【地域】 鳥取県境港周辺
【海況】 小潮 時々少雨
【釣り船】龍勢丸
【釣り座】自由
【釣行者】ヌッシー 吉田さん


例年になく激荒れ冬型気圧配置の日本
なかなか釣りに行くチャンスがありませんね
その上ヌッシーは自分の店のバイトの頭数を確保できず釣りには全く行けない状態…
コリャ春まで冬眠かな…

と思いながらよくよくシフト表をみると… お!14日(火)なら何とか出撃できるかも!
しかも太平洋側は高気圧が過ぎた直後のために南風で荒れている模様ですが日本海側ならベタ凪予報!

これは行かねば!!
と思っていたところへ実にタイミング良くソルティガブロス吉田さんから「釣りいかへんか?」とお誘いあり

あなたはエスパーですか?!(笑)

どこに行くんですか?と聞いてみると龍勢丸との答え
龍勢丸と言えば昨年お世話になりましたがヌッシー的に少々不本意に終わってしまった釣行が思い出されます
春になったらリベンジに行こうと考えてましたが思いの外早くにリベンジの機会がやってきた模様

でも雪積もってるんちゃいますの?と聞いてみると「大丈夫やろ」との安易な答え(笑)
確かに月曜火曜と気温が上がって雨が降っているために雪は溶けているはず… 
でも米子道は標高400mまで上がるから夜間の凍結が怖いなぁ〜
まぁ大丈夫か?(爆)

よくよく思い起こしてみると雪や凍結の心配はしましたが、大阪から境港までの距離を全く心配していない辺りヌッシーもいよいよ壊れ釣り師になっているようです

という訳で朝4時に吉田さんをピックアップして一路境港へ!
道中心配された雪や凍結はゼロ
流石に標高400m付近にある蒜山PAには雪が山積みでしたが…

404230_306721919384256_100001393520927_869736_257609000_n

本日の龍勢丸のお客さんはヌッシー&吉田さんのみ!
貸切なので釣り座は自由です
船は隠岐の島との中間点にあるカンナカと言うポイントを目指します
道中船長に状況を尋ねるとブリ・ヒラマサ等は最近網が入ってゴッソリ逝かれたからか全くダメとのこと

別にイ〜んです!
狙うは鍋の具ですから!!

え?前日は底物もメチャ厳しかったって?
そりゃ困った…
まぁ吉田さんが何とかしてくれるでしょ!(←他力本願)

1時間ほど走ってカンナカへ
取り敢えずヌッシーはスローピッチジャークな感じに狙ってみます
カンナカは水深90m前後、結構岩礁が多いようです
潮は下り潮0.4ノット、まぁ止まってるよりはマシ

ヌッシーは「ハタ」狙いなので小気味いいワンピッチでジグを上げて行くことに



(3時間経過…)




渋い!渋すぎる!(爆)


確かにジグでも2匹ほどウッカリカサゴ釣れました

龍勢丸3

しかし全般的に反応悪すぎです
前日には結構いたという良型のアジやサバも居らず
ヌッシーは迷ったあげくジグを上げてハタを狙う事を諦めてインチクにチェンジ!
通い慣れた海域なら信念を持って状況判断が出来るのですが、いかんせんこの海域に対しての経験値が少ない為に迷いが生じたらそのまま迷宮入りして出て来れなくなります

吉田さんはと言うともうスッカリ完全にガシラ狙いに徹してコンスタントに水揚げしていってはります

仕方ない…こっちもガシラ狙いだ!


ガシラ狙いなんて簡単〜♪
底だけチョンチョンしてれば… あれ??
ガシラ超難しいぜ!!(爆)

基本ベタ底で食ってくるガシラですが、本当に底から2m離すと食って来ません
その内に2mでもダメになり遂には底から1m以内の攻防に!

と、思ったら吉田さん昼寝中にサクッと船長にジグで大きなアコウ釣られた!
(やっぱりジグでハタ狙いを通すべきだったか?!)

昼寝から起きてきた吉田さんはまたガシラ狙い続行
どないしてるんかな…(じっと観察)
え?!マジ??
要するに当初90m水深で底ベタ2mの攻防だったのが底ベタ1mの攻防になり、遂には底ベタ0mで誘って喰わせる
超ベタ底ドリフト釣法

これが結構難しく、脈釣り的な面白さも併せ持ってなかなかに趣深く(笑)
最後にヌッシーもトントントンとガシラ追加で納竿〜!

龍勢丸4


【本日釣果】
ヌッシー : ガシラ等7匹
吉田さん : ガシラ等14匹
船長   : アコウ1匹


龍勢丸1


船長が釣ったアコウはヌッシーと吉田さんでジャンケンの末に吉田さんのものに(チッ!)

龍勢丸2


いやぁ〜難しかった!
状況判断の迷いが釣果に結びついちゃいましたね
これは仕方ない…
しかしガシラ狙いの超ベタ底ドリフト釣法はまたひとつ引き出しが増えた感じで嬉しい収穫でした
これは色んな海域で使えそう!

残念ながらハタは釣れませんでしたが吉田さんと釣行させてもらってまた一つ勉強になりました!