釣友のヨシノさんのオシアジガー2000をメンテすべく預かりました。

ヨシノさんと言えば今期からヌッシーが明石沖ジギングに引き込んだものの、そのあまりのハマりっぷりから次々とタックルを買い込んでおられるので内心ヒヤヒヤしてたのでした(笑)

手持ちの釣り道具のメンテ位お安い御用です!

このオシアジガー2000は室戸なんかで200g超のジグを深場に落として10〜20kgのカンパチあたりを狙うのに使われていたようですが、中身はノーメンテとのこと。
問題点としてはシマノ独自のスプールロック機構が効かない状態なのが問題。

取り敢えず分解〜!

スプールロック機構の問題はすぐに判明。
予想としては小さなリターンスプリングが錆びて折れたのではないかと思っていたのですが、実際はリンク部が潮で固着していたのが原因でした。

ジガー左プレート

ここはオイル洗浄して問題解決。
しかしジガー2000番以上に付いているハンドル巻くとカリカリ音が出る機能は全く不要ですね。
仕組み上、巻き抵抗増えるだけの話です。

続けて右側(ギア側)も開けてみます。

ジガー右プレート

予想では固まったグリスなんかがあるのかなと思ってましたが、逆に全く油っ気が飛んでしまった状態。
どうやら波しぶきや雨が内部に侵入して油を流してしまっている様子。
致命的な錆はありませんが、そこかしこに錆が浮いてますし、どちらかというとワンウェイクラッチは交換した方が良い状態。
ワンウェイクラッチもオイル洗浄しておきました。

ギア部の油が流れたと言うことはベイトリールの弱点としてドラグにも油が侵入している恐れが強いと言うこと。

案の定オイルとカーボンプレートのカスとで固着しかけていました。
これも脱脂スプレーで1枚1枚綺麗に洗浄。

で、セラミックグリスを各部に充填して出来上がり!

フェザー スーパーセラミックグリース
フェザー スーパーセラミックグリース

セラミックグリースを愛用しています
定期メンテしていてもしぶとく機能しています
 

 

ジガー2000完成

あ〜スッキリ!

オシアジガーは内部構造がシンプルなので助かります。

 

シマノ リールメンテスプレー SP−003H
シマノ リールメンテスプレー SP−003H

メンテにはオイルとグリスの両方いりますよ