【地域】 明石
【海況】 中潮 晴 波高0M
【釣り船】魚英(ジギング)
【釣り座】右ミヨシ
【釣行者】ヌッシー 
【釣果】 サバ40cm頭に14匹(真サバ3・ゴマ11)(竿頭)

明石の有名なジギング船である魚英さんの船に乗って明石近辺の大サバを狙ってジギングしてきました。

春先に師匠に和歌山までジギングしに連れて行って貰って船酔いして竿折れた事件以来のジギングかつ船釣りです。

初めての船宿だしドキドキです。しかし魚英の皆さんは親切だし他の3人のお客さんもメチャ感じの良い方だったので安心!こりゃいいや!明石海峡大橋の下をくぐって釣場へ向かいます。潮は下り一辺倒。波無し風無し快適です。と思う間もなくあちこちでサバのナブラ発生。ベイトは8〜10cmに育ったイカナゴ。

今回は主に大サバ狙いなのでごつい青物竿ではなく、もっと柔らかい竿&軽いメタルジグで臨みます。

とは言えそんなジギング竿持ってないのでヌッシーは窮余の策としてブラックバス用のベイトロッド(バス用コンバットスティック)+エサ釣りで使っているリール(ミリオネアSW)で参戦です。ベイトがイカナゴなのでグリーンのジグが良いと言われましたが持っていないので、ややグリーンぽいゴールドの30gメタルジグ(アイマ・ガンキチ ゴールドチャートヘッド)を使用。

しかし何がどう良く転ぶか判らないもので、柔らかい竿がかかったサバをばらすのを防ぎ、巻きの遅いリールがサバに喰うタイミングを与えるのかあれよあれよと言う間にサバが釣れ続け(しかも枝針を出してカブラを付けていたら毎回こっちにもサバがかかるために常に2匹づつ釣れます)あっと言う間に14匹(他ばらしたのは3匹)。

初参戦でなんと本日の竿頭になってしまいました。わ〜い! と言っても全員で4人だけど。

20050527

写真は持ち帰った釣果です。何となく15匹に見えるのは余分に1匹分けて貰ったから。

全てプリプリのサバです。大きいのが真サバ(3匹)他がゴマサバです。このでかいのが2匹同時にかかったときなんてリール全然巻けません。いやぁ〜楽しかった!これで7千円は安いね。もう少し真サバが多かったら言うこと無し!

同船者が60cmちょいのシーバスを上げていましたが、長さはともかく体高・幅がもの凄いシーバスでした。引きも強烈で全然上がってこないのにはビックリ!

 

ポチッと押してね よく頑張ったと思ったら1票下さい