハリス3号を投入してみますが3号では太すぎるのか全くアタリもありません。

そうこうしているうちに周りでもポツポツアジやらサバやらが釣れ始めます。でもヌッシーには釣れません。

と、ここでヒット!よわーい引きで上がってきたのは小振りのアジ。慎重にタモで掬って貰って甲板に置いて貰った直後に甲板の排水穴からチュルルン!と海へお帰りに・・・。

OH! MY GOD!! なんてこったい!!

かなりやる気メーターダウンです。
その後もなんやかんやと試してみますが何故かヌッシーには釣れません。当然底もちゃんととってますし釣れてる人と同じしゃくりしてますが、何故釣れないのかサッパリ判りません。
たまにキタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!と思っても周りのオッチャン達にオマツリして3回ばれるし・・・。

結局13時に終了するまでにどうって事無いサイズのアジ3匹釣り上げたのみ。引きも全然でしたし全く持って何しに行ったのか判らない感じでした。

アジは帰宅後すぐに捌いてタタキにしました。
もう寝ます。
ふぅ〜〜。

ポチッと押してね 初めての釣り宿はようわからん

5

【地域】 明石
【海況】 中潮 小雨  波高0.5M
【釣り船】魚英
【釣り座】左胴の間(通称:便所前)
【釣行者】ヌッシー 
【釣果】 サバ40cm級頭にx30匹
     メバル(26cm)x1
     (船中2番手)

今日も明石の釣り船「魚英」にて出撃です。

天気が悪くなると聞いていたので出船も危ぶまれましたが、現着してみるとそれほど風もなく雨もパラパラで大丈夫そう。波も50cm程度です。
取りあえずゴム合羽上下着用の第一級雨対策装備で参戦です。

5:30出船。初めはちょろっとサバ釣ってから鯛ポイントへ向かいます。が、6:00頃から突如船酔い襲来!!ウップ・・・それほど波もないのに何故・・・あ!来るときの車内でオレンジマンゴージュース飲んだよ!柑橘系と炭酸系は船には御法度なの忘れてた!
取りあえず体を左にねじって無理矢理吐いてみると上手い具合にジュースだけ吐くことに成功!ここから徐々に体調の回復を図ります。

こ〜のままでは終われなぁぁい!四季の釣り 伊丹章風に)

ヌッシーが吐いたり合羽の前を開いて楽な体勢を整えている間に同船者の皆さん(本日全部で9名)はサッパリ鯛のアタリも無かったと見えて早々に鯛ポイントは撤収、岩屋辺りのサバ狙いに切り替わります。

この辺りから体調はともかく釣りの方はヌッシー絶好調!
ジグをしゃくるパターンが判明したので「ほぼ入れ食い」と言って過言ではない感じで釣れ続きます。しかも今日のヌッシーはサビキではなくジグで喰わせる方が殆ど。やっぱり天気悪い日は金色やねぇ〜。
ちなみにしゃくり方は振れ幅の小さいショートピッチジャークです。ロッドは普通のジギングロッドの方が抜き上げるのに便利で手返し良い感じ。

久しぶりに祭りキタァ━━(゜∀゜)━━!!!!な感じです。

回りを見ると大艫の常連さんがヌッシー以上のペースで釣り上げておられます。こちらも文句なく入れ食いです。
しかしその他の方々はかなり沈黙ペース。ほぼヌッシーと大艫の方2人だけで釣ってる状態。
見るとサバ狙いなのにリアにトレブル付けてなかったりジャークの合間にステイ取ってなかったり、肝心の底取り出来てなかったりって感じに見受けられます。
折角乗合船に乗ってるんだから釣れてる人の真似っこすればいいのに・・・。

その後も実にえ〜感じにサバは釣れ続け、大艫の方はタコ1パイ引っかけ、ヌッシーはジグで26cmと良型のメバルをジグで釣り上げます。

10時頃・・・・サバ釣り飽きてきました(爆)

12時過ぎには風雨も強まってきたために早上がりとなり帰港しました。

サバサバサバ

本日の結果
いつもより一回り小型のゴマサバ30匹(魚英には28匹と申告しましたが、数えてみると30匹でした。まぁど〜でも良いですが) 26cmのメバル1匹。

久しぶりに35Lのクーラー満タンの爆釣です。こんなにサバあっても仕方ないので帰宅する道すがら知り合いに配りながら帰宅しました。
ケンチャンにも6匹引き取って貰って、それでもなおかつ残った10匹を使ってシメサバに。メバルは煮付けで美味しく頂きました。

あ〜もぅサバは満足です。

ポチッと押してね やっと満足出来ました。

2

【地域】 明石
【海況】 中潮 曇り  波高0M
【釣り船】魚英
【釣り座】・・・
【釣行者】ケンチャン 
【釣果】 サバ45cm級頭にx6匹
     アジ3匹・ガシラ1匹

今日はケンチャン魚英に1人で乗船初チャレンジです。

ヌッシー的にはハラハラドキドキ。上手くいくように魚英さんにメールまで送ってしまいました。

一応サバ狙いなのでこの2週でヌッシーが得た情報は全てケンチャンにフィードバック。柔らかすぎる竿は要らないと言っておいたのでケンチャンはリーディングX63を持って行かずに参戦したのですが、これが裏目で魚英さんの「鯛行くし・・・・」の言葉にショック大!

鹿ノ瀬奥の鯛場に到着してからはサバ用に持ってきたバスロッドで鯛にチャレンジしたそうな。しかし鏡のようにベタ凪ぎの水面。船中全く鯛の当たり無く、ケンチャンもここで真サバ1匹・アジ3匹・ガシラ1匹上げたのみ(いや、それって優秀やで)
5時間粘った後にサバ狙いに場所移動したそうな。

明石海峡大橋付近のサバ場では時合いが良かったのかサバのボイルまで発生している状況。
ケンチャンは始め去年と同じくバスロッドで臨んだそうですが、のされて抜き上げられないことに気が付いてジギングロッドに持ち替え(だから言ったのに・・・)そこからは調子よくボイルに打ち込んでスレながら1匹上げるし、ダブルで抜き上げもアリで計5匹のサバを釣り上げたそうな。
そのうちの1匹は50cm近い大サバ!いやいや見事なものです。

魚英さん的には芳しく無い釣果だったようで渋々券(次回1000円割引券)出たそうですが、そんな渋いなかでも見事竿頭ゲットしたケンチャン立派です。
装備も十分じゃ無かったのにね。

帰りがけにヌッシーの仕事場に寄ってくれたケンチャン、前回サバ2匹入れて渡したバットに今度はケンチャンがサバ2匹お裾分けしてくれました。
ありがと〜。

ポチッと押してね ケンチャン魚英の竿頭率高いよね

このページのトップヘ