【地域】 和歌山県 田辺
【海況】 中潮  曇り&凪ぎ→南東風&うねり
【釣り船】俊海丸
【釣り座】左大艫
【釣行者】ヌッシー 窪和久君

 

今週は激釣れ中の二見のタコ釣り船に乗ろうかと思っていたヌッシー
ところがエイト2の窪和久君に「和歌山に激アツの船がある」と誘われてそっちに一緒に乗ることになりました

船は和歌山県内之浦湾(田辺)から出港する俊海丸
今年からスタートした新しいジギング船です
聞けば「丸っとしたメジロが釣れてハタ類はハズレ無し」とのこと
ハタってオウモンハタ?釣りた〜い!
水深は50M前後で100g前後のジグ使用とのことですからまんま明石タックルで参戦出来そうです

午前2時半エイト2集合
和歌山県の田辺と聞くと遠そうですが阪和道が紀伊田辺インターまで延長されているので近畿道摂津北インターからは港まで2時間かかりません
日本海行くより距離は若干遠いですが乗り替え無しの真っ直ぐなので時間は短くて済みます

午前5時過ぎに出港!

俊海丸1

船はまんま漁船流用ですが乗船6人なら問題ありません
ヌッシーは左大艫・窪和久君は右大艫
前方は4人組の方達… 実はフィッ○ングマッ○スの皆さんでした(爆)

序盤は…
湾内の浅場でお土産のタチウオ狙いから
タチウオ楽勝!
と思いきやこれが釣れません…
しばらくして活性が上がったのかパターン掴めたのかポロポロ上がり始めました
(ノンストップ早巻きでした)
寸は短いけど太いええタチウオです!
船長曰く「今日は数も型も小さい」とのこと
いつもはどんなやねん?!
松山沖いかんでもええやん

ここで快調に飛ばしたのが窪和久君
何故か1人で連発してタチウオ9本
ヌッシーはイマイチ波に乗れず4本
でも指5本に近い太さのも釣れましたよ
(指7本級も釣れるらしいです)

ヌッシー的にはここで1日でも良かったのですが(笑)移動
沖を目指します
やっぱり太平洋は海の色が違いますね〜
なんちゅうか綺麗なブルーです

途中ベイト反応のええところ見つけて早速ジグ投入!

ヒット!
窪和久君ヒットです!
水深70M
whippy#6をブチ曲げて上がってきたのはデカい真鯛!

俊海丸2

でた〜!
真鯛68cm!

この人はヌッシーと釣りに行くといつもなんかデカいのをサクッと釣りよります

で、同じ場所で次の流し

ヒット!
また窪和久君です
今度はインチクらしいですが

上がってきたのはまたデカい真鯛(笑)

俊海丸3

今度は64cm…

ヌッシーはと言うと…

ヒット!
お!何かヒットしたで!

あれ〜? ハテ…
生命反応あるけど引きません
イカちゃうん?

で、上がってきたのはデカいスルメイカ!(爆)

俊海丸4

何でイカやねん!(笑)
まぁええわお土産増えたし

移動です

目標は沖にあるブイらしいです
そこをパヤオに見立ててカツオやメジマグロを狙うそうです

で、これが浮標
市江崎沖のGPS波浪観測用浮標らしいです
結構デカいです

俊海丸5

こいつの周りではシイラがピョンピョン跳びまくっています
一度に20匹前後一斉に飛んだりして圧巻です
メーターオーバーらしきシイラのジャンプもあります
日頃明石近辺では見かけない太平洋の景色なので新鮮です

で、ちょっと色気出してシイラ狙ってみますが反応してくれません

う〜む…
考えていたらミヨシのお兄さんが連発でキハダのメジ(キメジ)をゲット
水深は120M位だそうです

そう、ここは水深200M(大陸棚水深)
聞いてた話と違うや〜ん(笑)
で、200M落として底を取るのではなく上から計算して何Mを狙うか考える釣りです

そうこうしているとその後ろの兄さんがカツオゲット!
水深は少し浅めのようす

ヌッシーにはアタリすらありません
見ていると皆さんベイトリールで巻いてます
しゃくりもスローです
もしかしてスロー?

そこで70M位までジグを落としてから(ヌッシーのラインはキャスティング用で色分けされてないので勘です)ステラを気が遠くなるほどスローで巻いてみると…

ヒット!
何コレ?!シイラ?
メチャ引きますやん!
対メジロ設定のドラグを出しながら上がってきたのは真カツオ!
カツオ釣りとしては想定外のデッドスロージャークです

おお〜!初カツオ!

俊海丸6

カツオって釣りたてはメチャ綺麗な色してるんですね〜
写真じゃなかなか伝わらないですが、全体に綺麗なブルーでヒレの先とかにはコバルトブルーな部分もあってとても綺麗です
血抜きしてはらわた出してから海水氷にドボン
サイズからは考えられないほど血が出ます

水深としゃくりを把握してからは結構連発です!
でも結構よくバレるんですね〜
これは面白いです

窪和久君は先ほどとは一転苦戦してますがようやく1匹ゲット
(針がカツオにマッチしてなかった模様)

俊海丸8

今日のサイズは船長曰く小振りだそうです
どうもつい先日と違って全体的に食いが渋いとのことで不満顔の船長
いや〜結構楽しいんですけど(笑)

ヌッシーも4匹取り込んだところで予報通り南東の風が強く吹き出しました
ヌッシーのキャップ帽は風に飛ばされてロスト(泣)
かなりの強風です
見る間にうねり発生!

そろそろヤバいかな〜移動かな〜

え?右ミヨシの兄さんさっきからファイト中なの?
どうやらこの30分ほどずっと何かとファイト中らしいです
取り敢えず見学に行きます
あ〜気にせずゆっくりやってね〜

少し浮き上がった所を見ると超デカいシイラが掛かってるようです
ほんと全然寄ってきません
明らかにメーターオーバー
ミヨシを右に左に上手く対応してはりますがかなり辛そうです

そこから更に20分ほどかかったスーパービッグファイト!

上がってきたのは

俊海丸7

なんじゃこりゃ〜!
シイラ130cm超!
(メジャーが130cm迄しか計れないので計測不能なのです)
パチパチパチ!
兄さんアンタ凄いよ!
聞けば途中までカツオか何かだったのに上の方でシイラに変わった(喰われた?)らしいです
ええもん見せて貰いました

オフト(OFT) ザ メジャー タイプ3 オフト(OFT) ザ メジャー タイプ3

まさかコレで計りきれない魚にお目にかかれるとは…

さて
そうこうしてううちに波高はかなりヤバい状態に!
緊急離脱です!

北上して今度はメジロとハタ類を狙うとのこと
一日で何種類の釣りするねん!(笑)

ところがつい先日まで好調だったのに反応無し
(良く聞くフレーズですが…)
ベイト反応はたんまりあるのに追われてる感ゼロです
当然しゃくってもダメ

散々頑張ってみてもダメなので帰港がてらシオを狙いに行くことに
(まだやるか〜〜!笑)

日は傾いて夕暮れ間近
お!途中で何かに追われてるような魚探反応発見!
早速ジグ投入!
ミヨシの兄さんオウモンハタゲット!
すげ〜〜!

お!
窪和久君、サバフグとオウモンハタ小ゲット!

ここで流石に日が暮れたのでようやく帰港となりました
帰港時刻19:00
14時間近く釣りしてたことになります
これで12000円はバーゲンプライスです!
まさにやり尽くした感じです

【本日釣果】
ヌッシー : タチウオ4 カツオ4 スルメイカ1
窪和久君: タチウオ9 カツオ1 真鯛2 オウモンハタ小1 サバ2 サバフグ1 ガシラ1

このほかに今日はシイラ・ホウボウ・キメジ・マルアジが上がってますから11目釣れたことになります
まさに何が飛び出すか判らないロシアンルーレット!(笑)

いやぁ〜楽しかったです
カツオとかタチウオとかに絞って狙っても面白かったかも
また行きますね

 

あ、そうそう、やっぱり平日とはいえ帰りの海南湯浅道路は混みました
海南先頭に11キロ
帰宅は22時前でした
ヘトヘト…

 

ヘリーハンセン HY99200 キャップ ヘリーハンセン HY99200 キャップ

帽子が飛んでしまいました
キャップ帽は要るからねぇ…
こんなのも良いな

CHRISTYS’ LONDON(クリスティー ロンドン) インターステラー キャップ CHRISTYS’ LONDON(クリスティー ロンドン) インターステラー キャップ
おお!気になる〜!
タ○コプターやんか(爆)
海辺は風が吹いてるから常に回ってそう(笑)



マリア(Maria) MLJ01 ライフジャケット 首かけタイプ マリア(Maria) MLJ01 ライフジャケット 首かけタイプ

ライジャケは必須!
最近はクビ掛け派も増えてます