ヌッシー疑似餌同好会

2014年06月

【海況】6月27日大潮 凪
【釣船】高進丸
【釣り座】大体左ミヨシ
【釣行者】ヌッシー ヒロさん 若松さん 若松パパさん

今回は釣友のヒロさんにお誘いいただいて鳴門で鯛カブラです。聞けば以前からヌッシーも大注目していた鳴門の凄腕鯛カブラアングラーの若松さんと若松パパさんとご一緒させて頂けるとのこと!
これは勉強させてもらわなくては!

今回お世話になるのは鳴門の室漁港から出る高進丸さん。
初めてお世話になる船なので楽しみです。
今日は乗り合いではなく我々4人での仕立て。
朝5:30に出港です!

高進丸

とりあえず沖に出て、ゆっくり目に鯛カブラを落としてさぁ巻き始めようかと思ったら背後でヒロさんがバタバタ。
え?!と思うまもなく既に1匹釣り上げています。
マジで?!

ヒロさん1匹め

負けてられねえぜ!
とヌッシーも巻き始めたら即ヒット!
今日はどないなってんねん?!

ヌッシー1匹め

開始早々食べ頃真鯛ゲットです!
雨が振りそうでローライトながら普通のオレンジで普通に釣れました。

そのまま返す刃でもう一匹!!
何だどうしたヌッシー?!(爆)

ヌッシー2枚目

その横で若松さんも爆り初めています、若松パパさんもえらい勢いで釣り上げていきます。
実は若松さん達の仕掛けはちょっと独特で、手釣りで使うビシマ糸(錘を点々と打ってあるライン)をロッドで操作するスタイル。ヌッシーは初めて目にしましたが、通常の鯛カブラとは違うラインをトレース出来るのか動きが全く読めません。
しかも釣れてくる鯛は大鯛ばかり!

と思ったら若松さんが何やらビッグファイト!
上がってきたのは70cmに迫ろうかという大鯛!

若松さん大鯛

スゲー!

ここでヒロさんも2匹目ゲット!

ヒロさん2匹目

ここからヌッシーも怒涛のヒット!
人が違ったようにガンガン釣り上げます!
ガンガン釣っていつの間にかつ抜け!(10匹超え)
どないなってんねん?
高進丸さんは流し方が独特でヌッシーも初めての乗船なので何とも言えませんが、斜め引きがこの日は効いた気がします。
ある一定の角度にラインが達するとアタリが連発。
しかし数は上がれど一向にサイズが伸びません。

ヒット

しかし若松さん親子は貫禄のヒットの連続。
とうとうパパさんは80cmに迫ろうかという超ビッグ真鯛までゲッツ!

パパさん大鯛

ヌッシーもこれだけ釣ってるのにこの敗北感は何?!(笑)
潮上とか潮下とかそう言った問題ではなく仕掛けのシステムそのものがもたらす何かだとは思うのですが、一向に謎が解けないのでサイズアップへの打開策が見えてきません。

それくらい若松さん親子の釣果はサイズも匹数も尋常では無いのです。
ヌッシーの超ハイペースな追い上げが効かんのです…

ヒロさん良型

途中からヌッシーのカブラを使って好調に追い上げていたヒロさんも良型ゲッツ!

ハァハァ…
とりあえず納竿…

まずはヌッシー釣果
ヌッシー釣果
小型のリリース含めてキャッチは16匹!
頑張った!(感涙)

続いてヒロさん釣果
ヒロさん釣果
食べ頃含めて8匹!
(いや、これの数でも普通は驚異的!)

しかし…

そんなヌッシーとヒロさんの釣果をあざ笑うがごとく…


若松さん親子の釣果を足した画像がこれだ!!


全体釣果

どど〜ん!
なんじゃこりゃ〜!(笑)
若松さん17匹 若松パパさん19匹
完敗じゃないか
何で16枚も釣って全く良型が混じらないのか訳がわかりませぬ。
今日お世話になった高進丸さんは今までヌッシーが知っていた鯛カブラとはまた違った独特の流し方。ということは対処も当然変わって来るので慣れが必要…とは言え1枚位はエエのん来てもおかしくないか?(笑)
いやはやしかしこんな鯛カブラもあるんだなぁ〜と改めて勉強になった釣行でした。

全部

ヌッシータックル
ロッド:LUXXE Ocean FINEACTOR B65M-R
リール:RYOGA2020
フック:がまかつサーベルポイントS
ライン:PE0.8号 + リーダー3号
シンカー:18~25号

ヒロさんタックル
ロッド:LUXXE Ocean FINEACTOR B65ML-R
リール:オシア カルカッタ 300HG
ライン:PE0.8号 + リーダー4号
シンカー:20号・25号

【海況】6月20日小潮 凪
【釣船】魚英
【釣り座】左大ミヨシ
【釣行者】ヌッシー FieldDevice尾崎さん M田さん

久しぶりにホームの明石「魚英」での出撃です!
実は前日の夜ソルティガブロスの吉田さん主催の焼き肉たじまでの”暴燃界”に参加していたヌッシー。

吉田さん

折角神戸で焼き肉食べてるのに一旦大阪に帰って次の日の朝にまた大阪から明石へ移動するのは面倒くさいと神明間ビバーグを決行したのですが、大蔵の龍の湯はAM2:00までだしお腹が痛くなってゲリになるしと散々な一晩。当然一睡もせずの釣行となりました。

今回は知り合いのM田さんを初ジギングにナビゲート。FieldDeviceの尾崎さんも飛び入りで3人での予約。
前の夜の暴燃界では釣れているのはもっぱら東の「ジグの墓場」ポイントだとの情報だったので、初ジギングで墓場はキツイなぁ〜とか考えていたら魚英のナオチャンが言うには今日は「西」とのこと。
まぁ西なら根がかりはないから初めてでもチャレンジしやすいし、ヌッシーのジグテストも出来るし願ったりかなったり!

夜も明けきらぬ時間にポイント到着。
今日は1号艇お客さん10名でヌッシーは左大ミヨシ。
まずはヌッシーのテストジグ120gをJIGDRIVE B60L-RFに括って開始です。
昨日はここで結構良い思いをしたそうなので今日も期待が高まります!

と開始早々ヌッシーヒット!
船中ファーストヒットとはやるなヌッシーテストジグ!(笑)
鰤!かと思ったら軽い手応え(でも結構引く)で上がってきたのはハマチ?!

1ハマチ

かなり出来上がってきているこのジグですが、早引きもこなせますし連続ジャークもこなせるのに跳ね上げるとビックリするくらい滞空長く取れます。

2ジグ
(ジグアップで)

ポポ〜んとハマチを連続ゲットしましたが、何でこんな時期にこんなハマチがこんなところに居るのか謎。

まぁ久しぶりの明石の青物に気を良くしましたが2匹釣ってから後が続かず。
しばらく反応のない時間が続きましたが、唐突に右前のお兄さんがビッグファイトの末にデカイ鰤をゲッツ!
まん丸ボディの見事な魚です。
それを見てまた少しやる気が戻ったヌッシー、ジグを赤金の小ジグに付け替えて真面目にシャクるとヒット!
ナオチャンに「何?」と聞かれましたが「多分大きめのハマチ」と答えたヌッシー。
しかし上げてくるにつれて次第に抵抗が激しくなり…
コレはブリや!

3ブリ

上がってきたのは予想通りブリ!
83cmのおデブさんでした。
自分で言うのもなんですがやるねえ〜!(笑)
やはりホームグラウンドは良いですね〜。

ヌッシー砂漠から完全復活です!

この後はタコ釣りポイントに移動してそれなりにタコを釣り、サバも狙いましたが徹夜のヌッシーには気力が追いつかずノーヒット。
同行のお二人に青物釣果が無かったのは残念ですが今日は難しかったから仕方ないかな〜。
懲りずにまた挑戦していただきたいです。

【本日釣果】
ブリ1(83cm) ハマチ2 タコそれなり
4釣果

いろいろ賑やかになってきましたね!
少し早いですが明石開幕です!

【海況】6月9日中潮 快晴 凪
【釣船】シーホーク
【釣り座】左胴の間
【釣行者】ヌッシー チームBOZLES

釣友のおっくんと丹後の秘境ウラシマツアーを企画したヌッシー。おっくん所属のチームBOZLESさん達含む計8名のメンバーにお集まり頂きシーホークにてウラシマへ突撃です!
今回はおっくん以外の方々は皆さん初ウラシマ初タラ狙いとのことなので、最大の目的は皆さんにタラを釣ってもらうこと!今回ヌッシーはホストなので皆さんの釣果が最優先。

7:00出港で一路浦島礁へ、天気予報から雨の心配もしましたが予想を覆して快晴の釣り日和です。
ヌッシーは取り敢えず最後に余った左胴の間にスタンバイ、チームBOZLESの皆さんは艫に他の皆さんはミヨシに別れてスタンバイです。

まずはタラ狙い水深220m辺りから流します。
今日の潮の流れはかなり素直な流れなのでジグの重さは300gからスタートです。
一投目着底後すぐさま10m程巻き上げてから再フォールさせてラインを張ります。
ヌッシーは中深海では3ピッチ1ジャークを基本としているのですが、その開始一投目一ジャーク目からヒット!
サスガ俺!(爆) 

ふっふ〜ん♪と思いながら周りを見ると何と4本ほど竿が海面に突き刺さってます!(爆)
なんですと〜〜!
どうやらベイトとなるハチメのええ群れに当たった様子。
上がってきたのはアベレージサイズのタラです。
ウラシマ1

チームBOZLESの皆さんも全員ゲット!
ウラシマ2

ここでチームBOZLESの末吉さんから開発中の200gタングステンジグを手渡されました。
裏面がブラック・表がレッドにゼブラグローの変な(笑)カラーリング。
末吉さん曰く「ヌッシーオリカラの砂漠王カラー!」とのこと(爆)
そう言えばこないだおっくんと3人で地元で飲んでた時にそんな事言ってた気も…
こんな色で釣れんのか?と思わないでも無いですが折角なので付けて試してみることに。
おお!200gタングステンは異次元のフォール感だぞ!
鉛とのあまりの差にちょっとたじろぎましたが微調整。

結果はすぐに出てタラゲッツ!
ウラシマ3

釣れるぜ砂漠王カラー!

この後もタラは釣れ続き…
大体ハチメの群れが魚探に写ったらバンバンバンと竿が曲がる感じ。
誰もが大概一流しで一匹釣り上がる感じです。上手くいくと一流しで二匹釣り上げることも可能ですが、上げ下げに時間が掛かるのでみんな仲良く同じ数で揃っていきます。
今日は殆どが揃えたようにアベレージサイズでしたが、右胴の間の方が一匹だけ8〜9kg位のGT(ジャイアント・タラ)もゲット!

圧巻は8人全員タラ同時ヒット!
こんなに釣れる日ってあるの?!

タラだけなら幾らでも釣れる感じでしたが皆さんお腹いっぱいになってきたのでいよいよ今日のメインイベントであるアラ釣りに向かいます。
シーホークの古川船長はアラのポイントに詳しいらしいので楽しみです。
幻の魚なのでそうめたらやったらとは釣れないと思いますが、船中一本、出来れば二本釣り上げたい所。

アラのポイントはタラよりも若干浅めの150〜170m付近。まぁ手頃なシャローって感じです(笑)
この水深付近になると混じりだすのがタヌキメバル。

ウラシマ5

普段はジグで掛かるとはいえそんなに釣れないタヌキメバルですが、今日はよほど潮が良いのかバンバン掛かります。
しかし今日の本命はアラ!
タヌキメバル狙いのジャークではなくあくまでハタ科のアラ狙いのジャークで真剣に狙います。
多分この200gタングステンジグはアラ狙いにピッタリなはずです。

と、ここで隣の釣り座で先ほど良型沖メバルを釣り上げたBOZLES末吉さんが何かを掛けました。
何だか重そうです。
上がってきた魚は・・・
ヌッシー&船長「・・・・・・・・アラやぁ!」
メタリックな魚体にヌッシーと古川船長はしばらくホケ〜っとした後で同時に叫んでしまいました(笑)

ウラシマ6

 遂に本命のアラが出ました!
聞けばヌッシーが使ってるジグはプロト1だそうで、末吉さんのジグは更に動く(市販品になる予定)プロト2なんだそうです。

それを見たおっくん、そのプロト2を奪い取り自分に装着。
同じくアラ狙いのジャークをした所…

「あ、何か掛かった」
見れば結構竿が曲がって重そうです!
アラ?…でも全然引かんな〜
タヌキメバルにしちゃ重すぎやし…
ヌッシー的予想はハングル文字でも付いた浮遊ゴミ。

上がってきた魚を見て古川船長が腰を抜かしました!
(でもキッチリタモ入れ成功!)

ウラシマ7

なんじゃこりゃ〜〜〜!(笑)
皆はリュウグウノツカイが釣れたと言っていますが、ヌッシーが頭飾りが付いていないと指摘。
という訳でサケガシラ!

ウラシマ8

長さが際立つサケガシラですが、ヌッシーが見た印象は「幅広っ!」です。タチウオ的な指標で言えば指17本分位。
まるで妖怪一反もめんのようです。
んでもって、滅多矢鱈とウロコが落ちやすく、しかもおっくんがドッタンバッタンとそこら中に落とすもんだから写真左下のヌッシーのオレンジのドカットもウロコまみれ、床も何もかもウロコまみれのヌルヌルです(迷惑だ!(笑))

船上でおっくんが切り身にしましたがヌッシーは受取拒否(爆)
まぁ大概の魚は食べてみるヌッシーですが、これだけ周りに知り合いがいる状況では別にヌッシーが食べんでも誰かが食味レポートするでしょう(笑)

ウラシマ9

まぁ古川船長でも見たこと無いレア魚ですからねぇ〜
何だか末吉さんのアラも印象も薄くなった感じです。
美味しい所を全部珍魚ハンターおっくんに持って行かれた感じで終了〜!

魚は他にもノドグロが釣れたり良型の沖メバルが釣れたり、誰かにカレイが釣れるたびに何故かヌッシーがせっせと干物に加工したり(笑)と賑やかな一日となりました。
何よりボウズの人が居なかった(と言うより全員爆釣!)のが何より良かった!

もしまだこんな乗り合いに参加してみたいって方が沢山おられるならまた企画してみますね。


【ヌッシーのウラシマタックル】
タラ用(水深220m)
ロッド:LUXXE Ocean ALMEA B62H-F
( ↑深場で愛用しています。本来の用途と違いますが深場で調子良いんです!)
リール:ソルティガLD20改(US版ハンドル改造)
フック:鎌鼬4/0 近海ミディアム5/0
ライン:PE1.5号 リーダー8号

アラ用(水深170m)
ロッド:LUXXE Ocean ALMEA B67UL-RF
( ↑要するにヌッシーが一番信頼してるロッド)
リール:キャタリナLD20
フック:近海ミディアム5/0
ライン:PE1.5号 リーダー8号

このページのトップヘ