ヌッシー疑似餌同好会

2007年12月

2

【地域】 明石
【海況】 中潮 雨→曇り 
【釣り船】魚英
【釣り座】何となく左舷
【釣行者】ヌッシー KenKen U垣さん M永さん

年末年始休暇のために赴任先のロンドンから帰国中の友人KenKen。
年末年始であちこち挨拶回りで忙しい中、唯一のプライベートな休日をヌッシーと魚英参加指定!
これは釣って貰わねばなりません!
出来れば大型青物を!!

と言うわけで魚英のナオチャンと色々計画を練っていたヌッシー。
でもやはりジギングでは厳しそうな感じ。しかもシーズン終了ムードが強く他の参加者がなかなか見つからないために出船さえ危うい感じです。
そこでジギングでは無くノマセ釣りでの計画に切り替え。

すると本年度魚英ブリ賞のM永さん、そしてヌッシーと乗ったらいつも良く釣られるU垣さんの参加決定!
偉い!皆さんチャレンジャーです!
と言うわけで非常にお気楽かつ心強いメンバー構成となりました。

朝6:30出船。6:00ジャストに魚英前に着きましたが、その頃から雨が本降りに…。
おいおい〜雨は昼前からって言ってなかったか?
まぁ雨男のKenKenが参加ですから多少の雨は覚悟していましたが…(笑)
東寄りの風も強いです。
これはまず明石海峡大橋の東側に出船は無理。
自然と選択肢が狭められていきます。
まぁ今日はノマセ釣りなのでポイント的には大丈夫かな〜。

まずは餌となるアジ釣りから。
これ結構楽しみなんです。
しかし毎回朝にレンガ買うと溶ける前にアジ釣り終わってしまうので今回は前日から買ってクルマの中に放置して解凍。偉い!
ところがU垣さんもM永さんも凍ったままのレンガをヌッシーの溶けたレンガの中にぶち込んで行くので全く意味なし!
二人とも頼んますわ〜〜(笑)

んで、雨の中アジ釣りをしますが、これがまた実に渋い!
全然釣れません。
釣れるとまたこれがデカいアジです。
U垣さんは途中で30cm位の真サバを釣り上げてホクホク。
何とか一人10匹くらいずつ釣り上げてノマセポイントへ向かいます。

早速ノマセ釣り開始〜。
雨は本降りです。
でもまぁ船縁まで出なきゃいけないジギングと違ってノマセなら腕だけ出しておけば大丈夫なのでわりかし平気です。
  ・
  ・
  ・
釣れないねぇ〜(笑)

予想通りサッパリです!(笑)

ノマセ釣りはすっぱりと諦める事にしました。
風も強いので船が流されるためにノマセの仕掛けも立てることが難しいのです。
それにだって折角のアジが勿体ないんですもの(爆)
(餌用に釣り上げたアジを食べる気満々です)

北上して鹿ノ瀬の真ん中へ。
この頃から雨がやみだして穏やかな海へ。
う〜む…

走っていると魚英の知り合いの本職さんに遭遇。
「ハネいっぱい釣れるで〜やってみ〜!」とのこと。
早速ジギングでやってみると即U垣さんとヌッシーにヒット!
痩せているけど銀ピカの綺麗な魚体です。

でもなかなか後が続きません。
するとさっきの本職さんがまた寄ってきました「さっきまでよぅ釣れとったけど、自分ら来た時分から釣れなくなった」とのこと。
ガ〜ン!

結局みんなでチョボチョボとシーバス釣って帰港。
時合いが合えばシーバスは爆釣する模様。

帰りの播磨灘は無風でべた凪。
天気予報どないなっとんねん?!

結局シーバスのみ本日釣果
ヌッシー シーバス1匹
KenKen シーバス2匹
U垣さん シーバス2匹
M垣さん シーバス2匹


帰宅後、持ち帰ったシーバス3匹は適当に捌いて鍋に。
(KenKenとM永さんはルアーマンの常でシーバス持ち帰らず)
あれ?旨い(笑)
全然臭みがない良い鱸です。
と思ったらどれか1匹は少しいつものシーバス臭い…
どうやら産卵の為に鹿ノ瀬沖に集まったシーバスは個体差大きいようです。
胃の中は大体イカナゴのフルセが入ってました。
イカナゴパターンだ!

 

2

【地域】 明石
【海況】 長潮 晴れ 
【釣り船】魚英
【釣り座】左ミヨシ占領
【釣行者】ヌッシー

 

今日は久しぶりにカレイ釣りです。
春に爆釣した時のカレイのお味は絶品でしたが、今の時期のカレイも春には及ばないものの子持ちになっているらしく旨いそうなので楽しみです。

本日はヌッシーの他に常連のA川さんとチームアイランズ(金持ちオッチャン達の餌釣りチーム)のおっちゃんの計3人。
まぁ海苔の筏にくくりつける掛かり釣りなのでガソリン代掛からないから3人でもOKなんでしょうねぇ〜。

船は一路カレイと言えばここ!の二見周辺へ。
本日ヌッシーは竿3本です。
仕掛けは自作のがまかつカレイ針13号ハリス3号。枝針には赤パイプかませてあります。
餌はマムシ千円分+アオイソメ500円分。

仕掛け投入。
潮速っ!
今日は30号錘しか持参しなかったヌッシーですが、これは40〜50号の錘が必要な感じ。
う〜む失敗。

まずは本命とか何とか言ってる間にヌッシーの竿にアタリあり!
引き上げてみると小振りながらマコガレイです!
うし!本命ゲット!
カス回避できました。

6:30出港、7:00に1匹目ゲットですから今日は爆釣の予感がします。

しかし…

後が続きません。

鹿ノ瀬まで移動です。

ここも流れが速い!
もはや30号錘では底から浮かされるのでキャビンにいるヨシノブ船長から50号と60号の錘を強奪(笑)

でもヌッシーに何も釣れません。

するとここから大艫のオッチャンが爆釣し始めました。
オッチャンはエビ餌でショウサイフグを狙っています。
コレがホントに爆釣!
ええサイズが連で上がってきます。

ちなみにショウサイフグってのは関東では結構食べられているみたいですが、関西ではまれ。
もちろん毒があります。食べられるのは身の部分のみ。
どこまでの呼称かは判りませんが、ここ明石界隈ではショウサイフグの事を「ナゴヤ」と呼びます。
食べたら毒で死ぬ=食べたら終わり=終わり(尾張)名古屋=名古屋
って意味です。
食べたら死ぬほど猛毒のフグですが、内臓に傷を付けないように頭を落とした後で綺麗に皮を剥ぐと結構美味しいそうで、オッチャンも自分で捌いて食べるそうです。
もちろん無免許です。

ちなみにフグの免許ですが、一般的にお金払って講習受ければ誰にでも取れる免許なので「免許がある」と言ってもどこまで信用出来る物なのかは不明です。

さて、そんなショウサイフグを爆釣中のオッチャン。
外道にデカいキスや今期珍しい真サバなんかも釣り上げてやりたい放題です。

オッチャンはヌッシーにエビ餌分けてくれると言ってくれています。
船頭のヨシノブさんもナオチャンも「ヌッシーさんもフグ釣ったらええやん!美味しいで!自分で捌けるやろ?」と言ってくれますが…

気が乗らん!!(爆)

今日はカレイ釣りに来たのです。
しかも無毒のサバフグならともかくナゴヤはねぇ…。
トラフグが釣れるならともかく…(隣で浮かんでいた丸松さんでは1匹だけトラフグが上がったそうで大騒ぎしていました)

そんなヌッシーに釣れるのはトラはトラでもトラギスばかり(笑)
ああ!トラギスでも良いさ!持って帰って喰うさ!

一度だけヌッシーにカレイらしきアタリがあり、皆が見守る中慎重にリールを巻いてみましたが途中ですっぽ抜け。

春の海のようもう良いよ〜
今日はのんびりするよ〜

朝のうちこそ寒かったですが、日が昇ってからはまさに小春日和。
波も無く一面のべた凪です。

結局一日オッチャンの爆釣を見物しつつ、のんびりと帰港しました。
今日はムシ餌は全くダメ (>_<)
完全にエビ餌有利でした。

本日釣果
カレイ1匹 トラギス6匹位。

ちなみに全部まとめて焼いて食べました。
期待のカレイは小さかったからか卵なし。
トラギスは案外美味しかったです(笑)

最近寒いし風は強いしで釣りに出ていません。
PCの前で鯛カブラ巻いたりアシストフック巻いたりしています。

今年も残り2週間。後1回位は釣りに行くと思いますが、そろそろ今年のヌッシー的釣りを総括してみたいと思います。

今年の明石界隈は冬に北西の季節風が吹かず、イカナゴの稚魚が海峡より東に流されなかったせいかベイトが少なく不漁の年でした。
楽しみにしていたサバは一向に廻ってこず、ツバスも少なくハマチは見かける事も少なく…。

しかし個人的釣果はこの不漁の年の割には満足のいくものでした。

神経絞め職人まずは年明け早々のシーバス爆釣!
小一時間で21匹釣れると言うのは今から考えても訳が判りません(笑)
落としてリール1回転させたらもう釣れてましたからねぇ〜。

イッシーさんと釣りまくったのは楽しい経験でした。

今年も鹿ノ瀬沖でのシーバス産卵は行われるはずなので今から楽しみです。

爆釣と言えば…
全釣果餌釣りでしたが花見ガレイの爆釣も鮮烈な記憶になっています。
何しろ一人で15匹(爆)
まさに爆釣でした。
ついでに釣りサンデーに大きく載ったりして…。

他に「爆釣」と呼べる日はなかったですが、以後は「数」が出ない代わりに「型」が出た一年でした。

苦節6時間まずは初夏のアコウ!
今年は超高級魚のアコウが連発した1年でしたが、この47cmはヌッシーとしては最大のサイズ。
ウン万円すると言うサイズ。
来年も釣れたらいいなぁ〜。

記録更新68cmそして大きな真鯛!
こいつは68cmとヌッシーの自己記録更新。
更に何故か魚英のジギングダービーカブラ部門で年間1位もこの魚で取れました。
味はイマイチ(笑)

77cm6.4kgで、日本海や明石沖でヌッシーにしてはメジロが結構釣れた1年だったのですが、中でも真夏に釣れたこの77cm6.4kgのメジロ(鰤?)はサイズも特大なら味も絶品!

こいつは旨かった!!

サワラ!4他にも大きなサワラが釣れたりとサイズ的にはとても満足できた1年でした。

恐らくサバやツバス・ハマチが少なかった分だけ腰を据えて大物狙いに集中できたのが良かったのだと思います。

来年はどうなるか判りませんが、数が出ている時期でも「型」狙いで男前な出船してみたい気分です。

そう言えば今年はヌッシーと同船した方々が特大の魚を釣り上げるシーンに度々遭遇しました。

でかいヒラメワープゾーンでのちとむさんのヒラメに始まり…(笑)
(もうこの1年この魚の話をどれだけちとむさんから聞かされたことか…。まぁ確かに凄かったですが…。何しろ真横にいましたからねぇ〜)

 

 

ナオチャン74cm

魚英ナオチャンの74cmの真鯛
(これはヌッシーの68cmの鯛のすぐ後の釣果)

え?ヌッシーより大きいのに何でヌッシーがダービー1位かって?

だってナオチャンダービーにエントリーしてないもん!(笑)

窪和久君新記録70cm

 

そして鳴門ではエイト3の窪和久君にボウズ争いの果てに70cmの大真鯛を釣り上げられ…

(しかも後日ヌッシーと会話した次の日に明石で80cmオーバーの鰤を釣り上げ、すっかりヌッシーと絡むとデカいのが来ると言うジンクスまで出来上がっちゃいました)

サワラ!3しまいにゃU垣さんに85cmのドデカい鰤を真横で釣り上げられ…

(タモ入れする寸前まで「大きいサワラや!」と言い張ってはりましたが 笑)

…何や何や?!
みんなヌッシーより大きいの釣ってるやん!
折角大きいの釣れた1年やと思ったのにねぇ〜(笑)
結構皆さん大きいのが釣れた1年だったみたいです。

トホホ

来年また頑張ります。

 

え〜突然ですが
【今年喰って旨かった魚ランキング!】
パチパチパチ!!

今年も明石の旨い魚を沢山釣り上げることが出来ました。
超絶品級の魚も沢山いました。
ランキングにしてみますので来年皆さんが狙う目標にでもして頂ければ幸いです。

ではまずは第5位!
年末のサワラ!
これは旨かったですねぇ〜
脂の乗りが最高です。刺身良し・酢の物良し・西京漬け良し!
何しても絶品!家族喜ぶ!
日本海の臭いサワラとは全く別の魚でした。

次に第4位!
夏の鰤!
これは上の写真の77cm6.4kgのヤツの事です。
この2週間後にも同じ場所でメジロを釣りましたし、ノマセのシーズンでも何匹もメジロを上げましたが、この個体が一番旨かった!
味が全然違いました。
配った先での反応も別格。
ちなみに同じ日にメジロを釣った赤いレインウェアさんと忘年会で話をしましたが、赤いレインウェアさんもこの時のメジロが一番旨かったそうです。
多分ベイトがイワシだったからだと思いますが…。

さて、では上位発表!
第3位!
明石の高級魚アコウ!

無く子も黙る明石の超高級魚アコウです。
上の写真のデカいサイズなら浜値でソルティガが買えるとのもっぱらの噂。
この明石産アコウをどこかで食べようと思ったら…
京都祇園の一見さんお断りの高級料亭で少なくとも一人10万円のコースで当然芸者さんも何人か呼んだら途中の一皿位は「旬のアコウどすえ〜」とか言われながら何切れか出てくるって程のお値打ち。
一般には流通しません。

え?アコウが3位?!
あのアコウが?!

そうなんです。それより旨かった魚が2種あるんです!

では第2位!
夏の松保シーバス!
シーバスが2位?マジ?
と思われる諸兄は多いと思います。
ヌッシーも港湾部でのシーバスから入っていったクチですので頭の中のイメージとしては「シーバス=臭くて喰えない」なのです。
家族も同様でヌッシー家では「シーバス持ち帰り禁止令」が出ているほど。
ちょっとマシかな?と思える綺麗な個体でも大概少なからずシーバス臭がするものですが…

シーバス絶品!この「旬の真夏」に「松保の浦沖」で釣り上げた別段大きくも何でも無い個体は凄まじく旨かった!
何やねん!コレ?!
誰かにあげようかと思っていたのに周りのみんなから「持って帰れ!旨いから!」と言われた意味がよく判りました。
シーバス、鱸と言う魚の概念を根底から覆す旨さでした。
甘み・歯ごたえ・脂の乗り…臭み0!!
この時期狙って釣りたい魚です。

では栄えある年間旨さ第1位は!
花見ガレイ!
出ました餌釣りです!(笑)
薄造りこの30cm超級の大きめのマコガレイの刺身が今年旨かった魚第1位です!!
上品この上ない甘みののった透き通るような白身。
ごめんなさい、ヌッシーの文章力ではこれ以上表現出来ません!

こんな旨い魚、よそでは喰えません。
釣りが趣味なら絶対釣って食べてみるべきです!
来年行きなさい!
絶対行きなさい!
仕事休んで行きなさい!!

さて来年はどんな大きな魚や旨い魚が釣れるのかな〜?

釣り仲間の皆さん、来年もよろしくお願いします!!

今日フラッと立ち寄ったフィッシングエイト3を物色していると…

あぁぁぁ!
販売されるのを心待ちにしていた鯛カブラ用マテリアルが売り場に出ているのを発見!!

これは春に出かけた鳴門鯛カブラ出張でヌッシーはボウズだったのにエイトの藤本店長と窪和久君にこてんぱんにイワされたアイテム。

窪和久君〜出たなら連絡くれよ〜〜!(笑)
(まだ出勤してなかったので伝言置いておきました)

鯛カブラ2.0帰ってから久しぶりに鯛カブラをいくつか巻いてみました。

久しぶりに鯛カブラ巻きましたが何だか作り方が上手くなっています。
何より針の結び目が美しい!(笑)

オレンジは今までと同じマテリアルです。
問題は上2色(もう1色あります)

コレ何って?

ナイショ!!

「ははぁ〜ん!」と判った通な人はくれぐれも正解をかき込みしないように!!

07ダービー表彰式今日はいつもの明石ジギング船「魚英」の07ジギングダービー表彰式&忘年会。
お酒も入るのでクルマではなく電車で明石まで出かけてきました。明石まで電車は遠い!

07ダービー順位表今年のジギングダービー総合順位は10位(サイズ関係なし。ジギングで釣れた魚の総匹数。軟体系、タチウオ、餌、サビキ、カブラ釣果は除外)
去年8位・一昨年10位なのでまぁ定位置と言えば定位置です。

とは言えさにょ師匠は貫禄の1位ですし、このブログに出入りしている方々は大概ヌッシーより順位が上。
今年は数が釣れずに1匹を争う勝負になりましたが、皆さんいつの間にヌッシーよりも数釣り上げたのか驚かされます(笑)
流石やるなぁぁ〜!

まぁヌッシーはカブラやらノマセやらで遊んでいた時間も長かったので妥当と言えば妥当かも。

07ダービー上位2そのカブラの釣果のお陰で何とカブラで釣る真鯛の部1位!!
初夏に釣り上げた68cmでのタイトルですが、よくもまぁこのサイズで逃げ切れたものです(笑)

07ダービー上位1ジギング自体の数釣り&サイズ結果は表の通り。
お!一日数釣り賞に10匹でちとむさんタイトル奪取です!
実はこの日は真隣でヌッシーも釣りしていたのですが何故かツバス3匹しか釣れず。
渋い今年の中で一番良かった日なのにねぇ〜。
チャンスを物にしたちとむさん流石です!

この後、各種商品の授与式。
07ダービー結果戦利品ヌッシーはカブラの鯛1位でフィッシングエイトグループの商品券5000円分(しかし期限が今年一杯!爆) と 10位飛び賞で60ポンドナイロンリーダー(太さが微妙 笑) と 上位の抽選でシャウトのフィッシンググローブ(ええ品だけど気持ち小さい) と 鯛カブラ頑張った賞(?)で鯛カブラ と 余ったジグ1個(今や幻のスカウツ100g!)をゲット!!

何か小物が色々増えました〜!
表彰状貰ったのは小学校以来かもしれません(笑)

07忘年会スタート続いて忘年会開始〜。
今年もフグ鍋です。
趣味が同じ上に殆ど見知った方ばかりなので話はかなり弾みます。
当然全員超常連の凄腕さんばかりです。

話は来年の釣りはどうなるか?……ではなく今年のこの後の釣りはどうなるか?です!(笑)
皆さん好きねぇ〜。

この後ヌッシーは家が遠い上に明日仕事が早いのでおいとましましたが、残りはほぼ全員2時間参加のために夜の街へと消えていきました。

ほどほどにねぇ〜!

このページのトップヘ