ヌッシー疑似餌同好会

2010年05月

4
【釣場】 丹後のサーフ
【海況】 小潮 晴れ 凪ぎ
【釣行者】ヌッシー ニイチャン 次男坊さん


昨年はパッとした話を聞かなかった日本海側丹後のサーフ
今年は何だか調子良さそうな話がチラホラ聞こえて来ていたので行ってみたいなぁと思っていた所に従兄弟のニイチャンが「連れて行け!」と言うので遠征決定!

そうだあの御方にも連絡取っておかねば!

午前1時過ぎに自宅周辺を出発、4時前に丹後のサーフ着
う〜んナイスな時間です
駐車場で次男坊さんと合流
エラくお久しぶりです
よろしくお願い致します〜

次男坊さんの後に続いてサーフをテクテク打ち込み開始です

天気は晴れ、べた凪って程ではないですがもう一声波気が欲しい位の海況です
ちなみに同行のニイチャンは久方ぶりの釣り
あり合わせのタックルやけど大丈夫かな?

テクテク ビューン 巻き巻き
テクテク ビューン 巻き巻き

丹念に攻めていきますが反応無し
ベイトッ気が無い感じです

取り敢えずここで実績NO1の裂波で攻め倒します

アムズデザイン(ima) sasuke SF−120 裂波 アムズデザイン(ima) sasuke SF−120 裂波
投げれば判る高性能
丹後フラット系実績NO1!
取り敢えず信じなさい
まず買っときなさい



う〜む反応無いねぇ

5時を回って次男坊さん撤収〜
お付き合いありがとう御座いました

お別れする直前に次男坊さん曰く「稚アユっぽいベイトなら見えました」とのこと
そうか〜そんなん居たんや〜
何しろヌッシーは偏光を車に置いてきてしまったのでサッパリ判らんのです(笑)

お別れしてからは次男坊さん「ここで投げ倒しなさい」と教えてくれた周辺で粘ってみます
ココ掘れワンワン状態です(笑)


ん?!
何かコツンと当たった!(気がする)

ニイチャン!何か当たった(気がする)よ!

こちらから叫ぶも波の音で聞こえない模様
って、アレ?!
竿曲がった!!
それ釣れてるんちゃうん?!

駆けよって見ると見事大きめのマゴチゲットしてます!
頭でか〜〜!

兄ちゃんマゴチ

54cmのナイスなマゴチ!!

初サーフで立派な成果です
ニイチャン大喜び!
次男坊さんと別れてすぐの5:30でした

ガンガン頭振って引いたやろ?
え?重いだけやった?
そんな事無いんやけどなぁ〜

ルアー何?
え?メガバスX−80SWイワシ?
しかもフック錆びまくってるやん(悲)

メガバス(Megabass) X−80 SW メガバス(Megabass) X−80 SW

大阪湾シーバス最強(と思う)
湾奥ならコレあれば十分
フックは替えた方が…



よ〜こんな非常識なセットで上がったな〜(笑)
まぁ釣れたら何でもええけど…


取り敢えずガイド役としての使命は果たせたので安心しました
となると今度は自分で釣らないと帰りの車内が微妙になります

で、考えてみました
(1)次男坊さんは稚アユベイトを見ている
(2)ニイチャンはX80で釣れた
     ↓
今日のベイトは稚アユやから裂波じゃ大きすぎ?


今日持参したルアーの中にはX80キンクロも入ってます
コレで逝くか…
いやいや、飛距離出して広範囲探るためにアイマ・魚道HeavySurferで逝ってみよう!!

アムズデザイン(ima) 魚道 HeavySurfer 90 アムズデザイン(ima) 魚道 HeavySurfer 90

ヘビー系ミノーとしては秀逸な泳ぎ!
文句なくカッ飛びます
オフショアナブラ用にも最適


すぐさま魚道をくくり直して比較的ゆっくり目に底をゴツゴツ当てながら探ると…

ヒット!!

狙い通り!!
やけどあんまし引かんなコレ?
何やろ??

頭振らずに上がってきたのはやっぱりマゴチ

ヌッシーマゴチ

51cmのええマゴチげっつ!!

ホンマに今日のマゴチ暴れへんわ…
何でやろ??
何はともあれ5:50に仲良く二人1匹づつ釣れて良かった良かった

粘ればまだ出そうでしたが十分満足出来たのでここで丹後のサーフを撤収〜

帰りがけの駄賃に一応宮津のマゴチスポットも多少攻めてみました
ワインドでね
マゴチのチェイスもあったけど、どうも水が臭いし雰囲気悪い
折角気持ちの良い丹後のサーフを満喫した後だったのでそそくさと撤収!

昼前には大阪に帰宅しました


帰宅後早速マゴチを捌いてみると…
胃の中からは思った通り稚アユが出てきました
ジャスト8cm(笑)

ベイトは稚アユ

やはりマッチザベイトって大事やね〜

次男坊さんお付き合い頂きありがとう御座いました〜



プロックス(PROX) エントラントチェストフェルトウェダー プロックス(PROX) エントラントチェストフェルトウェダー
サーフの正装、透湿ウェーダーが
9700円!!
欲しいぞ〜!
潮干狩りやら洗車にも使えます!(笑)



先日釣り上げたオオモンハタ(オ「ウ」モンハタかと思ったらオ「オ」モンハタでした)
これでヌッシーが釣り上げたハタ科マハタ属の魚は3種になりました

キジハタ(アコウ)

アコウ

ホウキハタ

ホウキハタ

そしてオオモンハタです

オオモンハタ


これ以外にも関西近海で釣れるハタ科マハタ属の魚としてはマハタがあるのですが、何故か今まで釣り上げたことが無く…
更にハタ科のキングとも言えるクエも今後釣り上げてみたいターゲットです

まぁ今後の努力目標はともかく
オオモンハタも喰ってみた事ですし、3種味の良い順にランキング付けてみました

こうだ!
ど〜ん!(笑)

アコウ・ホウキハタ>>>>>オオモンハタ

何とオオモンハタが随分ランキング下方です!

アコウとホウキハタは味の甲乙付けがたいです
正直ホウキハタの旨さは格別!
話によれば身にゼラチン質を含むのはクエとホウキハタだけとの話
鍋で絶品でしたが薄造りも感動的に旨かったです

アコウ(キジハタ)は2年ほどご無沙汰なのですが…
確かに旨い、旨いのですが独特のクセがあります
これが嫌なクセではなく長所と捉えられる味わいとなってます

さて、オオモンハタ
オオモンハタを食べる前にヌッシー母と「アコウってクセあるよね〜」ってな話しながらオオモンハタを捌いてまずは薄造りで…

ん????
食感はハタ科のソレですが、味が淡泊すぎます
平たく言えば旨みが少ない
ヌッシーとヌッシー母は顔を見合わせて(父と嫁は魚の味に疎いです)、あぁアコウのクセはやっぱり旨みの一部なんや!と実感した次第

次に鍋にしてみましたが、やはり味が淡泊すぎる傾向があります
但し鍋だと味付け出来る上に頭等のアラ部も美味しく頂けるし、何より身と皮の間のゼラチン質も食べられるのでGOOD!
オオモンハタは鍋で食う魚ですね

オオモンハタの名誉の為に言っておきますが、こいつもハタ科の魚だけあって市場では非常に高価だそうです
あくまで食味最強のハタ科の魚としての超辛口評価です
YOSHIBOさん曰く「オオモンハタよりもマハタの方がずっと旨い」らしいですが、市場ではマハタよりもオオモンハタの方が高いらしいです

こうなってくるとやはりクエとマハタも釣って喰ってみないとね〜
予想ではこうか??

クエ>アコウ・ホウキハタ>>マハタ>オオモンハタ

あ、ちなみに同じ全長ならオオモンハタよりもホウキハタの方が引きは強いです
怒濤のトルクです
オオモンハタは長さが同じでも体高や厚みが薄いので引きはそれほどでもないです
やはり喰うにも釣るにもホウキハタって事ですね

オオモンハタは水深30M位で良く釣れますが、ホウキハタはもうちょい深め50M以深の方が良く釣れるらしいです
あ、クエは100M以深らしいですよ〜

4
【地域】 和歌山県 田辺
【海況】 大潮 凪ぎ 北よりの風→南風
【釣り船】俊海丸
【釣り座】自由(笑)
【釣行者】ヌッシー


今年は例年よりも早くマグロの声が聞こえだした中紀〜南紀の海
まだ狙うには分が悪い気がするけど、行ってみないことには当たる物も当たらないのでちょっと行ってみることに
マグロ待ちするポイントは今ならオウモンハタが高確率っぽいからどっちか釣れたらOKでしょ

何故か釣友の皆さんバラバラに出撃で、YOSHIBOさんはレンタル艇で丹後の海へ・ちとむさん魚英でサバ狙い・そしてヌッシーは南紀の海へ行くことに
(それぞれの結果はそれぞれのブログでどうぞ!)
別れて行動する以上は「だから○○にしとけば良かったのに〜」って言われたくないからボウズは避けたいなぁ〜

前日に船長と相談したところでは「ずっと海が時化てたので状況は判らない・取り敢えず湾口のタチウオから・浅場でジギングしながらマグロ待ち」ってな感じの様子

今回はジギングほぼ初めてのご夫婦とご一緒
ほぼヌッシー貸し切りに近い形ですな〜
(案の定ミヨシで釣ったり胴の間に居たり大艫で遊んだり好き勝手でした)

湾口のタチウオは魚探には映るものの反応は無し
ご夫婦の旦那さんの方に一度だけ大きなアタリが出るもののバレ
早々にタチウオは撤収

このまま少しづつ移動してはジギングしながら南部方面へ進みます

途中何か沸いてると思ったらサバの群れです
なかなか良いサイズのゴマサバ
なんやココでもサバ釣れるんや〜

南部近辺へ着いたので本腰入れてジギングです
水温22度・登り潮・凪ぎと絶好の海況!
水深は30M程(この辺りでマグロが良く沸くらしい)ですからジギングの対象はやはりオウモンハタになると予想されます

取り敢えずハタ類は小さなジグに好反応と聞いたのでダイワのタングステンジグに新発売のオーナー針「早掛」を付けて投入です

何度か通ってる南紀の海ですが、どうやらこの海域はブルーの小さいジグで弱いワンピッチでのノンストップジャークが基本と判ってきました
と言うわけでこれを実践

しかし釣れん…
たまにアタリがあるものの全然針掛かりしません
魚が小さいのか??

そんな中で船長がオウモンハタげっつ!!
お!やっぱり居るねオウモンハタ!
船長ジグは何?
ヤマリアのメタルフリッカー100g?
あ、それこないだ70cmのホウキハタ釣ったヤツ


マリア(Maria) METAL FLICKER(メタルフリッカー) マリア(Maria) METAL FLICKER(メタルフリッカー)

安いがキッチリ釣れる!
俊海船長にはコレでイワされっぱなし!
これでやられたら凹むわぁ…(笑)




何となくタングステンって感じでは無い気がしてきたのでジグを90gのシャウト・ライテンに代えて投入

即着底ヒッツ〜!

よっしゃ〜〜〜!!

即バレ(泣)

なんでやねん〜!
今のはハタっぽかったぞ!!
乗ったハズやのに…

結構凹みましたが、どうもジグはライテンが良い感じします
そのままのセットで投入

しゃらしゃらしゃら〜っと巻き上げて再落下…
ギューーーーン!!
フォールで引っ張られたので慌ててベールを返して鬼合わせ!

上がってきたのは良い型のオウモンハタ!!

オウモンハタげっつ

うし!
ええお土産出来た!

シャウト(Shout!) LIGHTEN(ライテン) シャウト(Shout!) LIGHTEN(ライテン)

スローピッチにはかなり良い動きするジグですね
和歌山&明石向きか?!




しかしここで掛かった針を外そうとしたら全く刺さらずに引っかかってただけだったと言うことが判明!

なるほど〜〜〜
それでさっきからばらしてばっかりやったんやな!
そう言えば掛け重視の針は柔らかい竿には向かないと聞いたことがあります
柔らかい竿には眠り針が良いってジギングショーでがまかつの人も言ってたなぁ〜

しかし今日は眠ってるような針は持参せず
そこで針をカンムロ23号に変更

するとさっきまで頻繁にあったアタリが全くなくなりました

う〜む…
大きくて重い針はジグの動きを妨げるのかも…

そこで針を細軸のシャウト・イジカフックに変更

途端にアタリ頻発!

いやはやここまでシビアにタックルバランスが問われるとは…

ふむふむと頷きながらしゃくっていると今度はしゃくり始めに

ドン!

おお〜これはまたハタやなぁ〜
かなりトルクフルに引きます

上がってきたのはこれまた良い型のオウモンハタ!

オウモンハタ2匹目げっつ

鍋確定〜!

これでノルマ達成です
針のバランスさえ取っていれば3匹だったかもしれません
残念と言えば残念


その後は潮も止まり、何だか魚の気配すら感じられなくなってきたので俊海丸にしては珍しく16時に早上がり

今日はマグロは沸かなかったけれど、切目の辺りではメジなら沸いてたみたいですしカツオも結構入ってきてるようで本職の方達はかなり取っておられた様子
実はヌッシー達が浮いていた周りにもカツオはかなり居たようですが足が早くて狙いを付けられないのでジギングでは不利
(追いかけまくってカツオ狙うのもアリ・そうしてる船もありました)
その代わり午前中は本職のケンケン船が周りを走り回っていてヒヤヒヤしました(笑)
もう少しまとまってカツオ入ってきてベイトも安定したらジグ&キャストでカツオも狙えるような気がします

今日の目出度い船

【本日釣果】
ヌッシー : オウモンハタ50cm超2匹・サバ1匹



同船したご夫婦も船長もサバを分けて下さったのでお土産は沢山〜!


今日のお土産


マグロには会えませんでしたが、予想通りオウモンハタをしかも2匹もゲット出来て満足!

底から10巻き位を繰り返していればあなたにもオウモンハタが高確率!(笑)


シャウト(Shout!) イジカ シャウト(Shout!) イジカ

ストレートポイントながらヌッシーの柔らかい竿と相性の良いイジカフック
細軸ですが鰤が来ても大丈夫




シャウト(Shout!) LIGHTEN(ライテン) シャウト(Shout!) LIGHTEN(ライテン)

スロージャークに適したジグ
ヒラヒラして良い感じ
動き過ぎる最近のジグで釣れない時にどうぞ

このページのトップヘ