【地域】 鳴門
【海況】 中潮 曇天/時々雨
【釣り船】つるぎ
【釣り座】右ミヨシ
【釣行者】ヌッシー ・ エイト3藤本店長 ・ 窪和久君

 

いつも行くフィッシングエイト3の窪和久君と「明石の魚英にアコウの飲ませ釣りに行こう!」と計画していたヌッシー。エイト3の藤本店長も参加することになり、さて実行!と言う段になって急遽「鳴門好釣!」の一報アリ。
無理矢理行き先変更となって鳴門のつるぎに出かけてきました。

朝3時にエイト3集合、藤本店長の車に便乗して一路鳴門へ。
今日は梅雨前線が真上に乗っかっているために生憎の雨模様。
まぁ降ると判っていればそれ相応の装備で臨むために特に問題はありません。
関西を代表する釣り名人の二人と一緒ですし、月曜日には同じつるぎ魚英の常連お友達H房ブラザーズが爆釣したようですから釣果に関しても何の心配も無いでしょう。

ドンヨリとした鳴門海峡いざ出港!
天気は雨交じりの曇天。鳴門大橋の橋桁上部までもが重たい雲に隠れています。

藤本店長は左大ミヨシ・窪和久君は右大ミヨシ・ヌッシーは窪和久君の後ろに布陣。

今日は潮が緩いのか鳴門海峡名物の海峡段差(激しい潮の流れで出来る1〜2Mの壁)もありません。

いきなり海峡付近で釣りスタートです。

んで……魚どこにおるんじゃ!(笑)
どないなっとんじゃ〜〜!
と思った7時頃「おっ!」とか言いながら藤本店長が鯛飯にももの足りないチャリコ(小鯛)を1匹釣りあげ。
さっきからたまにコツンとか来るのはこいつかぁ〜。

んでもってまた全然釣れない時間が続きます。
まぁなんやかんや言ってこの釣りは毎回こんなパターンですし、なんやかんや言って最後には何か釣れるものですから焦りません。

そうこうしている間にポツリ・ポツリとどこかで何かが釣れ…
12時を回った時点で気が付けば何も釣っていないのはヌッシーと窪和久君と左艫のオッチャンのみに…。

これはやばいかも…

しかし久しぶりに心が折れかけていたヌッシー、取りあえず寝て心の力の回復を図ることにします(笑)
クーラー並べてしばし昼寝。
30分程して起きてみても状況は何も変わらず。
よしよし!今から追い上げじゃ!!

ポイントは鳴門海峡大橋西の水深70M、海峡に向かって流れる引き潮の流れです。

窪和久君に大物ヒットかなりやる気になって仕掛けを落としていると…

隣で窪和久君にヒット!!
ん?!何それ?でかいの?

竿がブチ曲がっています。
鯛ちゃうやろ、それ?
寒鯛?アコウみたいにも見えるな〜

途中まで巻き上げたところから更に魚の締め込みは強くなり窪和久君も悪戦苦闘しています。
釣り座は右ミヨシなのに魚に引っ張られてミヨシ先端を周り、左へ移り、左胴の間をドンドン後ろへ後退していきます。

おいおい、早く上げないと鳴門海峡に突っ込むよ!
いつもの壁は出来ていないとは言え、鳴門海峡は激流が渦巻いています。

あ〜突っ込む突っ込む!
ドン!海峡に突っ込んで船はガクガク揺れる揺れる(笑)

窪和久君は更に後退して後ろのスパンカー(船の姿勢を制御する帆)の間で苦闘中。
そこでやっとタモが入って…

窪和久君新記録70cmあがってきたのは
でかい!
でかい鯛です!

窪和久君の自己新となる大真鯛70cm

凄いの釣り上げたねぇ〜!
やるねぇ〜!

やっぱり深場にはでかいのいるねぇ〜
しかし最近ヌッシーの周りで自己新の鯛釣り上げる人多くないか?もしかしてヌッシーは福の神?

しかしその福の神様自体はサッパリ釣れず(笑)

残り1時間一生懸命頑張ってみましたが何も起こらず。
ヌッシーカス決定です!

グハッ!傷つくなぁ〜シクシク…

藤本店長に「鯛(チャリコ)あげよか?」と言われて「結構です!」と即答したヌッシーでした。

くそ〜〜!
鳴門なんて嫌いだぁ〜〜〜!

今日の敗因 : ヌッシーの想像を絶する遅巻き!サビキ釣りかっ!って位遅巻きでした。