ヌッシー疑似餌同好会

2014年08月

【海況】8月31日中潮 朝は北東の強風その後凪
【釣船】魚英
【釣り座】左大ミヨシ

ちょいとラグゼ的なお仕事の予定が入ったヌッシー。
じゃぁプラしとかないとね〜って訳で久しぶりに日曜日の明石に出かけて来ました。
今日は3号艇の左大ミヨシ、お立ち台です。
一応ヌッシーの希望としてはツバスを狙いたいのですが何だか前二日間程小メジロが結構釣れている様子。
ちょいと希望よりも大きめ(?)だけどまぁいっか。

船は一路西の鹿の瀬エリアへ。
ポイントに到着したので「さてジグを結ぶか〜!」とタックルBOXを開けたら
鈎がない!箱ごと無い!綺麗さっぱり無い!!(驚)
一瞬固まりましたが、そう言えば昨日一生懸命アシストフックを作って箱ごと机の上に置きっぱなしにした記憶が…
こ、これは困ったぞ!(爆)
取り敢えず冷静に考えてみよう。
鈎は… あ!タックルボックスの下に完成品のアシストフックが2種あった!
リーダーの先に溶接リングは付けてある、後はスプリットリングが…ジグに付けっぱなしのが2〜3個あった!
取り敢えず釣りは出来そうです。
ジグドライブのB60L-RFにBEATのBoth-F SL130gを付けて、ジグのアイに直接がまかつアシスト64近海ミディアム5/0シングルを結びつける今時としてはちょいと強引なセッティングで望むことになりました。

ヌッシーがあたふたしてる間に隣の期待の新人I田君はすでにツバスを1匹釣り上げています。
やるな!若者!
一流し目は貴重なアシストフックをサワラに噛まれてクチャクチャにされただけで終了。

その後も鹿の瀬でヌッシー定番のチョンチョンポーンを繰り返していたらグン!ヒットォォ!
ベイトタックルに物を言わせてオリャオリャオリャ!と巻いてみたら途中まではすんなり上がってきたのに上の方から急にドラグを出して抵抗し始めました。

はて?

ヌッシーはハマチあるいは小メジロだと思ってファイトしてましたが何か違う気が…
上がってきた魚は…あっ!大っきいやん!

ブリ85cm

誰も今この場所にいると思わなかったブリゲットです(笑)
良く肥えた85cmの立派なサイズ。

ドーン
ドーン!

相変わらずのヌッシーの引き運の強さが炸裂した感じですが、確か今日はプラだったはずで、ドッチか言うたら本番で登場して欲しかった気もします。
こんなとこで釣り運を使ってしまうのはいかがなものかと思われます(苦笑)

その後もツバスを釣ったり抜き上げ失敗したり。
船中はかなり渋い状況ですが、前日に好調だった常連さんの名前から「底ベタスロー」と踏んだのが功を奏して飽きない程度に魚が当たってくれます。

昼前に船はちょっと移動。
見ると船が集結して他のポイントよりも好調な様子。

既にブリもツバスも釣れているので、ここからはプラらしく実験してみることにしました。
ロッドをもう一つ番手を落として最新のジグドライブB60UL-RFに、タングステンは釣れにくいとのことでしたが敢えてBOZLESのノブナガ100gに、鈎はパッケージのまま何とかタックルBOXにあった新発売のタングステンジグ用アシストフック「ショートスナイパー#1ダブル」を装着。

ゆっくり目のチョンチョンポーンの落ち際でドン!
おおっ!これはメジロクラス!
でも鈎が小さいのに強引にやり取りしすぎてバレちゃいました。
でも不利だと言われてるタングステンジグでもしっかり食ってくるじゃないですか!
そのまま続行したらまた落ち際でドン!
今度はやりとりしながらドラグを微調整。
ロッドはULですがメジロクラスでも互角のファイトです。

上がってきたのは予想通り60cm程の小メジロ。

タングステン

周りも全てフォールで食ってましたが、普通のジグならリアフック付ければ良いし、タングステンジグなら丸飲みなのでフロントのみでも対応出来そうですね。

で、この辺りで納竿。
いやぁ〜朝イチは鈎を忘れるという失態からどうなることかと思いましたが、試すべき道具も全て試せて魚も釣れて良い釣りさせてもらえました!

【本日釣果】
ブリ85cm1 メジロ1 ツバス2
本日釣果

鹿の瀬は難しいけど楽しいねぇ〜(笑)

【今日のタックル構成】
    (普通のイカナゴパターン用)
リール:ソルティガLD20HS(US版)
ライン:PE2号+リーダーフロロ8号
鈎:がまかつ アシスト64 近海ミディアム 5/0


リール:キャタリナLD20SH
ライン:PE2号+リーダーフロロ8号
鈎:がまかつ ショートスナイパー #1ダブル

【海況】8月18日長潮 南の強風
【釣船】魚英
【釣り座】右ミヨシ

お盆は先祖供養のために禁釣りにしている意外と古風なヌッシーです。
家族の用事やら台風やらも重なって8月最初の釣りが盆明けになってしまいました。

取り敢えず盆明けの風物詩のツバス釣りに鹿の瀬へ。
前日は型も良く数も上がったようですが、今日は南の風が強くて釣りにくい感じ。海峡よりも東は南の風が十数メーターも吹いてるとのこと。
台風や福知山を襲った大雨等の影響も濃く、未だに大きな流木がそこかしこに浮いていて危ない危ない…

まずはジグテストも兼ねてプロトジグを落とすとあっさりヒット!
まずまずなサイズのツバスで、これならお持ち帰り出来る!

と続けて落とすと連続ヒットするもののモジャコ(ツバスの更に小さいやつ(笑))→モジャコ→モジャコ(爆)
なんでモジャコやねん!
周りもモジャコ連発で、どうも今日の群れは小型主体の様子。 

時折小マシな群れも通過して何とか食べられるサイズゲット。

ツバス

どう見てもツバスですが(笑)流石に明石のツバスは旨そうです。

と、ここでフォール中の当たりを取って納得のヒット!
ん?なんか違う…

シマフグ

オヤマ(シマフグ)かぁ〜〜(笑)


コロコロと変わるパターンに翻弄されながらそれなりにツバスを拾い釣り…

すると隣の尾崎さんから「ヌッシータモタモ!」と緊急コール!
見ると今日は望み薄なはずのヤナギクラスサワラ!
しっかりタモで掬ってセーフ。
え〜なぁ〜サワラ。

大ミヨシの大ベテランY瀬さんが魚の腹を割いて調査してみたところベイトはイカナゴで間違い無さそうなのですが、朝イチはイカナゴパターンらしいスロージャークだったものの日が高くなってからは完全に早巻きパターン。
色は未だ濁りがキツイからか断然金系のカラーに分があるのは判っているのですが、あまりにパターンがコロコロ変わるので段々とヌッシーも訳が判らなくなってきました。

アカン、迷ったら負けや!
自分のペースをコレと決めて周りに惑わされないように試すと…
ボトムからの離陸直後に何かヒット!
( ↑ほぼ着底ヒットなので上記の決意はあまり関係ない気が…)

ぐわ〜〜〜っと巻いてきて一気に抜き上げ!
あ!エソ!と誰もが思ったようですが、よくよく見ると頭がへらべったい!

マゴチや!
マゴチ
50cmにちょい足りないくらいのええマゴチゲッツです!
まさに今が旬の美味しい魚をゲットできて上機嫌(笑)
10548690_666443100100629_7030095156522063103_o

ここいらでようやく潮が反転。
しかし朝の潮ではなんとか喧嘩しなかった南の強風と潮の流れが、潮が反転した途端にぶつかり合って喧嘩!
風波がサブサブ出だしてこりゃまずい!と言うわけでちょっと早上がりになりました。
もう帰港する頃には波かぶってズブ濡れじゃー!

港に戻ってから30cmに満たないようなモジャコは全てリリースして、どうにか食べられそうなサイズのみを持ち帰りました。
釣果


【タックルデータ】
ロッド:LUXXE Ocean JIGDRIVE S62L-RF
    (普通のイカナゴパターン用)
リール:ステラ5000H
ライン:PE2号+リーダーフロロ10号
鈎:がまかつ アシスト64 近海ミディアム 5/0


    (ついに出たUL!ツバス釣りにドンピシャ!)
リール:RYOGA
ライン:PE1.5号+リーダーフロロ8号
鈎:がまかつ アシスト64 近海ミディアム 5/0

台風が連続できているせいで釣りに行けませんね〜
大雨が降った地域にお住まいの方は気をつけてくださいね。

 
今期はやたらとタコ釣りに行っているヌッシー。
実際エサ無しでもこれらの疑似餌だけでよく釣れます。
とは言え疑似餌のほうが断然よく釣れると言うわけではなくて、潮止まりにはタコエギが良かったり少し動き始めたらスッテが良かったりガンガン流れると餌テンヤでしか戦えなかったりとどれが最強!と言うわけではなくて「適材適所」な感じです。

そんな中でここ最近ヌッシーが一番愛用しているのがYOZURIのコウイカシリーズスッテ。

YOZURIのスッテ

実際スッテにタコはかなりの高反応を見せるのですが、通常のイカ用カンナだと非常にバレやすいのです。
しかしこいつはかなりしっかりしたカンナなのでキッチリとタコをキープ。
大型のタコでもしっかり掛けます。
なのでヌッシーはこいつを1〜2個仕様で使ってます。

大型カンナ
ね、カンナが大きいでしょ?

タコベイト装着
こいつにタコベイトを被せるわけだ。
スッテが太いからタコベイトは4寸を被せてます。


これをチョイ投げして落としたのが下の写真の状態。
ロッドはJIGDRIVEのLに錘は40号。

ノーテンション


ここからがキモで、少しづつロッドにテンションを加えてタコが乗っているかどうかを聞き合わせするわけだ。
この時にスッテが「ズズ・・」と動いてしまうとタコが逃げるので、スッテが 動かないギリギリのテンションを体で覚えて、更にそれ以上はスッテが動く…テンションを微妙に加えてもスッテが動かない場合はタコが乗ってるので思い切り合わせて巻き取る。
( ↑ 大事な事を言いましたよ〜試験に出るよ〜!(笑))

限界テンション

これはスッテの仕掛けだけの話ではなくて餌のテンヤでもやることは同じです。

これを時系列で説明すると…
仕掛け着底(仕掛け動かず)
   ↓
パタパタと誘いを入れる(仕掛け動かず)
   ↓
竿を曲げて限界までテンションを掛ける(仕掛け動かず!)
   ↓
更に微妙にテンションを加える
 ↓   ↓
(1)仕掛けが動かない →タコが乗ってるので合わせて巻き上げる!
(2)仕掛けが動く →タコは乗ってないので少し移動させて初めから
こんな感じだと理解してもらえると判りやすいかも

ここで大事なのはタックルのバランス!
イマイチタコ釣りが判らない…って方はバランスが狂ってるから判りづらくなっているのです。

上でも書きましたがタコが乗っているかどうかを聞き合わせする時に仕掛け自体が動いてしまうとサッとタコが逃げてしまうのですが、竿が硬すぎると聞き合わせするための「溜め」が無いためにすぐに仕掛けが動いてしまうのです。

「じゃぁ仕掛けが動きにくいように重くすればイイ!」ってのは理論的には正しいのですが、仕掛けを重くすればするほど小さいタコが乗った時に判りづらくなるのです。
「じゃぁ仕掛けを軽くすれば小さいタコもよく判る!」ってのも理論的には正しいのですが、仕掛けを軽くすればするほど流れの早い播磨灘では仕掛けが流されしまいます。

あくまで一例になりますが、ヌッシーの場合はJIGDRIVEの「L」+2号ライン+50号錘スッテ仕掛けでバランスを取っています。
餌テンヤを使う場合は少し重くなりますのでJIGDRIVEの「ML」+2号ライン+60号錘餌テンヤで臨みます。
竿はできるだけ柔らかい竿でバランスを取ったほうが聞き合わせしやすいですよ!

ヌッシーにも経験ありますが硬い竿で船からのタコ釣りをしようとしても「聞き合わせするための溜め」が無いために非常に判りづらいです。 
よく釣具屋さんの店頭でタコ釣り用の硬い竿が安く販売されていますが、アレは陸っぱりからタコを釣る場合に垂直護岸からタコを引っぺがす為に硬く作ってあるのです。

竿は硬い竿やろ!って方、一度騙されたと思って柔らかい竿でやってみてください。
驚かれると思いますよ〜!

このページのトップヘ