ヌッシー疑似餌同好会

2007年06月

昨日2匹釣れたけれど何故か不本意だった鯛カブラ釣り。
原因は色々考えられるけれど、やはり竿の差も大きいと判断。

ゼナックのWhippy1番はライトジギングロッドとしてはヌッシーの琴線に触れる良い竿でサバ・ツバス・タチウオ・シーバスにはもってこいなんだけれど、鯛カブラにはやはり感度の面でちょいと不利な面が否めないのです。

問題は
(1)そのちょっとの差は新たに竿を買わねばならないほど大きいものなのか?
(2)感度が良い竿を買ったとしてそれに何の意味が?
って事。

(1)に関しては「まだ鯛カブラ釣りに行く気なの?!」って事も関連してきます。
正直アタリすら無いとクソ面白くない鯛カブラ釣りですが、釣れないと何かムキになってしまう面もあります。
加えてサバが不調の今期の明石界隈。まだ鯛釣りで引っ張る必要がありそうなのでNEWロッドを購入してもまだまだ出番はありそう。

(2)に関しては昨日は「アタリがあってもこっちから合わせる釣りではないので敏感であっても無意味か…」とも思いましたが、もしかして今まで判っていなかったアタリを察知できたら、本当はあたってるのにカブラを再落下させてしまっている…と言う事態は防げるかもしれません。
何より退屈なこの釣りでアタリが判るのは気力を持たせるのに重要です。

なおかつ今はたまたまエイトのセール中で15%引き…

買いに行かなきゃ!(笑)

今回はいつものエイト2ではなくエイト2から転勤した藤本店長とエイトグループイチのカブラ使い窪和久君が居るエイト3に直行。

エイト3、セールなので混んでました。
二人に会うと「魚英でよう釣ってるや〜ん!」と冷やかされ。魚英の釣果もかなりチェックしている様子。

で、窪和久君とカブラ談義。
色々話した後で「お勧めのカブラロッドは?」と聞くとシマノの炎月の高いヤツ(オシア)SEEK BAITのロッドを提案され。
炎月高いわ!!
調子的にはSEEK BAITの竿が好み。
他の竿も見ましたが、やはり調子で選ぶとSEEK BAITの竿になります。
う〜む若干予算オーバーやけどこれでええかぁ15%オフやし(笑)

桜MLと言うわけで購入!
SEEK BAIT の DIZZY 桜 MLです。
6.2feetのスパイラルガイド・セパレートグリップ仕様。
15%オフで22950円。
色はバッタみたいなグリーンと女の子のマニキュアみたいなピンクとありましたが「派手なの」と言うわけでピンクを選択。
メーカーHPを見るとピンクのは「woman」と副題が付いていてどうやら女性用と言うことらしいですが、女性が使うにはこのセパレートグリップのエンド側は長すぎですよ(笑)

さてこれで逃げられないところまで自分を追い込みました(笑)
もう釣れない言い訳できません。

これで倍釣れると…いいなぁ〜

3

【地域】 明石
【海況】 中潮 霞曇り 
【釣り船】魚英
【釣り座】うろうろ
【釣行者】ヌッシー

 

ええ今週も行ってきましたよ鯛釣りに明石へ。
今回は秘密兵器として落とし込みの針と生きたカニ餌を持ち込みです。このところずっと釣り上げた魚の胃袋は小さなカニでパンパンだったのでカニ餌放り込めばウハウハに釣れるはず。
こりゃたまらんわい!(妄想)

靄に霞む明石海峡本日の魚英乗船客はヌッシー入れて5名(別船で仕立て出てました)。
5時に出港して一路東へ向かいます。
天気は濃い霞が掛かってよく判りません。
梅雨の晴れ間にはこういった霞が出ることが多いそうです。

ポイント到着。
皆さんは当然鯛カブラ投下ですが、ヌッシーはカニ餌刺して胴突き1本針落とします。
  が、
魚探を見るとかなり良い反応が写っています。正直久しぶりにこんな良い魚の反応を見ました。鯛とおぼしき魚影がかなり底から浮いています。

見る間にあっちこっちで鯛がアタリ始め、思う間もなくミヨシの兄さんがええ型の真鯛をゲット!

「こりゃいかん!」そもそもカニ餌は鯛の食いが渋い時に他の人達を差し置いて自分だけがええ目を見ようとの発想から出た作戦。これが完全に裏目に出て逆に置いて行かれています。
食いが渋いときは底ベタなので1本針でも底だけ狙えますが、魚が浮いている現状では広範囲に攻められないこの作戦は失敗です。

慌てて鯛カブラの竿に持ち直して投入。

ここからが皆さん凄かった!
ゴンゴンガンガン魚が食い付きまくり!で、ゴンゴン皆さんばらしまくり!!(笑)でもポチポチと鯛も釣り上がってきています。
最近ではトンと見かけないほどのハイペースです。

しかしヌッシーにはかすりもしません(泣)
全然アタリすらありません。

何でみんなそんなに魚があたるの?!何でそんなにバラスの?!
朝9時になってもヌッシーにはコツンの1発も無し。
自分で言うのも何ですが底取りは恐らく今日の船で一番正確に出来ているようですし、リールの巻き速度も悪くないし、タックル全般において不備も見あたりません。
2回ほど小さなガシラ(リリース)が釣れましたのでキチンと底は取れてるはずなんだけどなぁ〜この状況だとヌッシーにもコツンの1つや2つあってもおかしくないのになぁ〜。

な〜ぜ〜じゃ〜!

まぁ大体ヌッシーはいつもスロースターターですが、こうも皆さん激しく魚と戦っているのに一人置いて行かれると悲しくなります。
本日船頭のヨシノブさんに「ねぇ何であたらへんの?」と聞いても「そんなん知らん」と返されるし(笑)

と、半泣きになりそうな9:30頃いきなりヌッシーの竿に魚が掛かった反応!
お!これは鯛や!

これはばらせません。慎重に慎重に巻き上げて釣り上げたのは丁度食べ頃サイズの真鯛!
やったよ〜!取りあえずボウズは無くなったよ!
見ると前歯に掛かっていた針が伸ばされています。危ない危ない。

ここからヌッシーもプチ反撃開始です。

さっきまでは皆にアタリが頻発してヌッシーのみ沈黙でしたが、今度はヌッシーにのみアタリが頻発して皆さん沈黙。
この釣りはようわからん…。

不思議だったのが途中のアタリ。ガツン!と一撃あったのみのアタリでしたが、たった一撃でさっき鯛を釣り上げた時に延ばされたのと同じように針を伸ばされました。
そんな一瞬でどうやって針を伸ばす?!

と、ここでまたヌッシーヒット!
慎重に巻き上げて上がってきたのはさっきのと寸分違わぬサイズの真鯛。
よしよし!追い上げてきた!

追い上げ気運ですが、残念な事にこのポイントは非常に根掛かりが多くてヌッシーの手持ちの鯛カブラがドンドン無くなっていきます。結果的には本日のロストは5個!!
他の皆さんも大体5個づつ位根掛かりロストしておられます。

段々と釣れるカブラが無くなっていく…。

で、結局ヌッシーの反撃はここまで。

何とか2匹本日釣果
ヌッシー  : 真鯛2匹(47僉。苅境僉

頭の形から雄と(左)と雌(右)かと思ったらどちらも雄でした。

 

しかし同船の皆さん絶好調に魚掛けて気前よくばらしておられましたねぇ〜。魚の活性は本年最大に良い感じです!
釣果は5人で鯛10匹・アコウ1匹。
でもキチンと釣り上げればこの倍ほど釣れてもおかしくない状況でしたよ!

ヌッシーには何故かアタリが少なかったですが、掛けた魚はキッチリ釣り上げたので何とか2匹確保出来ました。
「2匹」って今日の状況では「かろうじて」の部類です。
左大艫に座っていた竿頭の兄さんはばらしまくりながらも5匹も釣り上げておられましたし、70儷瓩た紳笋筍苅悪僖ーバーのアコウも上がっていました。

何でヌッシーにアタリが少なかったのか…

う〜む判らん。ごついジギングロッド使っていたミヨシのお二人にもアタリ頻発していたし…。う〜ん…。

いやしかしヌッシーもwhippyの1オンスロッドではなく、もっとティップ感度が鋭敏な竿ならもっとアタリを捉えることが出来たのかも…。
あ〜でもこの釣りはアタリがあっても合わせ入れずにそのまま巻き続ける釣りやしなぁ〜。アタリが判っても一緒か…。
でも今エイトのセール中やし買うなら今なんかなぁ?2万も出せば結構ええ竿買える気がするなぁ〜。

でもカブラ用の竿かったらwhippyの1オンスロッドの立場が無いなぁ〜、高かったのに。
そもそもまだ鯛釣りに行くか?う〜ん…。

どうしよっかなぁ…。

 

PS: そう言えば朝出船前に港でタナゴが産卵しているのを皆で目撃。去年もタナゴの産卵の時に爆釣したそうで、やはりタナゴが産卵しそうな大潮回りは何か魚の活性を高める要素があるのかもしれません。

4

【地域】 明石
【海況】 中潮 晴れ 
【釣り船】魚英
【釣り座】左大艫
【釣行者】ヌッシー ちとむさん

 

木曜日に釣りを予定していたヌッシー。しかし諸々の事情で予定通り釣りに行くのは困難に…。
ちとむさんに「やっぱり釣りには行けそうにありません」とメールすると「自分も行けなさそう」との答え。じゃぁキッパリやめとこうか…。

でも釣りに行きたいなぁ〜とベッドの上でウジウジグジグジしていたら嫁さんに「ウジウジされる方が鬱陶しいから釣り行ってこい!」と許可貰いました。
すまんのぉ〜〜(笑)
かなり夜も更けていましたがナオチャンにTELして予約。

朝5時出船(また早っ!)との事で魚英に着いてみると…しっかりちとむさんも居ました(爆)
行動パターン同じです。

さて出港。今日はお客さん8人。ヌッシーは左大艫、ちとむさんはその前の左便所前です。
朝は寒いだろうけれど朝のうちを乗り切れば昼間は暑くなるだおると予想してTシャツ半ズボンで参戦(でも意外と昼間も海上は肌寒く失敗)

港を出てすぐのポイントを流しますが…
案の定なぁんにも釣れません。
ちとむさんは「朝8時頃まで釣れへんでぇ〜」って言ってますが確かにその通りかも。前日営業していた東田丸も昨日の釣果は殆ど昼を回ってからとのことですから気をせいてもダメでしょう。

鯛カブラはどうも分が悪そうなのでサビキ仕掛けで臨みます。

と思っていたら当のちとむさんの竿が曲がります!
サビキ仕掛けで上がってきたのは良型の真鯛40cm位です。
何が8時まで釣れへんや!(笑)真っ先に釣り上げてます。

また釣れない時間が続き、明石海峡大橋の東のポイントへ。
ここで右大艫の常連さんに来たのは大きな真鯛かと思いきや44cmもある鬼鯵!でかいよ!
これは旨いし高いよ!え〜なぁ〜。
このポイントでヌッシーには出汁にしかならない小ガシラが1匹来たのみ。数に入りません。
その他には右胴の間の人に30cm位のアコウが1匹。

船は垂水沖へ。
取りあえずサビキ仕掛けを投入です(ヌッシーは鯛サビキではなくササメ針のブライトンハリス3号使用)。
すると8時過ぎに…
コツコツコツ!おっ!
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

やっとこさ1匹ヌッシー待望のアタリがあり、慎重に巻き上げて上がってきたのは真鯛34cm!
サイズは小さいですが船中2匹目の本命ゲットです!
炊飯器にジャストフィットの鯛飯サイズ。

ここでは他にもアタリが結構ありますが何故か針がかりせず…。

近くに浮いておられたボーターのと〜るさんとも手信号で状況を確認しあいますが「釣れた?」「釣れない」「こっちも1匹のみ」とさえない会話。

タコフェリーここからいつもの釣れない地獄タイム開幕です。
釣れない
釣れない
釣れない…。
あ〜眠い、ちょっとお昼寝。
たまに起きては中島丸に乗っておられたしおざきさんとも手信号で状況確認しあいますが「釣れた?」「サッパリ」とこちらもさえない会話(笑)

どうやら今日は渋い日か…

魚探にも映りが悪くどうにも釣れない感じ。
周りの船も皆一様に苦戦している様子。

とうとうお昼を回り、通常納竿時刻である14時が迫ってきました。

岩屋辺りから港に近い明石海峡大橋ちょい東の小磯のポイントへ移動。
ふむ、サビキ仕掛けは根掛かりでズタボロになってしまってるし仕方無いから鯛カブラでも落としてみるか。
そう思ってシャウトのアンサー60gを落とすも、このポイントは明石海峡のど真ん中・流心であるので流れが速すぎて60gの鉛では流されて底を取れません。

ふ〜む。

底が取れないと釣りになりません。
見ると30号(120g相当)の丸鉛があります。
これと自作の仕掛けを合体させて30号の巨大鯛カブラを作成して落としてみると…うん、底取れます。

底は取れたけれどここでタイムリミット。
ヨシノブ船長から「この流し終わったら仕舞いにしよかぁ〜(終わりにしよか)」とアナウンス入ります。
うん今日はもう十分やったよ。疲れたし1匹釣れたから納得して帰れるよ。

 

 

 

そう思いながらもまぁ最後なので仕掛けを底に落として巻き上げると…

ゴンゴンゴン!ガツゥ〜ン!!
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

うおっ!
ゴッツーンといきなり竿が伸されました!
引き方からして鯛です!
結構でかい!
その上に強い流れが加わって竿はブチ曲がって何ともなりません。

そう言えばこれ最後の流しやった!ヌッシーの位置はキャビンから見てトイレの死角。魚釣れてるのに船走り出されてはかなわんので「来た!来た!来たぁ!」と叫んでみました(笑)
当然最後の流しなので注目度大。
これはばらせません。

メイクミラクル51-ラインも細いのでやんわりいなしながら一生懸命巻いてくると見えました!結構でかいよ!

上がってきたのは本日1番大きい(と言っても鯛は3枚ですが)真鯛!
51cmありました。

最後の一流しでまさにメイクミラクル!!
これだから海釣りって何が起こるか判らないんよねぇ〜。

見事本命真鯛竿頭!
(一生懸命皆さんカブラ巻いてはったのに半分寝てたヌッシーが2枚も釣っちゃって申し訳ない 笑)

そうそう、このカブラは金竜針が出しているTAIGAって針を結んでいたのですが、何と前歯に掛かっていただけでなくガッチリ前歯を貫通していました。真鯛の前歯を貫通するとは恐ろしい針です。惚れました。

本日釣果
ヌッシー   真鯛2匹(51cm・34cm)・小ガシラ2匹
ちとむさん  真鯛1匹・鯵2〜3匹・小ガシラ1匹

 

PS:大きい方の鯛の胃の中は満タン小蟹でした

1

【地域】 明石
【海況】 中潮 小雨 南東の風 波高0.5〜1M
【釣り船】魚英
【釣り座】右大艫
【釣行者】ヌッシー

 

近畿も今日から梅雨入り。
確実に雨が降ると判っていながらも明石にジギングしに行ってきました。
雨が降り続いた後よりも降り始めの方が雨の影響少ないんじゃ無いかと思ったんです。初めから雨が降ると判っていれば雨対策も万全に出来ますしね。

魚英からの連絡では朝5時出船とのこと。お〜早いね!つまり勝負は朝のうちって事か?等と思いながら阪神高速3号を西へ。
降り始めた雨の中を車で走りながらふと思いました。
「こんな日に釣りに行く俺ってもしかしてアホ?!」
もしかしなくても多分そうなんでしょう。くわえて言えば「船が出る」って事はヌッシー以外にもアホもといチャレンジャーな方が居られるって事です。

魚英に付くと今日はヌッシー含めてお客さんは3人。先週同船してアコウと鯛を爆釣された方もまたまた一緒です。2匹目のドジョウならぬアコウ狙いがここにもまた一人(笑)
ナオチャンも今日は釣り手とのことで釣り人4人で出港です。

おやっさん曰く「今日は朝早いうちの潮が勝負や!朝逃したら後は喰わん!潮回りは良くない!」とのこと。
何か釣れない予感がする…。

案の上ヌッシーにはアタリすらありません。

他の方も苦戦しておられますが、左大艫の方が7:00頃に良型の真鯛を上げられ、ミヨシの先週も同船の方が7:15頃にさらに良型の真鯛を上げられてヌッシー焦ります。

何しろアタリすらありません。
同じくアタリの無いナオチャンとボウズ抜けサドンデスに突入しますが、何と10:00頃にごっつい引きを見せながらナオチャンが本日最大の64cmの大真鯛を釣り上げ…
(しかもヌッシーがタモ入れさせていただきました…)

やぁ〜めてくれよぉ〜!

そうこうしているうちに雨で体が濡れることは無いものの、風で体が冷えて体調が悪くなってきたヌッシー。お腹壊しちゃいました。う〜む最悪。

その後、松保に移動して皆でサビキを試して見るも、ここではヌッシーにのみアタリが続発するものの何故か釣れず…

ヌッシーカス決定です!

見事に本年初のボウズを喰らってしまいました。
あかん、今日は何やっても釣れる気せぇへんかった…。

アタリの多い人と比べてもヌッシーと何が違うのかサッパリ判らんかったし…。
あ、そうそう、今日はヌッシー以外のお客さんが釣った鯛のカブラスカートの色は2つとも「グリーン」でした。グリーンですよ?!そんな色持ってないし(笑)
仕方ないから船に積み込んであったアシスト工房製の30号サバ皮付きグリーンを泣く泣く購入してスカートだけ使って見るもヌッシーには当たらず…。
玉はやっぱり金色が良い感じです。

まぁおやっさんの「勝負は朝のみ」だけは大正解でした。

そのおやっさんの言葉を信じれば…
「今週はちょっと潮回り悪いなぁ〜、来週半ば以降の潮はこないだ良かった時と同じ下げの潮回りやからええハズ」だそうです。
信じるも八卦信じないも八卦…

…来週木曜にでもまたリベンジに行くか…

本日釣果  ヌッシー: ボウズ
               (カス決定!)

前にも書きましたが、大体この最近流行の鯛カブラですがヌッシーは好かんのです(笑)
何より釣りが単調!!
巻き速度での変化は出せますが基本的に底取って巻くだけでテクニックを発揮しようが無いので困ります。

一日ポトン、グリグリグリ、ポトン、グリグリグリ…

あぁぁぁ!つまらん!
何が面白いのかわからん!

しかし釣りは面白くないものの釣れる魚は多彩であり、メタルジグでなかなか狙えない魚が釣れるのはグーです。
例えばアコウとかアコウとかアコウとか…(笑)
(まぁアコウをメタルジグで釣ったこともありますが)

今年も後何回かは明石沖で鯛カブラの出番がありそう。
でもこの鯛カブラって買うと高いんですよねぇ〜。買った鯛カブラも針は消耗品なので交換の必要性ありますしねぇ。

じゃぁ自分で作らなしゃ〜ないなぁ…

と言うわけで材料揃えてみました。

鯛カブラ素材まずラインはシーハンター55lb、針は金竜針が出しているTAIGAって針の10号(エイトのカブラメン達推奨)、それとガマ製のフラ。
ここまではエイト2で購入。

それと魚英で教えて貰った明石浦漁港近くの漁師道具店(超マニアック!場所は超判りづらい)で買った品々。

ここに写っている物としてはオレンジのシートはシャウトのアンサーやジャッカルのビンビン玉と全く同じスカート素材。
(シャウトもジャッカルもここで仕入れてますから 笑)
こいつは切りにくいのでローラーカッターが必要。

赤いスカート用シートはアシスト工房製と同じ素材。
こいつは裏に紙シートを貼り付けてあるのでハサミでも簡単に切ることが出来てグー! カラーバリエーションも豊富です。

他にもサバ用の土佐カブラ11号とか普通に釣具屋では買えない物をお安く大量に買ってきたのでした。

 

さてさて鯛カブラ作ってみました。
あれやねぇ、針とライン結ぶのは簡単やけど(ヌッシーは外掛け結び。1本針仕様です)、スカートやらフラやら巻くの面倒臭いねぇ〜。
アシストフック作る何倍もの手間が掛かります。
あんまりしょっちゅうしたくない作業でした。

自作の鯛カブラで釣れるかどうかはまた次週。

4

【地域】 明石
【海況】 小潮 晴 波高0M
【釣り船】魚英
【釣り座】右大ミヨシ
【釣行者】ヌッシー イッシーさん ちとむさん

 

今週に入って急に調子が良くなってきた明石沖。
ホームが好調なら出撃しなくちゃね!と言うわけで久しぶりに魚英に乗ってきました。
一人で乗ろうかと思いながらもイッシーさんとちとむさん誘ってみたらお二人とも出撃とのこと。そうこなくっちゃね!

前日前々日ともに魚英はお休みだったのですが、営業していた東田丸中島丸のHPを見ると真鯛も釣れていますが何故か異常にアコウが釣れている様子。
これはアコウを狙わなきゃ!
今日のヌッシーの目標はアコウ3匹(無謀?)。本命がアコウで真鯛は外道の位置づけです。

5:30出港。ヌッシーは右大ミヨシ・イッシーさんは左大ミヨシ・ちとむさんは右大艫、客数は6名で全員が常連さん。ハッキリ言ってこのメンバーで釣らなきゃどうするんだ?!なメンバーです。

すぐにポイント着。早速鯛ラバを落とし込みます。
1時間経過
釣れません
2時間経過
アタリすらありません
3時間経過
かすりもしません(泣)

どないなっとんねん?!

ふと見るとブログでのお友達のと〜るさんが近くで浮いておられます。手旗信号で情報交換してみるとと〜るさんは1匹釣られたものの状況は同じく厳しい様子。

しかし同じく近くに浮いている東田丸を見ると結構か数釣り上げています。丁度先日日本海に一緒に行ったしおざきさんが中島丸に乗っておられたので携帯で聞いてみると鯛1に56センチの大アコウ1とのこと。
なんじゃそりゃ〜!

どうやら前2日お休みだった魚英と違って営業していた東田丸中島丸は何やらノウハウって言うかコツを掴んでいる様子。
要はそいつを盗めは良いのです(笑)

で、…じっと見ます(笑)

すると胴の間の常連さんが何か掴まれたのか10時頃から急に爆釣し始めました。
アコウ→真鯛→アコウ→アコウ!!
すげぇぇ〜!

ヌッシーも真似してみますが相変わらず魚にかすりもしません(泣)

すると横でイッシーさんも何やらアタリだしました。
え〜なぁ〜アタリあって…。
ヌッシーすでに根気が果ててしまったので昼寝です。クーラーボックス並べて爆睡…。

と!ここで何やら物音で目が覚めました。

イッシーさん真鯛見ると何やらイッシーさんの竿が曲がっています。
釣れてるの?ねぇ釣れてるの??

上がってきたのは食べ頃なええ感じの真鯛!!
やったー!やりましたね!

イッシーさん明石鯛ゲットです。

さっぱりアタリすら無いヌッシーからすれば羨ましいの一言。え〜なぁ〜え〜なぁ〜。

イッシーさんナイスファイトとここでまたイッシーさんヒット!

なんやねん?どないなっとんねん?

かなり竿が曲がっています。竿のタタキ方から推測するに真鯛のようです。
真鯛だとしたらでかいよこれ!!

何だ何だと水面をのぞき込んでいたヌッシー、浮いてきた魚がチラッと見えました。

ん?

雌のカンダイ上がってきたのはそこそこなサイズの雌のカンダイ。
一同微妙〜な感じです。

食べる方ではあまりいい話は聞かないカンダイ。ヌッシーもイッシーさんも食べたことありません。
話を聞くと雌のカンダイはそこそこ喰えるとの話なのでイッシーさんキープです。

いやしかしあの引きは面白そうでした。どんな魚でも釣れたら楽しいです。

この時点で残り時間も少なくなってきています。
ヌッシー、取りあえず釣れてる人のパターンを研究して試行錯誤の連続です。しかし相変わらずアタリすらありません。

12時過ぎ、ちょっと閃きました。
すぐにそのパターンで仕掛けを作成し直して投入。研究した巻き方でリールを巻くと…

ゴン! お! ゴン! お! ゴゴ〜ン!!
真鯛ちっくなアタリで魚が掛かりました!
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!
遂に来ました!本日初めての魚の反応&針掛かりです!
こいつはばらせません!
サイズがでかいのかドラグから何度もラインが出ていきます!いいぞ〜!いいぞ〜!!
でも竿のタタキ方が何だか真鯛と違う感じ。叩くことは叩くけど真鯛特有のキレがありません。上まで巻いても抵抗し続けます。
(隣でイッシーさんがボソッと カンダイや と…笑)

苦節6時間魚が見えました。
でかい…
アコウやぁぁ!!

ナオチャンのタモ入れ決まって見事船上に上がったのはかなりでかいアコウ!!
やりました!一気に大逆転です!!明石浦漁港に水揚げすると3万円近くすると言われるアコウのサイズです!!

アコウ47-陸にあがってから計測すると全長47僉

これは良い感じです!!
一気に元気になりました(笑)
これで魚の棚に寄らずに家に帰れる(笑)

うし!アコウのパターン判ってきたぞ!!
と言うわけで同じ通りに再度やってみると…

ガツン!!
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!
また来ました!先ほどのサイズには及びませんがこれまた真鯛ではなくアコウっぽい引き。
上がってきたのは予想通り30cm程のアベレージサイズのアコウ!
やったよ〜!

真鯛は相変わらずかすりもしませんが今のアコウの釣り方はかなりパターン化出来ました。
が、ここでタイムアップ。

本日釣果【本日の釣果】
ヌッシー: アコウ47cm アコウ30cm
イッシーさん: 真鯛1 カンダイ1
ちとむさん: ガシラ1(仕事でお疲れの様子でしたからねぇ)

しかし今の明石沖のアコウの多さは異常ですね。
他の船でも結構上がっているのを見かけましたし…こんな幻の超超高級魚がこうバンバン水揚げされるとは驚きです。
天変地異の前触れ?!

いやぁ〜最後に満足出来ましたがかなりきつい一日でしたよ。

このページのトップヘ