久しぶりにリールメンテ

ソルティガLD20-2Speed(US版)初号機の調子が悪いのでバラしてみました

症状としてはスプールが完全にフリーにならずに何かが干渉している様子
取り敢えず開けてみると…

久しぶりメンテ


ギア部は全く問題無しと判明
(まぁLDはギア部の構造簡単だからね)

と言うことはドラグ部か

US版のソルティガLDも日本版のキャタリナLDも構造は同じですが、スプールサイドに付いているドラグが防水構造なのです
どうやら長期の使用で防水ながらもパッキン部に何か異物が溜まり、ドラグキャッチ側のプレートと防水部蓋の黒い部分が完全に別れずに引っかかっていた模様

パッキン部の洗浄とスプールを支えるボールベアリング3つを洗浄して再組立したところ治りました


ソルティガLD20-2Speed(US版)弐号機も同様の症状が出かかっているので近いうちに開けてみなくちゃね

でもこれで機種依存のマイナートラブルの原因が判ったのでめでたしめでたし
何しろ現在同じ機構のリール4台あるもので(笑)


ダイワ(Daiwa) キャタリナLD 30SH
ダイワ(Daiwa) キャタリナLD 30SH

最近一番出番が多いリール
巻きスピード早い!