ヌッシー疑似餌同好会

2008年03月

1

【地域】 丹後半島
【海況】 中潮 強風 うねり
【釣り船】ハピネス2
【釣り座】ミヨシ
【釣行者】ヌッシー Satokenn先生 T入さん

 

Satokenn先生にお誘い頂いて養老漁港発のハピネス2
に乗ってきました。
今回はT入さんも含めて3人での参加です。
心配なのが当日の天気。
強風の予報です。


どうかなぁ〜

 

 

 

 


 

 

IMOC WeatherPageの予報によれば丹後半島北までは結構波がある予報です。
出来たら東の大グリ(冠島のポイント)に行きたいなぁ〜、その上で揺れの少ない艫に乗りたいなぁ〜

と思いつつ決まった釣り座は正反対の大ミヨシ(爆)
これは…酔うかも…
しかも船は一路西へ向かいます。
そっち行っちゃダメ〜!!

案の定丹後半島最北の経ヶ岬を西に回り込んだポイントは風が強いです。
釣りを始めるもドンドン風は強くなり、ヌッシー体感8M位。
白波が立ち、うねりも発生してきています。

取り敢えず釣りしなきゃ…
皆さんジグをしゃくっておられますが、ヌッシーは早速とインチク投入!
すぐに何か反応があり、カレイが釣れました。
速攻で絞めて、鱗とヌメリを落として海水バケツにどぼん。

あ、Satokenn先生船酔いですか?
キャビンで休憩されるようです。
やはりミヨシは揺れまくります。
しかも今日のハピネス2は小さい方の船だとかで、ミヨシ先端の手すりが微妙に低いのです。
ヌッシーの膝のすぐ上辺りまでしか高さがありません。
揺れるたびに海に落っこちそうになります。
怖い怖い。

カレイは1時間ほど海水に浸けたあとでミヨシの手すりに紐で括って干物に。


カレイの干物

 

 

 

 



 

 

そうこうしているうちにSatokenn先生復活です。
入れ替わりにヌッシーが気分悪くなってきました。
…ちょっと寝てきます。
キャビンに引っ込んで船酔いの回復を待ちます。

ピコーン!携帯にちとむさんからメール着信しました。
(音で判るんです)
あ〜でもどうせ「釣れた?」でしょ?
船酔い中に携帯の画面見ると余計気分悪くなるので放置。

寝ながら音にだけは気を付けていますが誰も魚を釣り上げた音がしません。
半島西のポイントを回っているようですが全くダメな様子。

1時間ほど経って船長も青物狙いを諦めたのか「え〜、根魚や鯛狙いの魚礁行きます」とのアナウンス。
お!ヌッシータイム到来!(笑)
そろそろ復活するか〜!
この時点で時刻は12:30
船中10人で未だヌッシーのカレイ以外の魚は上がっていません。

魚礁周りを狙うと艫のお客さんがソイを1匹釣り上げ…
が〜ん!竿頭奪われた!(爆)
インチクで狙うと何かが釣れた感触。
上げてみるとガシラです。
ほぼ同時にT入さんもガシラげっつ!

かろうじてガシラ

 

 

 

 

 


 

 

竿頭奪還!!…トホホ

Satokenn先生もソイを釣り上げてボウズ脱出。
他にはあと2匹ほどソイが上がっていた模様。


この辺りで船長は移動を決意した模様。
白石グリ(経ヶ岬北のポイント)へ向かいます。え〜〜〜白石なの〜〜〜
深いからヤダ!

ポイントに着いた頃、またヌッシーの携帯がピコーンと鳴ります。
今度はイッシーさんからメールが来た模様。
(音で判るんです)
まだ携帯見る余裕はありません。

白石でもみんなで頑張りましたよ…ええ

しかし誰も何もかすりもせず…
ホント今日はどうなっているのでしょうか…

15:30に船長も諦めたのか納竿となりました。
ふぅぅぅ…
港へ帰る船の中からちとむさんとイッシーさんへ「轟沈です」とだけメール返信。

こんなに釣れないハピネス2も珍しい。
今年に入って一番悪い日だったのでは無いでしょうか?

ちょっと日本海が嫌いになりました。

【本日釣果】
ヌッシー : ガシラ1 カレイ1 竿頭(爆)
Satokenn先生 : ソイ1
T入さん : ガシラ1

 

翌日追記
何だよ〜次の日はハピネス2爆釣してるやんか〜〜
しかもヌッシー達が乗った26日は「無かったこと」になってるし(爆)

大体26日は丹後半島西は網野のアルバトロスは出港控えてる位の強風だったし、東の大グリへ行った(と写真から思われる)ワープゾーンはそこそこ釣れてたし…
やはりヌッシーの予想通り西へ向かうのが正解だったようです。

 

3

【地域】 松山沖
【海況】 中潮 凪ぎ 
【釣り船】AKI
【釣り座】ミヨシ
【釣行者】ヌッシー イッシーさん しおざきさん

 

今回は魚英常連のイッシーさん、しおざきさんにお誘い頂き、釣り具山陽のスタッフ釣行に混ぜて頂いて広島竹原港のAKI3までタチウオジギング(あの辺りではサーベリングの方が通りが良い)遠征に出かける事になりました。
ヌッシー初の広島遠征です。
ワクワクして寝られません!!

出るかドラゴンクラスタチウオ?!
気分はドラゴンクエストです

前日情報ではタチウオの時合いが夕まずめになっているとかで出船時刻が午前10時になるとのこと。こりゃ大阪帰宅時は日付が変わるなぁ。
昼間はメバルも狙うと聞き「あの辺のメバルは大きいから本気で狙うか」と明石スタイルの磯竿5.4Mを持ち込むことにしました。
仕掛けは岡豊製を中心に幹糸5号エダス0.8号20cmの物をチョイス。錘は30〜40号位だよね。
で、磯竿を弄っていたら…
バタン!と倒れた弾みで穂先がペキッと折れました!
ドシェ〜〜!!
慌ててエイト2へ駆け込んで「アフターお願いしま〜す!」と自分で言って修理(苦笑)

さて、遅めの出船と言うことでヌッシー宅出発4:30→イッシーさん宅5:30→しおざきさん宅6:30→釣り具山陽と順に回って集合です。
今回はヌッシー号での出撃。
クーラーは3人でトランク大将50L2個にしましたが、意外とプリウスに3人分のタックル乗るもんですねぇ〜。

午前10:00、竹原港からAKI出港!!
1時間ほど凪の海を25ノットで突っ走ります。
天気は曇り。同時刻の大阪は晴れていたようですが、空と海の境目が明瞭でない海をAKIはひた走ります。

まずはメバル狙いから。
皆さんタチウオ用のロッドで挑戦されるようです。
ヌッシーは予定通り1.5号の磯竿5.4Mをビヨ〜ンと伸ばして挑戦。しかしこの釣り方は手持ちだと竿が重くて腕が疲れます。
開始早々ヌッシーの重い竿にさらに重みが加わって25cm程のメバルゲット!船中1番乗りです!

しかし周りからは「それでは小さい」と素っ気なく流され…
これで小さいってどんなやねん?!

メバルはバコバコ釣れるのかと思いきやかなり渋い展開です。
っと、ヌッシーの竿に更なる重みが!!
今度は大きそうです!

上がってきたのはデカい!コレはデカい尺近いメバル!!
今度は流石に周囲からも「デカい!」と賞賛されました。

AKI3尺近いメバル

 

 

 

 


 

 

 

その後しおざきさんにもメバル1匹来ました。
船中ポツポツ上がりますが2匹釣れる人は居ません。
しかし何故かヌッシーだけ渋いなりにも好調。
ダブル1回、その後2匹追加で計6匹(全て25cm以上)メバル釣れました。
船長にも「一人勝ちやなぁ〜」と言われ気をよくしたヌッシー。

そうそう、釣れたメバルは一様に極小のアミエビみたいなのを大量に吐きました。ベイトはこんなちっこいのか…

ここで渋いメバルは早めに切り上げてタチウオのポイントへ移動です。

AKI3のミヨシから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回使うジグは魚英常連のA川さんのアドバイス&Satokenn先生のブログ等を読んで熟考した結果「ようするにホログラム光ってりゃええんやろ!」と言う結論に落ち着いたため赤金カラーのジグを中心にホログラムシールを貼ってチューンして対応。
当たるかホログラムチューン?!

明るい内からもポツポツ釣れます。
船中タチウオファーストヒットはしおざきさん。

AKI3しおざきさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後ヌッシーもポツポツ釣り上げ、しばし苦戦の後でイッシーさんも無事タチウオゲット!

AKI3イッシーさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼間釣れるタチウオは幾分細いようです。
ヌッシーもこの海域では珍しいと言われる指2本クラスを2回続けて釣り上げてリリースしました。

水深は40〜50M位のポイントが主流。
海底での根掛かりは皆無です。
流れは感じるほどは無く、当然2枚潮なんかでは無いので底取りは容易でした。

カラーは赤金を中心に使用しましたが、殆どの人が赤金使用なので他のカラーじゃダメなのかは不明です。
ちょっと渋くなってきた頃にシルバーミラー加工のジグを使ってみましたが、これでも好調にヒット。 「共食いパターンですよ!」と言うわけでしおざきさんも同様のシルバーのジグを使ってみたところ同じく好調にヒットしておられました。
(何故か共食いパターンで釣ると釣れた魚も尻尾を喰われてる率が高かったです)

夕方が近づき、夕まずめの爆釣タイムがやってきました!
噂の爆釣タイムってどんなだろ?と期待していましたが、噂に聞く「ジグが下に落ちない(落ちる間もなく喰ってくる)」と言うほどではなく、フォールでも当たったり釣れたりしますが十分底までジグを落とせる状況でした。

それでもタチウオが上に浮いてきている状況に偽りはなく、水深5M程の所でもヒットしてきます。
海面から海底までのフォールとしゃくり上げのどこでヒットしてくるか判らないので全域が棚です。

ワンピッチのジャークを基本に「止めたら切られる」らしいのでスピードに緩急を付けながらやや早めのしゃくり上げで臨みます。
正直ジグのカラーは何でも良い感じです。

最近の流れよりは少々タチウオも渋いそうでしたが、それでも結構釣れました。
(ただ噂に期待と妄想が膨らんでいたので少々不完全燃焼気味です)

あ、ジグのロストは2個で済みました。

【本日釣果】
ヌッシー : メバル6(メバル竿頭)
ヌッシー&イッシーさん合わせて :タチウオ34匹
しおざきさん : メバル1 タチウオ沢山

期待していたドラゴンクラスは今日は見かけませんでした。

AKI3釣果

 

 

 

 

 

 

 

しかし広島は遠いですねぇ〜。
大阪から広島まで330キロ(うち100キロはしおざきさんドライブ)、10時間釣りして、また大阪まで330キロドライブ。
帰宅は午前2時前でした。
う〜んヌッシーの電池切れ。

ちょっと不完全燃焼なのでまたどこかで憂さを晴らしたいですね、イッシーさんしおざきさん!

 

さて釣り上げたメバルは2匹イッシーさんにも進呈した後で、煮付けとお刺身に。

AKI3メバルの刺身

 

 

 

 

 


 

 

う〜む…
あっさりしすぎか…
メバルは煮付けか酒蒸しがベターのようです。

タチウオは定番の塩焼きの他、皮付きのまま短冊に切ってからキュウリとワカメと一緒に酢の物に。

AKI3タチウオの酢の物

 

 

 

 

 


 

これは美味しいですよ。
お勧めです。
刺身にもしようかと思いましたがメバルの刺身があったので今回はパス。

他にAKIに無理言って広島名物殻付きの牡蛎70個(5000円)もお土産に持ち帰っていたのですが、朝起きてみたらヌッシー母にすっかり殻を剥かれて剥き牡蛎に…(泣)

それは焼き牡蛎用やろ〜普通〜!
剥くんやったら最初から剥き牡蛎買ってきたよ〜。
トホホ。
でも剥いた牡蛎(身が大きい!)で作った牡蛎フライもそれはそれで大層美味しゅうございました。 ヨーヅリ(YO-ZURI) ブランカ タチ魚SP
ヨーヅリ(YO-ZURI) ブランカ タチ魚SP

地元で噂の最強タチジグ!
安いのに釣れると評判です


ヨーヅリ(YO-ZURI) ブランカ タチ魚SPヨーヅリ(YO-ZURI) ブランカ タチ魚SP

共食いパターンにはコレ!
持ってて損は無し!

1

【釣場】 泉南一帯
【海況】 大潮 晴れ 無風
【釣行者】ヌッシー ガッツ隊有志

 

昨夜はエサ一フィッシングエイトグループ主催「第4回メバルキングチャレンジ泉南大会」に出場してきました。
先週は入院が必要な程の風邪でしたが無理矢理体調合わせてきました。強行出場だぁ〜!

過去第1回第2回と出場した今大会。
今年は場所を泉南一帯(加太〜貝塚人工島)に移しての開催です。
(こっちの方が釣れそうな気はする)

メイン会場の田尻漁港が判らずにちょっと迷いましたがガッツ隊のYASSさんに聞いて無事到着。今回はガッツ隊の面々も多数参加です。

08メバルキング1

 

 

 

 

 

 

 

フィッシングエイト3の藤本店長の司会でサクサクッと開会式スタート。この大会は殆どこの人の趣味でやってるようなものです。
ゲストは弓削師匠とフロートリグで有名な武田氏。

16時になって各自移動開始です。
ヌッシーは今回谷川漁港をベースに釣りをすることに決めています。南の波止沖向きです。
23時までに帰着する事を考えたら他へは移動出来そうに無いので最後までここで粘る考え。

作戦としてはズバリ「超遠投」です。
その為に5.4Mの磯竿(爆)も持ち込んで磯用の飛ばし浮きをフリーで接続してぶん投げます。
ど〜おりゃぁ〜〜〜!!!!
どこまで飛んでいったか着水音すら聞こえません(笑)
リーダーはフロロ2ポンド1M。
一回投げると回収するのにいつもの3倍以上の時間が掛かります。

で…

釣れんなぁ〜

んで…

釣れないねぇ〜

同じく谷川漁港にいた2名の参加者もいつの間にやら居なくなっています。
気が付くと潮がメチャ引ききって水位が下がった状態。
そう言えば今日は新月の大潮やったね。

途中で今日は参加していないガッツ隊のたろさんから携帯にメール入電。「どないですか?」とのことですが、言うまでも無く見事なカスコースです。

試しに漁港内を試してみます。
いつもは速攻で釣れる小メバルも全然釣れません。
試行錯誤してやっと小メバルゲット。
ふむ〜表層&ワームは極小か…

判った物のここでタイムアウト。

カス決定です!!
泣きながら運転して大会本部の田尻へ戻ります。

戻ってみるとポチポチ検量に進んで居られる方はいますが、大半はヌッシー同様カス!です。
あ、YASSさんもですか?何かホッとしました。

そんな中で一人気を吐いたのがガッツ隊のSumidaさん
何か超デカいのを含む3匹釣り上げてます。

表彰式を一緒に眺めていると…
10位、9位、8位…お!このままだと良いところに入ってそうですね!
4位、3位、おお!まさか!
2位…別の人でした。と言うことは…

08メバルキング2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優勝
Sumidaさん

参加者100名の頂点です!
すげ〜〜!
仲間内のガッツ隊からよもや優勝者が出るとは思いもしませんでした。

おめでとう御座いました!

 

え?
はぁ、まぁヌッシーは居なかった事に…

表彰式でのゲスト武田氏曰く「今日はアフターなので厳しいはず。有名な大場所(谷川みたいなとこ)はダメだったはず」とのこと。
先に言ってよねぇ!

 

ジャッカル(JACKALL) メバル節
ジャッカル(JACKALL) メバル節

今大会でも大活躍していたメバル節!

 

ジャッカル(JACKALL) メバル節
ジャッカル(JACKALL) メバル節

ガッツ隊メンバー全員必須です!

夕方に飛び込んできたニュース、一報を聞くと「垂水沖の明石海峡で3隻がからむ衝突事故発生。1隻沈没」とのこと。

なに〜〜〜!

メチャクチャピンポイントでヌッシーの遊び場での事故発生です。
先日のイージス艦事故の際は「往来の激しい明石海峡では逆にまず有り得ん事故やな」と思っていたのですが、思ったハナから事故発生です。

取り敢えずいつもの釣り船「魚英」のナオチャンにメールで情報収集。
「垂水沖って○○のポイント辺り?」
「いや、西航路やからもっと深場の方」とのこと。

落ち着いてニュースの続報を読むと
<海難事故>明石海峡で計3隻が衝突、1人死亡3人不明
<海難事故>明石海峡衝突 「海の銀座」に不安の声
ふむふむ、西航路の入り口辺りか… なら垂水沖じゃなくてどっちか言うと対岸の淡路島の岩屋か仮屋沖って感じですね。
たぶん秋口にちょろっとアジが釣れる辺りか…
水深60M付近ってとこかな。

しかしこの界隈はタダでさえ通行する船の数が多い上に海流が早くて危険な地域。
しかも現在イカナゴ漁最盛期の為に午前中なら数え切れないほどの漁船が縦横無尽に走り回っていたはず。
事故発生が午後だったのは不幸中の幸いでした。

3隻は航路入り口を一斉に目指して走っていた…
と言うことは恐らく事故原因はアレですな、正式な名前は忘れましたが「見通しの良い場所で、ある1点を目指す等速等角度の移動体は互いが止まって見える」ってヤツ。
見渡す限りの田んぼの中の信号の無い交差点で自動車の出会い頭事故が多いのもこれが原因。
10年程前には小型飛行機同士の衝突事故もあったはずです。
海上でも事故発生の要因となっているので確か進行方向右か左かどっちか側が進路を譲るように法律で定められていたハズですが…

魚英のナオチャンも「沈没船は引き上げへんのちゃう?」と言ってましたが、まぁこの辺りでは引き上げは無理でしょうねぇ(往来激しい・潮流早い)

何にせよ慣れた海だからと言ってライフジャケットの着用は必須だと感じた事故でした。

 

ダイワ(Daiwa) AQF−2212 アクオリア・ライフジャケット(ウエスト型自動膨張式)
ダイワ(Daiwa) AQF−2212 アクオリア・ライフジャケット(ウエスト型自動膨張式)

やっぱり要るよねライフジャケット 

 

 

ダイワ(Daiwa) AQF−2011 アクオリア・ライフジャケット(自動膨張式)
ダイワ(Daiwa) AQF−2011 アクオリア・ライフジャケット(自動膨張式)

このタイプの方が完璧! 

 

 

【翌日追記】
一夜明けてのニュースを見ると漁船以外の2隻は自動操舵だったそうな!
自動操舵?!あの海域で?!ありえん!! 
既に太平洋ではなく一度紀淡海峡も抜けた後の大阪湾ですよ!!
他の船もメチャ多くて超狭い明石海峡に自動操舵で突っ込んで行ったら事故起こるの当たり前!!
御堂筋に居眠り運転で突っ込むようなもんです。

にわかには信じがたい話ですが、もしかしたら他にも結構明石海峡航路に自動操舵で突っ込んできている船があるのかもしれませんね。
「どうせ相手がよけるだろう」と思っているのでしょうか(今回はそう思っていた同士がぶつかったわけですが)
ヌッシー達釣り人の安全にも直結するので笑えませんね。

流出した油の被害も当初の予測よりも深刻そうですし、何かと心配になってきました。

このページのトップヘ