最近何故か急にヌッシーに釣れるようになった南紀のアカヤガラ
(どうもレクターに高反応(笑))

特に今回のはデカいメガヤガラ!

僕ヤガラです
(ハイ!僕ヤガラです)


アカヤガラはその細長い体型だけでも捌きにくい魚ですが、その長さの半分近くを占める固い頭と後頭部の骨・厄介な胴体部骨格構成も相まって非常に捌きにくい魚です

前回は面倒くさかったのでダンダンダンと頭も胴体も輪切りで鍋にしましたが

今回はヌッシーが気合入れて捌いてみるぜ!!


下処理として体のヌル(ヌルヌルの魚です)を米ヌカを擦りつけて洗い流します


さてまずは胴体部から
通常の魚のように頭を先に外して… といかないのがこの魚
厄介なのが後頭部から後に伸びる硬くて太い骨
この骨に添って背骨を伝って包丁を入れて身を削ぎとります
おお!意外とヌッシー上手(笑)


両面削ぎとったらこんな感じに

背骨にそって三枚卸


残った胴体部中骨は鍋にするので出刃包丁の後ろか中華包丁でダンダンダン!と輪切りに

エラと内蔵を捨て去ったらこんな感じに頭だけになります

ヤガラの頭
( ↑この頭の後ろに伸びる骨が厄介なのです)


この頭は鍋の具材なのですが、こんなデカイ頭丸ごと鍋には入りませんので切断しなくてはいけません


で、前回はこのまま頭を包丁で切断しようとしたのですが、叩き切ろうにもなかなか切れず刃が欠ける始末


今回は上下を反転して上面を下側にして包丁の後ろでダンダン叩き切ると上手くいきました!
同じ行為ですが表からするのと裏からするのとで作業効率が全く違います
ここは是非裏面から刃を入れて下さい



で、出来上がった具材がこちら

ヤガラ解体終了

うし!上手く行ったぜ!



今回はまず身を薄造りにしてみました
ワサビポン酢で頂きます!

ヤガラの薄造り

これは旨い!
個人的には鍋で食べるよりも薄造りを断然お勧めします!
身にはしっかりとした旨さがあり、よく見るとホウキハタのように身の中に含まれるゼラチン質状のものがキラキラと光っています
これは高級魚やわ〜


残った部分は鍋にして食べてみます



アカヤガラ、妙な魚ですが是非食べてみて下さい!