ヌッシー疑似餌同好会

1

【釣場】 蟇浦→斗ノ口
【海況】 若潮 無風 晴 気温10→8℃
【釣行者】ヌッシー   
【釣果】 ノンキーパー

ヤマリア主催のメバトロフェスティバル淡路大会に出場してきました。(釣り具のYAMASHITAが社名変更してヤマリアになりました)。
メバトロ214:30に淡路島東岸の多賀海浜公園に集合。最近ヤマリアのスタッフに加わった児島玲子さんも登場。かなり日に焼けておられましたが、見た感じ普通の姉ちゃんでした。
ブログを拝見している壱号さんのお姿も探しましたがよく判らず・・・。参加者は恐らく63名。
参加費1000円払って参加賞のニット帽・メバトロボール・ママワーム・シールを貰って登録完了。

15:30頃に競技開始です。
しかし・・・

メバトロ4当日の潮は若潮。若潮なのは良いとして問題は潮位。満潮から一段下げた状態からベターっと潮が動かない時間が続いて再度潮が下がると言うおよそメバル釣りには最悪とも思える潮回り。

う〜むどこでどう釣ろうか。

考えた末に淡路島東岸を北上して小規模港ながらヌッシー好みの蟇浦港へ。全体的に浅いのが難点ですが雰囲気は良いし、皆と同じ事していても勝てないので一か八かチャレンジです。
明るいうちに偏光レンズで海底の様子を見て調査開始です。とは言え日没は18:30頃。気温は高くポカポカして眠いし暑いし・・・。オマケに大会のレギュレーションでライフジャケットの他に受け付け時に配られたMariaのニットキャップを被っていなければならないので余計に暑い!!

なんやかんやで18:30頃の日没を待って釣り開始。

しかし釣れません。「ここなら普通は釣れるでしょ!」って言う1級ポイント流してもアタリすら無し。メバトロ1漁港内の常夜灯回りを探れば確かに小メバルは釣れるのですが、そんなものいくら釣っても何にもなりません。

検量開始は20:30〜21:00。暗くなってからの時間は殆どありません。場所設定が命の短期決戦ですので考えている暇はありません。

一か八か移動です。

ちょっと戻って斗ノ口まで。埋め立て地の常夜灯が沖向きに漏れている1級ポイントで勝負をかけます。が・・・。
ここいらの沖向きは風のない穏やかな凪ぎが仇になって強烈な夜光虫発生祭り。

これは終わったっぽいです。今回はヌッシー1人の参加なので他の人達の様子は判りませんが、ボウズ多いのでは・・・等と思いながら帰着。ノンキーパーの報告をします。

帰ってみると釣っておられる方は流石に釣っておられます。最大は27cm!!う〜む凄いです。いつぞやと違って今回は皆さん大抵生かして持ち帰っておられますのでズルでは無さそう。最後にあった上位3名さんのお話を聞くと「この時期にイカナゴを狙って某漁港にはでかいのがいると判っていた」との事でしたが流石です。
他に釣っておられた方はヌッシーが釣っていたのと近くの尾崎港で本当に撤収間際にバタバタっと釣れたとのことで、なんとも残念。

しかし参加者のうち半数以上がノンキーパーでしたし、弓削師匠も「ノンキー」との事でしたので諦めもつきます。

釣りの方は諦めもつきますが、さらに非常に残念だったのが終わってからのくじ引き大会。児島玲子さんがくじを引くのですが、商品の数は参加者の半数程もあるというのにヌッシーはハズレ。あ〜〜〜あ。頼むよ〜コジレイ!!

そんなこんなで今大会は閉幕しました。

しかし何だか気が収まりません。

そこで終わってから再度蟇浦港に戻って釣りをすることに。しかし潮はかなり引ききっています。メバルもアタリはありますが最早小メバルすら釣れません。


ふと見ると足下にキビレらしき魚がフラフラ泳いでいるのを発見。そう言えば壱号さんのブログで「キビレを掬う」ネタがあったなぁと思い出しました。
今日はメバルに合わせて少し小さめのタモ枠(45cm)ですが何とかなるでしょ。チャレンジ!
で、そっとタモを下ろしてみると・・・・ゴッツン!!キビレの頭をゴツゴツどついてしまいました。キビレはフラフラと沖へ逃亡。失敗しましたがこれは何だか行けそうです!
2匹目はタナが合わずに失敗。3匹目は狙い澄まして・・・うぉおりゃぁ〜〜〜!! 成功です!!メバトロ3タモ枠に収まったのは30cmちょっとのキビレ。釣ると嬉しいサイズです。

キビレ・・・掬いましたがどうしましょ?あんまし美味しく無いと聞いてますが・・・まぁ手ぶらで帰るのも何ですし持ち帰ってみました。

次の日に刺身にして食べてみました。・・・・う〜む・・・・これは・・・・ふ〜む・・・

不味い訳では無いのですが・・・率直な感想としては「味が無い」。綺麗な水の漁港ですし臭みは無いのですが味もありません。チヌの食感で味が無い感じ。まぁそれを世間では美味しくないと言うのでしょうか。

まぁ念願の(?)キビレ掬いも出来ましたし、メバトロフェスティバル楽しかったですよ。

 

ポチッと押してね 来年リベンジします

3

【釣場】 大蔵海岸
【海況】 中潮 北西風1 曇  気温6℃
【釣行者】ヌッシー カッチャン  
【釣果】 ヌッシー 17cm
     カッチャン15.5cm 15cm

 

エサ一番フィッシングエイトグループ主催の「第2回ペアメバルキングチャレンジ明石大蔵大会」に参加してきました。

今年もバッチリの装備を固めたペア50組(100名)の参加です。

ヌッシーは今年も隣人のカッチャンと参加。カッチャンは初めてメバル釣りをしたのが去年の第1回大会、2回目のメバル釣りが今回の第2回大会と言うぶっつけ本番。七夕かい!(笑)
使用タックルは全てヌッシー装備、月光81T+旧ツインパワー2000 と 月光73T+05ツインパワーPGS で臨みます。

日も暮れた18:30競技開始。大蔵海岸全体が会場で、前評判では朝霧川よりも東の方が良いとのことでしたが天の邪鬼なヌッシーは川の西側の西端に腰を落ち着けて1歩も動かず時合いを待つ作戦に出ました。ここはトイレも自販機も近くて便利ですしね。

取りあえずカッチャンに釣り方を説明して(笑)開始。カッチャンには5B付けたスプリットショットを渡し、ヌッシーはメバトロやら何やら色々探りながらチャンスを待ちます。
待つこと1時間、19:30頃にごく弱いアタリアリ! すると右隣の兄ちゃんが1匹釣り上げました。時合い到来か?!

それまで底を探っていたのですがどうもアタリがおかしい。船釣りでリールを巻いていないときのアタリに似ています。感じとしてはワームを上から食ってきてる感じ。と言うことは表層か?
そこでカッチャンのスプリット仕掛けを奪い取って着水後すぐ巻くように変更してみたところ即ヒット!!まずまずのサイズ1匹ゲットです。これでかなり気が楽になりました。そのまま仕掛けをカッチャンに返し、釣り方(キャスト方向・カウントダウン・巻き速度)を説明したところカッチャンも即ヒット!1匹追加です。

ヌッシーも自分の仕掛けをスプリットに変更します。仕掛けを組んでる間にカッチャンもう1匹追加!しかも次々にメバルを掛けます・・・が、掛かってから巻きが遅いからか3連続ばらし!その中の1匹は明らかに20upな引きを見せていただけに悔やまれます。


ヌッシー仕掛け変更完了、すぐに投げますが何故かアタリ無し。何故か8feetの月光でないと届かないようです。
不思議なのはヌッシー達が明らかに表層で掛けているにも拘わらず近くにいたエイト本店のスタッフの兄ちゃんが持ってるトランシーバーからは「底や底!」な釣果しか聞こえてこないこと。皆さん底で釣っておられる様子。俺ら間違ってる??

そうこうしているうちに時合い終了。約30分程の時合いでした。

20:40頃から潮が反転。満ち潮に転じます。しかしかなりの速い潮で飛んでるようです。もう釣りになりません。結局このまま22:00過ぎに検量に向かいました。

検量に行くと・・・・意外と皆さん釣ってません。

メバルキング2兎にも角にも関西釣り界で有名人の弓削氏と武田氏のトークショーで検量結果を待ちます。

 

で、発表!!
まず参加50組中釣果があったのはわずか16組!? 残り34組はペアでボウズだったようで、この日の喰いの渋さが際だちます。

メバルキング1ヌッシー&カッチャン組は17cm15.5cm15cmの計3匹の釣果で10位でした。

上位入賞者は軒並みエイト玉津店での申込者で、やはり地元の強みが最大限生かされた結果に終わりました。エイト2店参加者では恐らくヌッシー組がトップのはず・・・。よう頑張った!って自分で自分を誉めて上げたい気分です。

メバルはブクブク付き生かしバケツで生かしておいて(死んだら縮みますので)検量後はリリース。

優勝の方は27cmと25cmを釣り上げたペアで、正直この状況でそんな魚どこにおったんかと驚くべき釣果です。こんな日にモンスター2匹を揃えるとは凄まじい人ですねぇ・・・感服いたしました。

後で判ったのですがヌッシーも良くブログを参考にさせていただいてるとーるさんも参加されておられたようで、地元とはいえ貫禄の3位!!素晴らしいです。
他の方も17cmのメバルが多く、今日は大蔵にしてはアベレージサイズが低い感じでした。

まぁ去年は散々な結果だっただけに今年は1段上までは上がれました。来年はもっと上位に食い込めるように頑張りまぁす!!

ポチッと押してね まぁ頑張ったと思ったら1票下さい

3

【釣場】 大蔵海岸
【海況】 若潮 無風 曇り 気温3℃
【釣行者】ヌッシー  
【釣果】 メバル20cm1匹

 

18日にフィッシングエイト主催で開催されるメバル釣り大会のプラがてらに明石の大蔵海岸に出かけてきました。

天気予報から西の風3位はあるかな?と思いつつ現着すると予想外の無風・曇りで満潮からチョロッと下げ始めるかなぁ〜位のベストコンデション!!これで釣れなければウソです。

平日にも拘わらず周囲には同業者4〜5人位。皆沖向きに投げています。ヌッシーも潮上に向かってキャスト。ヌッシーは例のメバトロ「改」天秤で投げます。ちなみにこいつを使った場合の絡み確率はいまのところ0%です。着水時等全く気を付けなくてOK!

でも釣れません。糸は絡みませんが魚のアタリすらありません。周囲も全く同じ様子で段々と人も少なくなってきました。

でも今日のヌッシーは「大蔵海岸のプラ」なので移動は無し。取りあえず今日のテーマである「潮上にキャストして沈め、流れに同調させながら引いてきて足下から5M程先のかけ上がりでヒットさせる」イメージで黙々とキャストしていると・・・・

グニュ!!
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

明らかに良型のメバルの引き込みです。ラインが2ポンドなので慎重に抜き上げたメバルは久しぶりの20up!!

今年初20upウッシ!

良い感じです。

あらら横にいた同業の兄ちゃんヌッシーが釣ったの見て帰っちゃったよ。フフフ。今から時合いかもしれないのに。

しかしこの後も全くゴールデンタイムは訪れず、流石にヌッシーも移動することにしました。

「じゃぁ帰りがけにいつもの須磨港で小メバル釣って遊んで帰ろうかな」と思って須磨港へ。でさっきまでと全く同じセットで投げまくるも須磨港とは思えぬアタリ無しのノー感じ。

よく見るとかなり派手に夜光虫沸いてます(気付けよ 笑)こりゃぁ〜ダメだ。思えば大蔵海岸でも夜光虫沸いてたんでしょうねぇ。よく1匹でも釣れたものです。

とは言え狙った場所で狙った釣り方でキッチリ釣れたわけですから目的は十分に達成できました。

納得です。

 

ポチッと押してね 納得!と思ったら1票下さい

1

【地域】 明石
【海況】 小潮 雨→風 波高0.5M (朝うねり)
【釣り船】魚英(ジギング)
【釣り座】右ミヨシ
【釣行者】ヌッシー 
【釣果】 タチウオ1匹

 

先週の明石魚英のウマヅラハギ釣りが玉砕に終わったときに1000円割引券(通称しぶしぶ券)貰ったので今週も魚英に乗ってきました。

今日の狙いは?と魚英のお父さんに聞くと「青物にタチウオにスズキ」とのこと。色々狙うって事は逆に言えば絞り込めていないと言うわけで、突き詰めて言えば何も釣れないと言うことになるわけですから嫌な予感がします。

お客さんはヌッシー入れて7人。常連はヌッシー1人です。船が港を出ると明石には珍しく海が大きくうねっています。これは・・・うっぷ・・・・酔うかも。

しかし明石海峡を東に抜けるとうねりも収まり、おにぎりを食べることの出来る海況になりました(食うんかい!)。ちょぼちょぼハマチを狙いますが全くの無反応。

須磨沖に出て深場のタチウオ狙いますがこちらも全く無反応。「タチウオ位釣れるやろう」と思っていただけにちょっと焦ります。焦りつつもヌッシー昼寝。昼寝してる間も皆さんまじめにしゃくってますが釣れません。

ヌッシー昼寝から起きてキャビンで魚英のお父さんと魚探見たところ、底にタチウオらしきものが映ってはいるのが確認できます。仕方なくジグしゃくっていたらヌッシータチウオヒット!何か小さめのタチウオ釣れました。

その後も船で明石近辺ウロウロするも何も釣れず。魚探で見るとどこも底近辺に何か映っているのですが釣れません。他の皆さん一生懸命ルアーしゃくってますが、ヌッシー1人サビキ落としたり漁師のカブラ仕掛け落としたりして遊んでるうちに納竿。

結果ヌッシータチウオ1匹で竿頭!!(寒っ!)

帰りにまた1000円割引しぶしぶ券貰いました。

 

 

ポチッと押してね よく頑張ったと思ったら1票下さい

2

【地域】 明石
【海況】 中潮 雨のち風 波高0.5M
【釣り船】魚英(餌釣り)
【釣り座】右ミヨシ
【釣行者】ヌッシー 
【釣果】 ウマヅラハギ3匹・イソベラ2匹

 

今日はいつも乗ってる明石のジギング船「魚英」の青物ダービーの表彰式でした。

とは言え表彰式に顔出すだけで明石まで行くのも何だかなぁと思ったので朝から船に乗船。前日結婚式に出て帰ってきたばかりですがまぁそれは置いておいて参加です。今回は魚英のポイントカードが貯まったのでタダで乗船です。フフフ。今日は何とヌッシー含め3人もタダ券での乗船です。悪いねぇ〜魚英さん。

今回乗船者は多分10人くらい。こんな日に船乗るのは見たことある常連さんばかりです。天気は朝からあいにくの雨。滅茶苦茶冷たい雨です。

いつも乗るのは「ジギング船」としてですが、今日は何故かカワハギ狙いの餌釣りです。しかし皆それぞれしっかり竿も仕掛けも準備。みんなちゃんと餌の竿も持ってるのねぇ。当然ヌッシーもダイワ・リーディングXA73持ってます。ヌッシーが「タチウオ行かないの?」と聞くと「大潮前の中潮は潮が澄んでるから釣りやすいけど大潮後の中潮は濁っているので釣りにくい」とのお答え。なるほどねぇ。

狙いのカワハギ(当地ではハゲと呼びます)はマハギではなくウマヅラハギ。大型になるのでヌッシーは好きですが、餌取名人のカワハギ一族の中でも底にいるマハギと違って中層にいるウマヅラハギは釣るのが難しいのです。

釣り開始そうそうヌッシーにどでかいヒット!!「なんじゃこりゃ〜!」と思う間もなくカワハギ狙いの糸は切られてアウトでした。多分青物だと思いますが・・・。慌ててルアーを投入するも時既に遅し。

その後すぐにまたヌッシーアタリ。上がってきたのはイソベラ(美味しくない)。その次は手の平より小さいウマヅラハギ。皆釣れてるウマヅラちっちゃいです。こ。こんなハズでは・・・。

しかも冷たい雨が降り続き、昼前に上がったかと思うと風が吹き始め、濡れた体を更に冷やします。もうみんな指がかじかんで仕掛けのスナップも糸も結べません。しかもウマヅラなかなか釣れません。シラサエビをハサミで切って針に付けるのですが、どういうテクニックか身の部分だけ上手く吸い取られて、引き上げてみるとエビの殻と針だけになっています。

結果ヌッシーはウマヅラ3匹・イソベラ2匹と撃沈しました。まぁでも船全体で成績悪かったので次回1000円割引券(通称しぶしぶ券)でましたのでこんなものかも。(さにょ師匠曰く「タダ券で乗る日は大抵釣れない」だそうです)

昼過ぎに下船後、いよいよ表彰式。

しかし船に乗ってた人は全員ガチガチ震えるほど冷えています。早よ始めてくれ〜!

ba3014c9.jpgふと順位表を見るとヌッシーは何と10位!!

並み居る強豪に引き続いての大健闘です。(タチウオは21位と惜しくも欄外)ちなみにさにょ師匠は貫禄の1位です。

11位・21位・31位と飛び賞が貰えるとのことですが、今回10位がヌッシー含め2人いるのでくじ引き。見事シャウトのジグバック(定価4000円)をゲット!それと本日2回目の1000円割引券も頂きました。

そうそう、表彰式してる間に上空を前線が通過したのか豪雨のような雹の嵐に遭遇。

あ〜寒かった。

 

ポチッと押してね 寒そうだと思ったら1票下さい

3

【地域】 和歌山・加太
【海況】 中潮 晴 波高0.5M
【釣り船】荒神丸(餌釣り)
【釣り座】左胴の間
【釣行者】ヌッシー ケンチャン
【釣果】 
ヌッシー : アジ9匹・イシモチ4匹
ケンチャン: アジ9匹・真サバ1匹・イシモチ1匹

 

今回は久しぶりに明石を離れて和歌山と大阪の県境の加太にアジ釣りに行ってきました。ケンチャンたっての希望であるアジ釣りですが、ヌッシーもアジ釣りは好きです。ボウズは無い一見簡単な釣りですが口の弱いアジをばらさないように釣り上げるのはスリリングで面白いです。

ケンチャンはこの日のためにダイワ・リーディングXA64ダイワ・ミリオネアブルーバッカーを新調。ヌッシーのダイワ・リーディングXA73の向こうを張り、ダイワ・ミリオネアSWにちょっと差を付けるやな感じのタックル(笑)です。ブルーバッカーええなぁ〜。ヌッシーはXAの73を勧めたのに64を買ったケンチャン。ここはキッチリヌッシーが勝って「やっぱり73にしとけば良かった」と思わせねばなりません。

今回は加太の荒神丸。朝5:30出港。まだ暗い中で釣り開始です。投入直後にヌッシーにヒット!良い感じの大きさのアジが上がってきました。「お!こりゃええ感じか?」と思いきや状況はかなり渋く、厳しい展開へ。

ポツポツ釣れ続けますが常にケンチャンの釣果が先行する展開です。夜が明ける前は底から5〜6Mと浮いた位置で釣れますが、夜が明けてからはべったり底でしか釣れません。結果イシモチが頻繁に竿を曲げることになります。

また両隣のグループが下手くそな人たちで、なんでこんな流れのない場所でそんなにライン(糸)を流してしまうのか常に明石の激流で釣りしてるヌッシーには理解出来ません。黙ってても勝手に真下に仕掛けは落ちていくハズなんですが・・・。何回おまつりして絡まった事か・・・。荒神丸も客詰めすぎです。

釣果はヌッシーが「アジ7匹・イシモチ4匹」、ケンチャン「アジ9匹・真サバ1匹・イシモチ1匹」 釣れた数は同じですが内容でケンチャンの勝ちです。ヌッシーはケンチャンよりも釣れたアジも小さかったし、ケンチャンのように真サバのお土産もありません。ちなみに同船の常連さん竿頭は24匹とのこと。

こりゃXA64でも正解だったか・・・・。

65eb23be.jpgと思って帰宅して数えたらヌッシーの釣った数は「アジ9匹・イシモチ4匹」でした。あ〜結構頑張ったのね僕。

アジは流石に美味しいです。活け締めの血抜き万全アジですので完璧です。

それとイシモチ!釣場では酷い扱いを受けるイシモチですが(グチと判った瞬間にタモで掬ってもらえなくなります)、刺身にすると鮮度も高いために絶品!味も濃く上品な味でした。これ美味しいわ!こんな美味しい魚とはしりませんでした。ちょっと臭みがあって足が速いと聞いてましたが鮮度が良いからか全然そんな事は無かったです。

しかしアジ釣りって正直何かもの足りないね。最近はハマチとかタチウオのような引きの強い魚ばっかり釣っていたからアジの引きには満足出来ません。軽やかに海面まで上がってきます。食べたら美味しいけど釣りとしてはどうなのかなぁ。

 

ポチッと押してね アジ旨そうでしょ?1票下さい

行きつけの釣具店フィッシングエイト2から注文していたパーツが届いたと言う知らせが来たので出撃。購入したのはリールのパーツ。

 で、愛用のジギングリール「シマノ オシアジガー1000」に取り付けた写真がこちら。

オシアジガーハンドル・ ・ ・ ・ ん。

恐らく釣りに興味のない人はおろかジギングしてる人ですら違いが判らない可能性大です。

取り付けたのはハンドル一式。
(部品NO*400/98JG2000ハンドルクミA-RB)
リール本体よりもサイズが大きい番手(2000番)用の純正ハンドル組です。

オシアジガー元々購入時の写真がこちら 

ね、ハンドルがちょっとだけ長いでしょ?(バランサーも付いてないし)

リールの大きさは明石近海で使うにはこの1000番って大きさで丁度良いのだけれど、1000番のハンドルは短いので巻き取りのトルクが出ない(腕の力が要る)んです。

なので2ランク上の大きさ(オシアジガー2000番)のハンドルを購入してスワップしてみたわけ。

あんましこんな事してる人見かけないけどね。

これでデカイ魚がかかっても楽に巻き取れる!(ハズ・・・)

 

ポチッと押してね なるほど!と思ったら1票下さい

5

【地域】 明石
【海況】 中潮 晴 波高0M
【釣り船】魚英(ジギング)
【釣り座】右大ミヨシ
【釣行者】ヌッシー 
【釣果】 ハマチ4匹・タチウオ3匹・エソ1匹

 

ずっと渋い状況が続いていた明石周辺の青物が、ここ数日にわかに調子よくなっているとの報告受けて参戦。

朝6:00に出船し港を出てすぐに激しいナブラに遭遇。ナブラに近づくやいなや万が一のヨコワ用にくくってあったポップクイーンを投げてワンジャークしたところで水面が炸裂してハマチヒット!うれしぃ〜〜!!最高の出方です。

船頭が「ハイ、やって〜」と言う前の出来事。これが文句なしの船中ファーストヒットでした。

すぐにナブラは沈黙。かなり食いの渋い状況で単発でポツポツハマチが上がる中、ヌッシーは快調に釣果を伸ばして2時間経たないうちにハマチ計4匹。今日もチャートのツダジグ110g大活躍です。

しかし日が昇ってチャートのツダジグの御利益が無くなるとヌッシーも沈黙。

昼前になって鹿ノ瀬のタチウオポイントへ移動。しかしこのタチウオポイントもハマチ以上に渋く全員沈黙。と、何故かヌッシーだけポンポンポンと3匹タチウオゲット!(他船中1匹)淡路沖の深場と違って細いタチウオですが、ヌッシーだけ釣れるという所に意義があります(笑)

う〜んヌッシー祭り開催中!

9b43fe63.jpgしかし食いが渋いので再び明石まで戻ると・・・・明石川河口で超巨大なナブラ発生中!!しかし浅瀬のために船が近づくことが出来ないもどかしさ!ヌッシーはと言うと再びポップクイーン投げたり、ハマチかかるもライン高切れしたりしている間にテンポ良く釣り上げた兄ちゃんに竿頭の座を奪われてしまいました(ヌッシー2位)

まぁでも今日は大満足です。

 

ポチッと押してね よく頑張ったと思ったら1票下さい

4

【地域】 明石
【海況】 中潮 雨 波高0.5M
【釣り船】魚英(ジギング)
【釣り座】左大ミヨシ
【釣行者】ヌッシー ケンチャン
【釣果】 
ヌッシー : タチウオ14匹・特大ガシラ1(27.5cm)
ケンチャン: タチウオ7匹

 

今日は雨の中、ケンチャンと一緒にいつもの明石のジギング船「魚英」に乗船してきました。釣りの途中等でかなりまとまった雨が降ってきたりもしましたが、今日は初めから雨が降ることを前提に装備を固めているので問題ありません(ちょっと冷えましたが)

今日の狙いは一日中タチウオでした。ここの所ハマチの類はとんと調子が悪いらしく一日タチウオで過ごすスケジュール。ポイントは最大水深90M超の深場なのでヌッシーは秘蔵のグローカラーのメタルジグを使うと、これがそこそこヒット!大体水深40M位から昼間でも光は届かなくなると言われており、水深90M・雨天ともなるとグローカラーの効果はてきめんでした。

ごっつい小さいタチウオはリリースして型の良いタチウオだけ持ち帰る事にしても14匹の釣果がありました。ケンチャンは7匹の釣果です。どうも今日のケンチャンは全般的に調子が悪い様子で、やたらと糸を切られて5個もメタルジグ無くすし、波かぶって携帯電話おじゃんになるし散々な様子。まぁそう言うときもあります。

昼過ぎにタチウオポイントに見切りを付けて明石海峡大橋付近を流したときにヌッシーの竿に妙な重量感が・・・・。全然引かないので「長靴でも釣ったかな?」と思いきや上げてみるとこれが27.5cmもあるデカデカガシラ!

dec76a72.jpgこんなでかいガシラ見たことありません!

魚英の兄ちゃん曰く「橋桁のケーソンが釣り解禁になった時以来のサイズ」との事なので滅多に見ることの出来ない大物に間違いなさそうです。買うとしたらゴッツイ高いそうです。

釣果(ガシラとタチウオ14匹)と言うわけで久しぶりに35Lのクーラー満タンで帰宅出来ました。

タチウオは魚英の女将さんから今日教わったばかりの裁き方でヌッシー母が調理してみたところ、これがナイス!

ガシラは久しぶりの酒蒸しにしてみましたが、こいつはとんでもない旨さでした!(自画自賛ですが本当です。旨いんだから仕方がない!)何しろ釣った場所が超激流だけに肉は恐ろしく締まって味も濃いのです。頭の周囲はコラーゲンタップリでプリンプリンですし、染み出たお出汁は格別です。

あ〜もうこんなガシラ2度と釣れへんのやろなぁ〜。美味しかった!

 

ポチッと押してね よく頑張ったと思ったら1票下さい

1

【地域】 明石
【海況】 大潮 晴 波高0M
【釣り船】魚英(ジギング)
【釣り座】右胴の間
【釣行者】ヌッシー 
【釣果】 タチウオ1匹 寒っ!

 

今日はジギング用品会社「アシスト工房」主催のジギング釣り大会がいつも乗ってる釣り船「魚英」で行われたのでエントリー。友人のケンチャンは急に所用が入ったので今回はキャンセルです。

最近激しく釣れていない播磨灘周辺ですが、先週ヌッシーだけ結構釣れたので意外と自信持って参加していたりします。

今回の参加者は35人。船3隻での出港です。ヌッシーが乗った3隻目は臨時の船長さん。船もジギング用では無く手すりもトイレも無いのでちょっと不便。ヌッシーは乗船後サッサと真ん中の胴付近に自分の陣地を展開しましたが、後ろ(艫)に乗った人たちは大波かぶったりしてプンプン怒っていました。

取りあえず釣り開始。いつもの明石海峡大橋東周辺から流しますが、な〜〜〜〜んにも釣れません。サバすら釣れません。いつもなら諦めてふて寝する状況ですが、今日は大会なので一応頑張ってみますが魚の気配すらありません。他の2隻も同様の様子。

下船して判ったのですが、昨夜に本職(漁師)の網が入っていたらしいとのこと。根っこからゴッソリやられていたらしく、つまりは「魚は居なかった」状況。そらあかんわ!ちゅうか土曜日に網入れるな!

一応青物(ブリ系)釣り大会なのですが、あまりに釣れないので鹿ノ瀬のタチウオも狙いに行きましたがここも激しく渋い状況。いつもここで釣れてるパターンが通用しません。必死にリール巻いて何とかタチウオ1匹ゲット。今日の釣果以上です。

大会の優勝者はこんな渋い状況の中で交通事故的にカンパチ80cmを釣り上げた方でした。しかしその他は参加35人中ハマチ5匹。タチウオ84匹。ヌッシーが乗った船でのハマチは0匹でした。トホホ。

ケンチャン来れなくて正解。

 

ポチッと押してね 可哀想と思ったら1票下さい

このページのトップヘ