ヌッシー疑似餌同好会

カテゴリ: 2007 オフショア

2

【地域】 明石
【海況】 中潮 雨→曇り 
【釣り船】魚英
【釣り座】何となく左舷
【釣行者】ヌッシー KenKen U垣さん M永さん

年末年始休暇のために赴任先のロンドンから帰国中の友人KenKen。
年末年始であちこち挨拶回りで忙しい中、唯一のプライベートな休日をヌッシーと魚英参加指定!
これは釣って貰わねばなりません!
出来れば大型青物を!!

と言うわけで魚英のナオチャンと色々計画を練っていたヌッシー。
でもやはりジギングでは厳しそうな感じ。しかもシーズン終了ムードが強く他の参加者がなかなか見つからないために出船さえ危うい感じです。
そこでジギングでは無くノマセ釣りでの計画に切り替え。

すると本年度魚英ブリ賞のM永さん、そしてヌッシーと乗ったらいつも良く釣られるU垣さんの参加決定!
偉い!皆さんチャレンジャーです!
と言うわけで非常にお気楽かつ心強いメンバー構成となりました。

朝6:30出船。6:00ジャストに魚英前に着きましたが、その頃から雨が本降りに…。
おいおい〜雨は昼前からって言ってなかったか?
まぁ雨男のKenKenが参加ですから多少の雨は覚悟していましたが…(笑)
東寄りの風も強いです。
これはまず明石海峡大橋の東側に出船は無理。
自然と選択肢が狭められていきます。
まぁ今日はノマセ釣りなのでポイント的には大丈夫かな〜。

まずは餌となるアジ釣りから。
これ結構楽しみなんです。
しかし毎回朝にレンガ買うと溶ける前にアジ釣り終わってしまうので今回は前日から買ってクルマの中に放置して解凍。偉い!
ところがU垣さんもM永さんも凍ったままのレンガをヌッシーの溶けたレンガの中にぶち込んで行くので全く意味なし!
二人とも頼んますわ〜〜(笑)

んで、雨の中アジ釣りをしますが、これがまた実に渋い!
全然釣れません。
釣れるとまたこれがデカいアジです。
U垣さんは途中で30cm位の真サバを釣り上げてホクホク。
何とか一人10匹くらいずつ釣り上げてノマセポイントへ向かいます。

早速ノマセ釣り開始〜。
雨は本降りです。
でもまぁ船縁まで出なきゃいけないジギングと違ってノマセなら腕だけ出しておけば大丈夫なのでわりかし平気です。
  ・
  ・
  ・
釣れないねぇ〜(笑)

予想通りサッパリです!(笑)

ノマセ釣りはすっぱりと諦める事にしました。
風も強いので船が流されるためにノマセの仕掛けも立てることが難しいのです。
それにだって折角のアジが勿体ないんですもの(爆)
(餌用に釣り上げたアジを食べる気満々です)

北上して鹿ノ瀬の真ん中へ。
この頃から雨がやみだして穏やかな海へ。
う〜む…

走っていると魚英の知り合いの本職さんに遭遇。
「ハネいっぱい釣れるで〜やってみ〜!」とのこと。
早速ジギングでやってみると即U垣さんとヌッシーにヒット!
痩せているけど銀ピカの綺麗な魚体です。

でもなかなか後が続きません。
するとさっきの本職さんがまた寄ってきました「さっきまでよぅ釣れとったけど、自分ら来た時分から釣れなくなった」とのこと。
ガ〜ン!

結局みんなでチョボチョボとシーバス釣って帰港。
時合いが合えばシーバスは爆釣する模様。

帰りの播磨灘は無風でべた凪。
天気予報どないなっとんねん?!

結局シーバスのみ本日釣果
ヌッシー シーバス1匹
KenKen シーバス2匹
U垣さん シーバス2匹
M垣さん シーバス2匹


帰宅後、持ち帰ったシーバス3匹は適当に捌いて鍋に。
(KenKenとM永さんはルアーマンの常でシーバス持ち帰らず)
あれ?旨い(笑)
全然臭みがない良い鱸です。
と思ったらどれか1匹は少しいつものシーバス臭い…
どうやら産卵の為に鹿ノ瀬沖に集まったシーバスは個体差大きいようです。
胃の中は大体イカナゴのフルセが入ってました。
イカナゴパターンだ!

 

1

【地域】 大阪市 尻無川河口
【海況】 大潮 晴れ  
【釣り船】ヨシノさん号
【釣り座】バウデッキ
【釣行者】ヌッシー ヨシノさん

今日は久しぶりにヨシノさんにお誘いいただいてキッカリ1年ぶりのボートシーバスです。

朝5:30にマリーナ集合。
のはずが5:30にヨシノさんからTEL入り「今起きた〜」との知らせ(爆)
約40分遅れで出港です。

既に夜が明けてしまっているので常夜灯等は狙わずに一路尻無川河口へ向かってイワシナブラを狙います。

が、イワシナブラはサッパリ起こらず…。
鳥ものんびり水面に浮かんでいます。
色々試してみましたがアタリすら無し。
(散発的にライズはありましたが…)

ヨシノさんとボウズちょいと南港側のトーフも狙ってみましたがかすりもせず…

ハイ、カス決定です!
8:30頃早々に退却!

天気が良かったのだけが救いでした。

またリベンジ行きましょう!

 

本日釣果
二人してカス決定

4

【地域】 明石
【海況】 長潮 晴れ 
【釣り船】魚英
【釣り座】右大艫
【釣行者】ヌッシー U垣さん

 

今週いつ釣りに行こうか迷っていたヌッシー。
月曜か水曜かどちらにするか迷った末に天候が荒れそうな水曜を避けて月曜日に釣りに行くことにしました。

早速魚英のナオチャンに電話入れると月曜日は午後の方が釣れそうな潮回りなので変則パターンとして午前10時出船とのこと。
おお!そこまで狙い澄ましていくと言うことは釣れそうな気がします!

10時出船と言うことは9:30には現着したい。
と言うことはモロに朝のラッシュにぶつかるわけですので、いつもの名神→3号神戸線ではなく中国道→7号北神戸線を走ります。
お陰ですんなり現着…と思いきや意外にも今日は3号神戸線も空いていたそうな…。

今日は平日月曜日だと言うのに相変わらず魚英は結構なにぎわい。
総勢16名の参戦です。皆さんお仕事大丈夫?
常連さんも多く、ヌッシーの顔見知りだと某職人さん・U垣さん・M田さん・某焼鳥屋弟さん…と多彩な顔ぶれ。
ヌッシーはナオチャン操船の1号艇にU垣さんと大艫を分ける形で乗船です(他はヨシノブさん操船の3号艇)

何はともあれ釣り開始です。
狙いの潮は午後からの潮なのでヌッシー的には開始直後はのんびりムード。
10時出船だと寒くもないし睡眠も良く取れているので快適です。

しかしそんなのんびりムードを嘲笑うかのように3号艇から緊急入電!
並み居る常連を抑えてオールレンタル(クーラーさえ持参せず)の初心者さんがいきなり良い型のサワラを釣り上げたとのこと!
皆で色めき立ちますが、魚の反応はそれっきり。

だから昼まで釣れないって(笑)
皆さん一生懸命しゃくってる中でヌッシー一人ご飯食べながら喋ってます。

正午頃、潮が反転して満ち潮に変わってきました。
そろそろ釣れ始めるかな?
ヌッシーも釣り開始です(笑)

すると13:00頃ヌッシーの後ろにいたU垣さんにヒット!
程なくしてサワラが上がりました。
よ〜し!やるぞ〜!
次に右ミヨシのお兄さんがサワラゲット!

そろそろヌッシーも釣りたいなぁ〜
と思いながらジグが着底した瞬間
グン!
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

サワラ!1結構良い引きを見せながら上がってきたのはまぁまぁなサイズのサワラ!
よし!ボウズは無くなった!

その直後に左ミヨシのお兄さんに110cmオーバーのゴッツイサワラが上がって時合い開始です!

程なくしてまたU垣さんヒット!!
2秒ほど遅れてヌッシーの竿にもグン!としたアタリ!
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!
ダブルヒット〜!
絵に描いたようなダブルヒットです。
U垣さんはナイスファイト中。
ヌッシーは魚が小さいのか竿は大きく曲がっていますがそれほど引きは強くありません。

「ナオチャン、こっちの方が早く上がりそうや!」
「あ、リーダー入った!そろそろや!」

 あっ!
  ・
  ・
  ・
大きなでした(爆)
サワラ!2程なくしてU垣さんはナイスなサイズのサワラを釣り上げ。
なんでやねん!!
なんでこっちはやねん(笑)
どう見てもダブルヒットやろ〜〜〜!

かなり凹みましたよ…

気を取り直して釣り続行です。
すると今度は中層でヌッシーにヒット!
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!
今度は魚です(笑)
リールをグリグリ巻きます
結構引いてドラグも出されながら魚が見えました。
サワラです!あ、頭にスレ掛かりです。
ナオチャンがギャフを掛けようとした瞬間に急に走り始めてプツン!
…目の前でばれちゃいました(泣)
トホホ〜
ついてない。

もう凹みまくりです。

段々と釣りの残り時間も少なくなってきました。
日も傾きかけています。
ここから少しアタリが遠のいてしまいました。

う〜ん何かが違う気がする。
ふと思いついて今まで使っていた得意のベイトタックルを置いてスピニングタックルに持ち替え。
グリグリグリグリ・グリグリグリグリ・グリグリ…
ドン!
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

大正解!
巻き方が合ってなかったようです。
今度はメジロ?と思う位に良く引きます。

と、後ろで
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!
とU垣さん。
ウソ!また来たの?!

それを見ていた右ミヨシのお兄さん
同じ巻き方にした途端に
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

トリプルヒットです!!
ナオチャンはギャフもって走り回ってます。
3匹とも無事取り込めました。
今日一番熱い瞬間でした。

完全にパターンを掴んだナオチャン1号艇
しかし残り時間は後僅かです。
釣れる巻き方も釣れるエリアも判明しました。
最後の一流しに全てを賭けます!

すると…
後ろのU垣さんが
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!
と叫んでます。
U垣さん今日は大暴れです!!
しかももの凄い引きを見せています。
ドラグ出っぱなしです。
どんなデカいサワラやねん!
と思ったら…

サワラ!3

何とデカいです!!
メチャデカい!!ちゅうか太い!!
最後の一流しでこんなん釣れるか?普通。
まさにメイクミラクルです。

お腹周りの太さが尋常じゃありません。
これは確実に旨い鰤の体型です。
長さも85cmありました。重さも7kgは優にあるはず。

いやしかし今日は全般良く釣れました。
ヌッシーは3ヒット2ゲット、U垣さんは6ヒット4ゲット。
ナオチャン船頭の1号艇は6名で10匹ですから優秀です!

サワラ!4ヌッシーが釣ったのは88cmと84cmのサワラ。
しかし長さ以上に太さが違うので88cmの方が随分大きく見えます。
これは旨いぞ〜〜!

これだけ高確率で毎回大物が釣れると楽しいねぇ〜。
このサワラも買ったら一体どれ位することやら…。

今回は珍しく遅出での出船でしたが、体も楽だし全体の釣果も満足いくものでした。
こういう出船形態は歓迎したいですね。

満足!!

 

今日の釣果
ヌッシー : サワラ88cm 84cm(2番手)

U垣さん : 鰤85cm サワラ108cm頭に3匹(竿頭)
某職人さん : サワラ2匹(2番手)

 

 

11月20日追記

サワラ激旨!!

日本海産とは明らかに違う旨さ
旨いとしか表現できません!

3

【地域】 明石
【海況】 若潮 晴れ 
【釣り船】魚英
【釣り座】右艫
【釣行者】ヌッシー ちとむさん 焼き鳥H房さん

 

最近胃にポリープが見つかったりクルマにオカマ掘られたりとツイてなかったヌッシー。
ここは一つ魚英に乗って気分転換!運気転換だっ!と言うわけで無理矢理予定開けて明石の海へ出てみました。

近頃トンと良い話聞かない明石の海ですが
「そんなの関係ねぇ〜!ハイ、オッパピ〜!」です。
ジギングでは全く冴えない釣果が続いているようですが唯一ノマセ釣りではメジロが釣れているらしく、オマツリさえしなければ常連級の腕なら1匹は確実に上がるような感じなので楽しみです。

しかし前日の魚英ナオチャンの連絡では「ノマセは調子悪くなって代わりに鯛とタチウオ上向きなのでそっち行きます」とのこと。
まぁ良いよ何でも。

今日はいつものちとむさんと焼き鳥H房さん、それともう一人のお客さんの計4人で乗船。
久々の親父さん操船・ナオチャンアシストの2号艇です。
う〜む広々です。
ヌッシーは右大艫・ちとむさんは左大艫・焼き鳥H房さんは右ミヨシの布陣。

まずは明石海峡の東辺りで鯛狙いからです。
ルアー船だし鯛カブラで…と行きたい所ですが、生憎カブラではあまり芳しくない様子で7本針の鯛用ロングサビキで狙います。
これ長いから面倒臭いのよねぇ〜。
密かに初めから針一本カットして6本針で投入(笑)

すると一流し目開始直後にミヨシの焼き鳥H房さんから賑やかな声(笑)
H房さんの真鯛もう釣れています!!
大きそうです!
上がってきたのは50cm以上は優にある食べて美味しい最大サイズのナイスな真鯛!!
おおおお!さい先良い!!これは今日は爆釣か?!

と思いきやその後渋い展開になるのはお約束(笑)

お!ヌッシーの後ろでちとむさんヒット!
大きそう! あ、ばれちゃった…

ふ〜む…
すると1時間ほど経過した7:00頃
お!ヌッシーにもアタリあり!!
乗れ!乗れ!乗った!!
サビキ用に持ち込んだリーディングXA73がしなります。
さすがにこの竿は乗せやすいです。
それほど大きく無さそうな引き…
上がってきたのは35cm位のギリギリ刺身に出来る位の真鯛!
イエス!カス回避です!

するとまた後ろのちとむさんヒット!
えらい良く引いてます!
真鯛ちゃうんと違いますか?
ちとむさんのシオ皆がデカい鯛や!と言いつつ上がってきたのは50cm位のシオ!!
おお!!え〜なぁ〜!
ちとむさんはカンパチ釣るの上手いねぇ〜!
しかしサビキでシオ釣れるか?普通(笑)

この辺りで付近の鯛狙いの船が1カ所に集まり始めました。
どうやらこの狭い1点だけに魚探の反応が集中しているようす。

と言う間にヌッシーとナオチャンダブルヒット!!
同時にヒットしてさらにほぼ同時に針にも乗りました。
ヌッシーの手応えからしてさっきより更に小型の真鯛っぽいです。
多分ナオチャンのも同様でしょう。

上がってきたのはヌッシーには25cm位の真鯛。
イッシーさん風に言えば炊飯器にジャストサイズの鯛飯用です。
しかし何故かナオチャンにはええ型のイサキ。
なんでやねん!(笑)
今の明石のイサキは貴重で高いらしいです。

この後またちとむさんが1匹ばらして鯛釣りは終了。
ふぅ〜む、釣果は鯛2匹でヌッシー竿頭ですが、50cmの真鯛釣った焼き鳥H房さんや50cmのシオ釣ったちとむさんに負けている気がするのは何故?!

気を取り直して神戸沖のタチウオポイントへ向かいます。
昨日は大型混じりで入れ食いだったそうです。
まぁ坊主は無いでしょ。

ハイ投入!
……
…反応無し!!(笑)

おいおいマジかよ!
昨日と同じく深場を探りますが反応無しです。
しかしちょっと浅場を探ると反応が出だしました。
どうやら昨日とパターンが違う様子。

右ミヨシのお客さんがペンペンタチウオを釣り上げた直後、ヌッシーにド〜ン!と大型タチウオらしいナイスな感覚!
うぉっしゃ〜!デカい!
と喜んで上がってきたのは恐らく指4〜5本クラスの大型!
でも抜き上げ失敗して船縁から海へサイナラ〜!

ショック!(((( ;゚д゚)))
タチウオの抜き上げに失敗するのは久しぶりです。
ガッチリ掛かってたのに…

これでケチが付いたのかどうもヌッシーのヒット率が上がりません。
ペンペンはタマに釣れるのですが…
そうこうしているうちに30ポンドのリーダー接続部の上から切られてジグロスト。

リーダー結び治すのも面倒臭いので鯛カブラ用に持ち込んだシークベイトの「桜ML」を持ち出しました。これにはリーダーフロロ4号巻いてあります。

するとここから急にボコボコ釣れ始めました!
どうやらとってもリーダーの太さに敏感な様子。
確かに魚探の反応見ると底付近と底から10M付近に反応があり、浮いている様子なので魚の活性は高そう。
リーダーさえ細ければ確実に喰ってくる感じです。

しかし流石に4号リーダーは簡単にタチウオの歯で切られます。
2個3個とジグを無くしていきます。

でも釣れる方が良いもんね〜!
ペンペン主体ですが、中には結構マシなのも混じります。
そこへ久しぶりにド〜ン!としたアタリ!
上がってきたのは今日一番の指5本サイズ!!
よっしゃ!よっしゃ!
気をよくしていると直後にミヨシの焼き鳥H房さんが更に太いドラゴンを釣り上げました。
大きいの居るやん!

よ〜しヌッシーも頑張るでぇ〜!
と思っているとまたしてもド〜ン!とした大型のアタリ!!
これもデカいよ!!
うんしょ、うんしょと真ん中まで巻き上げたときに何故かヌッシーのラインがミヨシの方向へ引っ張られ始めました。
上げていくとミヨシの兄ちゃんとオマツリしています。
タチウオ…付いてるね…けどジグはヌッシーのじゃ無いね(泣)

お互いのラインは絡み合い、絡んだまま取りあえずタチウオを抜き上げてみると…
底から先にあるはずのヌッシーのラインがありません。
真ん中でヌッシーの大型タチウオとジグとリーダーとPEラインが海にサイナラ〜!しています(泣)

ショック!(((( ;゚д゚)))
これはダメージデカいです。
やはり太いリーダーが必要なのか?!
と言うわけでちとむさんに70ポンドフロロを1ヒロ貰って接続。
しかしここでパタッと喰わなくなってしまいました。
やはりリーダー太いとダメみたいです。

細いのに巻き替えようか…と思った途端にここでタチウオ狙い終了。
朝の鯛ポイントへ戻るとのこと。
ヌッシーのタチウオ釣果はデカいの1・マシなの2・ペンペン沢山ですが、実際の数はヌッシーのクーラーにナオチャンもタチウオ放り込んでいるために不明です。

タチウオの状況ですがかなり上向き。
ペンペンが多いですが、結構な頻度でデカいのが混じります。
ジグの色は圧倒的にゴールド系。
ただしかなりスレているのかリーダー細くないと喰いません。

さて戻った鯛ポイントですが、流れが速くなってしまっていて鯛の反応は無し。
以降誰の竿も曲がることは無く納竿となりました。

本日釣果
ヌッシー : 真鯛2(38cm・25cm)タチウオそこそこ
ちとむさん:シオ45cm タチウオそこそこ
H房さん : 真鯛1(55cm)タチウオそこそこ

10/22本日釣果全体的にボチボチって感じですが久しぶりに魚の顔が見れて良かったです。

鯛はともかくタチウオは本気で狙えばかなり面白そうに感じました。

1

【地域】 日本海(経ヶ岬沖)
【海況】 小潮 晴れ 朝うねり2M→昼やや凪ぎ
【釣り船】VICTORY1
【釣り座】右艫
【釣行者】ヌッシー satokenn先生
      イッシーさん イッシーさんのお連れ

 

今日はsatokenn先生のお誘いを受けて激渋の明石ではなく日本海へ出撃です!!
イッシーさんからも「鰤ブリ祭り開催中らしい!」との報告を受けていたので嫌が応にも期待は高まります。50Lのトランク大将で足りるのかしら?!

しかし2日程前から寝冷えして子供と一緒に風邪気味のヌッシー。かなり体力的に不安が残ります。
前の晩から「行くべきか辞めるべきか」迷いましたが結局行くことに。なかなか大人になれません(笑)

ビクトリー1今回の釣り船は丹後ジギング船集団のドンとも言うべきVICTORY1です。港は津居山。と言うより城崎です。
ヌッシー宅からは片道170km、高速で100km下道70kmです。行くまでに3時間、多めに見積もって4時間の時間を取って走り始めたら2時間5分で着いてしまいました(爆)

みるとヌッシーよりも先に到着されている方が居られて釣り座の陣取りは失敗。

何はともあれ出港です!
VICTORY1の黒田キャプテン曰く「朝のうちは波高いかも」との事でしたが、予感的中で沖に出ると2M近いショートピッチのうねりの状態。
こ、これは体力的に不安が残る今日のヌッシーには絶望的かも…
そこで「今日は絶対に酔う」と決めてかかって釣果はそっちのけで体力極力温存作戦で行く事にしました。
つまり「出来る限り寝る!」です。

最初のポイントはうねりの残る近場ポイント。
ヌッシーがジグを落とすと…
ヒット!!
いきなり船中ファーストヒットで上がってきたのはハマチ。
日本海のハマチは美味しくないからなぁ…とおざなりな抜き上げをしようとした途端に針が外れて海に帰っていきました。
まぁいいや。

すぐにジグをキャスト。
すると即ヒット!!ヌッシー連発です。
何だ何だと見ていると掛かっていたのはペンペンシイラ。
これはリリース。
このペンペンシイラを各自釣り上げている間にヌッシーはフグを2連発。

移動です。
ヌッシーはちょっと気分が悪くなってきました。
クーラー並べて寝る体勢です。
へい!マグロ一丁!
皆からは早くも船酔いしてダウン1名(マグロ状態)に見えたことでしょう。

次のポイントは網野沖。
マグロ二匹ヌッシーもちょこっとしゃくりますがダンシングマジックをしゃくるには体力的に難しいので誰かが釣れるまで寝ることにします。
ふと横を見るとイッシーさんまで寝ています。
イッシーさんも船酔いのようです。
へい!!マグロ一丁!!

船は経ヶ岬へ向かいます。
ここでイッシーさんのお連れさんがサワラを釣り上げた直後にダウン。
へい!!!マグロ一丁!!!

今日は鰤ブリ祭りかと思いきや
マグロ祭り開催中です!!

ヌッシーは船酔いもありますが風邪の影響もあって何だか複雑な体調。
見るとsatokenn先生が何か魚を掛けた様子。
そっかぁ〜魚釣れるのかぁ〜じゃぁ僕もいっちょしゃくってみようかな〜!

ヌッシーも竿を持って釣りをしようとしたら…
satokenn先生が釣った魚はサワラでした。
そのサワラをヌッシーの真横で処理し始めたら、そのサワラがサワラ臭いの何の!!
「おえっ!」となる臭いをモロに嗅いでヌッシー再びダウンです(泣)

そのまま寝続けたヌッシー。
たまにちょこっと釣りしてみますが何も釣れず…
他の方もあまり釣れていない様子。

すると携帯に着信アリ。
赤いレインウェアさんからメールで「どない?」とのこと。
船酔いしてるので返信メールなんて打てません(爆)
直後にちとむさんから電話で「どない?」と電話アリ。
「酔ってます、サワラボチボチです」と吐き捨てるように返答(笑)

海の方は11時頃からようやくうねりが収まってきました。

この辺りからイッシーさんは出すものを全部出してスッキリしたのか復活です。
(イッシーさんのお連れさんはその後もキャビンから出てくることはありませんでした…南無)

皆で無言でしゃくっていると(喋ったら内臓出そうなんです)
後ろでバタンバタンと魚が跳ねる音。
振り返ると何も言わずにイッシーさんが良い型のサワラを釣り上げています。
ちょっとイッシーさんヒットとか何とか言ってよ〜(笑)
まだ船酔いの影響が残っていたイッシーさん、喋る元気がなかったそうですが、自分のサワラを処理している間にそのサワラの臭いを嗅いでプチダウン(笑)

その間にヌッシーとsatokenn先生のジグが同時に着底(100M位の底です)すると同時にドン!ドン!とヒット!
上がってきたのは70cm位のサワラ。
ようやくヌッシーにも魚が釣れました。
やれやれ〜。

イッシーさんメジロその後、黒田キャプテンが「青物っぽい反応ありますよ!」と言った直後にイッシーさんの竿が曲がり、値千金のメジロ1匹!
ちなみに今日のVICTORY1で唯一のブリ族です。
何で寝てたアンタが竿頭なんや〜!(笑)
イッシーさんこの魚で完全復活です。

その後も延々経ヶ岬周辺を走り回って青物の反応を探しますが何も釣れず。予定時刻を1時間延長した17時過ぎに納竿となりました。

サワラやっとこさ1匹本日釣果
ヌッシー:サワラ1匹
satokenn先生:サワラ3匹
イッシーさん:メジロ1匹 サワラ1匹
イッシーさんのお連れ:サワラ1匹

ふぅ…
疲れたねぇ…
今日は堪えたよ…
全員疲れ切って家路につきましたとさ。

1

【地域】 明石
【海況】 大潮 晴れ 
【釣り船】魚英
【釣り座】右艫
【釣行者】ヌッシー イッシーさん 赤いレインウェアさん

今日はヌッシー久しぶりのジギングです。何と17日ぶり!(笑)
魚の釣り方忘れたかも〜。
ここの所絶不調・谷底ドン底釣果の続く明石界隈ですが、自分が釣りに行く今日位から釣果が上向くかも?と何の根拠もない淡い期待を抱きつつの参戦です。
でもクーラーはちょっぴり控えめ35L。

魚英に着いてみると何故か黒山の人だかり。
今日の乗船者は20名!この貧果の続く明石海峡に一体何の期待を持って皆さん来てるのか?と自分の事はすっかり棚に上げつつ驚きました。

今日の出船は2隻。
ナオチャン船頭の2号艇の右大艫にヌッシー、その前にイッシーさん、左ミヨシに赤いレインウェアさんのオーダーです。
ちなみにヨシノブさん船頭の1号艇の大ミヨシには久しぶりのさにょ師匠も乗船。

で、出港。
で、やっぱり釣れません。
魚からは無反応を喰らいます。

唯一朝8:30頃に目の前に沸いたナブラに秘密兵器を投げ入れたところ即ヒット!
ツバスとドラグを出しつつ巻きつつの一進一退の慎重な攻防を繰り広げてヌッシーようやくツバス1匹ゲットです。

もう一度沸いたナブラに再度ヌッシー&イッシーさんで秘密兵器を投げ入れて見るも喰い損ねてエビにされただけでナブラ終了!

結局ナオチャン船頭の2号艇は8人乗船でヌッシーのツバス1匹のみの釣果で納竿と相成りました(泣)
(後半は勝手にアオリイカ狙ったりサビキ落としたりカブラ巻いたりして遊んでましたっ!)


何じゃこりゃ〜〜!

本日釣果
ヌッシー     :   ツバス1匹(竿頭)(爆)
イッシーさん   :   残念!次に期待
赤いレインウェアさん : 残念!次に期待

ちなみに1号艇のさにょ師匠はツバスを6掛け3ゲット!
さすがで御座います。

船から下りて魚英の説教部屋で常連反省会。
何故か仕事を抜け出してきたちとむさんもいます(笑)
ここでは反省会と言うより先ほどの秘密兵器の威力で話は持ちきり!何しろナブラが沸けば高確率で魚が掛かります。

この話の流れから「今日は魚の反応悪かったけど、夕方からはナブラが沸くかも」と言う話になり…

ついにはリベンジ船(午後便)出撃!と言う話になりました。

【地域】 明石
【海況】 大潮 晴れ 
【釣り船】魚英
【釣り座】好きなところで(笑)
【釣行者】ヌッシー イッシーさん 赤いレインウェアさん ちとむさん

と言うわけでチーム木曜日のヌッシー・イッシーさん・赤いレインウェアさん、そして何故か仕事中のちとむさんも参加でリベンジ船が出ることになりました!!
(ヨシノブさん船頭2号艇・アシストW田氏サポート)

ハッキリ言ってええ大人がかなり頭悪いです(笑)
しかし何か漠然とした「夕方からなら釣れる」と言う確信もあります。

ちとむさんは手ぶらなのでヌッシーのスピニングタックルとジグ等を貸し出しで参加。
とにかく
ナブラが沸く→秘密兵器投入!→ウハウハ!
の構図しか頭に浮かんできません。

出撃してからは明石港周辺をナブラを探して彷徨います。

しかしナブラ沸かな〜い!!
単発的にポコンとナブラが沸くのですが、あっと言う間に沈んでしまいます。
皆疲れているので口数も少なく黙々と竿をしゃくりますが、イワシ一匹掛かってきません。

あっと言う間に規定の17時になり納竿。

本日午後便釣果
ヌッシー     :   残念!次に期待
イッシーさん   :   残念!次に期待
赤いレインウェアさん : 残念!次に期待
ちとむさん    :    残念!次に期待

何やってんだか…
ホントに疲れました…
精も根も尽きたとはこのことでしょうか…
夕日がやけにまぶしく感じます。

        ふぅ…

 

一体いつになったらこのドン底釣果から抜け出せるのでしょうか…

1

【地域】 明石
【海況】 中潮 曇り 
【釣り船】魚英
【釣り座】左艫
【釣行者】ヌッシー 

 

先週の木曜日から始まった明石近海サワラ爆釣祭り。
ヌッシーが沼島へハモ食べに行ってる間に勝手に始まったサワラ祭りですが、ヌッシーもサワラ食べた〜い!

しかし急に居なくなるのがサワラという魚。
いつも乗る木曜日まで待っていてはサワラが居なくなるのは必至。今度の木曜日はイッシーさんも参加されるとのことなので楽しく釣りが出来そうですが、サワラも釣りたい…。
考えた末にサワラ優先で今週も月曜日に魚英に乗ることになりました。

よって本日の至上命題は「サワラを釣る」、この一点です!

雨上がりで薄ら寒い明石港に集まったのはヌッシーと同じくサワラを釣りたいと集まった15〜16人。
ヌッシーは知り合いのイエローシューズブラザーズH房(弟)さんと一緒にナオチャン船頭の2号艇に乗船。
二人で大艫に陣取りナオチャンの話し相手も兼ねます(笑)
2号艇は6名乗船。ヨシノブさん船頭の1号艇は10名位乗船です。

例によって明石海峡周辺を魚探して彷徨いますが…

魚おらん!!(爆)

魚の気配すらありません。
サワラどころかベイト反応探すだけでも一苦労。

神戸沖でサワラを狙って皆でジグをしゃくりますがあまりに釣れないので必殺サビキ仕掛けを投下してみると…

1撃でええ型のアジが釣れました!
わ〜い わ〜い!
これが船中1匹目の魚です。
やっぱりサビキは必要やねぇ〜
続けてサビキを落とそうかと思ったとたんに「移動〜」の合図。
がっくり…

ここからあっちを彷徨いタチウオ狙い、こっちを彷徨い大型青物狙いしますが全員かすりもせず。
一時だけイエローシューズブラザーズH房(弟)さんがツバスを何回か掛けましたが全部ばらし。

昼頃になってナオチャン曰く「明石海峡大橋の西側へ移動する」とのこと。
ははぁ〜ん!いつでもサッサと港に帰れるように近づいてるな!(笑)

橋の西側に付くと、おおっ!単発的ながらツバスが沸いています!
何だかちょっとだけチャンス!

軽い隊長ジグを遠投してフワフワしゃくってると…
ヌッシーツバスヒット!
これはばらせません!
ちっこいツバス相手ですが何分もかけて慎重に巻き上げます。

やっと釣れたツバスナオチャンに「どの辺りの水深で釣れた?」と聞かれましたがサッパリ判らず(爆)
だって殆どやる気なかったんですもの…

上がってきたのはまぁまぁええ型のツバス。
この日2号艇初めての青物です(笑)

続けて釣ってやろう!
と思いましたが結局この後も誰にも何も釣れず本日は納竿となりました。

本日釣果
ヌッシー : ツバス1匹 ・ アジ1匹 (竿頭 笑)

ツバス1アジ1竿頭(爆)あぁぁぁ〜!
サワラどころか何て悲惨な釣果なんだぁ!
しかもヌッシーのこの2匹で竿頭なんてどないなっとんねん!
ここ3回続けて撃沈です。

いつまで続くのかこのドン底釣果…

あ、久しぶりに渋々券貰いました(笑)

ツバスとアジは帰宅後速攻で刺身にしました。
美味しかったです。
トホホ…。

2

【地域】 明石
【海況】 中潮 晴 
【釣り船】魚英
【釣り座】右ミヨシ
【釣行者】ヌッシー 

 

前回皆さんが爆釣してる中で一人だけ釣れないと言う大失態をおかしたヌッシー。
う〜ん悔しい!!
名誉挽回したい!!

しかし今週は木曜日に所用があるために参戦は無理。
と言うことは来週…まで待てない!!

昨日の夜に魚英のナオチャンに「今日の感じはどうだった?明日は良さそう?」と聞いてみたところ「ダメ!明日も…アカンやろなぁ〜」との期待を裏切る答え(笑)
「でも今日はイイダコ爆釣したよ!いい人200杯!」との報告。

お!イイダコ良いねぇ!
しかしおせち料理の定番であるイイダコは冬の風物詩。こんな真夏に釣れるの?
「何か知らんけど爆釣!半分位は飯(イイ)入ってるよ!」とのこと。

それは面白そうやね!じゃぁ参戦するか!

早朝、浜に着いてみると意外と風が強く肌寒い感じ。
Tシャツ+短パン+クロックスでは寒いなぁ〜まぁ日が昇ったら暑くなるだろうけど…。

今日はいつのも木曜日ではなく月曜日参戦なのでちょっとしたアウェイ気分で釣り開始です。

朝から明石海峡大橋付近をウロウロ流しますが、目当てのツバスは皆目釣れず。
船中10人で3匹だけ釣れて終了!
予想通りと言うか予想以上に厳しい海況です。

こりゃぁリベンジどころか返り討ちか?!

移動。
鹿ノ瀬奥でタチウオ狙います。
他の釣り船も続々と集まってきます。よそも全然釣れてないのね〜。
しかしタチウオも渋い!!(>_<)
どの船も全然釣れません。

と思ったところにヌッシーヒット!!
上がってきたのは「食べるところ無し」な感じのペンペンタチウオ(笑)
周囲の全ての船を含めてこの1匹のみでタチウオポイント終了です。
(ペンペンタチウオは1匹では持って帰るだけ面倒臭いのでそっと隣の人のクーラーに入れておきました。笑)

 

あぁ予想通り魚は釣れませんでした。
まぁいいや…

気を取り直して本日のメインイベント!
イイダコ釣り開始です!
場所はイイダコと言えばここ!と言う位有名な二見沖。

今日はヌッシーイイダコに対する準備は万全です!
固めの竿が良いと思われるので鯛カブラ竿に、右手で竿を終始振り続けられるように左巻きのリール装備!!

すぐに釣れました(笑)

ここから右隣に座った魚英のナオチャンと一進一退の攻防開始です!
竿頭200杯と言う前日ほどノリは良くないですが、それでも結構イイダコが乗ってきます。
しかしばれるイイダコも多く、乗せる技術+フッキングさせる技術が求められます。

かなりテクニカルで結構はまります(笑)

ナオチャンに3〜4匹先行されつつ10杯、20杯、30杯と数を稼いでいきます。
しかし途中で急にナオチャンにグッと差を付けられ…

これは追いつけん…

差が10杯以上になってしまいました。
試しにナオチャンが使っているイイダコテンヤ(タコを釣る仕掛け)に換えてみると若干釣果アップ。

イイダコ煮付け午後2時に納竿となった時点でヌッシーはイイダコ54杯(イイダコ竿頭)になりました。
しかし本当の竿頭はナオチャンの70杯位なんですよねぇ…

ナオチャンの分もちょっと貰って60杯位を持って帰宅。
ヌッシー母とそのお友達の皆さん寄ってたかって下拵えして速攻で煮付けにされました。
結構美味しい!

まぁ青物リベンジはまたの機会に果たすことにします。

本日釣果
ヌッシー : タチウオ1匹・イイダコ54杯

1

【地域】 明石
【海況】 大潮 薄曇り 
【釣り船】魚英
【釣り座】左ミヨシ
【釣行者】ヌッシー ちとむさん イッシーさん しおざきさん

 

今日も魚英に出撃!
チーム木曜日の3人全員仲良く並んで乗船です。
ヌッシーは前日から体調不良。朝からちとむさんにバファリン貰って頭痛をやり過ごします。
しんどいけど今日はカンパチ釣ったるで!!

ここの所絶好調の明石海峡付近、今日も港を出るとすぐに大船団が出来ています。
程なくして魚探には魚の反応が濃く映し出され、海面にも逃げまどうイワシと追う青物の姿がバシャバシャ見えて非常に良い感じ!

すぐにヌッシー右隣のちとむさんがツバスを釣り上げます。
すぐに負けじとヌッシー左隣のしおざきさんもツバスをゲット!
負けじとちとむさんがメジロ!しおざきさんがツバス!
ちとむさんがもう一つメジロ!しおざきさんが鯛!!
ちとむさんがツバス!しおざきさんがメジロ!
  ・
  ・
  ・
おいおい!
ヌッシーを挟んで両隣で爆釣していますが、何故かヌッシーにはアタリすらありません。
大ミヨシのイッシーさんも渋い様子ですが、ヌッシーと比べるとアタリはあるしたまにツバス釣れるしまだマシ。

何でヌッシーに釣れないの?

しかし今日は非常に絶好調な明石海峡。
ヌッシーの乗ったヨシノブ船長の1号艇では殆どの人が魚を釣り上げてボウズはヌッシー含めて2〜3人。
僚船のナオチャン船長2号艇でも一人以外全員メジロを釣り上げるという活況!!

しかし何故かヌッシーにはかすりもしません。
何故??

ヨシノブ船長には「針付いてへんのちゃうの?(笑)」とからかわれ…

確かに誰しも調子の悪いときはあります。
しかしこれだけ魚がうわずって誰でも釣れる状況でヌッシーだけ釣れないのは明らかに変です。
いや、針はちゃんと付いてるって!

誰かの真似っこしようにも、右隣のちとむさんはフワンフワンとのんびりちゃくってますし、左隣のしおざきさんはビシバシ高速でしゃくってます。
どうやらしゃくり方やジグの色やサイズの問題では無いようです。
と言うかジグを落とせば釣れる状態。

う〜ん判らん!!

泣きかけた8:30頃、ようやくヌッシーにツバスがダブルでヒット!
貴重な魚なので慎重に慎重に釣り上げていたら周りから「メジロ以上に慎重やな」とまたからかわれ…。

しかしこのツバス2匹をもって朝のフィーバータイム終了〜!

周りは既に満足げな顔ばかりです。
ヌッシーは大いに不満。っていうか何で釣れへんの?!

その後釣れなくなった明石海峡界隈をフラフラ彷徨いますが特に何も釣れず。
ヌッシーもツバスを1匹追加しただけで終了〜!です。

下船後、魚英の説教部屋でひとしきり考えてやっと釣れない訳が判りました。
それは…
当初から大物ポイントでカンパチ釣ることしか頭になかったためにメインタックルのリーダーを50ポンドで巻いていたのです。
ツバス相手ならもっと細くて良かったのに…
これしか他の人と違う点は見つかりません。
太いラインが魚に見切られていたのであればアタリすら無かった事も説明付きます。

あぁぁぁぁ…
やっちゃった…
わたぁくしぃ〜本日ぅ〜未熟者ぉ〜〜です。

本日釣果
ヌッシー : ツバス3匹
イッシーさん : ツバス4匹
ちとむさん : メジロ2匹・ツバス〜ハマチ7匹・サバ1匹
しおざきさん : メジロ1匹・鯛1匹・ツバス沢山

 

一から修行し直してきます…

1

【地域】 明石
【海況】 長潮 雷雨(命懸け) 
【釣り船】魚英
【釣り座】左大ミヨシ
【釣行者】ヌッシー ちとむさん イッシーさん

 

今日もいつもの明石のジギング船「魚英」に出撃。チーム木曜日の3人揃って参加です。
ヌッシーもちとむさんもここの所非常に釣果に恵まれていたので今回も釣れる気がします。イッシーさんは久しぶりのジギングと言うこともあり気合い十分!

8.23天気図天気図を見ると去年の8月25日も同じような天気図で、ツバスが爆釣したことからも今回は期待大です。
(唯一違うところは今年は前線を伴っている点)

前日には酷い雷雨がありましたが、今日の天気予報は曇りとのことなので大丈夫でしょう。

ワクワクして殆ど寝られずに3時起床、そのまま買い出し兼ちょっと仕事をこなすために自分の店に向かいます(コンビニなんです)
しかしここで夜間メンテナンス中の店舗設置ATMが使えない事に腹を立てた酔っぱらいに捕まってしまいました。
全然埒があかないので警報スイッチを押して警備会社と警察招集。
無駄な時間を使ってしまいました。何より折角の休日の出だしにケチが付いてイヤな気分です。
体力20%ダウン・テンション20%ダウンのまま一路明石へ。

道中何度か激しい雨に遭遇します。
大丈夫かな?まぁ朝になったら上がるでしょ。

不穏な明石海峡しかし予想(希望)に反して明石は不穏な空模様。
メチャクチャ低い真っ黒な雲が空を覆い、あちこちでピカピカ稲光がしています。そしてそこかしこに激しく降る雨も見て取れます。
怖っ!
ちょっと港で様子見してから出港しようね!
(ちなみに今日の乗船者は超常連6名+お子様1名です。
普通であれば絶対釣れるメンバーです)

ところがヨシノブ船長は「ほな行くでぇ〜」と出港!
マジですか?!
出港直後から激しい雨も降り出しました。
マジですか?!
あぁぁ!東の三宮の方で激しく稲光がしています!
あぁぁ!見ると西の二見の方から土砂降りの雨とともに稲光も接近中!!
稲妻サラウンド状態です。5.1chも真っ青!

怖いぃぃ〜〜!!(マジ)

ヌッシーのテンション急激にダウンです。

ヌッシーは稲光が気になって釣りに集中なんて出来ません。
逆に「釣れてしまったらどうしよう」なんて考えています。デカいの掛かって釣り上げるのに時間かかってる間に雷雲接近したら怖いですから。
こんな中で雨具も無しで気合い十分のイッシーさんの気が知れません(笑)

たまに大型青物のアタリらしきものはあるのですが、皆腰が引けているので全然しっかりフッキング出来ずにばらしの連続です。

天気は豪雨。雨具ごとビショビショです。寒っ!

そんな豪雨も幾分マシになってきた9時頃、垂水沖でちとむさんに何やらヒット!竿がブチ曲がっていますが…
どうやら地球を釣り上げた様子(笑)
まぁ今日は判りにくいからねぇ〜体は半歩船内に引っ込めているし。
イッシーさんも「ちとむさん垂水釣らはったんですか?笑」と冷やかしています。垂水は釣り上がらないねぇ〜(笑)

しかしこの直後に本当に何やらちとむさんにヒット!
ヌッシーが「それ魚?それ魚?垂水でしょ!」と冷やかしてみても「垂水ちゃうわい!」と返ってくる所からして本当に魚の様子。
井端さんと結構あっさり釣り上がったのは何と72cmのカンパチ!
うぉぉ!スゲェ〜!
魚英のジギングダービーカンパチの部暫定トップになる魚です。

ちとむさんやりますねぇ〜!これで3連続で青物釣り上げています。なかなか出来ませんよ〜。
釣り運が良いのか腕が良いのか…。

この辺りからやっと天気が快方に向かってきました。

カンパチも上がったことから一同気合いを入れ直して皆でジグをしゃくり続けますが以降パッタリとアタリすら無くなりました。
ヌッシー完全に気力が折れてしまいました。
皆さんにアンケート取ったところ、ほぼ全員一致で「タチウオ釣りに行こう!」となったので11:30頃から移動です。

結構長い距離を走って大阪湾中心部へ。
タチウオ狙いの船が集結しています。
最近の各釣り船の釣果を見ますと1日釣ってタチウオ0〜13匹位なのでかなり釣果は渋い様子。
まぁお土産でもちょろっと確保出来れば良いやとタチウオ釣り開始です。

しかし本当に渋いタチウオ釣りでした。
天気は良くなって今度は暑い位ですが、釣果の方はなかなか伸びません。
まぁそれでも各自ポツポツ釣果を伸ばし、何故かヌッシーには良い型が揃った(それでも指3本クラス)のでお土産は確保出来ました。

タチウオ釣りを小一時間して納竿。

タチウオ10匹本日釣果
ヌッシー : タチウオ10匹
イッシーさん : タチウオ7匹
ちとむさん : カンパチ72cm タチウオそこそこ

ちぇっ!50Lのクーラーなんて持って行くんじゃ無かったよ。

しかし今日は過酷な釣りでした。
精神的に疲労困憊です。
ちょっと当分立ち直れそうにありません。

下拵えあ、帰宅後タチウオは大きめ3匹を塩焼き用にカット、その他はクルクル巻いてテンプラに出来るように3枚おろしに。
この3枚おろしが手間なのよねぇ〜。
我ながらようやるわ…。

タチウオは10匹中、卵を抱いてるのが2匹・10cm位の海老を丸飲みしてるのが1匹いました。

5

【地域】 明石
【海況】 若潮 晴れ 南東の風3 
【釣り船】魚英
【釣り座】左大艫
【釣行者】ヌッシー ちとむさん しおざきさん

 

台風直撃で船が出なかった先週を挟んで2週間ぶりの明石ジギングです。

今日も平日だというのに魚英は2隻満員御礼。
1号艇はヨシノブさんが船頭でエイト玉津の面々と何人かの常連さん。
ヌッシー達が乗る2号艇はナオチャン船頭でミヨシ側に全員初心者の6名さんが全員レンタルロッドで乗り、ヌッシーが左大艫・しおざきさんがその前・ちとむさんが右大艫のオーダー。

取りあえず釣れる物を釣ると言う作戦ですが、何やら釣れない気配も濃厚です(笑)

出港直後は港周辺をポツポツ廻りますが誰もかすりもせず。
よく見るとミヨシの初心者6名さん達はかなり危なっかしい釣りを展開してはります。
この間にしおざきさんがシーバス1匹ゲット。

回り回って8時前に淡路島側の松帆沖へ。
ここでヌッシー、ミヨシに乗った6人さん達が釣りの基本中の基本である底取りが出来ていないのを見かねてしまいました。
人の事は放っておけばいいってものですが、このままでは確実に彼らの飛ばしまくったラインとオマツリしてしまうのは必定。
自分の身を守るためにもここは一つ基本だけでも優しくレクチャーしてみようかと…

一番近くのお兄さんに「ちょっと竿貸して下さい」と竿を借り「底取りしないと釣れませんよ、こうするんです」とスピニングでの底取りをレクチャー。
皆さん結構真剣に聞いてくれています。
で、底取り実演した後、どうせ底までジグが落ちているのだからとついでにジグのしゃくり方もレクチャーすることに。

「こうやってタンタンタンと巻いてストップ入れて、タンタンタン…」

ガコン!!

おお!何か釣れた!!(爆)

説明中に魚がかかってしまいました。
引き方からすると確実にええ型の真鯛です。
しかしレンタルロッドのリールのドラグは固着しているのでリールでのいなしが効きません。加えて竿も普通の固いジギングロッドですので竿でのいなしも効きません(汗)

これは…このまま釣り上げてしまおう!

説明中に釣れた真鯛意外と難しいです。
まぁそれでもガッチリと上がってきたのは54cmの食べ頃真鯛。
色も綺麗だしイワシ喰ってるからかお腹もパンパンですし、松帆の魚なので旨いこと請け合いです。

でも人のタックルで釣れた魚…それも説明中に…
微妙〜〜〜!(笑)
ナオチャンにも「大先生!」とかからかわれるし…

魚が釣れたので再度同じラインを流します。
するとヌッシー&ちとむさんに恐らくサワラと思われる魚がヒットし即ばれました。
う〜む高級魚逃がしてしまった…

背中でジグ喰ったシーバスしかし直後の流し(8:30)でまたまたヌッシーにヒット!!
かなり引きます!
「青物や!」
やったぜ!と思いきや上がってきたのはシーバスのスレ掛かり。背中でジグを喰った器用な魚です(笑)
正直シーバスなんてどうでも良いと思ったのですが、皆から「それ旨いで!」と言われたので取りあえずキープ。

取りあえず移動です。

潮が流れ始めたので潮を追って大型青物を狙うとのこと。
そう言えばこのあいだもこんな展開で鰤が釣れました。
ちょっと船の排気ガス吸い込んで船酔い気味ですが頑張ってみるか…

えっと…こんなジグにこんな針付けて、こういう風にフワンフワンとしゃくると…

ガツン!!

おおヒット!(笑)
本当にいきなり魚がかかりました!

うん、前回ほど大きな魚じゃ無いね、大ハマチ位かな?
等と思いながら10M程巻き上げた所でいきなり魚が猛烈に引き始めました!
うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ〜〜〜!
竿が伸されています。リールからは糸が出っぱなしで全然巻き取り出来ません。
楽しいぃ〜!でもしんどいぃ〜!(笑)

何とか船縁まで巻き上げて魚が見えました。
お!大きなメジロ!!
と思ったところで何故か魚が船底に張り付いて見えなくなりました。
???

何してもビクとも動きません。
何で??
このままではヤバいので覚悟を決めて必殺スプールフリー!!
魚を自由にさせて事態の好転を図ります。
リールのクラッチを入れなおして…

あれ??まだ魚が動きません。
何より船のスクリューの近くなので気が気じゃありません。
再度スプールフリー!!&クラッチON!!
でも船底から動きません。

その時にしおざきさんが気づいてくれました。
右ミヨシ(ヌッシーとキャビンを挟んで船の対角線上)の初心者さんが何か必死に竿を曲げて引っ張っていることに…

「そこっ!糸出して!絡んでるよっ!」
ここでやっと魚が動き出しました。
どうやらミヨシから飛ばされた糸に魚が絡んだ上に船の両サイドから引っ張り合いっこしていたようです。
そりゃ動かんわ…

またまた大メジロゲット何とかナオチャンのタモに収まったのは前回ほどではありませんが良く太った大メジロ!!
2回連続で大メジロゲットです!!
イエス!!
やったぜ!!
今回は前回よりも少し寸が短い76cm、重さは前回よりも軽いです。恐らく5kg位でしょうか。

気をよくしていると誰かが「来たっ!来たっ!」と叫んでいます。
格闘中のちとむさん見るとちとむさんが格闘中(笑)
同じように竿が伸されてラインが出っぱなしになっています。

今度はヌッシーのように絡ませる訳にはいかないので念のために全員の仕掛けを引き上げさせて、更にナオチャンに船の向きを微調整してもらってランディング。

上がってきたのは79cmのやや細長いメジロ!!
ちとむさんやりました!!
何だかヌッシーまで嬉しくなっちゃいました!!

しかしこの辺りからヌッシーの船酔いが少し進行。
吐くほどではありませんがずっとほろ酔い(?)状態が続きます。
あ〜もう釣れたからいいよ〜
もういつ帰っても良いからねぇ〜
でもまだ9:15です(爆)

ここからあちこち彷徨いますが何も釣れず…
う〜しんどい〜
早よ帰ろぉ〜

結局以後何も釣れずに13:00頃に早上がりとなりました。

メジロ鯛シーバス!!本日釣果
ヌッシー 大メジロ76cm 真鯛54cm シーバス1
ちとむさん 大メジロ79cm
しおざきさん シーバス1

うほっ!2回続けて大型青物釣れたよ!!
真鯛は紆余曲折の末、竿を借りた兄ちゃんに進呈することに…

さて、帰宅後すぐに晩ご飯。
メジロは激ウマだった前回と違っていたって普通っぽいなぁ〜
旨い旨いと噂のシーバスはどんなやろ?

シーバス絶品!で、食べてみました。
予想通りメジロは普通ぅ〜のメジロでした。
可もなく不可もなく…

しかし…

驚いたのは洗いにしたシーバス!!
何も付けずにそのまま食べても臭み0で激ウマ!!
マジで旨いです!
と言うか今までのシーバスは何だったの?!

ちょっとあまりのショックに言葉も出なくなってしまいました。

デカルチャ〜〜〜!!

 

追記
タックルの問い合わせが多いのでヌッシーのセットで参考になればどうぞ…

ロッド   : ゼナック whippyベイト2番(100g負荷位)
リール  : シマノ ジガー1000(ハンドルは2000)
PE    : ダイワ ソルティガセンサー2号/35lb
リーダー : ナイロン50lb
ジグ    : 2dajig ピンク 130g
フック   : オーナー カットマグロ18号 ザイロン50号

恐らくライトに出来るギリギリ下限でしょう。
もう少しハードな方が今年の大メジロにはよろしいかと思われます。

5

【地域】 明石
【海況】 中潮 薄曇り 
【釣り船】魚英
【釣り座】左ミヨシ
【釣行者】ヌッシー イッシーさん 
      ちとむさん 赤いレインウェアさん

 

今日はいつもの魚英平日組全員集合です。
前日までの話では何が釣れるか何を狙うか判断つきかねたのでタコ・鯛・青物・シーバス何でも来い!な装備で参戦です。
右大ミヨシに赤いレインウェアさん・右大ミヨシから順にイッシーさん・ヌッシー・ちとむさんの席順。
別船で鯛・タコ狙いの船が出ましたが、ヌッシー達が乗るのは親父さん操船のジギング船で乗客9人全員が常連さんと言う心強いメンバーです。

開始直後の明石海峡大橋ケーソン。
潮がまだそんなに流れてないし青物なんて来ないでしょ〜と言うわけでヌッシーとイッシーさんは鯛カブラ落とします。他の人達は皆ジギング開始。

すると「ゴン!」とヌッシーに鋭いアタリがあって上がってきたのは30cmちょいのアコウ!!
いきなりの高級魚にすっかり得意満面のヌッシーです!!
ふふふ、だからまだ青物なんて来ないって!!
等と調子こいていると…

「ヒット!!」声がしたのは背中合わせな赤いレインウェアさん。
見ると竿がブチ曲がっています。
何?何?もしや青物?!

ナイスなカンパチそのもしやでした。
上がってきたのは70cmのカンパチ!!
スゲー!!
やられたよ〜!
すぐにヌッシーもジギング開始するも時既に遅く…。

魚英今期初のカンパチゲットです!

その後明石沖界隈を彷徨う魚英1号艇。
しばらくしていきなり良い型のメジロ(これまた魚英今期初)が上がるもまた沈黙。

ここから我慢比べ開始です。
色々試行錯誤しなくちゃいけません。
セメント磯付近でシーバス狙いのジギングをしていたヌッシーに何かが乗ってきました。
何だ何だと上げてみると良い型のタコ!!
ナイス!!
今日はタコ釣りしないと聞いて残念に思っていたヌッシーには何よりのお土産です。
しかし何で泳がしていたジグにタコが乗るんだ?!

ここでは他にヒラメにシーバスが上がっただけで終了。

近くでナブラが沸いたので皆で歓喜しながらジグしゃくってみるも大きなサワラ(羨ましい…)が1匹上がっただけで沈黙。
他にはちとむさんのジグにアコウが1匹。

途中一瞬何か判らないでかい魚がイッシーさんにヒットしてドラグが信じられない勢いで逆転するも1秒ほどで軽くなり…
あれはマグロだったと言うことで…(笑)

ふぅ〜釣れないねぇ〜
何だか嫌になってきたねぇ〜

「明石が嫌いになってきました」とイッシーさんと話をしながらダラダラとやる気無くジグをしゃくっていると…

ず〜〜〜ん

ヌッシーの竿が鈍く重くなりました。
何だ?根掛かり?魚?いや根掛かりか?いや魚か…

「魚や!!」
魚だと気が付いた瞬間、相手は走り始めました!

ヌッシー必死にリール巻きます!
グリグリグリ!!
しかしすぐにビューーーーーーーン!!とラインが引きずり出されて行きます。

グリグリグリ!!
ビューーーーーーーン!!
グリグリグリ!!
ビューーーーーーーン!!
グリグリグリ!!
ビューーーーーーーン!!

もしかしてリール壊れてる??
やり取りしながらリールをチェックしますがドラグはほぼ通常使用最強値に締められています。
魚がでかいんや!!
リールを巻くと巻いた以上にラインが引きずり出されて行きます。これは困った!!

全然魚が寄ってきません。
もう覚悟を決めて緩めたドラグで時間を掛けて相手しながら魚が疲れるのを待つ作戦です。
しかし相手は全然弱ってきません。
そこで今度はちょっとだけドラグを締めて引き寄せる作戦に変更。
しかし長い戦いです。
10分近く引っ張りっこしてたんじゃないでしょうか?
途中でちとむさんのラインと交錯するもちとむさんナイスフォロー!

お!リーダー入ってきた!あ!魚見えた!でかい!!

77cm6.4kgナオチャンのタモ入れ成功!!
うおっ!
でかい!!
ちゅうか太い!!

メジロっていうか…メタボリックな腹で体高ももの凄いです。

敢えて言おう!であると!!

サイズは77cmでしたが重さが6.4kgもありました!!
もちろんヌッシーの記録更新!!
引きもでかさもまんま鰤でした。圧倒的なパワー!

 

しかしここから今日の魚英は凄かった!!
一流し毎に誰かの竿が曲がってメジロが掛かります!!
どれもぶっとい腹ぼてのメジロばかりです。

お!後ろでまた赤いレインウェアさんがヒットです!
こちらもビュービューとラインを引きずり出しながら上がってきたのはこれまた立派なメジロ!!
「あ〜メジロとカンパチは食い合わせ最悪で猛毒なので注意するように!!(笑)」

しかし不思議なのはイッシーさん。
周りで誰かしらメジロを掛けているのに全然アタリが無い様子。
がんばれ!イッシーさん!!
皆で気持ちよく終わるために是が非でもイッシーさんに釣って欲しいのですが…

艫の方で2匹大物をばらしてしまってからはピタッと食いが止まり…この時点で今日は納竿となりました。

本日釣果
ヌッシー  鰤77cm6.4kg アコウ30cm 大きめタコ
赤いレインウェアさん 大メジロ75cm5kg カンパチ70cm 大ガシラ
ちとむさん アコウ30cm
イッシーさん 残念!!ガシラ1

青物釣果しかし本当に今日の魚英は凄かった!
釣果は
カンパチ 1
大メジロ 4
大サワラ 1
アコウ   2
ヒラメ   1
シーバス 2
ガシラ   2
タコ    1
何と8目釣りです!
しかも大型青物爆釣!!
ええ日に乗りました!!

鰤とアコウの刺身帰宅後すぐに捌いて晩ご飯に。
何ですかこの鰤の脂乗りまくりなのに上品この上ないお味は?!
日本海のメジロと比較のしようが無いのは勿論、去年明石で同時期に釣ったメジロと比較しても圧倒的に今回の方が旨いです。

まぁあれだけ異常にメタボリックな腹してたからねぇ〜
例年イカナゴがベイトだけど、今年はベイトがカタクチイワシだった事にも由来しているのでしょうか?
信じられないと言う方は是非魚英に乗って確かめて下さい!
凄いから。
あ、アコウはでかいサイズよりも30cm位の方が味が良いのね(笑)

今日は大満足でした!!

  【ヌッシーからお願い】     
今度の土日の
魚英は混むと思います。
今週前半もそうでしたが、青物が釣れていても1匹ばらすと群が散ってしまい途端に全く釣れなくなります。    
要はみんなのためにも掛けた魚は絶対に捕る!!のが大切です。      
現在釣れているメジロはどれもかなり大型でパワー全開なので多少ゴツ目のタックルを使用して100%捕って下さい!  
また、流れも早いので100g以上(ヌッシー使用は130g)の重めのジグを使ってオマツリしないようにしてください。   
オマツリしてばれてしまうと途端に釣れなくなります!  
これは同海域に浮かんでいる他の遊漁船・ボート全員に言えることです。誰かがバラすとその海域は終わりますのでご注意を!!  

1

【地域】 鳴門
【海況】 中潮 曇天/時々雨
【釣り船】つるぎ
【釣り座】右ミヨシ
【釣行者】ヌッシー ・ エイト3藤本店長 ・ 窪和久君

 

いつも行くフィッシングエイト3の窪和久君と「明石の魚英にアコウの飲ませ釣りに行こう!」と計画していたヌッシー。エイト3の藤本店長も参加することになり、さて実行!と言う段になって急遽「鳴門好釣!」の一報アリ。
無理矢理行き先変更となって鳴門のつるぎに出かけてきました。

朝3時にエイト3集合、藤本店長の車に便乗して一路鳴門へ。
今日は梅雨前線が真上に乗っかっているために生憎の雨模様。
まぁ降ると判っていればそれ相応の装備で臨むために特に問題はありません。
関西を代表する釣り名人の二人と一緒ですし、月曜日には同じつるぎ魚英の常連お友達H房ブラザーズが爆釣したようですから釣果に関しても何の心配も無いでしょう。

ドンヨリとした鳴門海峡いざ出港!
天気は雨交じりの曇天。鳴門大橋の橋桁上部までもが重たい雲に隠れています。

藤本店長は左大ミヨシ・窪和久君は右大ミヨシ・ヌッシーは窪和久君の後ろに布陣。

今日は潮が緩いのか鳴門海峡名物の海峡段差(激しい潮の流れで出来る1〜2Mの壁)もありません。

いきなり海峡付近で釣りスタートです。

んで……魚どこにおるんじゃ!(笑)
どないなっとんじゃ〜〜!
と思った7時頃「おっ!」とか言いながら藤本店長が鯛飯にももの足りないチャリコ(小鯛)を1匹釣りあげ。
さっきからたまにコツンとか来るのはこいつかぁ〜。

んでもってまた全然釣れない時間が続きます。
まぁなんやかんや言ってこの釣りは毎回こんなパターンですし、なんやかんや言って最後には何か釣れるものですから焦りません。

そうこうしている間にポツリ・ポツリとどこかで何かが釣れ…
12時を回った時点で気が付けば何も釣っていないのはヌッシーと窪和久君と左艫のオッチャンのみに…。

これはやばいかも…

しかし久しぶりに心が折れかけていたヌッシー、取りあえず寝て心の力の回復を図ることにします(笑)
クーラー並べてしばし昼寝。
30分程して起きてみても状況は何も変わらず。
よしよし!今から追い上げじゃ!!

ポイントは鳴門海峡大橋西の水深70M、海峡に向かって流れる引き潮の流れです。

窪和久君に大物ヒットかなりやる気になって仕掛けを落としていると…

隣で窪和久君にヒット!!
ん?!何それ?でかいの?

竿がブチ曲がっています。
鯛ちゃうやろ、それ?
寒鯛?アコウみたいにも見えるな〜

途中まで巻き上げたところから更に魚の締め込みは強くなり窪和久君も悪戦苦闘しています。
釣り座は右ミヨシなのに魚に引っ張られてミヨシ先端を周り、左へ移り、左胴の間をドンドン後ろへ後退していきます。

おいおい、早く上げないと鳴門海峡に突っ込むよ!
いつもの壁は出来ていないとは言え、鳴門海峡は激流が渦巻いています。

あ〜突っ込む突っ込む!
ドン!海峡に突っ込んで船はガクガク揺れる揺れる(笑)

窪和久君は更に後退して後ろのスパンカー(船の姿勢を制御する帆)の間で苦闘中。
そこでやっとタモが入って…

窪和久君新記録70cmあがってきたのは
でかい!
でかい鯛です!

窪和久君の自己新となる大真鯛70cm

凄いの釣り上げたねぇ〜!
やるねぇ〜!

やっぱり深場にはでかいのいるねぇ〜
しかし最近ヌッシーの周りで自己新の鯛釣り上げる人多くないか?もしかしてヌッシーは福の神?

しかしその福の神様自体はサッパリ釣れず(笑)

残り1時間一生懸命頑張ってみましたが何も起こらず。
ヌッシーカス決定です!

グハッ!傷つくなぁ〜シクシク…

藤本店長に「鯛(チャリコ)あげよか?」と言われて「結構です!」と即答したヌッシーでした。

くそ〜〜!
鳴門なんて嫌いだぁ〜〜〜!

今日の敗因 : ヌッシーの想像を絶する遅巻き!サビキ釣りかっ!って位遅巻きでした。

4

【地域】 明石
【海況】 中潮 晴れ 
【釣り船】魚英
【釣り座】右大艫
【釣行者】ヌッシー イッシーさん

 

今日も今日とて明石釣行。久しぶりにイッシーさんと一緒と言うことで「鹿ノ瀬ハマチ探検隊」や「飲ませとカブラのセット釣行」等色々企画するも頭数が揃わず敢え無く「鯛&蛸」の乗合船に。

5:30出港!
今日は神戸のジギング船トムソーヤの船長さんと釣り具のハリミツさん御一行も一緒、同船者14人です。
船は一路明石海峡を越えて東側へ。

今回はおニューの鯛カブラロッドの竿おろしも兼ねているヌッシー、是非とも鯛の1枚は確実に欲しいところです。
しかしどうやら持ち込んだリール(ミリオネアSW)が不調の様子。投下も巻き上げも異音がします。ベアリングが死んでいる様子。う〜ん不安…。
まぁ取りあえず期待を込めて自作のイエロー玉・オレンジネクタイの鯛カブラを投下!!
するとすぐ(6:30)に

ゴン!お!ゴン!お!ゴン!! ガツーン!!
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

いきなりヌッシーに来ました!
しかしおニューのロッドはどこら辺に加重を掛ければ良いのかサッパリ判りません。う〜ん釣りづらい!!
最近としてはやや固めのドラグ設定にしたリールからラインが引き出されていく事からして大物の様子。う〜んばらしたくない!!

と、隣のイッシーさんも「ヒット!」のかけ声!
見るとイッシーさんの竿も大きく曲がっています。
朝一からダブルヒットです!!

ヌッシーはと言うと結構四苦八苦(笑)慣れないロッド+故障を抱えたリールでは慎重にならざるを得ません。
とミヨシの方から誰かが「…根掛かりちゃうん?…」と言ってる声が聞こえます。
ふざけんな!こんな根掛かりがあるか!ド素人ちゃうわ!失敬な!プンプン!!

やがて上がってきたのは…

でかい!!
これはでかいよ!!

ぬお〜〜〜んと浮上してきたのは
ヌッシー自己新記録となるデカデカ真鯛!

1a662a80



陸に上がってから計測すると68cmありました!
イエス!!
新品のロッドにも魂注入完了!!


程なくして隣のイッシーさんも危なげなく真鯛を取り込み完了!
こちらも結構良型です!

656643fe


二人して船中1番目2番目の魚をダブルヒットとはメチャクチャさい先良いです!

その後も船中あっちこっちと鯛が上がります。
かなりのハイペース!今期一番のハイペースで釣り上がってくる上にどれもこれも大型の真鯛ばかりです。
イッシーさんも1枚追加!
ちょっと移動した小磯では50cmの大型アコウまで水揚げされました。

う〜む今日はええ日に釣りに来たね!
大型の鯛ばかりだけど、その中でもヌッシーの68cmが一番大きい見たいやね!まぁヌッシーの自己ベストやからそうそうこれを越えるサイズの鯛は上がらないやろう…ふふふ…

と思っていたら…

いつの間にやら釣りを始めていた魚英のナオチャンの竿が曲がっています。ラインは出まくりの上に格好悪いほど腰を落としたナオチャンの体勢が「尋常では無いでかさ」を物語っています。

青物?寒鯛?アコウ?まさか真鯛?!
んな訳無いか(笑)

皆の注目を一身に浴びながら格闘中のナオチャン。
するとゆらぁ〜〜っと浮上してきたのは遠目に見ても明らかにでかい真鯛!!

c8177168


ウギャー!!でかいよ!
水揚げされたのは何とナオチャンとしても自己新記録となる74cm5kg超のまるで主のような真鯛!!
ギャー!!
ヌッシーの68cmの印象が消し飛んでしまいました(泣)
ナオチャン何すんねん〜!

船中の美味しい所を全てナオチャンにかっさらわれた形で11:30から鹿ノ瀬でタコ釣り開始です(泣)

去年はタコ不漁だったために2年ぶりのタコ釣りとなるヌッシー。
えっと、タコってどうやって釣るんだったっけ?

開始直後からタコ釣り初めての人にポンポンと釣られて行きます。気が付けばタコボウズはヌッシー含めて数える程に…
いか〜ん!
徐々に感覚を思い出しながらラインを張らず緩めずで探っていきます。

で、皆より30分程遅れて1杯目の明石だこゲット!
う〜ん久しぶり!旨いんよこれが!!
ここからヌッシーなりに地道に数を稼いで14:00納竿時には何とか9杯のタコを釣り上げることができました。
うっし!

63cdb784


本日釣果
ヌッシー   真鯛68cm1枚  真ダコ9杯
イッシーさん 真鯛2枚      真ダコ5杯

うん、今日は全国的にネームバリューのある明石鯛と明石だこを揃えて釣り上げることが出来ました。
まさに明石名物物産展状態です
まぁ時期的にもサイズ的にもこのでかい真鯛は恐らく旨く無いと思うのですが、タコは100%旨いはず!

そうだなぁ〜明日は真鯛は皮付きでおろして鯛シャブに、タコはお待ちかねタコ飯で晩ご飯だ!!

3

【地域】 明石
【海況】 中潮 霞曇り 
【釣り船】魚英
【釣り座】うろうろ
【釣行者】ヌッシー

 

ええ今週も行ってきましたよ鯛釣りに明石へ。
今回は秘密兵器として落とし込みの針と生きたカニ餌を持ち込みです。このところずっと釣り上げた魚の胃袋は小さなカニでパンパンだったのでカニ餌放り込めばウハウハに釣れるはず。
こりゃたまらんわい!(妄想)

靄に霞む明石海峡本日の魚英乗船客はヌッシー入れて5名(別船で仕立て出てました)。
5時に出港して一路東へ向かいます。
天気は濃い霞が掛かってよく判りません。
梅雨の晴れ間にはこういった霞が出ることが多いそうです。

ポイント到着。
皆さんは当然鯛カブラ投下ですが、ヌッシーはカニ餌刺して胴突き1本針落とします。
  が、
魚探を見るとかなり良い反応が写っています。正直久しぶりにこんな良い魚の反応を見ました。鯛とおぼしき魚影がかなり底から浮いています。

見る間にあっちこっちで鯛がアタリ始め、思う間もなくミヨシの兄さんがええ型の真鯛をゲット!

「こりゃいかん!」そもそもカニ餌は鯛の食いが渋い時に他の人達を差し置いて自分だけがええ目を見ようとの発想から出た作戦。これが完全に裏目に出て逆に置いて行かれています。
食いが渋いときは底ベタなので1本針でも底だけ狙えますが、魚が浮いている現状では広範囲に攻められないこの作戦は失敗です。

慌てて鯛カブラの竿に持ち直して投入。

ここからが皆さん凄かった!
ゴンゴンガンガン魚が食い付きまくり!で、ゴンゴン皆さんばらしまくり!!(笑)でもポチポチと鯛も釣り上がってきています。
最近ではトンと見かけないほどのハイペースです。

しかしヌッシーにはかすりもしません(泣)
全然アタリすらありません。

何でみんなそんなに魚があたるの?!何でそんなにバラスの?!
朝9時になってもヌッシーにはコツンの1発も無し。
自分で言うのも何ですが底取りは恐らく今日の船で一番正確に出来ているようですし、リールの巻き速度も悪くないし、タックル全般において不備も見あたりません。
2回ほど小さなガシラ(リリース)が釣れましたのでキチンと底は取れてるはずなんだけどなぁ〜この状況だとヌッシーにもコツンの1つや2つあってもおかしくないのになぁ〜。

な〜ぜ〜じゃ〜!

まぁ大体ヌッシーはいつもスロースターターですが、こうも皆さん激しく魚と戦っているのに一人置いて行かれると悲しくなります。
本日船頭のヨシノブさんに「ねぇ何であたらへんの?」と聞いても「そんなん知らん」と返されるし(笑)

と、半泣きになりそうな9:30頃いきなりヌッシーの竿に魚が掛かった反応!
お!これは鯛や!

これはばらせません。慎重に慎重に巻き上げて釣り上げたのは丁度食べ頃サイズの真鯛!
やったよ〜!取りあえずボウズは無くなったよ!
見ると前歯に掛かっていた針が伸ばされています。危ない危ない。

ここからヌッシーもプチ反撃開始です。

さっきまでは皆にアタリが頻発してヌッシーのみ沈黙でしたが、今度はヌッシーにのみアタリが頻発して皆さん沈黙。
この釣りはようわからん…。

不思議だったのが途中のアタリ。ガツン!と一撃あったのみのアタリでしたが、たった一撃でさっき鯛を釣り上げた時に延ばされたのと同じように針を伸ばされました。
そんな一瞬でどうやって針を伸ばす?!

と、ここでまたヌッシーヒット!
慎重に巻き上げて上がってきたのはさっきのと寸分違わぬサイズの真鯛。
よしよし!追い上げてきた!

追い上げ気運ですが、残念な事にこのポイントは非常に根掛かりが多くてヌッシーの手持ちの鯛カブラがドンドン無くなっていきます。結果的には本日のロストは5個!!
他の皆さんも大体5個づつ位根掛かりロストしておられます。

段々と釣れるカブラが無くなっていく…。

で、結局ヌッシーの反撃はここまで。

何とか2匹本日釣果
ヌッシー  : 真鯛2匹(47僉。苅境僉

頭の形から雄と(左)と雌(右)かと思ったらどちらも雄でした。

 

しかし同船の皆さん絶好調に魚掛けて気前よくばらしておられましたねぇ〜。魚の活性は本年最大に良い感じです!
釣果は5人で鯛10匹・アコウ1匹。
でもキチンと釣り上げればこの倍ほど釣れてもおかしくない状況でしたよ!

ヌッシーには何故かアタリが少なかったですが、掛けた魚はキッチリ釣り上げたので何とか2匹確保出来ました。
「2匹」って今日の状況では「かろうじて」の部類です。
左大艫に座っていた竿頭の兄さんはばらしまくりながらも5匹も釣り上げておられましたし、70儷瓩た紳笋筍苅悪僖ーバーのアコウも上がっていました。

何でヌッシーにアタリが少なかったのか…

う〜む判らん。ごついジギングロッド使っていたミヨシのお二人にもアタリ頻発していたし…。う〜ん…。

いやしかしヌッシーもwhippyの1オンスロッドではなく、もっとティップ感度が鋭敏な竿ならもっとアタリを捉えることが出来たのかも…。
あ〜でもこの釣りはアタリがあっても合わせ入れずにそのまま巻き続ける釣りやしなぁ〜。アタリが判っても一緒か…。
でも今エイトのセール中やし買うなら今なんかなぁ?2万も出せば結構ええ竿買える気がするなぁ〜。

でもカブラ用の竿かったらwhippyの1オンスロッドの立場が無いなぁ〜、高かったのに。
そもそもまだ鯛釣りに行くか?う〜ん…。

どうしよっかなぁ…。

 

PS: そう言えば朝出船前に港でタナゴが産卵しているのを皆で目撃。去年もタナゴの産卵の時に爆釣したそうで、やはりタナゴが産卵しそうな大潮回りは何か魚の活性を高める要素があるのかもしれません。

4

【地域】 明石
【海況】 中潮 晴れ 
【釣り船】魚英
【釣り座】左大艫
【釣行者】ヌッシー ちとむさん

 

木曜日に釣りを予定していたヌッシー。しかし諸々の事情で予定通り釣りに行くのは困難に…。
ちとむさんに「やっぱり釣りには行けそうにありません」とメールすると「自分も行けなさそう」との答え。じゃぁキッパリやめとこうか…。

でも釣りに行きたいなぁ〜とベッドの上でウジウジグジグジしていたら嫁さんに「ウジウジされる方が鬱陶しいから釣り行ってこい!」と許可貰いました。
すまんのぉ〜〜(笑)
かなり夜も更けていましたがナオチャンにTELして予約。

朝5時出船(また早っ!)との事で魚英に着いてみると…しっかりちとむさんも居ました(爆)
行動パターン同じです。

さて出港。今日はお客さん8人。ヌッシーは左大艫、ちとむさんはその前の左便所前です。
朝は寒いだろうけれど朝のうちを乗り切れば昼間は暑くなるだおると予想してTシャツ半ズボンで参戦(でも意外と昼間も海上は肌寒く失敗)

港を出てすぐのポイントを流しますが…
案の定なぁんにも釣れません。
ちとむさんは「朝8時頃まで釣れへんでぇ〜」って言ってますが確かにその通りかも。前日営業していた東田丸も昨日の釣果は殆ど昼を回ってからとのことですから気をせいてもダメでしょう。

鯛カブラはどうも分が悪そうなのでサビキ仕掛けで臨みます。

と思っていたら当のちとむさんの竿が曲がります!
サビキ仕掛けで上がってきたのは良型の真鯛40cm位です。
何が8時まで釣れへんや!(笑)真っ先に釣り上げてます。

また釣れない時間が続き、明石海峡大橋の東のポイントへ。
ここで右大艫の常連さんに来たのは大きな真鯛かと思いきや44cmもある鬼鯵!でかいよ!
これは旨いし高いよ!え〜なぁ〜。
このポイントでヌッシーには出汁にしかならない小ガシラが1匹来たのみ。数に入りません。
その他には右胴の間の人に30cm位のアコウが1匹。

船は垂水沖へ。
取りあえずサビキ仕掛けを投入です(ヌッシーは鯛サビキではなくササメ針のブライトンハリス3号使用)。
すると8時過ぎに…
コツコツコツ!おっ!
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

やっとこさ1匹ヌッシー待望のアタリがあり、慎重に巻き上げて上がってきたのは真鯛34cm!
サイズは小さいですが船中2匹目の本命ゲットです!
炊飯器にジャストフィットの鯛飯サイズ。

ここでは他にもアタリが結構ありますが何故か針がかりせず…。

近くに浮いておられたボーターのと〜るさんとも手信号で状況を確認しあいますが「釣れた?」「釣れない」「こっちも1匹のみ」とさえない会話。

タコフェリーここからいつもの釣れない地獄タイム開幕です。
釣れない
釣れない
釣れない…。
あ〜眠い、ちょっとお昼寝。
たまに起きては中島丸に乗っておられたしおざきさんとも手信号で状況確認しあいますが「釣れた?」「サッパリ」とこちらもさえない会話(笑)

どうやら今日は渋い日か…

魚探にも映りが悪くどうにも釣れない感じ。
周りの船も皆一様に苦戦している様子。

とうとうお昼を回り、通常納竿時刻である14時が迫ってきました。

岩屋辺りから港に近い明石海峡大橋ちょい東の小磯のポイントへ移動。
ふむ、サビキ仕掛けは根掛かりでズタボロになってしまってるし仕方無いから鯛カブラでも落としてみるか。
そう思ってシャウトのアンサー60gを落とすも、このポイントは明石海峡のど真ん中・流心であるので流れが速すぎて60gの鉛では流されて底を取れません。

ふ〜む。

底が取れないと釣りになりません。
見ると30号(120g相当)の丸鉛があります。
これと自作の仕掛けを合体させて30号の巨大鯛カブラを作成して落としてみると…うん、底取れます。

底は取れたけれどここでタイムリミット。
ヨシノブ船長から「この流し終わったら仕舞いにしよかぁ〜(終わりにしよか)」とアナウンス入ります。
うん今日はもう十分やったよ。疲れたし1匹釣れたから納得して帰れるよ。

 

 

 

そう思いながらもまぁ最後なので仕掛けを底に落として巻き上げると…

ゴンゴンゴン!ガツゥ〜ン!!
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

うおっ!
ゴッツーンといきなり竿が伸されました!
引き方からして鯛です!
結構でかい!
その上に強い流れが加わって竿はブチ曲がって何ともなりません。

そう言えばこれ最後の流しやった!ヌッシーの位置はキャビンから見てトイレの死角。魚釣れてるのに船走り出されてはかなわんので「来た!来た!来たぁ!」と叫んでみました(笑)
当然最後の流しなので注目度大。
これはばらせません。

メイクミラクル51-ラインも細いのでやんわりいなしながら一生懸命巻いてくると見えました!結構でかいよ!

上がってきたのは本日1番大きい(と言っても鯛は3枚ですが)真鯛!
51cmありました。

最後の一流しでまさにメイクミラクル!!
これだから海釣りって何が起こるか判らないんよねぇ〜。

見事本命真鯛竿頭!
(一生懸命皆さんカブラ巻いてはったのに半分寝てたヌッシーが2枚も釣っちゃって申し訳ない 笑)

そうそう、このカブラは金竜針が出しているTAIGAって針を結んでいたのですが、何と前歯に掛かっていただけでなくガッチリ前歯を貫通していました。真鯛の前歯を貫通するとは恐ろしい針です。惚れました。

本日釣果
ヌッシー   真鯛2匹(51cm・34cm)・小ガシラ2匹
ちとむさん  真鯛1匹・鯵2〜3匹・小ガシラ1匹

 

PS:大きい方の鯛の胃の中は満タン小蟹でした

1

【地域】 明石
【海況】 中潮 小雨 南東の風 波高0.5〜1M
【釣り船】魚英
【釣り座】右大艫
【釣行者】ヌッシー

 

近畿も今日から梅雨入り。
確実に雨が降ると判っていながらも明石にジギングしに行ってきました。
雨が降り続いた後よりも降り始めの方が雨の影響少ないんじゃ無いかと思ったんです。初めから雨が降ると判っていれば雨対策も万全に出来ますしね。

魚英からの連絡では朝5時出船とのこと。お〜早いね!つまり勝負は朝のうちって事か?等と思いながら阪神高速3号を西へ。
降り始めた雨の中を車で走りながらふと思いました。
「こんな日に釣りに行く俺ってもしかしてアホ?!」
もしかしなくても多分そうなんでしょう。くわえて言えば「船が出る」って事はヌッシー以外にもアホもといチャレンジャーな方が居られるって事です。

魚英に付くと今日はヌッシー含めてお客さんは3人。先週同船してアコウと鯛を爆釣された方もまたまた一緒です。2匹目のドジョウならぬアコウ狙いがここにもまた一人(笑)
ナオチャンも今日は釣り手とのことで釣り人4人で出港です。

おやっさん曰く「今日は朝早いうちの潮が勝負や!朝逃したら後は喰わん!潮回りは良くない!」とのこと。
何か釣れない予感がする…。

案の上ヌッシーにはアタリすらありません。

他の方も苦戦しておられますが、左大艫の方が7:00頃に良型の真鯛を上げられ、ミヨシの先週も同船の方が7:15頃にさらに良型の真鯛を上げられてヌッシー焦ります。

何しろアタリすらありません。
同じくアタリの無いナオチャンとボウズ抜けサドンデスに突入しますが、何と10:00頃にごっつい引きを見せながらナオチャンが本日最大の64cmの大真鯛を釣り上げ…
(しかもヌッシーがタモ入れさせていただきました…)

やぁ〜めてくれよぉ〜!

そうこうしているうちに雨で体が濡れることは無いものの、風で体が冷えて体調が悪くなってきたヌッシー。お腹壊しちゃいました。う〜む最悪。

その後、松保に移動して皆でサビキを試して見るも、ここではヌッシーにのみアタリが続発するものの何故か釣れず…

ヌッシーカス決定です!

見事に本年初のボウズを喰らってしまいました。
あかん、今日は何やっても釣れる気せぇへんかった…。

アタリの多い人と比べてもヌッシーと何が違うのかサッパリ判らんかったし…。
あ、そうそう、今日はヌッシー以外のお客さんが釣った鯛のカブラスカートの色は2つとも「グリーン」でした。グリーンですよ?!そんな色持ってないし(笑)
仕方ないから船に積み込んであったアシスト工房製の30号サバ皮付きグリーンを泣く泣く購入してスカートだけ使って見るもヌッシーには当たらず…。
玉はやっぱり金色が良い感じです。

まぁおやっさんの「勝負は朝のみ」だけは大正解でした。

そのおやっさんの言葉を信じれば…
「今週はちょっと潮回り悪いなぁ〜、来週半ば以降の潮はこないだ良かった時と同じ下げの潮回りやからええハズ」だそうです。
信じるも八卦信じないも八卦…

…来週木曜にでもまたリベンジに行くか…

本日釣果  ヌッシー: ボウズ
               (カス決定!)

4

【地域】 明石
【海況】 小潮 晴 波高0M
【釣り船】魚英
【釣り座】右大ミヨシ
【釣行者】ヌッシー イッシーさん ちとむさん

 

今週に入って急に調子が良くなってきた明石沖。
ホームが好調なら出撃しなくちゃね!と言うわけで久しぶりに魚英に乗ってきました。
一人で乗ろうかと思いながらもイッシーさんとちとむさん誘ってみたらお二人とも出撃とのこと。そうこなくっちゃね!

前日前々日ともに魚英はお休みだったのですが、営業していた東田丸中島丸のHPを見ると真鯛も釣れていますが何故か異常にアコウが釣れている様子。
これはアコウを狙わなきゃ!
今日のヌッシーの目標はアコウ3匹(無謀?)。本命がアコウで真鯛は外道の位置づけです。

5:30出港。ヌッシーは右大ミヨシ・イッシーさんは左大ミヨシ・ちとむさんは右大艫、客数は6名で全員が常連さん。ハッキリ言ってこのメンバーで釣らなきゃどうするんだ?!なメンバーです。

すぐにポイント着。早速鯛ラバを落とし込みます。
1時間経過
釣れません
2時間経過
アタリすらありません
3時間経過
かすりもしません(泣)

どないなっとんねん?!

ふと見るとブログでのお友達のと〜るさんが近くで浮いておられます。手旗信号で情報交換してみるとと〜るさんは1匹釣られたものの状況は同じく厳しい様子。

しかし同じく近くに浮いている東田丸を見ると結構か数釣り上げています。丁度先日日本海に一緒に行ったしおざきさんが中島丸に乗っておられたので携帯で聞いてみると鯛1に56センチの大アコウ1とのこと。
なんじゃそりゃ〜!

どうやら前2日お休みだった魚英と違って営業していた東田丸中島丸は何やらノウハウって言うかコツを掴んでいる様子。
要はそいつを盗めは良いのです(笑)

で、…じっと見ます(笑)

すると胴の間の常連さんが何か掴まれたのか10時頃から急に爆釣し始めました。
アコウ→真鯛→アコウ→アコウ!!
すげぇぇ〜!

ヌッシーも真似してみますが相変わらず魚にかすりもしません(泣)

すると横でイッシーさんも何やらアタリだしました。
え〜なぁ〜アタリあって…。
ヌッシーすでに根気が果ててしまったので昼寝です。クーラーボックス並べて爆睡…。

と!ここで何やら物音で目が覚めました。

イッシーさん真鯛見ると何やらイッシーさんの竿が曲がっています。
釣れてるの?ねぇ釣れてるの??

上がってきたのは食べ頃なええ感じの真鯛!!
やったー!やりましたね!

イッシーさん明石鯛ゲットです。

さっぱりアタリすら無いヌッシーからすれば羨ましいの一言。え〜なぁ〜え〜なぁ〜。

イッシーさんナイスファイトとここでまたイッシーさんヒット!

なんやねん?どないなっとんねん?

かなり竿が曲がっています。竿のタタキ方から推測するに真鯛のようです。
真鯛だとしたらでかいよこれ!!

何だ何だと水面をのぞき込んでいたヌッシー、浮いてきた魚がチラッと見えました。

ん?

雌のカンダイ上がってきたのはそこそこなサイズの雌のカンダイ。
一同微妙〜な感じです。

食べる方ではあまりいい話は聞かないカンダイ。ヌッシーもイッシーさんも食べたことありません。
話を聞くと雌のカンダイはそこそこ喰えるとの話なのでイッシーさんキープです。

いやしかしあの引きは面白そうでした。どんな魚でも釣れたら楽しいです。

この時点で残り時間も少なくなってきています。
ヌッシー、取りあえず釣れてる人のパターンを研究して試行錯誤の連続です。しかし相変わらずアタリすらありません。

12時過ぎ、ちょっと閃きました。
すぐにそのパターンで仕掛けを作成し直して投入。研究した巻き方でリールを巻くと…

ゴン! お! ゴン! お! ゴゴ〜ン!!
真鯛ちっくなアタリで魚が掛かりました!
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!
遂に来ました!本日初めての魚の反応&針掛かりです!
こいつはばらせません!
サイズがでかいのかドラグから何度もラインが出ていきます!いいぞ〜!いいぞ〜!!
でも竿のタタキ方が何だか真鯛と違う感じ。叩くことは叩くけど真鯛特有のキレがありません。上まで巻いても抵抗し続けます。
(隣でイッシーさんがボソッと カンダイや と…笑)

苦節6時間魚が見えました。
でかい…
アコウやぁぁ!!

ナオチャンのタモ入れ決まって見事船上に上がったのはかなりでかいアコウ!!
やりました!一気に大逆転です!!明石浦漁港に水揚げすると3万円近くすると言われるアコウのサイズです!!

アコウ47-陸にあがってから計測すると全長47僉

これは良い感じです!!
一気に元気になりました(笑)
これで魚の棚に寄らずに家に帰れる(笑)

うし!アコウのパターン判ってきたぞ!!
と言うわけで同じ通りに再度やってみると…

ガツン!!
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!
また来ました!先ほどのサイズには及びませんがこれまた真鯛ではなくアコウっぽい引き。
上がってきたのは予想通り30cm程のアベレージサイズのアコウ!
やったよ〜!

真鯛は相変わらずかすりもしませんが今のアコウの釣り方はかなりパターン化出来ました。
が、ここでタイムアップ。

本日釣果【本日の釣果】
ヌッシー: アコウ47cm アコウ30cm
イッシーさん: 真鯛1 カンダイ1
ちとむさん: ガシラ1(仕事でお疲れの様子でしたからねぇ)

しかし今の明石沖のアコウの多さは異常ですね。
他の船でも結構上がっているのを見かけましたし…こんな幻の超超高級魚がこうバンバン水揚げされるとは驚きです。
天変地異の前触れ?!

いやぁ〜最後に満足出来ましたがかなりきつい一日でしたよ。

4

【地域】 日本海(丹後半島西)
【海況】 小潮 晴   
【釣り船】アルバトロス
【釣り座】右大艫
【釣行者】ヌッシー・ちとむさん・I井さん改めイッシーさん

 

今日は魚英平日組3人衆(ヌッシー・ちとむさん・I井さん改めイッシーさん)にて日本海遠征です。
例によって前日まで連日の鰤・メジロ爆釣が続いていたので今回こそはヌッシー達にも釣れそうな予感がします。
しかし今年に入ってI井さん改めイッシーさんは5回、ヌッシーでさえ3回も「前日まで良かったけど当日になったら釣れない」的なスカ喰らっているために油断出来ません。

今回は網野出船のアルバトロス。しかも何故か釣果の良い2号艇での出船です。ちょっと早めに集合して7時出港!!
と、ここでヌッシーは少々しくじった事に気が付きました。持ってきたデジカメの中にメモリーカードが入ってなかったのです(爆)
と言うわけで今日の写真は全て携帯のカメラでの撮影です。

船長に前日の様子を聞くと「午後13時位から鳥山出来て釣れ始めた」とのこと。と言うことは今日も昼過ぎまでじっと我慢して時合いを待つ必要がある可能性大です。

案の定さっぱり釣れない時間が続きます。
赤潮もきつくてめげそうになります。

そんな中でも同船した有名常連さんは手堅くヒラメゲット!!

インチクでアコウゲットそれに発憤したのかI井さん改めイッシーさんがインチクで高級魚アコウをゲット!!

それ美味しいよぉぉ!!

ナイスなお土産羨ましい〜。
ヌッシーも美味しいお土産を…と頑張りますが何も全く釣れません。

ここから地獄のような堪え忍ぶ時間が続きます。

何も釣れない…暑い…釣れない…

業を煮やしたヌッシー、ここで本日の秘密兵器投入です。
実はキビナゴ持ってきていたのでした(爆)
ああそうさ!生エサさ!文句ある?!

胴突き仕掛けを作成して喰わせサビキ針にキビナゴセットして投入!!

メバル27cmしばらくすると1オンスのwhippy曲げて27cmと良い型のメバルが釣り上がりました。

ひゃっほ〜い!
おかず増えた!!

このメバルが釣れたのが10:30。
この魚を最後に船中全く釣れない時間がひたすら続きます。

あ〜釣れない

ふ〜釣れない

シラスナブラ]ああぁ!もうどないなっとんじゃ!!

前日鳥山が発生して釣れたと言う13時を回っても海の様子に変化は見られません。水鳥も呑気にプカプカ浮いてます。

他の船を見ても状況は全く同じ。どの船も魚を求めて網野沖を右往左往しているだけです。

15時を回ってため息も出なくなった15:30頃、急に船が今までにない全速力で走り始めました。
お!何かあった?

見ると前方に待望のナブラ発見!!

ここからは船上は文字通り戦場になりました!
全員目の色換えてジグをキャスト!!
即ミヨシの人にメジロヒット!!

うお〜!魚釣れてるよ!!

ヌッシーも気持ちばかり焦りますが魚は釣れず…
いや、マジで焦ります。
このチャンスを逃せば恐らく今日はボウズです。この時合いもいつまで持つか判りません。
取りあえず…

落ち着くことにしました(笑)

スピニングのwhippy4番にダンシングマジック190g付けてしゃくっていたのですが、どうもスピニングタックルが不得手なヌッシー。思うようにジグを動かせません。
そこでベイトのwhippy2番にイエローのツダジグ130gロングを付けて遠投。底まで落としてタンタンタン・ビョ〜ン、タンタンタン・ビョ〜ン、タンタンタ!!

ガッツ〜ン!!
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

2オンスのwhippyが根元からぶち曲がります!
巻いても巻いても巻いただけラインが引き出される魚のパワー!これメジロ?鰤ちゃうん?!
1ッ歩進んで2歩下がるぅ〜!を繰り返してやっとタモ入れ成功したのは70cm程のメジロ!良く引くと思ったら頭にスレ掛かりでした。

と、ここで背中合わせのちとむさんにもヒット!即ラインブレイク…
どうやらリールのトラブルのようです。勿体ない…。

ヌッシーはと言うと1匹目の魚を処理し終わってから同じタックル構成で再投入。タンタンタン・ビョ〜ン、タンタンタン・ビョ〜ン、タンタンタ!!

ガッツ〜ン!!
また
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

今度はキチンと口に掛かったのか比較的スムーズな巻き上がり。後20M程でタモ入れ!って所で惜しくも胴の間で同じようにヒットした人のラインと交差してヌッシーの魚はフックアウトしてしまいました。

ふぅ〜…。
やはりメジロ相手とはいえ2オンスのwhippyで水深70Mの底から魚を引き揚げてくるのは一苦労です。余計な時間を掛ければばらす可能性も高くなります。

そこで仕方なく苦手な4番のスピニングwhippyに当たっているツダジグ130gチャートロングをそのまま移設して遠投。
底まで落としてタン…

ガッツ〜ン!!
またまた即
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

どないなっとんねん!(喜)
隣でイッシーさんも「まるで海苔棚のハマチみたいや(イッシーさんは明石の海苔棚でのハマチ釣りの名手)」と驚いてはりますが、ヌッシーもビックリです。

しかしイマイチスピニングリールの巻き方が判らないヌッシー。
何だか上手く巻けません。あたふたしている間に4番のwhippyはグリップからドゴンと曲がりっぱなしに。
へぇ〜この竿ってこんなに曲がるんだ〜と妙に感心しながら悪戦苦闘。
でもまぁフックの掛かりどころが良かったのか無事ちとむさんにタモ入れして貰って無事ゲット!

これを最後に急速に時合いは終わりを迎え、17時納竿となりました。

本日釣果本日釣果
ヌッシー:メジロ2匹・メバル1匹
イッシーさん:アコウ1匹(青物結果はヌッシーの口からは言えません…)
ちとむさん:(ヌッシーの口からは言えません…)

ふぅ〜久しぶりに奮闘したので右腕関節やられちゃいました。
筋トレ等しないとメジロ以上のサイズの魚とは渡り合えそうにありません。

アルバHPから帰宅後アルバトロスのHPを開くと…
ヌッシー魚でかく映りすぎ(笑)
やりすぎです。
(左写真はアルバのHPから拝借)

本日のアルバトロス釣果はメジロ27本とのことでしたが、乗船人数からすれば半分〜1/3位の人は釣れていないはず。
かなり厳しい一日でした。

結果的には何故かヌッシーは釣果に恵まれましたが、釣れない時間長すぎ!!待ち時間と比較して時合いも一瞬!
気力・体力ともにかなり堪えました。

まぁ何はともあれ釣れて良かった!
バンザ〜イ!!

3

【地域】 日本海(丹後半島東)
【海況】 大潮 晴   
【釣り船】ワープゾーン
【釣り座】右ミヨシ寄り胴の間付近
【釣行者】魚英常連オールスターズ

 

今日はsatokenn先生主催の魚英オールスターズによる「日本海遠征仕立てツアーinワープゾーン」です。
前日の同じ丹後ジギング船ALBATROSSVICTORY1からの釣果速報では「鰤大漁!!」の報告が入り込み、嫌が応にもテンションアゲ↑アゲ↑です。
今夜も眠れなぁ〜い!!

と言うわけで殆ど一睡もせずにヌッシー宅を出発です。
今回は行きの道は国道173号線を綾部まで走って綾部から京都縦貫道を抜けて宮津に至るルート。
霧ワープゾーンはつい先日に母港を移転したばかりですが、新しい港はヌッシーが良く行くメバルポイントと目と鼻の先にあり、土地勘もあるために楽です。阪神地区からも行きやすくなりました。
途中綾部の辺りでこの辺り名物の濃霧に今回も遭遇。
この霧見るたびに遠征気分が高まるんですよねぇ〜。

ワープゾーン出港さて今日の出港予定は7時の所、6時に現着。
1番乗りかと思いきやすでにちとむさん・ジュエリーI井さん・しおざきさんは現着。
早っ!
さてはアンタ達もワクワクして眠れなかったクチですな!(笑)

すぐに宴会今回参加者は12名。早速出船です!
目指すは前日鰤ブリ祭りだった網野沖。経ヶ岬を回り込むべく船は疾走します。
船が走り出すとお約束の宴会タイム〜(笑)
しかしヌッシーは寝てないので眠くて眠くて…
後部デッキに並べてあるみんなのクーラーの上で眠ってしまいました。

と、ここで船がスローダウン。
ん?まだ網野沖まで到達してないよ?ここは…経ヶ岬辺りか。

どうやら網野沖で既にスタンバイ中のALBATROSSVICTORY1から鰤の反応が薄いとの連絡が入った模様。
仕方なくこの辺りでまったりと鰤の活性が上がるのを待つことに。

ヌッシーは取りあえずサビキ落として見ます。
プルプルッ!何かちっこい物が掛かって上げてみるとヒメとか言うよう判らん魚が鈴生り(笑)
リリースです。
そんな中、ジュエリーI井さんがインチクでイカゲット!

すかさず全員スッテ仕掛けでイカ釣り開始です。
実は前日のsatokenn先生から「スッテ持ってきてねぇ〜」と連絡を受けていたのでした。
「鰤釣れてるのに何でスッテ??」と思った物でしたが、これが大活躍!!

シロイカスルメイカに混じってマイカ(白イカ)が釣れます。
聞くところに寄るとスルメイカはともかくマイカは末端価格1パイ1500円するとのことで気合い入ります(笑)

イカ釣り…と言うと楽そうですが、昼間のイカはベタ底に居るために110〜120M程仕掛けを上げ下げしなくてはならず、これがまたしんどい(笑)

底近辺で誘いを掛けてみんなでポツポツ釣り上げます。
タダ一人何故か釣れない人を除いてこれはこれで楽しい釣りです。

そんな中、ヌッシーの隣の大ミヨシで釣っていたちとむさんの竿にアタリあり。見ているとコココォン!!と竿が伸されてぶち曲がっています。
根掛かり??…でも竿先はゴンゴンしてるしリール巻けてるよね。
ちとむさん必死にリール巻いてます。

でかいヒラメ上がって来たのは…
でかい!
でかいヒラメです!!

やられたよ〜〜。
寄港後の検量では84cm5.8kgありました。
これが何と仕掛けの一番下のインチクではなく2号ハリスのイカ用スッテに食い付いて釣り上げたのですからたいしたもんです。

当然ちとむさん絶好調ならぬ好調!(笑)
船を何周もして皆に解説して回っています。
くっそ〜〜!やられたよ〜!
美味しいところを全部ちとむさんに持って行かれた感じです。

不運なのはヌッシー。
何しろちとむさんの隣でアタリから釣り上げるまで一部始終を見てしまったんですから、これから当分(1年位)ちとむさん「いやぁ、あの時のヒラメはこうやってああやって釣り上げて凄かったよなぁヌッシーさん!」と同意を求められることは必至!
その度に「あぁ凄かったですよね」と吐き捨てるように返さなければならなくなりました(笑)

ちとむさんが皆に解説しながら船をグルグル回っている間も他のメンバーは結構コンスタントにイカを釣り上げます。
ヌッシーにも3連で上がったりする中、やっぱり何故か1パイも釣れない人が約1名。
底に付けて置くだけで釣れるのに何故釣れないのか本人にも他の人にもトンと訳が判らず…。
何ででしょうねぇ?

ヌマカレイたまに外道でヌマカレイが釣れるのですが、釣れるたびに両面の鱗を落としてしばらく海水に浸けた後で天日干しして干しカレイに。
これ買ったら結構ええ値段する上に美味しいんですよねぇ〜。

結局13時を回っても網野沖の鰤の活性は上がらず、ワープゾーンは鰤を見切ってちょい沖まで移動するも何も釣れずに定刻4時に納竿となりました。

最後まで何も釣れなかった人はそっとしておいてあげましょう(笑)

さて帰宅です。
行きは下道+高速で2時間丁度で現着したヌッシーですが、帰りはそう言うわけにはいかない模様。なにしろゴールデンウィーク真っ只中なのです。
特に中国道宝塚近辺で渋滞は必至。
と思いきや既に宮津で道が混んでます(爆)
ナビでピッピと検索して「あ、この信号で曲がれば抜けれるな」と思ったら前をゆくちとむさんも同様に左折(笑)そのまま抜け道を抜けて高速を走り、先行する仲間を何人かぶち抜いて帰りました。
ちとむさんの走り方はヌッシーと同じなんですよね。スピードとか状況判断の仕方とか。

吉川JCでちとむさんと別れ、ヌッシーは中国道に。
即渋滞(泣)
渋滞は20kmとの表示ですが、距離よりもその移動スピードの遅さが際だつ嫌な渋滞です。
しかもオシッコしたぁ〜〜い
半泣きで2時間かけて渋滞を抜けて帰宅したのは夜9時前。
行きは2時間、帰りは4時間かかりました。

本日釣果さてヌッシー釣果はマイカ・スルメイカが半々位で16パイ。
20パイはあるかと思っていたのですが意外と少なかったです。
それと干しカレイ。
2ハイほどスルメイカを刺身にしてワタであえて食べたのですが当然美味しい!
これは他人にはやれん!(笑)

で、今日はおちまい…

となるはずでしたが眠り掛かった23時前に携帯に着信アリ。
ちとむさんから「今知り合いの店でヒラメつくって貰って食べてるんやけどエンガワとか旨いで〜!エンガワエンガワエンガ…」
お願いしますから寝かして下さい。

2

【地域】 明石
【海況】 若潮 曇り 南西の風8〜10M
【釣り船】魚英
【釣り座】大艫
【釣行者】ヌッシー・ながゾーさん 
【釣果】 ヌッシー 鯛(チャリコですが何か?)1 ガシラ1
      ながゾーさん 52cmのナイスな真鯛1

 

今日は明石 「魚英」で鯛釣り。
本当は旨いカレイを釣りに行きたかったのだけれど、カレイ狙いでは人数が集まらずやむなく鯛狙いの船に乗ることに(次の日はカレイで人数集まってるそうでしたが…)。

鯛はサビキではなく鯛カブラで狙うとのこと。
週頭にちとむさんが違うポイントながら鯛釣りに行って撃沈してはったし、港で水面をのぞき込むといつもに比べて異常に水が澄んでるし…何だか釣れる気しません。
今日は乗船者8名、ながゾーさんも一緒です。
船長はナオチャン。

港を出て一路明石海峡大橋の東へ。
「この辺りかな…」と魚探を見るとゴッツイええ反応が出ています!!
早速リーディングXA73に45gのカブラ結んで投入です。

しかし底が取りにくい!ラインはPE1号なのですが、予想に反して潮が3ノットで流れている上に水深50Mなのでヘナヘナの竿に45gでは底取り出来ないのです。
実は「浅い場所で緩い潮」を想定していたので「喰わせ重視のリーディングXA73」を持ち出していたのでした。

しかし現状では底取りさえままならず…
では!と言うわけで本日の隠し球、シマノ炎月のタングステン70g(高価!)を結んで投入!
一発根掛かり!!
が〜〜〜〜ん!
かなり凹みましたよ…。

ながゾーさんの鯛再送見ると横でながゾーさんが何やらワセワセしてはります。
ながゾーさんも根掛かりかな?と見ていると何やらリールは巻けている様子。
「それ魚?」と聞くとニヤッと笑うながゾーさん
言ってよ〜!

で、ナオチャンがタモ入れしてゲットしたのは52cmのナイスなマダイ!

アシスト工房(W田商店)のカブラ使ってのゲットです。

急に船内活気付きます!
ミヨシでは魚の反応多数、ながゾーさんは大鯛ゲット、魚探の反応も益々良い!とあっては釣れない方がどうかしています。

しかしヌッシーは高切れしたラインにリーダー巻き替え中。
焦ります。焦ります。
かなりの時間ロスです。
う〜む柔い竿では無理か…
と言うわけで1オンスロッド(Whippy1番)にリールを付け替え、シャウトのアンサー60gを括って投入です。
やっと底取りが幾分楽になりました。

しかしタイムロスしている間に3ノットあった潮が2.5ノットに落ちて魚探に映る魚の反応がやや悪くなってきています。
早く釣らなきゃ!

ガシラゲットと、ここでヌッシーの竿に何やら反応アリ。
「ヒット!」と威勢良く声出ししてみたものの何かおかしい。
…鯛ちゃうなぁ…。

上がってきたのはお約束のガシラ君。
結構良い型ですがちょっと残念。

生け簀に放り込んで釣り再開です。

相変わらずミヨシの方では食い付く反応があるとみえてワーワー賑やかですが魚が釣れるまでには至らない様子。

…とここで何やらまたヌッシーの竿に反応アリ!

喰い上げる鯛独特の喰い方ではなく一気食いだったものの、魚の引きは真鯛っぽいです。
チャリコゲット小さいけど真鯛かな?と思いつつ上がってきたのはやはり小さい真鯛(笑)
ヌッシーここでやっと本命25cmゲットです。
I井さんが言うところの「炊飯器に丁度入る鯛飯サイズ」です。

気をよくして釣り再開。
すると今度はまたガクガクとヌッシーの竿に反応アリ!
またしても一気食いですが今度はでかい鯛の反応です!
これはでかい!!

しかしヌッシー、リールのドラグ締めてたんですよね。
やり取りしながら「何かやばい」と思いつつ結構ぼけてたので何がやばいか思い当たらず…。
「プンッ!」っと針が外れる感触がして大きな真鯛さんサヨナラ〜!!
操舵室から見てたナオチャンにも「あれはでかい鯛やのにヌッシーさん何してねん〜」と冷やかされ…。
逃がした魚は大きいとは言うけれど、あれは確かにでかかった。

その後潮の流れが2ノットに落ちて魚の反応も薄くなり、南西の風が強くなってきたので橋の西へ移動。

橋の西ではこれがまた綺麗に何も写らない魚探(笑)
およそ9時から13時まであれこれみんなで試しますが艫のお客さんにガシラが1匹あがっただけ。
辛い〜寒い〜。
潮の流れも完全に止まっています。
眠くなったのでヌッシーは横になって昼寝です。
ホンマに皆さんよく釣れないのにリール巻き続けていられますねぇ〜。

13時頃から漸く潮が反転して流れ出しました。追い風参考記録ながら2ノットです。

ナオチャンと相談「どうせここにいても釣れないし、朝のポイント戻る?」と言うわけで再度橋の東へ。
しかし橋の東のポイントも魚の反応無い上にかなりの強風。
聞けば今日は全国的に強い風が吹いて風の事故が相次いだとか。

早々に西へ戻るもここでも風の勢いが増していてやむなくここで早上がりとなりました。
皆さんお疲れさんでした〜。

今日の魚英釣果:8人で鯛2枚・ガシラ2匹でした。

ガシラの煮付け帰宅後、ガシラは煮付けに。
面倒臭せぇ〜〜!(笑)

でも美味しい(笑)

せめてもう1匹ガシラがあれば…。

鯛飯に⋯そして鯛飯サイズのチャリコはそのサイズ通り鯛飯に!

これはこれで美味しい。
ある意味全然美味しくない今の時期の真鯛はこんな風に鯛飯にする方が価値があるかも(負け惜しみ)

今日の反省
状況判断の誤りからタックルセッティングをミス。
ドラグ締めすぎ。

今日の総括
鯛カブラ面白いか?? ヌッシー的には単調で面白く無い釣りなんですが…。大体これってエサ釣りの範疇ですよね。
と言うわけで今日の記事はエサ釣りのカテゴリーに入れておきました。

3

【地域】 日本海(丹後半島東)
【海況】 小潮 晴 (西の風14M)  
【釣り船】ワープゾーン
【釣り座】右胴の間付近行ったり来たり
【釣行者】魚英常連オールスターズ

 

今日は待ちに待ったSatokenn先生主催の魚英常連オールスターズ日本海遠征@ワープゾーンの日です。
前日に宮津から丹後半島をグルッと回った反対側の竹野沖でブリが大爆釣した事から、ワープゾーンも出船を1時間早めて竹野沖まで走ってブリを狙うとの事でしたので、もうヌッシーワクワクして眠れません。20時にベッドに入ったのに眠ったのは約1時間。

あぁ50箸離肇薀鵐大将に入りきらない位にブリが釣れたらどうしよう(笑)

早めに出たので7時集合の所、6時前に到着。途中でキッコリーさんに激しく車の後ろから煽られたのはナイショです。

集まったメンバーはSatokenn先生以下I井さん・キッコリーさん・H房さん・W田さん・等々魚英の常連を中心としたジガー13名。
たいがいの方はヌッシーが知っている方なのでかなり気楽です。今日のワープゾーンは貸し切り、つまり仕立てでの出船なのです。

予定通り7時出船。
一路丹後半島の反対側まで走ります。
船内ではこれまた予定通り宴会開催。
Satokenn先生キッコリーさんさんもよく飲みますねぇ〜。
ヌッシーは寝ていないので呑むと動けなくなる恐れがあるので自分でビール差し入れておきながら呑むのはパス。

Satokenn先生はと言うとI井さんや他の人達の愛妻弁当を見るたびに「それ、奥さんが作ってくれたんですか?ふ〜ん…えぇなぁ〜」を繰り返して居ます。
先生何か家庭でイヤな事でも会ったんですか?(笑)

しかしながら経ヶ岬を回り込んだ時点で強烈な西の風に出くわしました。予報では西の風2M位だったはずですが、14M吹いています。
(気象台のレポートでは10M、海上14Mだったそうです)
波頭が風で砕けています。これはブリポイントまで行くのは無理。無線によるとアルバトロスも港で出船待機している様子。

仕方なく少し風の弱い近隣で時間を潰します。
ヌッシーはインチクを投入。
しかし西の風が強く船がドンドン流されるために釣り辛いです。

そんな中でもポツポツと小型のアコウやらホウボウやらが上がります。
I井さんヤリイカゲットヌッシーはアタリすら無し。
と、ここで隣のI井さんが何やらヒット!!
「???」考え込みながら上がってきたのは良い型のヤリイカ!
インチクってスゲェ!ヤリイカも釣れるんですね(笑)

そんな場所に長々居ても仕方ないので風裏である丹後半島東側へ戻ってサワラ狙いをすることになりました。

サワラ狙い…ですが、やはりここもそれなりに風が強く釣り辛い状況。しかもサワラの活性は低そうです。
地震震度底物も渋い感じ(1匹だけマハタの大きなのが上がりましたが)
そう言えば昨日は能登半島東で大きな地震があったとニュースで見ましたが、その影響もあるのでしょうか。
ここいらも津波警報出ていたようですし。

ヌッシーは取りあえずトリプルフック1本のタチウオ仕掛けで臨みます。
さわりゃゲットするとフォールでヒット!
スレ掛かりで上がってきたのはサゴシと呼ぶには大きいけれど、サワラと呼ぶには気持ち小さい「さわりゃ?」クラスのサワラ。
ほぼ同時にI井さんも同サイズのサワラを釣り上げています。

何より渋い状況なので取りあえずの1本が上がったのはホッとします。
このボウズを逃れた安堵感は精神安定上重要です(笑)

お、Satokenn先生そいつはソイですか?ボウズ逃れましたね!

その後もたま〜にヌッシーにもアタリはあるのですがなかなか乗りません。やっとの思いで乗せてみるとサバ位の大きさのサゴシ。
I井さん連続ゲット隣を見るとI井さんアタリまくっています。
一時は入れ食いになり、2匹連続でヌッシーがタモ入れ係に…。
とほほです。
I井さんはヒットも多いですが当然サワラ相手なのでジグのロストも多く、計3個。しかしヌッシーのジグロストは無し。

ジグ無くしてI井さんはブツブツ言っていますが、ヌッシーのようにアタリが無いよりジグが無くなってもアタリがある方がずっと良いですよ〜。

昼の2時を回った頃から風も収まったのですが、この時間からでは丹後半島の西に回る事は無理なのでやむなくサワラ狙い続行。

すると最後の一流しでヌッシーにも待望のヒット!
ドラグを出すちょい大型のサワラだったのですがタモ入れ直前にザイロンのアシストラインをぶち切って逃亡。
とほほ〜。
ザイロン20号切るか〜普通。

釣果結局ヌッシー釣果はさわりゃ1匹サゴシ1匹。
I井さんはさわりゃ3匹・ヤリイカ1匹・ミニガシラ1匹
キッコリーさんさわりゃ1匹・サゴシ1匹
Satokenn先生……ソイ1匹
H房さん……レンコダイ1匹

 

まぁ釣果は渋かったですが、おなじみの仲間同士でかなり楽しく過ごせました。何だか体の疲れもかなり楽です。
企画して下さったSatokenn先生ありがとうございました!
また行きましょう!!

1

【地域】 明石
【海況】 中潮 晴   
【釣り船】魚英
【釣り座】右艫
【釣行者】ヌッシー I井さん ちとむさん
【釣果】 ヌッシー メバル2匹・ガシラ2匹(書く程でも…)
      I井さん ガシラ沢山
      ちとむさん 出汁1匹

 

今日は久しぶりに明石のジギング船「魚英」でジギングです。

今週頭位からナオチャンに「ゴマサバが釣れているらしい」との報告を聞いての常連調査隊の結集です。

「この時期にサバ?!」
と思わなくもないです。いつも6月頃から回ってくるサバですからねぇ。今はまだ2月ですし、去年も5月頃に「サバがいるらしい」との報告を受けて出撃するも見事に空振りでしたし(笑)

しかもタチウオまで狙えるらしいです(笑)

例年12月にシーズン終えるタチウオですよ!

12月に釣れなくなるタチウオと6月から釣れ始めるサバが2月に狙えるとは…

朝5:30集合、今日はI井さん、I井さんのお友達のS崎さん、さらに風邪ひいて寝ているはずのちとむさんから連絡あって免停中のちとむさんをヌッシーが拾っての参加、計7人の調査隊!!

天候は晴、気温は久しぶりに例年並みに低い感じ。
一路タチウオが釣れていると言う神戸沖を目指します。

で、神戸沖到着。
見ると近くの本職がバンバンとでかいタチウオ上げてます!!
松山・石鏡サイズばかりです!!
こ、これは凄い!!
どうやら居着いたためにイワシやイカナゴをたらふく食べて成長しているようです。
魚探を見ると底ベッタリですがタチウオらしき反応多数!

全員が「これは貰った!!」と感じ、速攻でジグ投入です。

投入1投目2投目辺りのフォールでヌッシーにコツンとアタリあり。よっしゃ〜!いける!

…と思いきや反応はそれっきり。
誰一人釣れません。反応すら無し。
魚探には相変わらず底近辺にタチウオ映って居るのですが…

そのうちに本職も帰ってしまいました。

その後もあらゆる事を試してみましたがギブアップ。
結局誰にもタチウオは釣れませんでした。
ええ、引っかかる事すら無しでしたよ。

問題点は
(1)時合いが遅かった
(2)餌でしか反応しないかも
(3)たまたま今日の喰いが悪かった
こんな感じが予想されます。

その後は仮屋周辺に移動してメバル・ガシラ狙い。

もうメッチャヌッシー的にテンションダウンしています。
要らんことばかり喋りながらかなり不真面目に釣りするヌッシー。そんなこんなで17cm位の陸からでも狙える小メバル2匹とガシラ2匹釣り上げ。
ちとむさんは出汁にしかならんサイズのガシラ1匹。ギャ〜!ちとむさんヌッシーの釣果に出汁混ぜんといて!面倒臭いやんか!(笑)
ここではやはりガシラ釣りプロのI井さん絶好調。何故か一人だけポンポンポンポンとガシラ釣り上げます。
何が違うんでしょうねぇ?凄いです。

はぁ〜結局思うように釣れませんでした。
まぁタチウオに関しては工夫次第で釣れそうな気もします。何と言ってもあの巨大サイズがかなりの数居ることは居るようですしね。
もう一度リベンジに行きたい気持ちです(返り討ちに遭いそうですが…)

魚英は来週はデイリースポーツとビッグフィッシングの取材が入っているそうな。小豆島周辺の鯛釣りの取材です。
テレビに映りたい方はどうぞ!
どうもこの所どこも何も釣れていないために雑誌もテレビも記事が成り立たないそうです。そんな訳で唯一釣れている魚英の鯛釣りに取材が集中しているそうな。

ホント異常気象です。

 

ポチッと押してね リベンジ隊参加者求む!!

2

【地域】 日本海(竹野沖)
【海況】 中潮 晴 北の風1
【釣り船】アルバトロス
【釣り座】右艫
【釣行者】ヌッシー I井さん 
【釣果】 ヌッシー アコウ35cm ガシラ1匹
      I井さん ノーフィッシュ

 

今回は遠征です。I井さんにお誘い頂いて日本海浅茂川漁港から出るジギング船「アルバトロス」に乗船です。アルバトロスでは前々日にブリ・メジロが爆釣したようで期待大です。

大阪から160kmの道のりを走って京丹後市網野町到着。天気は晴。風も波もなく冬の日本海なのにまるで春の日本海のようです。
この時期の日本海は出船出来れば爆釣間違いなしなのでこれは貰ったも同然か?!

8:30頃出船。水深80Mライン辺りから流します。ヌッシーは先日ゲットしたWhippy4番に昨日買ったばかりのケイタンジグ150g付けて様子見です。
しかし慣れないスピニング難しい〜!

日本海鳥山とにかくわけも判らないまましゃくってみました。そのうちに鳥山が出来て魚探の反応も良い感じに!これはサービスタイム開始か?!
と思いきや誰もかすりもしない展開。
これだけの反応を見せているのに誰にも釣れません。アタリもありません。そうこうしているうちに鳥山サービスタイム終了〜。

頑張る石井さんともかく竿をしゃくります。がむしゃらに皆でしゃくります。
水深100M近辺を上げ下げです。
明石の鹿ノ瀬30Mに慣れた体には拷問に近いです。
一休みしたいけれど折角遠征してきているのでヌッシーもI井さんもしゃくり続けます。

と、何故かここでヌッシーペラに巻かれてジグロストです。ラインも100M近く失ってしまいました。あちゃ〜!だからスピニングリールは嫌いなのよ。
これでこの日のスピニングの出番は終わりました。

仕方がないので明石で使っているWhippy2番とベイトリールで対応。あぁやっぱりベイトの方がしっくり来ます。

と、ここまで船中ノーヒットでしたがミヨシの凄腕常連さんがメジロを1本釣り上げました。やる〜!
その後ヌッシーの背中側の人が大きなガシラ(多分ウッカリカサゴ)をヒット。あ、美味しそう!え〜な〜。

しかし全く後が続かず全員で筋トレタイムが続きます。
正午過ぎてすでに両腕はパンパンです。

するとコンとヌッシーにアタリがあって何かが掛かった様子。上げてみるとまぁまぁええサイズのガシラです。明石沖なら嬉しいサイズですが、今日はこれを釣りに来たのではなくあくまで「ブリ」狙いなので釣った気がしません。
その後先ほどのウッカリカサゴの人もガシラをゲット。

14時を回ってかなりヌッシーのモチベーションも落ちてきました。腕もパンパンでハイスピードではしゃくれません。
I井さんも疲れてはるなぁ〜と思っていたらI井さんのツインパ8000故障です。ついてない時はこんなもんです。

16時、本来なら上がりの時間ですがいまだメジロ1本・ガシラ3匹しか釣れていません。(お!ヌッシー3位 笑)
ロスタイムに突入です。

しかし何で釣れないのかねぇ?船頭も常連さんもこの状況なら普通は爆釣のはずと言っているのですが、サッパリアタリすらありません。
ヌッシーは青物諦めてボトムをねちっこく底物狙いに切り替えです。

17時、船頭の「この一流し終わったら上がりにします」のアナウンス。やれやれ〜終わりと言われてちょっと嬉しいです。やっとこの筋トレ地獄から開放されるのかぁ〜。最後にちょこっと真剣にしゃくってみるか…。

ボトムにジグが付いてからタンタンタンと数メーター。
ゴツン!と何かが釣れました。

お!

結構竿が曲がってます。青物か?!…いや違うな…。
底物っぽいな。何かな何かな?

メイクミラクルすると上がってきたのは何とアコウ!!
しかもかなり立派なサイズです。
うひょ〜!
最後の一流しでアコウが釣れるなんてまさにメイクミラクル!!
最後の最後に超高級魚釣れました(笑)

結局船中でこの日釣れたのは以上。
日よりも海況もよかったのに謎の貧果です。

50Lには寂しい釣果当然「ブリが釣れる」ものと思ってトランク大将50Lを持ち込んでいたヌッシーですが、中にちょろり〜んとアコウとガシラが入っているだけの寂しい状況。

まぁお土産できただけでも良しとするか。

疲れ切った体でまた帰路160kmをクルマ走らせて帰りました。
多分明日両腕上がらないと思います。

そのうちまた日本海にリベンジ行くぞ!!

 

ポチッと押してね 日本海はレンジ幅が広くて狙いが定まりません

5

【地域】 明石
【海況】 小潮 晴 波0.5M→2M  
【釣り船】魚英
【釣り座】左艫(トイレ前)
【釣行者】ヌッシー I井さん 
【釣果】 ヌッシー シーバス21匹・ガシラ5匹(シーバス竿頭)
      I井さん シーバス13匹・ガシラ13匹(ガシラ竿頭)

 

超巨大爆弾低気圧の影響で8日に予定していた07年初釣りを流されたヌッシー。なんだか無性に釣りをしたい気分に駆られて居る中、10日に魚英に乗船したちとむさんから「シーバス爆釣15匹、竿頭」の報告を受け、直後にI井さんから「明日魚英集合」の指令を受けたためにヌッシーも11日参戦することに。

小潮なので「シーバス&イイダコ」のメニューかと思いきや昨日と同じく「シーバス&ガシラ」のメニューとのこと。
まぁいいや。

6:30出船。明石浦漁港近辺でタチウオの塩漬けをエサにガシラを狙います。最初は皆根掛かりの連続。
そんな中、I井さんがファーストヒット!そのままテンポ良く釣り上げ続けます。ヌッシー始めその他大勢は殆ど釣れない中でI井さんのみが釣れ続ける展開。しかもええ型で揃えて行きます。

ヌッシーもポツポツ釣れますが、いかんせん型が小さい!出汁にしかならないサイズが多いです。
その間一時ながらI井さん1人で入れ食いのシーンも・・・。

わからん!この差は何?!
I井さん見てる限りそんな特別な事をしている風にも見えないのですが・・・。

結果I井さんガシラ13匹で竿頭。ヌッシーは2位ですが5匹(出汁サイズ3匹含む)です。う〜んI井さんダントツ!

ヌッシー傷心のまま10:00に移動。鹿ノ瀬のシーバスポイントに向かいます。ここで挽回しなくては!
ところがシーバスポイントは浅瀬のために波が高く2M程。かなり釣り辛い状況です。取りあえずヌッシーは今日はジグオンリーで狙うことにします。取りあえずジャベリン金黒60gを投入。

あっさり釣れました。

ここからやっとヌッシーエンジン全開です。ポンポン釣れ続けます。8匹釣り上げた所でペラに巻かれてラインブレイク。
一番のアタリルアーロストです。

仕方なく今度はMMジグ金黒40gで投入。これでも釣れ続けます。止まりません。落として巻くだけで釣れます。落としても釣れます。

ここは釣り堀か?!

当面の目標は前日ちとむさんが立てた15匹。しかしこれはあっさり更新し、次は20匹を目標に。
あれれ?I井さんダウンです。何しろ波が2Mあります。しかもどうやら船の排ガスを吸い込んでしまった様子。ちょっと心配です。
これは何はさておいてもヌッシーが早く20匹釣り上げて早上がり条件クリアーする必要がありそうです。

それからは根掛かったり結んでいないジグを放り投げてロストしたり間抜けなことを繰り返しながらも何とか20匹の目標は突破し、おまけに1匹釣り上げて21匹で13:00納竿(いぇ〜いシーバス竿頭!)。ちょっとだけ早上がりです。

さて港についてからが大変。ヌッシーとI井さんの釣果を足すだけで34匹もあります。絶対に持ち帰れませんし、持ち帰りたくもありません(笑)

神経絞め職人取りあえず魚英のナオチャンが生け簀から出して絞めて、I井さんがそれを神経絞め、ヌッシーは割合小型のシーバスをリリースする役目に。

I井さんホントに持ち帰り分のシーバス全部を神経絞めしてくれました。ありがとうございます!
(ホントに神経絞めした身は家に帰っても固くならずにプリプリでした)
大体ヌッシーとI井さんは6匹位ずつ持ち帰った位でしょうか。

いや、もうシーバスは当分顔も見たくない位釣れました。
これだけ釣れると逆に面白くありませんね。
(いや面白かったけど 笑)
あ、そうそう、明石浦漁港の東の方でメバリング等される際はご注意を!40〜50cm級のシーバスが大量に放流されていますのでメバリング用のラインは1発で切られる恐れがあります(笑)

 

ポチッと押してね 景気の良い初釣りが出来ました

このページのトップヘ