ヌッシー疑似餌同好会

5

【地域】 明石
【海況】 中潮 晴 波高0M
【釣り船】魚英(ジギング)
【釣り座】右大ミヨシ
【釣行者】ヌッシー 
【釣果】 ハマチ4匹・タチウオ3匹・エソ1匹

 

ずっと渋い状況が続いていた明石周辺の青物が、ここ数日にわかに調子よくなっているとの報告受けて参戦。

朝6:00に出船し港を出てすぐに激しいナブラに遭遇。ナブラに近づくやいなや万が一のヨコワ用にくくってあったポップクイーンを投げてワンジャークしたところで水面が炸裂してハマチヒット!うれしぃ〜〜!!最高の出方です。

船頭が「ハイ、やって〜」と言う前の出来事。これが文句なしの船中ファーストヒットでした。

すぐにナブラは沈黙。かなり食いの渋い状況で単発でポツポツハマチが上がる中、ヌッシーは快調に釣果を伸ばして2時間経たないうちにハマチ計4匹。今日もチャートのツダジグ110g大活躍です。

しかし日が昇ってチャートのツダジグの御利益が無くなるとヌッシーも沈黙。

昼前になって鹿ノ瀬のタチウオポイントへ移動。しかしこのタチウオポイントもハマチ以上に渋く全員沈黙。と、何故かヌッシーだけポンポンポンと3匹タチウオゲット!(他船中1匹)淡路沖の深場と違って細いタチウオですが、ヌッシーだけ釣れるという所に意義があります(笑)

う〜んヌッシー祭り開催中!

9b43fe63.jpgしかし食いが渋いので再び明石まで戻ると・・・・明石川河口で超巨大なナブラ発生中!!しかし浅瀬のために船が近づくことが出来ないもどかしさ!ヌッシーはと言うと再びポップクイーン投げたり、ハマチかかるもライン高切れしたりしている間にテンポ良く釣り上げた兄ちゃんに竿頭の座を奪われてしまいました(ヌッシー2位)

まぁでも今日は大満足です。

 

ポチッと押してね よく頑張ったと思ったら1票下さい

4

【地域】 明石
【海況】 中潮 雨 波高0.5M
【釣り船】魚英(ジギング)
【釣り座】左大ミヨシ
【釣行者】ヌッシー ケンチャン
【釣果】 
ヌッシー : タチウオ14匹・特大ガシラ1(27.5cm)
ケンチャン: タチウオ7匹

 

今日は雨の中、ケンチャンと一緒にいつもの明石のジギング船「魚英」に乗船してきました。釣りの途中等でかなりまとまった雨が降ってきたりもしましたが、今日は初めから雨が降ることを前提に装備を固めているので問題ありません(ちょっと冷えましたが)

今日の狙いは一日中タチウオでした。ここの所ハマチの類はとんと調子が悪いらしく一日タチウオで過ごすスケジュール。ポイントは最大水深90M超の深場なのでヌッシーは秘蔵のグローカラーのメタルジグを使うと、これがそこそこヒット!大体水深40M位から昼間でも光は届かなくなると言われており、水深90M・雨天ともなるとグローカラーの効果はてきめんでした。

ごっつい小さいタチウオはリリースして型の良いタチウオだけ持ち帰る事にしても14匹の釣果がありました。ケンチャンは7匹の釣果です。どうも今日のケンチャンは全般的に調子が悪い様子で、やたらと糸を切られて5個もメタルジグ無くすし、波かぶって携帯電話おじゃんになるし散々な様子。まぁそう言うときもあります。

昼過ぎにタチウオポイントに見切りを付けて明石海峡大橋付近を流したときにヌッシーの竿に妙な重量感が・・・・。全然引かないので「長靴でも釣ったかな?」と思いきや上げてみるとこれが27.5cmもあるデカデカガシラ!

dec76a72.jpgこんなでかいガシラ見たことありません!

魚英の兄ちゃん曰く「橋桁のケーソンが釣り解禁になった時以来のサイズ」との事なので滅多に見ることの出来ない大物に間違いなさそうです。買うとしたらゴッツイ高いそうです。

釣果(ガシラとタチウオ14匹)と言うわけで久しぶりに35Lのクーラー満タンで帰宅出来ました。

タチウオは魚英の女将さんから今日教わったばかりの裁き方でヌッシー母が調理してみたところ、これがナイス!

ガシラは久しぶりの酒蒸しにしてみましたが、こいつはとんでもない旨さでした!(自画自賛ですが本当です。旨いんだから仕方がない!)何しろ釣った場所が超激流だけに肉は恐ろしく締まって味も濃いのです。頭の周囲はコラーゲンタップリでプリンプリンですし、染み出たお出汁は格別です。

あ〜もうこんなガシラ2度と釣れへんのやろなぁ〜。美味しかった!

 

ポチッと押してね よく頑張ったと思ったら1票下さい

1

【地域】 明石
【海況】 大潮 晴 波高0M
【釣り船】魚英(ジギング)
【釣り座】右胴の間
【釣行者】ヌッシー 
【釣果】 タチウオ1匹 寒っ!

 

今日はジギング用品会社「アシスト工房」主催のジギング釣り大会がいつも乗ってる釣り船「魚英」で行われたのでエントリー。友人のケンチャンは急に所用が入ったので今回はキャンセルです。

最近激しく釣れていない播磨灘周辺ですが、先週ヌッシーだけ結構釣れたので意外と自信持って参加していたりします。

今回の参加者は35人。船3隻での出港です。ヌッシーが乗った3隻目は臨時の船長さん。船もジギング用では無く手すりもトイレも無いのでちょっと不便。ヌッシーは乗船後サッサと真ん中の胴付近に自分の陣地を展開しましたが、後ろ(艫)に乗った人たちは大波かぶったりしてプンプン怒っていました。

取りあえず釣り開始。いつもの明石海峡大橋東周辺から流しますが、な〜〜〜〜んにも釣れません。サバすら釣れません。いつもなら諦めてふて寝する状況ですが、今日は大会なので一応頑張ってみますが魚の気配すらありません。他の2隻も同様の様子。

下船して判ったのですが、昨夜に本職(漁師)の網が入っていたらしいとのこと。根っこからゴッソリやられていたらしく、つまりは「魚は居なかった」状況。そらあかんわ!ちゅうか土曜日に網入れるな!

一応青物(ブリ系)釣り大会なのですが、あまりに釣れないので鹿ノ瀬のタチウオも狙いに行きましたがここも激しく渋い状況。いつもここで釣れてるパターンが通用しません。必死にリール巻いて何とかタチウオ1匹ゲット。今日の釣果以上です。

大会の優勝者はこんな渋い状況の中で交通事故的にカンパチ80cmを釣り上げた方でした。しかしその他は参加35人中ハマチ5匹。タチウオ84匹。ヌッシーが乗った船でのハマチは0匹でした。トホホ。

ケンチャン来れなくて正解。

 

ポチッと押してね 可哀想と思ったら1票下さい

5

【地域】 明石
【海況】 中潮 曇り(暗)→雨 波高0.5M
【釣り船】魚英(ジギング)
【釣り座】左胴の間
【釣行者】ヌッシー ケンチャン
【釣果】 
ヌッシー : ハマチ6匹
ケンチャン: ハマチ6匹・サバ1匹(竿頭)

依然海域内の釣果が芳しくない播磨灘周辺。今回は来週あるアシスト工房主催の大会のプラを兼ねてケンチャンと釣行です。

朝一から橋脚東で釣り開始。潮は大潮明けの中潮で速め。数日降った雨を引きずって暗い曇り空です。光量がいつもよりもグンと少なく、雨後の濁りも入っているだろうと判断したヌッシーは得意のツダジグのレモンチャート110gを投入。即ヒット!!かなり重く上がってきたのはプリプリのハマチ!! と、隣のケンチャンもヒットです!

船内の釣果は全く芳しく無い中でヌッシー&ケンチャンの釣果のみが上がっていきます。

大概ヌッシーがヒットすると2秒ほど空けてケンチャンが「こっちも来た!」と叫ぶパターン。どうやらヌッシーのチャートのジグがヒットカラーでティーザー役を担い、隣のケンチャンのジグにもヒットしている模様。

ダブルヒット連発です。これは気持ちいい!!

と普通なら船内皆ヌッシーのカラーを真似るはずですが、ミヨシも艫も素人さんなのか一向にカラーを真似る傾向見られません。今日はいつものさにょ師匠とアフロ研究員さんは別船なのです。

6:00頃釣り初めて7:30頃まででヌッシー:ハマチ6匹、ケンチャン:ハマチ6匹・サバ1匹(&ヌッシーがタモ入れ失敗して1匹ばらしています)の釣果。その後ドンドン潮流は早まって釣りにくい状況に。当初4ノットで流れていた潮流は5ノットになり、最終的には6ノットにまで上昇!(中潮なのにねぇ)

8:00には喰いがピタッと止まって何もつれない状況に・・・・。ヌッシーはキャビンで昼寝してしまいました。続いてケンチャンも昼寝。11:00頃にヌッシーが起きてくると何やら風景が違う・・・。いつの間にやら橋脚西に来ていました。しかし西に来ても釣れず。遠くで別船のアフロ研究員さんが魚をかけているのを発見してこっちの船全員で見守りました。竿の曲がりから「メジロヒットか?!」と思われましたがタモ入れした魚影を見て一同「微妙〜〜」スレ掛かりだったようです。

挙げ句の果てに12:00過ぎに豪雨となり早上がりとなりました。

ヌッシー&ケンハマチ6匹竿頭今日の魚英の全釣果は2隻(約20人)でハマチ52匹。ヌッシーとケンチャンでそのうちの12匹を釣り上げたことになります。ボウズの人多数で釣れても1〜2匹の釣果。当然ケンチャン竿頭です!(ヌッシーはサバの差で2位)もしかして俺たち凄い?!

ハマチはすこぶる美味かったです。

 

ポチッと押してね ナイスな二人だと思ったら1票下さい

3

【地域】 明石
【海況】 中潮 曇り→晴 波高0M
【釣り船】魚英(ジギング)
【釣り座】左ミヨシ
【釣行者】ヌッシー 
【釣果】 ツバス1匹 タチウオ7匹

 

ここ最近海域内の釣果が芳しくない播磨灘周辺ですが、取りあえずヌッシー行ってきました。

職漁船もサッパリ釣れていないとのことですが、たまたま前夜に明石漁港前で久しぶりに爆釣した漁師がいたとの報を受けて朝一は明石漁港前を流します。が、誰も全く無反応。移動です。

次に来たのは橋桁東側。魚が集まっているのか船団が形成されています。っと!いつもよりも流れ早いです。取りあえずジグしゃくりますが前回の釣行で失った110〜120g位のジグを補充していなかったので苦しい展開。何とかツバス1匹ゲット&1匹ばらしの結果でした。

移動。移動しますが何処へ行っても釣れない海況は同じです。向かった先は淡路沖の深場ポイント。ここはタチウオのポイントです。あ〜でも深いのやだなぁ。よそでは普通の水深ですが、鹿ノ瀬40Mに慣れた体には苦痛です。

周囲を見渡すと見たこと無い船が大集結しています。と言うことはどこの釣りポイントも全然釣れていなくて皆取りあえずタチウオ釣れるこのポイントに集まっているようです。

取りあえずしゃくります。余り状況は良くないようです。それでも周りはポツポツ釣れ始めます。周囲の人がまんべんなく釣れているのにヌッシーだけ釣れません。焦ってリールをしゃかりきに巻いていたら右手にマメ出来て破れました。いてててて。

そうこうしてるうちに何とか1匹ゲット!でかいです。指4〜5本位。その後もポツポツ釣れますが何故かヌッシーは殆ど土手っ腹に針がかかったスレ掛かり。でもでかい!(たまに恐ろしく小さいサイズも釣れますが・・・リリース) と、隣大ミヨシで釣ってたアフロ研究員さんがええサイズのアジを釣りました。ジギングで釣れるもんですか?それ。流石は外道王です。

昼過ぎまでここのポイントで粘りました。昼過まで明石近辺を流しましたが無反応なので納竿。

今日はなかなか厳しかったです。疲れました。

(波無いのに艫で釣ってた人の半分が船酔いしていました。お疲れ〜!)

 

ポチッと押してね よく頑張ったと思ったら1票下さい

4

【地域】 明石
【海況】 大潮 曇り 波高0M
【釣り船】魚英(ジギング)
【釣り座】右大ミヨシ
【釣行者】ヌッシー 
【釣果】 ハマチ2匹 ゴマサバ7匹

 

最近小潮とかの潮が余り動かない日の釣行が多かったのですが、今日は久しぶりの大潮。難しさもありますが爆釣の期待もかかります。本日は水曜ながらも15人の釣り客。取りあえず6:00釣りスタートです。

まずは岩屋沖から流します。曇りだしいつもより潮濁ってるしと言うわけでツダジグのレモンチャート110gを落としてみると1投目からヌッシーサバゲット!! 2投目サバゲット! 3投目サバダブルでゲット!!おお〜入れ喰いじゃぁ〜!と思いきや何故か周りは全く釣れていません。船立て直して1投目サバゲット!&サバ!&サバ!

1人ミヨシで爆釣劇を演じました。いやぁ〜自分だけ釣れるって楽しい!!

その後須磨沖を流したり淡路島東岸を流したりしましたが、ヌッシーも周りも誰も釣れません。そんな中、ヌッシーの右隣の方が「(ヌッシーに)あやかって黄色付けてみます」と言って落としたジグにメジロ69cmヒット!おお〜!すげぇ〜!

昼前に淡路島東岸を流します。ここでヌッシーハマチゲット!!ハマチゲット!!・・・・ここでの船内の釣果は以上!またしてもヌッシーしか釣れません。ここはやはり濁りがきつくてチャートのジグが強い感じ。

ふふふふふ!え〜気分じゃぁ〜!

その後大蔵海岸沖を行ったり来たりして流すも釣果は上がらず。

本日の魚英船中全釣果 メジロ2匹・カンパチ1匹・ハマチ5匹・サバ26匹

本日のヌッシー釣果 ハマチ2匹・サバ7匹(ハマチ2位・サバ竿頭)

お〜全体の半分くらいヌッシーが釣ってるぞ!!ふふふふふ。大きいのは釣れなかったけどね・・・

今日はボウズの人も沢山・1匹しか釣れない人沢山と魚英的には最悪だったようで、帰港語に久しぶりに次回乗船割引券出ました。特しちゃった〜。

−−−−−−−−−

帰宅後サバはシメサバにハマチは刺身になりましたが、ハマチは恐ろしく脂が乗ってきています。凄いです。元々ハマチが苦手なヌッシー父とサオリチャンは全く手を付けず。ヌッシーとヌッシー母とで1匹を半身ずつ刺身で食べましたが、流石に食べきれない脂の量です。美味しいんだけどねぇ〜二人で1匹は多すぎ(笑)

 

ポチッと押してね よく頑張ったと思ったら1票下さい

3

【地域】 明石
【海況】 小潮 曇り 波高0.5M
【釣り船】魚英(ジギング)
【釣り座】左大ミヨシ
【釣行者】ヌッシー ケンチャン
【釣果】
ヌッシー:  ツバス4匹(ハマチサイズ1) タチウオ16匹
ケンチャン: ツバス3匹 タチウオ6匹

 

台風14号通過で荒れ狂った明石ー播磨ですが、通過3日後の挑戦です。爆釣するか撃沈するか・・・・。

朝一は鹿ノ瀬のタチウオポイントからです。先週100ポンドリーダーをあっさり噛み切られたので今日はワイヤーリーダーです。釣り始め早々からタチウオ釣れますが指3本のちっこいサイズ。他の人もそんなんばかりで「今日の群は小さいのかな?」と思った所へ来ましたヌッシー初の指5本サイズ!うれし〜い

タチウオ自体はいつものチャッチャッチャ!チャッチャッチャ!チャッチャッチャ!と3回ジャーク1テンポ休みの繰り返しで大体底から3セット位で喰ってきます。結構早巻きです。カラーはパープルに分がある感じ。

ワイヤーリーダーは流石に丈夫ですが、一度はワイヤーの遙か上の部分を噛み切られてアウト。ケンチャンに至ってはワイヤーリーダーそのものを噛み切られています。

そのケンチャンですが今日はしゃくりのリズムがどうにも上手く取れない様子。散々苦労して後半ようやくリズムを取れた頃にツバスポイントへ移動。タチウオポイントには2時間居ませんでした。

今日のツバスポイントは淡路沖。

ツバス狙い始めるも船中完全にノー感じ。ふと見ると向かいの漁師はツバス上げてます。「お!いるやんか!」ちょっとやる気になった時に隣の右ミヨシ先端でさにょ師匠がおもむろに超高速巻きでツバスをかけました。

「ほ〜今日は超高速巻きなのね」と言うわけでヌッシーもスピニングに持ち替えてグリグリグリグリグリ!グリグリグリグリグリ!グリグリグリグリグリ!と5回高速ジャーク・ワンテンポ休みに切り替えた途端に大きめのツバス(ハマチか?)ゲッツ!

しかし高速巻きは疲れます。腕パンパンです。

ケンチャンは持ち替えのスピニングも左巻きのリールも無いために苦しそう。加えてトレブル伸ばされたりスプリットリング(ヌッシー支給)伸ばされたりと苦しい展開。

ツバスは昼前まではポツポツ釣れましたがそれ以後はアタリすら無し。13:30に納竿となりました。

ツバスはばらし多かったです。誰かのタモ入れ救援待つか、意を決して抜き上げるかの判断が難しいところ。

ケンチャンは道具の準備不足が祟った感じでしたね。

それはそうと・・・今日は魚英の「格好ええ方」の船でしたのでミヨシの生け簀にツバスを入れて帰港してから絞めたのですが、やはりこの方が持って帰ってからの食味が抜群でした。これからは青物はその場で絞めずに生け簀に入れることにします。(タチウオは釣れたそばから海水氷に入れて絞めてます。この方が銀ピカ綺麗で美味しいです。絞めた青物も帰りに氷追加した海水氷で一緒に持ち帰っています)

 

 

ポチッと押してね よく頑張ったと思ったら1票下さい

4

【地域】 明石
【海況】 中潮 曇り 波高0.5M
【釣り船】魚英(ジギング)
【釣り座】左ミヨシ
【釣行者】ヌッシー 
【釣果】 ハマチ1匹 サバ10匹 タチウオ15匹メゴチ1匹

 

最近青物の調子は今ひとつながらタチウオが釣れているらしい明石の魚英へ今週も出撃です。潮は大潮前の中潮なので激流の予感。

取りあえず橋脚東から青物狙いスタート。「潮が速いから180g〜のジグ付けて」と魚英のお父さんに一同言われましたが、そんなでかいジグには喰って来ず。試しに110gを結んでみると意外と底を取れるので110gで参戦(ただし橋脚裏の穏やかなエリアの話。経験値少なそうな人たちは底取りしづらかったようでライン流しまくりでした)ジグのカラーはピンクでもゴールドでも関係無い感じ。サビキはグリーン系が強いねぇ。

しかし底を取っても今日は小サバの猛攻に遭います。「これってベイトじゃないのか?!」って言うくらい小さな(20cm無い位)サバです。ここではまぁええ型のサバ2匹込みのサバ10・ハマチ(と言っても良いサイズ)1にて終了。 タチウオ狙いで鹿ノ瀬奥へ移動です。

今日のヌッシータチウオ仕掛けは100ポンドリーダー1M接続。これなら大丈夫か?!

タチウオ釣り始めるも先週のような爆発的な釣れは無く、単発でポツポツ上がる程度。しかしサイズはなかなか良くて指4本サイズがアベレージ。ヌッシーには来ませんでしたが指5本クラスもちらほら上がってました。と、ここで一回サクッと100ポンドリーダー噛み切られ(泣) こいつがこんなに簡単に噛み切られるとは・・・。それでも飽きない程度に釣れ続け、15匹までタチウオ追加。

タチウオの歯と言えば今日は釣り上げて暴れてるタチウオの歯がヌッシーの右腕に一瞬触れただけで右腕大出血。ビックリするくらい血が出ました(しかも無痛)。

昼前に明石近辺のサバ・ハマチのポイントで一流しするも不発。魚はいるんだけどねぇ。何度かヌッシーにもヒットしましたが全てばらしました。魚英のお父さん曰く「このポイントはええポイントやから本当は釣れるはずなんやけど、ええ時合いで入ればええのに時合い前から船集まって魚探かけまくるから魚散ってしもとる!」らしいです。

 

ポチッと押してね よく頑張ったと思ったら1票下さい

5

【地域】 明石
【海況】 小潮 晴 波高0.5M
【釣り船】魚英(ジギング)
【釣り座】左大ミヨシ
【釣行者】ヌッシー ケンチャン
【釣果】
ヌッシー:  ツバス3匹 サバ6匹 タチウオ19匹
ケンチャン: ツバス2匹 サバ4匹 タチウオ14匹 イイダコ1パイ

 

海の状況としては台風一過から1日明けた状態。昨日までは大物がポツポツ上がっただけであまり釣れていなかったようですが、今日辺りから爆釣するんではないかと淡い期待をしつつ出港。

ヌッシーはいつもの左ミヨシ先端の「お立ち台」、ケンチャンはその左の席。ちなみに右ミヨシ先端のお立ち台はさにょ師匠です。

朝一は大蔵海岸前のツバス・サバポイントから。ここは飽きない程度にポツポツ釣れます。ケンチャンも最初戸惑っていたようですが、ポツポツ乗せ始めました。しかしメタルジグに喰ってくるのではなくヌッシー自作のサビキ針へのアタックが殆ど。ケンチャンにも付けたヌッシー作サビキですが、今日はこれが大活躍で釣果を伸ばしました。

あんまし関係なかったジグカラーですが、今日はまだ濁りが入っているためかピンクよりもゴールド系の方が良い感じ。小潮でしたが90gのジグではやや底を取り辛く110g位で丁度良い感じ。

昼前に大きく移動。進路を西に取り鹿ノ瀬の奥のタチウオポイントへ。

魚英としては久しぶりのタチウオ狙いですが、これが大正解で大爆釣!サービスタイム開始です。ヌッシーは手返し重視で上針無しのリアトレブル(バーブレス)のみ。リーダー噛み切られて2本ジグを失いましたが手返しの差で数を伸ばしました(さにょ師匠にも1匹の差で勝てました)。カラーローテーションはゴールド→ゴールド→パープル。

2dbafd05.jpg途中1投1匹ペースで数を重ねて終わってみればヌッシー「ツバス3・サバ6・タチウオ19」 ケンチャン「ツバス2・サバ4・タチウオ14・イイダコ(?)1」の好釣果!

ヌッシーの釣果は恐らく船中かなり上位だと思いますよ。またまた35リッタークーラー満タンになりました。(他にも50cm近いマダイも1匹上がってました)

帰宅後ヌッシー母が捌いてあちこちへお裾分け。ヌッシー宅で食べる分はツバスは刺身に(かなり脂が乗ってきています)サバは全てシメサバに、タチウオは皮をこそげ落とした後で短冊状の刺身にして美味しい塩振りかけて食べました。う〜んグッド!

 

ポチッと押してね よく頑張ったと思ったら1票下さい

5

【地域】 明石
【海況】 中潮 晴 波高0M
【釣り船】魚英(ジギング)
【釣り座】右大ミヨシ
【釣行者】ヌッシー 
【釣果】 ツバス8匹 サバ11匹 シーバス1匹

 

お盆前に「魚英」のメルマで「大阪テレビのザ・フィッシングの取材で水野祐子が来る!」と連絡受けたので即バイト!
「ザ・フィッシングって事はダイワかぁ・・・・でもリールはミリオネア以外全部シマノやなぁ・・・どうしようかなぁ」とか映り込む気満々でいたら「取材は仕立ての別船」と聞いてちょっとショック。まぁええか〜別嬪さん見るだけでも行ったろ!

17日まで全ての遊漁船・職漁船は休みだったので釣れやすいはず(でも長期間の情報が入ってきていないとも取れる訳でもあります)ちなみに取材はタチウオ狙いとのこと。

朝4:40分頃に現場に着くと、いつもは大抵まだヌッシー1人のはずなのに既にさにょ師匠は現地入り。その後続々と人は集まり、最終的には2隻に分乗しなければならない人数が集まりました。わはは〜みんな撒き餌に寄せられてきたのね。

混乱を避けるためか水野祐子の影すら見ることなく出船。皆撒き餌も喰わせてもらえず(笑)今日の狙いはツバス・サバ・その他です。

釣り開始2時間ほどは誰にも当たりなし。すっかり船中全員ダレダレムードになった頃にようやく潮が動き始めて釣り開始。

取材船はタチウオの取材と聞いていましたが、タチウオの調子が良くないのかヌッシー達の船に混じってサバ&ツバスを釣る様子。

試しにヌッシーが手を振ってみたら軽く会釈してくれました。ええ子やぁ〜。

68594a9f.jpgカメラと水野祐子さんの対角線上にヌッシー達が居ることが多かったのでもしかしたら映り込んでるかも。でも隣のさにょ師匠がミヨシ先端で上半身裸で暴れていたからカットされてる恐れも・・・。

 

ヌッシーの釣りはと言うと数匹釣った後で7連続でばらしまくり。どうやら竿の固い部分(バット部)に力点を置いていたために口の弱いサバ系がばれていたらしく、竿を起こさないようにしたら途端にまた釣れ始めました。

サバとツバスは完全に混じって生息している様子で(ツバスの方がやや底寄り)水面まで持ってくるまでどっちが釣れているのか判りません。結局この明石大蔵海岸沖でヌッシーはツバス8匹サバ9匹の釣果。

ベイトは10cm程のイワシとのことでしたがメタルジグはピンク系が今日は当たりカラーの様子。潮が速いので軽いジグでは流されるのでヌッシーは110gを使用。フロントに1番位のアシストフックも付けてはいるもののサバもツバスも殆どリアのトレブルに食いついてきます。リーダーに1つだけサビキを付けているのでダブルで上がってくる事も多数。

その後移動して須磨沖へ。ここでは船中ヌッシーがサバ2匹、シーバス1匹&1ばらし・さにょ師匠がシーバス2匹上げて終わり。(ここでのベイトは4cm程の豆豆アジ)

大変良く釣れました!

下船後にさにょ師匠が「魚いらんからあげる」と言ってくれたお陰でヌッシーの35Lのクーラー(シマノ製最大サイズ)は満タン。蓋閉まりません。(さにょ師匠はヌッシーのダブルスコアで竿頭です)

ツバス初釣果爆釣

帰宅後に魚を皆に分配する算段もあって取材船の帰港を待たずに急いで帰宅。

帰宅してからいつものヌッシー母のお友達の皆さんに「これでもか!」って位に貰って頂きましたが、それでもクーラーの半分位までしか減りません。

考えた末に近くの知り合いのお寿司屋さんに貰って頂きました。まぁ誰が見ても新鮮そのものの魚な上に〆や血抜きもバッチリ、しかも明石産ですからねぇ。

ヌッシー宅では晩ご飯にツバスは刺身で頂きました。ツバスとは言え「小ハマチ」位はあるので結構身は沢山あります。「あっさりしすぎかな?」と心配していましたが思いの外美味しくて大満足。スダチと良く合います。サバはヌッシー母がシメサバにしてくれました。

 

ポチッと押してね よく頑張ったと思ったら1票下さい

このページのトップヘ