さて、ミッタージルで釣りをした翌日
実は翌日も釣りをする予定でしたが、既に十分満足してしまったために釣りをせずに移動することに
ぶっちゃけ後は観光になったのでここで書くまでも無い内容なのですが、何か尻切れトンボになってしまうので一応書きます(笑)
釣りと関係ないので読み飛ばしてくださいませ


釣りには満足したけれど次の宿は既に決めていたのでそこまでの移動の中間点付近にオーストリア最大の氷河があるので見に行くことにしました
(実はミッタージルのそばにも氷河があってすぐそこに見えていたのですが、立ち入り禁止で近寄れなかったのです)


グロースグロックナー山岳道路って大変長い観光道路を走って着いた先は

オーストリア2−1



(山岳道路途中・何故かヨーロッパの青空は同じカメラで撮ってるのに青く写る)

オーストリア2−2


オーストリア最大の氷河パステルツェ氷河とグロースグロックナー(3797m)

ただしこの道を通って氷河を見たらある意味一日仕事なのでその日はもう殆ど他のことは出来ません(笑)


その日の御宿はオーストリアの片田舎(またか(笑))Hüttschlag(ヒュットシュラーク)にあるHotel Almrösl


大きな地図で見る

ここは事前情報ではルアーでも釣りさせてくれるはずでしたが、実際に行ってみると「フライしかダメ!」とのこと(かなりしつこくダメと言われました)
まぁ前日で釣りは満足してたから良かったしその日は氷河見て時間潰れてたから良かったけど、釣りを楽しみに行ってたらガッカリするところでした
まぁこう言う行き違いも旅の思い出って事で…

チャックイン済ませたものの、それなりに時間あったのでちょっと50km程ドライブに(笑)
ナビで目星つけて行った先はこれまたビューティホーな湖!!

オーストリア2−3

イェーガー湖(Jagersee)らしいです
観光バスも来てましたが日本でググッても何も出ないことから推測すると普通の湖みたい(笑)
トラウトはデカイのがウヨウヨ居ましたがフライフィッシャーも含めて誰も釣り人は居らず…


翌日はまたKenkenロングドライブでフランクフルトまで
途中、ロマンチック街道を走って世界遺産のヴィース教会に寄ったり

オーストリア2−5


シンデレラ城のモデルで有名なノイシュバンシュタイン城の横通って「見た!OK!」と走り過ぎたり(笑)
(本気で立ち寄ったらこれまた一日仕事…)

シュツットガルトのベンツ博物館寄ったりしてフランクフルトまで丸一日掛かりました



Kenkenの家で一泊して翌朝即フライト!
と、ここでまた冒頭の話に戻りますが、Kenkenがいつも乗るウイング(国際線)ではなくEU圏内のヘルシンキ行きは別のウイング(国内線・ドメスティック)の方
航空カウンターに出向くのではなくEチケットのナンバーを自動入力して航空チケット出すやり方はKenkenが居ないと流石に判りにくかったです
(まぁ航空カウンターに行ってもできたんだろうけど)

で、国内線なので免税店は殆ど無く…
フランクフルトの免税店を楽しみにしてたのに〜〜〜!

またチッコイ飛行機でヘルシンキへ

ヘルシンキでは行きと違って帰りの手続きが非常にスムーズに進みました
そうそう、フランクフルト市内で購入したお土産等の税金の一部を返して貰う手続き(TaxRefund)もEUを出る最後の空港でしなければいけません
ここで書類を出すときに「買った物を見せて」と言われるので免税手続きをする商品はトランクの中ではなく手荷物で持っておく必要があります
(ヌッシーも見せろと言われたので出して見せました)


フランクフルトでチケットを発券する際に座席チェンジも出来たのですが生憎の全席満席
どんな人が帰りの隣の席に来るんだろう… 
帰り9時間白人の大男だったらヤダなぁ〜
なんて考えてたら日本人の綺麗な女性が現れたので思わずガッツポーズ!(笑)
聞けばある分野ではかなり有名なお嬢さんで、しかもフライト中9時間ずっとヌッシーの話し相手になってくれたので非常に楽しいフライトになりました
旅の最後に思わぬ華を添えてもらって幸運でした


ちなみに!
関空で80ユーロ追加料金取られたロッドケース
またフランクフルトで80ユーロ取られちゃ敵いません
6千円で買った竿に往復2万円の送料使えないのでロッドケースごと竿はKenken家に置いてきました
まぁ引越しの時にでも紛れ込ませてもらえればOKだし、何なら捨ててくれても…


今回の旅は関空からヘルシンキまでが7700km×2、ヘルシンキからフランクフルトまでは1500km×2、Kenkenがドライブしてくれたのが約2000km
総移動距離20400kmの大遠征になりました

何より終始段取り取ってくれたKenken、本当にありがとうございました