シーホークの古川船長にお誘いを受けて京都釣船業協同組合様主催の真鯛稚魚放流事業に参加させていただきました(←漢字多い!)
これは例年京都府水産事務所が年間(と言うか2〜3日で)60万匹程放流する真鯛稚魚の放流を京都釣船業協同組合で協力するというもの。

本当は今月7日に実施の予定でしたがノロノロ台風5号の影響で延期になり、急遽前日の9日に「明日(10日)にやる!」と決まったもの。この急な予定変更にも関わらず各社フットワーク軽く参加され朝9時集合!
ヌッシーは厚かましくもうちのチビっ子2人も参加させて頂きました。

トップスジャパンさんに乗せていただいて栗田にある京都府水産事務所へGO!
ここでワープゾーンさんと舞鶴セントラルマリーナさんと合流です。

京都府水産試験場2

水産試験場の生け簀。

スゲー数います

この中にスゲー数の稚魚が居ます。

これをバケツリレーで

これをバケツリレーで

船内生け簀へ

船内生け簀へ。

ほらほらっ!

ほらほらっ!(山本艦長お元気そうでした!)

これを沖の放流場へ

これを沖のポイント(通称マダイの里)へ放流しに行きます。

網で掬って

網ですくって…

放流っ!1

放流っ!

放流っ!2

放流っ!

放流っ!3

放流っ!

放流っ!4

放流っ!

放流っ!5

放流っ!


ヌッシーも

ヌッシーも放流っ!


なかなか得難い経験させていただきました。
これだけ放流すれば丹後の真鯛も安泰っ!


ありがとうございました


ありがとうございました〜!