今年もタチウオシーズンに突入しましたが、困るのがペンペンクラス(指2〜3本)のタチウオ。

指3本半以上あれば焼いても何してもそれなりな料理になるのですが、ペンペンクラスは焼くと火が通り過ぎてカスカスになるし、かと言って他の料理には使えんし…

という訳でヌッシー家ではペンペンクラスのタチウオはヌッシーが三枚におろしてから「オクラとかを芯に巻いてロール天ぷら」とか「穴子の天ぷらみたいに丸ごと天ぷら」にしたりしています。

って前から言うてるのですが、しょっちゅう「タチウオを3枚に?!」と驚かれちゃうのです。
でもそんな難しい事ではなく…

まず用意するのは小出刃。
小出刃のほうがやりやすいです。

そしてペンペンクラスタチウオ(写真は少し大きめですが、実はもう少し小さいほうがやりやすいです)
1

細すぎる尻尾はカットして…
2

頭も横びれ辺りからカット
3

この状態で指で押し出して内蔵も抜き取ります。
腹の部分を切り取っても良いですね。


で、尻尾の方から3枚におろします。
他の魚と同じく必ず尻尾からです!
一気に大名おろしにします!
4

ズバッと最後まで一気に!
5

裏返して反対側も尻尾からカット
そして残った中骨(笑)
6
 慣れたらコレくらいスケスケにカットできます(笑)


すると後は身だけなので色々な料理するだけ。
ペンペンタチウオ片身のロールでも完全に身だけなので1個食べると結構なボリュームありますよ!
7

そして残った中骨の山(笑)
骨せんべいに… とかは面倒臭いのでヌッシーはしません。
8


こうすれば折角釣り上げたのに「どないして食うねん?!」なペンペンタチウオも美味しく頂くことが出来るので無駄な殺生にせずに済みます。

結構簡単なのでちょっとやってみ!(笑)