【地域】 明石(二見沖)
【海況】 小潮 晴 波高0M
【釣り船】魚英
【釣り座】大艫
【釣行者】ヌッシー 
【釣果】 
カレイ31cm超3匹頭に15匹!(竿頭)
イイダコ2ハイ

 

少し前から明石の「魚英」に誘われていたカレイ釣りに結局参戦してきました。今日は釣りサンデーの取材も兼ねていてビッグフィッシングでおなじみの今井さんも乗船です。
話では「ええ人5〜6枚」の釣果とのことですから、まぁ目標は3匹って所でしょうか。
ですから今日は持って行くクーラーもシマノスペーザ18Lです。

いつもの通り夜明け前に明石着。今日は暖かくなるとの天気予報を信じて「朝の寒い時間をちょっと我慢すればいいか…」と薄着で来たヌッシーですが、予想以上に寒い!
これは完全に服装しくじりました。
出船したところ二見沖はすぐ近くの陸が見えない程の濃霧。
さむ〜い!!

エサはマムシとイソメを1パックづつ支給。取りあえず高級エサであるマムシの方から使うことにします。
ヌッシーは3本持ってきた竿のうち固い方から2本竿出し。
それと地元で「ドンドン」と呼ばれる50号位の平錘に2本天秤が出た手釣り仕掛けを暇つぶしも兼ねて上げ下げすることに。
針は12号を中心にセレクト。

二見沖の海苔棚に船をアンカリングして固定し、仕掛けをちょい投げして釣ります。陸からのカレイ釣りと殆ど同じです。
水深は約6M。

まずは今井さん開始早々いきなり今井さんがヒット!
結構ええ型を上げておられます。
それとほぼ同時に船内(9人)のあちこちで釣れ始めます。
今日は調子良い日なのか?!
隣の席のイエローシューズ花房さんも立て続けにヒット!
手の平サイズですが羨ましい…

いまだ釣果の無いヌッシーは焦ります。
完全に出遅れました。でもなかなか釣れません。

ようやくゲットしばらくしてようやくヌッシーにもカレイヒット!
手の平サイズですがボウズ逃れてホッとします。

いつの釣りもそうですが、この最初の1匹が釣れるまでがハラハラドキドキなんですよね。

直後にダブルしばらくするとヌッシーの竿に何やら良い感じの重みが来ました。

上げてみるとそこそこマシなサイズのカレイがダブルで付いています!
これで一気に釣果3匹!
船内でも上位に躍り出ました(笑)
でもダブルで釣れるって事は飲み込まれてるって事?当たりを取り切れてないのかな?と試行錯誤。

しかし今日はここからドラマが始まりました。
怒濤の爆釣開始です。

小型ゲット!
中型ゲット!

そしてまたダブルでゲット! 1日に2回もカレイのダブルがあるなんてついています!

ええサイズそれからも30cmクラスの大型が何匹か釣れたりヌッシーの釣果が止まりません!
ヌッシー祭り開催中です(笑)
いやぁ〜みなさんすみませんねぇ〜ごめんなさいねぇ〜(笑)

そして手持ちのドンドン仕掛けにもまたまたダブルでヒット!
ダブルが1日に3回もあるなんて!
どないなっとんじゃぁ〜!

この「ドンドン仕掛け」、錘でドンドンと海底を叩いて砂煙を上げてカレイを寄せて釣るって仕掛けなのですが、このダブルで完全に釣り方開眼しました。
ドンドンドンと砂煙を上げたらスッと上に全仕掛けを持ち上げて誘いを掛けるのがミソなのです。
すると「ゴンゴン!」と食い付いてくるのです。

ヌッシーは「カレイはもぞもぞとエサをゆっくり喰う」と思っていたのですが、どうやら食い付くときは一気のようです。
ダブルでかかるのも合わせ遅れているのではなく、単に食いが良いって事だけのようです。
完全に勘違いしていました。

いやしかしヌッシーだけ頭一つ抜け出して釣れているので皆さんには申し訳ないけれど楽しいです。
でも「何で一人だけ釣れるの?」と聞かれてもヌッシー自身何故か全く判らないので答えようがありません。
仕掛け投げ込んで、時折巻いてるだけなんです…。

考えられるのは…釣れるのはドンドン仕掛けと2本の竿のうち1本だけ。ダイワのHX帆影・泉州加太って古い竿ですが、こいつで仕掛けを飛ばすとビューンと遠くまで良い姿勢制御で飛んでいくのです。
釣れない竿(ゼナックwhippy1番)では仕掛けが絡まることが多く、この竿の違い辺りが釣果の差になってる気がします。
要するに30号錘を楽に飛ばせるやや固めの竿って事ですね。
(2オンスのジギングロッドでもいいかも)

魚の密度自体は魚英の親父さんがピンポイントで実績場まで連れていってくれているので確実です。

全釣果ちとむさんから「どない?」とメールを貰った9:00前には既に10匹の釣果、キッコリーさんから「どない?」と電話を貰った10:30には13匹の釣果。
昼前からは流石に渋くなってきましたが、ポツポツと追加して結局終わってみれば15匹の大爆釣となりました。
カレイ釣りに来て15匹なんて信じられません。
当然船中9人中ダントツの竿頭いただきました!

これもひとえにヌッシーの日頃の行いの良さの賜物でしょう!

肉厚30cm帰宅後、まずは一番大きいクラスの3匹を薄造りに。
流石に最も旬の花見ガレイ!
もの凄い肉厚です。これは買ったら高いぞ〜!
と言ってもこれはヌッシーが調理するのは無理、っちゅうか勿体ないので魚屋出身のヌッシー母が見事に調理。

薄造りヌッシー、実はカレイを刺身で食べるのは初めて。してそのお味は…

旨い!!
言うまでもなく旨いです!
非常に上品で繊細でありながら濃厚な味、そして食感!
パンパンに膨らんでいたキモも頂きましたが、こちらも上品でありながらコクがあり、尚かつ全く臭み無し!!

これは先日釣って薄造りにしたアコウと食味・稀少度共に同クラス!! 非常に贅沢な晩ご飯となりました。

残りは明日煮付け・唐揚げ・一夜干しにしてみたいと思います。

非常に満足でした!!