タイラバって釣りはオフショアの釣りとしては道具が少なくてコンパクトにできるのが特徴。
なのでヌッシーはドカットの最小サイズD4500にコンパクトに纏めて使用してました。

まぁ雨具とか食べ物とかカメラとかは別のバッグで持ち込んでたりしてましたけどね。


でも最近はLUXXE桜幻シリーズもアイテムが増え、実験すべき素材も増え、パッケージ写真が必要な場面も多いのでパッケージごとの商品も持ち込み…
気がつくと小ドカットD4500+バッグだけでは入り切らず、小ドカットD4500+中ドカットD4700(迷彩塗装)の2つを船に持ち込んでる毎日。

箱2個は面倒くさいし邪魔!

という訳で新たに大ドカットD5000追加!
ジギング用に加えて2個めのD5000です。

ドカットD5000
(D5000の内部トレイのサイズが小さくなったのね)


何か箱ばかりが増えていく…( TДT)
箱を整理するために箱を買い足すマッチポンプ。

まぁ取り敢えずドカットを買ったので恒例の開閉ストッパーワイヤーの施工です。
巷では風呂の栓を繋ぐチェーンを使用する例が多いですが(ヌッシーも以前はそうしてました)、車で運ぶ時にチャラチャラ音がするし・開閉時に蓋に挟み込むし・意外と弱くてパンッと破断するし…

という訳でヌッシー方式は太いナイロンをスリーブ留め!
太さは300lb位ありそうなものですが、釣具屋さんよりもホームセンターで吊り下げ用のテグスとして売られているものがベストマッチ。

ドカットワイヤー1

穴を2個開けて、内側から外側に向かって通すと開閉時に必ず内側に曲がるので噛み込みません。

ドカットワイヤー3

これをアルミスリーブでカシメて留めるだけ。
お好みでチューブ噛ませておけば頻繁な開閉にも強いです。

ドカットワイヤー2

これはかなり強度もあって、トラブル少なくて、音もしないのでオススメですよ!





ちなみに小ドカットD4500のタイラバでの使い方はこんな感じでした。
よくあるタイプの小さいケースが縦にピッタリ収まるのです。

ドカット4500A

トレイには使ったタイラバを放り込んでおく小皿を置いてます。
他には道具一式などがトレイに乗っかってます。

トレイを外すとシンカーを水平置きで3層構造。

ドカット4500B

こんなのが何かの参考になれば良いのですが(笑)