前回で完成した〆用のナイフ

このナイフは折り畳みナイフではないナイフなので鞘(さや)が必要です
鞘のことを「シース」と言い、折りたためないナイフはシースが必要なので「シースナイフ」と呼ばれます

当初の計画では皮でシースを作成する予定でしたが、皮のシースは味はあるものの汚れた場合に洗えないのが欠点
何より塩分が付いてしまうことが多い船上での使用では致命的鞘に入れておくだけで錆びてしまいます

折角錆に強いことで採用したSUS440Cなのに皮のシースではちぐはぐ

そこで丸洗いでも何でも可の「カイデックス」と言う素材を使ってシースを作成することにしました

カイデックスは熱を加えると柔らかくなり、冷えると固定される素材です
今回は2mm厚を購入
適当な大きさに切ってオーブントースターで加熱

熱いうちにナイフに当てて えいっ!

カイデックスシース自作1

下に雑誌を敷いているのはハンドルと刃部の段差を無くしてナイフの水平を調整するためです
シースの表面の型どりが出来たら裏面もえいっ!

カイデックスシース自作2

ナイフの入れ口周辺の整形だけを先に済ませます

カイデックスシース自作3

カイデックスシースは通常ボルト止めだけで作成して異物が混入したような際は分解して清掃出来るようにするようですが、恐らく塩分位しか入ってこない使い方しかしないナイフですのでエポキシ接着+ボルト止めで作成することにしました

頑丈さ重視です
接着してクランプで固定

 カイデックスシース自作4

乾いたら周囲をグラインダーで整形して穴開けてボルト止め!
(説明端折りました)
ベルト固定式にしたのですが、最近流行のテックロックではなく簡易版のベルトループを接続

出来た!!

カイデックスシース自作5

ナイフを入れたらこんな感じ

カイデックスシース自作6

横から見たらこういう構造になってます
エッジの終わりの部分の絶妙な圧でピッチリカッチリ固定出来ます
裏面刃先側には水抜き用の穴も1発あけてあります

カイデックスシース自作7

自分で言うのも何ですが初めて作ったにしてはナイフもシースも良くできました!(笑)
パッと見、買ってきたみたいでしょ?

当分これで行くぜ!!