【地域】和歌山県白浜沖
【海況】大潮 北の風3m 波高1m
【釣り船】代々丸
【釣り座】左胴の間
【釣行者】ヌッシー 山本啓人さん
マタギの岡野さん BEATの大橋さん


「シンカイ行かへん?」
J.I.G.メンバーの山本啓人君から突然のお誘いを受けました
シンカイってどこから出る船ですか??

「ちゃうやん!シンカイやん!深海、400m!!」
どうやら噂のスーパーディープジギングのお誘いのようです
にしても400mって…

ヌッシーは意外と皆さんと同じノーマル思考型なので手巻で400mも巻くとは正気の沙汰とは思えません(爆)
しかし滅多にない機会です。仮に玉砕に終わったとしてもそれはそれ、話のネタにはなります
そもそもこんなお誘いをしてくれる人は他に居そうにもありません

かな〜り悩んだ末に参加させてもらうことに!

詳しく話を聞けばポイントは白浜沖400m位、場合によっちゃ200m位でもええかも、狙いはクロムツ&キンメダイ、あ〜ジグは常用400g用意してね!
おい!400gのジグって何やねん!(爆)

いや、そもそもタックルからして整ってません
リールは釣友のYOSHIBOさんに頼み込んでパワプロ1.5号を800m巻き込んだブルーヘブン120を借りることにしました
ジグはVB250g×2個・FB330g・Vib350g・Vib400gと準備
抑えで一応WAKIのウラシマ(インチク)もそっと忍ばせてみました

あ、ロッドはLUXXE Ocean ALMEA B67M-RFとLUXXE Ocean ALMEA B67ML-RF、LUXXE Ocean ALMEA B62H-Fを準備
メインと考えているB62H-Fはちょっと400g吊るすには弱いんじゃないのと言う声も聞かれましたが、ロングフォール主体とのことなので大丈夫でしょ?

取り敢えず準備は出来たので後は腕がもげないことを祈るのみです…

出港は7:00、今回始めてお世話になる船は和歌山の老舗船「代々丸」さんです
乗船者は我々4人と餌釣りで釣果のバックアップをして下さるおじさん
ヌッシーは左胴の間に立たせてもらいました

まずは小手調べの水深200mラインから
VB250gで様子見してみましたが着底感が悪いのですぐにVib350gに交換
フックは前後共にがまかつアシスト64近海ミディアム ダブル 7/0を使用しました

ジグとフック

開始早々にヌッシーにヒット!
何だか判りませんが巻き上げているうちに敢え無くフックアウト〜
フックには何かの小魚の口部分が引っかかっていました


そこからまぁ渋いこと渋いこと!
何をどうやっても何の反応もありません
程なくして船長は200mラインを諦めてキンメダイ狙いの水深400mラインへ移動
しかしここも渋い渋い…

400mラインは使用するジグもVib400gとスーパーヘビー
それを東京タワーよりも長い400m落として巻きあげるのですから辛いことこの上なしです
しかも魚からの反応は全員ゼロ!
身も心も折れそうになります


そうこうしているうちにヌッシーは船の排気ガスを吸って船酔い(ガス酔い状態)に
吐くほどでは無いですが気持ち悪ぅ〜〜〜
釣れていない状態で無理しても仕方ないのでキャビンに引っ込んで昼寝

1時間ほど寝てました

起きて来てもまだ誰にも釣れていないどころかアタリすら無かったそうな
船はまた移動した後で水深350mから一気に400mまで駆け下がる海溝のショルダー部に来ています
また深いなぁ〜と思いながらも体もリフレッシュ出来たので参戦!

ここまで何度か深海までジグを送り届けて見ましたが、始めての深海釣りだけにどうもイメージが湧きません
水中のイメージ無しに闇雲に釣りをしても仕方が無いので一度船長に魚探をよく見せてもらうことにしました
すると不思議なことに何が判った訳でもないのに何となくイメージが掴めてくるんですよね

さぁラストスパートの時間になってきました!

ここでヌッシーは初心にかえって見ることにしました
「ジグを動かす事に気を取られないで、ラインをピンと張ることに気を配る」
どうも底潮が複雑で普通に落としたまましゃくってもジグは全く動いていないと思ったからです
底付近にジグを落としこんでから巻いては落としを繰り返してラインが張れたと判断してからそっと底へ落とし込んでジャーク…

お!お!お!!
何だか凄く重くなりましたよ!
重くなったので回収してみますが辛いのなんの(爆)
400mえっちらおっちらリールを巻いて上がってきたのは

キンメダイ

本日ジギング全体で1匹目の釣果!キンメダイです!!
少々小振りですが本日のファーストヒットは気持ちいですね〜!


よし!同じ調子で頑張ってみよう!
え?コレがラストの流しですか?!
気合を入れてラインを張ることにのみ注意してから着底、3回ほどハンドル回したら…
クン!と当たりが伝達!
即ロッドを煽って巻き合わせ一閃!

グン!と何かが乗った感触の後でラインがビューンと引き出されます!
???大きい?
しかし先ほどのキンメダイよりは大きい気がしますが重いだけでサイズが全く判断付きません
でも時々グッ、グッ、と引く感じは大きいキンメダイ??


ヌッシーの400mファイト中に「終了〜!」コールが掛かって皆さん後片付け(笑)
あ〜ちょっと待ってよ〜!後少し!
アレ?誰か絡んでます??

もう少しと言う所でヌッシーのラインは船底方向へ入っていってしまいました
「何だ何だ?」
どうやら誰と絡んでいたわけでも無く魚が船底へ逃げ込んだ様子。しばらくすると船底から現れたのは…


アラ!!

しかもデカい!!

アラ78cm6kg

うおおぉぉぉ!!
最後の流しで逆転満塁ホームランが出ました!
寸は78cm位・6kg
まさに泳ぐお宝!
メチャクチャ嬉し〜ぃ!
見ると口のええとこにがまかつアシスト64近海ミディアム ダブル 7/0が2本ガッチリとフッキングしています
吸い込みと掛かりの良さは流石だぜ!!

アラメジャー


もうヤンヤの喝采の中で納竿となりました〜!
今回ジギングで魚が釣れたのはヌッシーだけなので当分自慢の種になりそうな予感
やはりコレだけ深いとラインをピンと張る事が非常に重要だと改めて思う次第であります

まだまだ開拓の余地のあるスーパーディープジギングの世界
あなたもチャレンジしてみませんか?

(啓人君誘ってくれてアリガトウ!)