ヌッシー疑似餌同好会

カテゴリ: 【丹後】丹後半島周辺〜浦島礁

1
【地域】 日本海丹後近海
【海況】 中潮 快晴 べた凪
【釣り船】HAPPINESS2
【釣り座】左胴の間
【釣行者】ヌッシー イッシーさん


ある日の夕方、釣友のイッシーさんから携帯にTELアリ
「釣りに行きませんか?」とのお誘いです
              (  ココ重要です!)

い〜ですね〜!いつですか?
「明日です」
あ、明日ですか…(笑)ちょっと待ってて下さいね…

「あの〜奥様、イッシーさんから誘われまして(←ココ重要!)、明日釣りに行っても良いでしょうか?…、あ、いや、そんな無理にとは言いませんが… 折角のイッシーさんからのお誘い(←ココ重要!)ですし…」

プレゼンテーションも何とか無事成功して一緒に釣りに行く事に!(爆)

行き先は最近絶好調な丹後沖、HAPPINESS2
イワシが入って爆釣傾向、しかも連休前のタイミングでの釣行です
丁度二日前にボートで会社の部下連れて繰り出したYOSHIBOさんがなかなかええ釣果を出しているので期待持てます

朝いつも通りに家を出たはずなのに出港ギリギリに滑り込んだヌッシー
船は3号艇(おっきいヤツ)で久しぶりの親父っさん船長
おっきい船ですが20人ちょいのお客さん
ギュウギュウやなぁ〜
ヌッシーとイッシーさんは左胴の間です

出港してすぐに船は一路冠島方面へ
え〜そっちなの?

冠島周辺は恐ろしいほどの鳥山発生中!

鳥山

これはほぼ頂いたも同然!





ところがコレがまた反応してくれないんだ(笑)

左大艫の常連さんが見事な鰤を船中1匹目としてあげて以来大勢乗ってるのに魚がちっとも掛かりません


どうにかこうにかイッシーさんツバスゲット!
しかも釣れたのか何なのかイマイチ判断出来ないほどの弱い引き

続いてヌッシーもツバスゲット!
これまた途中でリール巻くのやめて本当に魚か竿先見て確かめなければいけないほどの弱い引き(爆)

取り敢えず二人でボウズは回避しましたがこれじゃぁねぇ〜
イッシーさんは今季初物と言うことでツバスをキープ
ヌッシーはどうせ大きいのも釣れる時合い来るだろうと判断して沖君に進呈


こっからがまた苦しい時間の連続

左大艫で常連さんがダンシング使ってデカヒラメ・デカ鰤とデカいのを取り込み成功しはりますが、他は殆ど沈黙

左右ギュウギュウ詰めなので頻繁にオマツリするし、そんな左右幅なので不規則な動きするダンシングは胴の間で落とせないし…

基本今日のハピネスはどてら流しなので、どてら裏サイドの順番の時には殆どしゃくることも出来ず…

う〜む…

それでもこれだけ鳥が飛んでいるならどんなしゃくり方しても釣れそうなものですが、反応は底でコチンコチンのようで全然釣れません

涙目

後半になってスカウツを使えばアタリが取れる事を発見したヌッシー、2回ハマチをばらした(口切れかな?)後でやっとツバス追加
その後エソ、エソ…

どうも雲行き怪しいのでこのツバスはキープ(笑)


で、そのまま何のドラマも起きずに終了〜〜

【本日釣果】
ヌッシー   : ツバス2匹
イッシーさん : ツバス1匹

ち〜ん

あかんかったわ〜〜〜〜

何があかんかったんやろ?
あ、もしかして今日はスタンプカード集まったからヌッシーはタダ乗りやったんやけど、タダ乗りの時は釣れないジンクスが日本海でも発動したから?!

ほんまサッパリわややわ…


追記:
帰宅後ブログ見たら何とちとむさんも今日は一人でワープゾーンに乗ってはったみたい
しっかり鰤釣ってはるのはお見事!
一人で乗ってはるならどっちかに合流すればよかったですね、残念

4
【地域】 日本海丹後近海
【海況】 中潮 快晴 べた凪
【釣り船】HAPPINESS?
【釣り座】右胴の間
【釣行者】ヌッシー


嫁さんの第二子出産にともなって釣り禁止期間を過ごしていたヌッシー
やっと無事次男が誕生して嫁さんは子供達を連れて短期間ながら実家へ

お!独身気分

しかし仕事の絡みもあって中期的なスパンで出撃可能な日は5日(月)のみ
時期的には明石のカレイが激旨になる頃ですが、生憎魚英は人数集まらなかったとのことでカレイでの出撃は断念
和歌山の俊海丸は急激に水温下がったとのことで今回はパス

と言うことは日本海か〜
早速一人でHAPPINESS?に予約入れました

今回の出船は8:00
客は11人
あ、あのカップルで来られてるのはもしや…
やはり釣りバカさんでした
今回ヌッシーは一人で乗船ですが、ちょっとした知り合いも居るし明石で釣りされてる方も居るし、周りに無駄に話しかけては仲良くなって一日楽しく過ごす作戦です(爆)

キャプテンに聞くと一路白石グリを目指すとのこと
白石かぁ… 深いなぁ…

途中鳥山を見かけて近寄ってみると沢山のイルカ
oh!NO〜〜!
白石は大丈夫やろか…

ポイント到着して取り敢えずZERO1セミロングをポイッと投入
シャクシャクシャク…

ドン!

おぉぉぉぉ!!!
いきなりかよ!!
こ、これは鰤クラスやんか!
鈍った体で心の準備も出来てないのにいきなり鰤クラスが掛かってしまいました
うんしょ、うんしょ、
仕方ないからえっちらおっちら巻き巻きして…
あと少しでリーダーってとこで急に魚は向きを変えて船底船尾方向へ
大艫の方に場所を変わって貰おうと動いた瞬間に
プツッ
船底に擦れて切れてしまいました

最悪や…
ここまで引き上げたのに…


ハァハァ言いながら呆然としてる間に周りはメジロ&鰤ラッシュに突入!
そこかしこで竿先が海面に突き刺さってます

しまった><出遅れた
この時合いでは何とかメジロ1匹ゲット
あからさまにさっきよりサイズダウンしたわ…



ここから今日の白石は凄かった

ここから間断なく時合いが訪れて常に誰かの竿が曲がっているような状態
キャプテン兄弟二人はタモ入れに走り回ってるし、誰かが釣り上げてて誰かが〆てて、〆てない誰かの魚がそこかしこでピチピチ跳ねてて…
忙しかったので写真は無しです

取り込み中

ヌッシーはと言うとツバスやハマチを釣り上げる中から

お!これはええ型や!
…う〜ん、メジロか

お!何か重いぞ!
…う〜ん、ハマチダブルか(笑)

お!またええ型や!
…う〜ん、でもメジロか…

周りで時折鰤が上がるのにヌッシーは釣れども釣れどもメジロからサイズアップせず
(あ、でも自作ナイフの入魂は十分できました!)

そんな中、釣りバカさんの奥様は8kgに迫る本日最大の鰤げっつ!
釣り上手いですねぇ…
よう上げましたねぇ…

途中、ヌッシーはスカウツを使ってツバス入れ食いになるも全然サイズアップせず
あ、ちなみにパターンはシャクシャクシャクシャク!と高速で巻き上げてからロングジャーク一閃!ロングジャークの頂点から即絡まない位置に竿先を下げてラインスラックを作るパターン
大概フォールで喰うのでラインスラックがジグの落下で伸びていく様子を見てラインの出が止まったら喰ってるから合わせるって方法でした


結局メジロ以上はそれ以降伸びず

【本日釣果】
ヌッシー : メジロ3 ツバス(ハマチ)15匹ちょっと位


メジロ3匹でした

あ〜ぁ、最初の鰤取れてたら満点やったんやけどなぁ〜
メジロ3匹釣れたら通常満足なはずなのですが、今日は大型の鰤も混じる絶好の海況だったのでちょっと不満です

まぁええわ今日はこれ位で勘弁しといたろ!



と言いつつ実はヌッシー満身創痍
水深80〜90Mラインで一日高速ジャークしてたものですから腕が痛い痛い
帰りのクルマのハンドルも上手く握れないほど両腕がパンパンです
このブログ書いてるのも腕・二の腕・手首・肩・腰に湿布薬(モーラステープ)貼りまくってやっと書ける位

こんなしんどいのもうええわ!
って気分なんですが、スタンプカードもやっと貯まったし丹後のジギングトーナメントもエントリーしたし…
来月位にもう一回行こうかな〜



シャウト(Shout!) LIGHTEN(ライテン) シャウト(Shout!) LIGHTEN(ライテン)

現在の白石は完全にショートジグ
100g位の重量と引き重りしない形が楽
ブルーかピンクで大丈夫

3

【地域】 舞鶴
【海況】 長潮  天気予報に反して快晴・凪ぎ
【釣り船】レンタルボート YF23EX
【釣り座】ミヨシ
【釣行者】ヌッシー YOSHIBOさん ちっちさん

 

紀伊田辺の俊海丸へ今年ラストチャンスのカツオ釣りを計画していたヌッシーとYOSHIBOさん
しかしいざ電話してみると予定日の14日はチャーター入っててダメとのこと
が〜〜ん

じゃぁどうしましょうか?
見ると丹後地方では急にヒラマサ急上昇中!
どうやらボート出して行けるエリアのようです
よし!じゃぁまた舞鶴からボートだそう!
湾口のサワラも調査しなければいけませんしね

今回は以前からエイト2でよくお会いするちっちさんも急遽参加!
釣友のイッシーさんに連絡してみるも「その日はその舞鶴に出張中です」とのこと
す、スミマセン…

朝9:30に舞鶴のマリーナ出港です
天気は晴れ、べた凪快晴です

まずは舞鶴湾口のいつものサワラポイントから
見るとやはりこのポイントはサワラの大量感度!
何でいつもこのポイントに固まってるのかトンと不明です
底に何があるわけでもあるまいし…

取り敢えずジグ投入!
2投目位にヌッシーにゴン!とアタリあり
3投目にジグ切られてロスト…
あ〜〜ココまで何十匹もサワラ釣り上げてきたヒラジグラが〜〜!
直後にYOSHIBOさんがサゴシ釣り上げ
ヌッシーも海面まで追いかけてきたサゴシを何度も視認するもヒットせず

満潮潮止まりだからねぇ…

この間に移動です

目指すは冠島
周辺でハマチに混じってヒラマサが上がっているとのことです

冠島周辺は魚探に大量感度!
早速ジグ投入して釣れたのはツバス大位のハマチ
底から早めにリール巻くとかなり上層で喰う日本海パターンです

朝のうちはちょっと肌寒かったのですが、天気も良い上に汗をかく日本海パターンなので3人とも早々にTシャツ1枚に…

冠島はべた凪

と、ここでYOSHIBOさんにチョイと違う反応アリ!
上がってきて慌てて「タモタモ!」

YOSHIBOさんサワラゲット〜!
ホント今年は毎回サワラ釣りますね〜〜

今日もサワラ

ここから冠島周辺をグルグル回ります
魚探の感度はかなり良いのですが、喰いはかなり渋くて釣れてもハマチばかりです
どうも潮があまり動いていない様子

付近をウロウロしていたワープゾーンも昼前に白石方面へ移動していきました
代わって現れたのは小浜の富丸
小浜から来るって事は全体的に食いが悪いって事なのでしょうね

 

昼過ぎから少しだけ潮が動き始めたのかハマチの食いが急上昇!
しかし釣れども釣れどもハマチオンパレード
ボートのミヨシでずっと釣りしてるヌッシーは後ろまで移動して魚を〆るのが面倒なので100%リリースです(笑)
YOSHIBOさんも殆どリリースしています
あっ!ちっちさんそんなにキープしたら後で大変ですよ(笑)

とにかくハマチを釣れるだけ釣り続けてヒラマサなりなんなり混じるのを期待します
と、ここでYOSHIBOさんに少しだけドラグを出す魚ヒット!
上がってきたのは朝よりもサイズアップしたサワラ!!

え〜なぁ〜サワラ!

ACCEL(アクセル) ウレタンコートL.R(UV防止材配合) ACCEL(アクセル) ウレタンコートL.R(UV防止材配合)

ジグは必ずウレタンドブ漬けしています
サワラ釣り上げてもかなり損傷少なくて済みます

この辺りで残り時間も少なくなってきたので舞鶴湾口のサワラポイントをもう一度狙うことに
あれ?舞鶴方向はえらい天気悪そうやな…

陸に近づくに釣れて風が強まります
あぁぁ!稲妻!
怖ぁぁぁ!

魚探には朝よりも散ったサワラの反応
しゃくって見るもヌッシーに1度アタリがあったのみ

って言うかかなり宮津方面とか降ってますよ!
あぁぁまた稲妻!
帰りましょう帰りましょう!

怖いので竿立てに立てていたタックルは下ろして寝かせておきました
基本ヌッシーはビビリなんです(笑)

マリーナに着いて荷物をあらかた下ろした頃にもの凄い雨が突風とともに襲来!稲妻ゴロゴロ!
危なかった〜〜〜!

そこから1時間ほど撤収出来ず

 

まぁ最後は危ない天気でしたが釣りをしてる間は良い天気でしたので納得
欲を言えばヒラマサなり、少なくともサワラ欲しかったですがこればっかりは仕方ありません
ハマチはウンザリするほど釣れましたしね

【本日釣果】
ヌッシー     : ハマチ無数
YOSHIBOさん : ハマチ無数 サワラ2匹
ちっちさん    : ハマチ無数(実はもの凄い物を釣ってはりますが書けません 笑)

 

帰りの高速はこれがまた大渋滞で参りました
ハマチはちっちさんがお知り合いに配るとのことで10匹持って帰られましたが、まだかなり余ってます
正直ヌッシーもハマチは1匹で良いんです
YOSHIBOさんは1匹も要らないとのこと(爆)
そこでエイト2に電話、聞けば「3匹程なら引き取り手あります」とのこと
よし!エイト2に行こう!
エイト2に着いて6匹押しつけて退散!(笑)

残ったハマチ3匹はヌッシーが頂き、YOSHIBOさんは大きい方のサワラ1本で良いとのことなのでもう1匹のサワラはヌッシーが頂きました(ゴッツァンです!)

 

シャウト(Shout!) ジガーバッグIII シャウト(Shout!) ジガーバッグIII
みんな持ってるシャウトのバッグ
ヌッシーのはこの小型版の方
ベルトがBOXの底を回ってるから重いジグを入れて運ぶのも安心です

シャウト(Shout!) オートレスキューポーチ シャウト(Shout!) オートレスキューポーチ

新手のセーフティーグッズ
船からの落水対策にはコレの方が良いかも

5

【地域】 丹後半島沖
【海況】 大潮  晴れ凪ぎ
【釣り船】ハピネス2
【釣り座】後ろの方で自由に
【釣行者】ヌッシー 窪和久君 ヒロシックスさん

 

今週どこに釣りに行こうか悩んでいたヌッシー
(別に無理に釣りに行かんでもええんですが…)
こないだ面白かった和歌山の俊海丸も良いなぁ〜と思ったのですが行動予定日の金曜辺りは海大シケの模様(それに金曜は仕立てが入ったとのことでした)
日本海はイカしてるし…
と言うことは久しぶりにホームの明石で魚英に乗せて貰おうかなぁ〜

と考えていたところに木曜朝になって飛び込んできた情報「日本海でブリ爆釣!ヒラマサも!」とのこと!!

か?!

とは言え1人で日本海行くのはしんどい気がするヘタレなヌッシー(笑)
誰かおらんか〜〜〜
で、ヒットしたのは先週と同じエイトの窪和久君!
よしよし!行こ行こ!
いそいそとハピネス2に二人予約入れました

そこへ夕方近くになって飛び込んできたメールがmixiマイミクのヒロシックスさん
「日本海爆釣してるので明日ワープ乗りませんか?」
とのお誘い(笑)
どうせなら一緒に行きましょう!と言うことになり一緒にハピネス2に乗ることに!

朝8時ハピネス2出港!
今日はヌッシー達含めて客は5人
他の人達もフレンドリーで楽しい一日になりそうです
ヒロシックスさんは左ミヨシに
ヌッシーと窪和久君は後ろの方で好き勝手にする布陣です(笑)

出航後は白石グリが解禁になる時間まで浅場でヒラマサ狙い
遠くまで行かんでもハピネス2でヒラマサ釣れるぞ〜!
俄然やる気モードで斜め引きです

そんな中でヒロシックスさんにええアタリ!
難なく上げてヒラマサゲット〜!
うらやましぃ〜〜!

ヒロシックスヒラマサ1

ヌッシーも釣りた〜い と頑張りますがボトムでヒラマサらしきバイトがあったのみでヒットせず
結局ヒラマサはヒロシックスさんのこの1匹のみでした

移動です

え?やっぱり白石グリですか?
100M下のボトムまで落として早引き?
どうやらリールから煙出るまで早引きらしいです(爆)
この釣りは非常にキツいからヌッシー苦手なのよねぇ〜

辛い思いは皆さん同じらしく皆さんブーブー言いながらリールを巻いてます(笑)

船長の話によるとハマチ10匹釣ったらブリかメジロが1匹混じる確率らしいです
確率は日頃の行いで変化するらしいです(笑)

取り敢えずみんなで何かに取り憑かれたようにリールをシャコシャコシャコ!!!と超高速で巻き続けます
あ〜〜腕に乳酸溜まる〜〜(泣)

ヒット!
まぁまぁええ引きで上がってきたのは大ハマチ
ハマチと言ってもメジロ1歩手前位の大きさなので予想よりも結構引きます

大ハマチ2

これが大体水深100Mの80M近辺で掛かるので船上までサルベージするのがしんどいしんどい…

船内ポツポツとこのサイズのハマチが上がります
どうやら昨日までより食いが落ちてる様子です
僚船も絶不調とのこと

そこへ窪和久君
何やらデカそうなのをヒット!

GTでもヒットしたかのような悲鳴を上げてリールのドラグが逆回転しています!
明らかに大物!メチャメチャ引いてるやん!

竿をブチ曲げてドラグをギャンギャン言わせながら上がってきたのはブリサイズ!
ナイスブリ!

クボワクブリ3

この人は何故かヌッシーと釣りに行くとデカいの釣りますね〜
ホンマに釣りますね〜(感嘆)
ハズレ無しです!

ここから窪和久君、脅威のヒットラッシュが始まりました!
ほぼワンフォール・ワンヒット!

他の誰も釣れてないのに1人で大ハマチをぶち抜き続けます
超凄腕のハピネス2の兄ちゃんも釣れないのに何故か窪和久君のみヒットラッシュ!
魚探に反応ゼロでもヒットするのは何故?!

見ているとヌッシーにはマネの出来ない速さでリールを巻いてます
(竿もリールもほぼヌッシーと同仕様)
若いって良いね…

速さ以外に違いは?…
実は窪和久君、船はどてら流しなのにヌッシーや他の皆さんのように潮下にジグを流してしゃくるのではなく、どてらなのに1人で潮上へロングキャストしてリール巻いてるのです
本人曰く「潮下にジグを流すと潮の抵抗大きくて早く巻けない。潮上に投げてから巻くと抵抗少ないから早く巻ける」

なるほど〜一理ありますね
超早巻きでしか喰わない今日ならこの作戦の方が良いのかも
(今日は風が弱かったので… 風で船が流される速さにも関係してくると思います)

しかしどてらのセオリーって潮下じゃ…
そんなみんなの突っ込みを余所に1人で潮上へ立ち向かい、大ハマチを揚げ続けます
船長も見たこと無い位のヒット率だそうです
マジでもの凄いです

シマノ(SHIMANO) スティンガーバタフライ センターボルテックス シマノ(SHIMANO) スティンガーバタフライ センターボルテックス

爆アタリしてたのがコレ!
このカラーとシェイプに秘密があるのか?!
何しか段違いのヒット率でした


けれども普段の行いが悪いのか大ハマチを釣れども釣れども初っぱなのブリ以降デカいのが来ませんね(笑)
きっと普段から女の子を泣かせすぎてるのでしょう

とは言え品行方正なはずのヌッシーには大ハマチさえサッパリ
ヒロシックスさんも大ハマチに大苦戦

それでも皆さんいつか来るはずのブリを夢見て何かに取り憑かれたかのように巻き続けます

あ〜〜右腕壊れたよ〜〜〜
明日仕事出来ないよ〜〜〜
暑いよ〜〜〜〜
飲み物が無くなりそうだよ〜〜〜

 

そろそろ終わりも近づいた頃

 

ヌッシーの竿先がグッと止まりました
ヒット!
言うか言わないかのうちにステラのドラグがギャギャギャギャギャギャ〜ッ!!!と泣き出しました
おおお!ブリやぁぁ!

やっと来たぜブリ!

でも水深100Mの底近辺で掛けたんですよね
どてらなので少なくとも120Mはライン出てるんですよね
更にラインは引き出されてるんですよね〜〜

メチャ引くのは面白いけどzenaq whippy#2はグリップから曲がってるし(ヒロシックスさん曰くトラウトロッドみたいとのこと)なかなか浮いてこないや〜ん(泣)
窪和久君は「whippy#2は不意の10kgクラスでも大丈夫ってカタログに書いてあるから大丈夫ちゃいますか〜」とか横で言ってます(笑)

本人必死・周りは冷やかしの中でビッグファイトの末に上がってきたのはやはりブリ!

ヌッシーブリ4

何とか最後にギリギリブリ釣れたよ〜〜〜!
危なかった〜〜〜

ちなみにヌッシーのブリヒットジグはスカウツ100gゴールド(今日は全般ゴールドがヒットカラーでした)
結局スカウツかよっ!ってオチ(笑)

 

【本日釣果】
ヌッシー : ブリ1 ハマチ4 ガシラ1 ペンペンシイラ1
窪和久君: ブリ1 ハマチ少なくとも20以上 アコウ1
ヒロシックスさん : ヒラマサ1 ハマチそこそこ 鯛1

本日釣果5

いやぁ〜〜〜しんどい釣りでした(苦笑)
普通なら諦めて寝ていたはずですが、何故か窪和久君が連発するので釣れる以上はしゃくり続けるしか無くて辛かったです

釣果はヌッシー持参のトランク大将50Lにギリギリ入るだけ持ち帰り(ブリ2・ハマチ12)、窪和久君の残り釣果(数量不明)は船長に進呈しました

終わってみれば大釣り成功!
二人ともブリ獲れたしヒロシックスさんはヒラマサ獲れたし言うこと無し!
しんどかったけど楽しい釣行でした

 

シマノ(SHIMANO) 08ステラSW5000HG シマノ(SHIMANO) 08ステラSW5000HG
ヌッシーも窪和久君もリールはこれ
5000HGです(写真はXG)
小型で軽いから疲れも軽減
ハンドル短いから高速巻きしやすいです
ヒット後はポンピングするから小さくても平気!
ドラグが良い仕事するんだこれが!

YGKよつあみ ガリス ジグマンX4 300m YGKよつあみ ガリス ジグマンX4 300m

今回は前日にこれを300M巻き込んで行きました
2号で30lb、ブリでも大丈夫!
糸鳴りするけど気にしなければOK

3

【地域】 舞鶴湾口→大グリ
【海況】 長潮 晴 風弱く
【釣り船】レンタル艇 YF23EX
【釣り座】自由(笑)
【釣行者】ヌッシー YOSHIBOさん 係長さん ショージ君

 

今日もいつもの舞鶴港初レンタル艇YF23EXです

今回はYOSHIBOさんの会社の係長さんと部下のショージ君をオフショアジギングの世界に勧誘すべく何ぞ釣って貰うのが目的

朝9時舞鶴のマリーナ集合
いつものようにYOSHIBOさんは恒例のビデオ講習(毎回見ないといかんらしいです)、そしてヌッシーは恒例のナマコ拾い(笑)
しかしナマコの数が激減していたこととYOSHIBOさんがビデオを早回しで見て速攻で帰ってきたので(毎回同じビデオやしねぇ…)少ししか拾えず
まぁいっか〜
(あ、ちなみに朝寄った舞鶴のファミマもマスクは完全品切れ中でした)

出航後一路舞鶴湾口のサワラポイントへ向かいます
今日はど〜かなぁ〜?

おお!居る居る!!
サワラの反応結構あります!
風もなく暖かい中で喜び勇んでジグ落とします

ヒット!(笑)

上がってきたのはサゴシ
YOSHIBOさんもサゴシ
またサゴシ…

初めてジギングするお二人にも一応しゃくり方レクチャーして…
おお!ショージ君サゴシヒット!

何故か釣れども釣れどもサゴシばかり

サゴシばかり

全くサワラクラスが混じりません
まぁでもここは5分程の差でサゴシばかりの食いがサワラばかりの食いに切り替わることがあるのでサゴシ釣りながら様子見です

が、サゴシしか釣れないままに潮止まり

仕方ない、移動するか

MSC-680-ながしま

出がけに経ヶ岬のライブカメラもチェックしてきましたが、沖も波は無さそう
とは言え経ヶ岬北の白石グリはさすがに遠いので冠島北の大グリへ向かいます

丹後の海説明

途中、冠島にさしかかった所で…
イルカの群れ発見
トホホ〜テンションダウンです
まぁ初めてのお二人には喜んで貰えたようですが…

どうしようか迷いましたがそのまま進んで大グリ到着
おお!遊漁船沢山!… でも餌船ばかりでジギング船居ないね
船はアンカリングして完全フカセの真鯛狙いの様子

でも… ん?あの海の色が違うところは…
あ!沸いてる!!
ハマチらしきナブラが見えます!
早速急行!

投げてみますがどうにも反応悪い…
どう考えてもヒットする感じで投げ込んでもサッパリです
なんじゃこりゃ?

ハマチはかなり広範囲でバシャバシャしているのですが、鳥山は出来てないしイワシやシラスのような白く沸騰するようなしぶきも上がっていません
何これ?

ヌッシーもYOSHIBOさんもサッパリ釣れない中、ここで先ほどサゴシポイントで手こずっておられた係長さん猛チャージ!!
シャウトのライテン(レッドゴールド)で次々にハマチを釣り上げておられます!

シャウト(Shout!) LIGHTEN(ライテン) シャウト(Shout!) LIGHTEN(ライテン)

何故かよかったライテン!
悔しいけどシャウトのジグは釣れるね

 


何故?何が違うの?
すぐさまヌッシーもシャウトのステイで対抗しますがやはり釣れません(泣)

シャウト(Shout!) ステイ シャウト(Shout!) ステイ

今日はダメだったけどステイも優秀!
根掛かりすると泣けてくるから明石では使いません(笑)

 


あっと言う間に係長さんはこの渋い状況で5匹ゲット!

YOSHIBOさんとヌッシーは何とかインチクでどさくさに紛れてハマチゲット(苦笑)
しかしなかなか釣れない上にハマチばっかりってのもねぇ〜
初めてジギングでハマチ釣った係長さんには喜んで貰えたようですがYOSHIBOさんとヌッシーは不完全燃焼
昨日までの仕事で疲れていた一番の若手ショージ君は寝てしまってますし…

 …移動しよっか

ここで引き返して朝一のサワラポイントに帰ることに
サゴシではなくサワラ狙います

サワラポイントでは相変わらずサワラと思われる大反応!

即ヌッシーヒット!
その後も乗らないまでもバイトが続きます
どうやらケイムライトが効いている様子
塗り方にコツが要りますがサワラ類には激効きです

ヤリエ ケイムライト・マニキュアタイプ ヤリエ ケイムライト・マニキュアタイプ

  …マジで効きます

でも今日はやっぱりサワラが混じりません

そろそろタイムアップか…

 

そう思われた矢先、係長さんにデカい何かがヒット!
おお!竿ブチ曲がり!
遂にデカいサワラか?!

と、上がってきたのはデカいシーバス!(笑)
おお!タモタモ!

係長さんのシーバス

なかなか太っといナイスなシーバスです!
鱸クラスを初めて釣ったという係長さん、お見事!

そう言えば直前にヌッシーにもアタリがあったけどアレはシーバスやったのかな?
そう思いながらジグしゃくっていると何かがフックに絡んでます
見ると立派なイソメ(笑)
バチが抜けてるのかな?(長潮やけど)それでシーバス来たのかな?

 

もう一発メイクドラマを!
と皆で必死にしゃくっていると今度はYOSHIBOさんの竿がブチ曲がり!!
おお!デカそうですやん!
ヌッシーは自分のジグを速攻で回収し、タモを持ってスタンバイOK!
上がってきたのは

…サゴシの土手っ腹スレ

タモは引っ込めさせて貰いました(爆)

同時にショージ君にもサゴシがヒットしたことで切りよくここで納竿

【本日釣果】
4人で サゴシ11匹・ハマチ8匹・シーバス(70cm)1匹

本日釣果5/19

陸に上がってからマリーナ内でハマチとシーバスの内臓だけを取り出してみました
シーバスの腹は空っぽ、ハマチの腹の中はなんとアミエビ!!
そらジグで釣れんわ〜〜!

何はともあれ初めてのお二人にちゃんと魚を釣って貰えて、更に一番上司の係長さんに竿頭取って貰えて大団円でした!

3

【地域】 白石グリ
【海況】 中潮 晴 西の風5M
【釣り船】レンタル艇 YF23EX
【釣り座】自由(笑)
【釣行者】ヌッシー YOSHIBOさん マコトさん ちとむさん

 

29日に釣りに行く約束をしていたヌッシーとYOSHIBOさん
ヌッシーの予定がなかなか立たなかった為に釣行の準備が遅れて29日はどこの乗合船もあぶれてしまいました(スミマセン…)
仕方ない…
YOSHIBOさんまたレンタル艇の手配よろしくお願いいたします

レンタル艇の手配はすぐに出来たのですが、29日はゴールデンウィーク初日と言うことで通常よりもレンタル料が高いことを忘れていました!
う〜参加者募らなきゃ!

そこで手を挙げてくれたのがYOSHIBOさんのお連れのマコトさん
お二人はルアーゲームのビッグチーム「Team Splash」のメンバーなのです
Team Splashとは…
JGFA常任理事の松浦昌治さんをリーダーにJGFA会員で構成されたチーム
グランブルーの林船長もメンバーです
そんな強力な方においで頂くとは!
あれ?と言うことはYOSHIBOさんももしかして強力なメンバーだったの?(笑)

さてでは3人で…
と思っていたら前日の夜になってちとむさんから「俺も行く!」との入電あり(爆)
そうなの?!
と言うわけで今回は4人乗船です!

前日の情報では各ルアー船ともに白石で大爆発したもよう!
こりゃ〜今回はメジロ売るほど釣れそうやな〜!
ヌッシーは気合い入りすぎて50Lのトランク大将の他に35Lのスペーザまで持参(実話)

ダイワ(Daiwa) トランク大将 TSX−5000RW ダイワ(Daiwa) トランク大将 TSX−5000RW

コレ満タンにしてみろや!

 

 

朝9時マリーナ集合
例によってYOSHIBOさんがビデオ講習受けてる間はヌッシーのナマコタイム(笑)
おおおお!ナマコがデカくなってる!
数日前の雨の影響で舞鶴湾に濁りが発生しているお陰で視界が悪くて数は拾えませんが、それを補って余りあるデカいサイズに成長しています!
結局重さでは前回と変わらないだけナマコ拾ってビニール袋に入れて帰港時まで桟橋から海に漬けておきました

9:30出港!
今日の目標は白石グリなのでバンバン飛ばします
が、養老漁港を左手に過ぎた頃から白波が立ちはじめ、短いピッチの波が行く手を阻みます
進みづらいし釣りづらそうです
べた凪かと思っていたので戸惑います
取り敢えずゆっくり進んでみることに

う〜む予想外の北西強風

10:00過ぎに白石礁着
魚探にはかなりの反応が映っています!
早速ケイタンジグ落としてしゃくってみると…
即ヒット!
いきなりダブルでハマチが上がってきました!
う〜ん、でも今日は君たちに用事がある訳じゃ無いのよ〜

ここからみんなで釣れ続きます
ハマチ!
   ハマチ!
 ハマチ!
ハマチダブル!

      ハマチ!
ハマチ!
         ハマチダブル!
ハマチ!
   ハマチ!

え〜〜〜い!鬱陶しいわ!(笑)

まさにハマチ無間地獄
まぁハマチが釣れるのは楽しいですが、喰ってもそれなりなので殆どリリース
そのうちにメジロでも混じるだろうと思いきや全然混じらずハマチのオンパレードです
ハマチ避けのデカいフックも関係なし
延々ハマチの大反応が続きます
釣り方としてはここ最近のこの海域と変わることなく誘いの後のロングジャークした後で喰ってくるパターン
しかしハマチばかりじゃ盛り上がりに欠けます
インチクで底狙っても根魚一匹掛からないのは何故?

ちとむさんからの情報では白石以北の120Mラインではメジロ混じりとのことですが、今日は風が強くて小型プレジャーボートのどてら流しではかなりの重さのジグが必要になります
それにこの船の船足ではここいら辺りが北上の限界
ちょっと行けそうに無いねぇ〜
ジギング遊漁船なら行けるんだけどねぇ〜

14:30になったのでハマチ狙いを諦めて帰港準備することに

帰路は往路よりも時間が掛かって本来の帰港時刻である15:30になってもまだ舞鶴湾ど真ん中

114すずなみ

ん?
魚探に…

コレは?!

サワラの反応発見!
何と前回影も形もさっぱりだったサワラの反応が映っています!
しかも大反応です
(サワラの反応ってかなり変わった映り方するんです)

取り敢えず既に時間切れなんですが片づけたタックルをまた出してサワラジグ付けてフォール…

ヒット!
ヌッシーヒットです!
手応えからしてサゴシか

上がってきたのはやはりサゴシ
居るやん!釣れるやん!

ここでマリーナに「延長!」の連絡を入れて戦闘開始です!

さすがにヌッシー&YOSHIBOさんは慣れているのでかなりよく釣り上げます

ココでドン!
ヌッシーサワラ級ヒット!
固めのドラグまで引き出す本日最大級の手応えです
が、これはかなり上層まで巻き上げた所でバレ

くっそ〜〜〜〜!
悔しい〜〜!

前回のサワラ爆釣時には殆どフロントフックに喰ってきたサワラですが今回は皆リアフックに喰ってきています
あ!これは!
ケイムライト検証用にリアのバイトマーカーとしてケイムライト塗ったジグでした
やはりケイムライトはサワラには激効きのようです

ヤリエ ケイムライト・マニキュアタイプ ヤリエ ケイムライト・マニキュアタイプ

やはりサワラには効く!
今日はハマチにも効果ありでした

 


慌ててフロントにケイムライト塗ったジグに付け替えるもここで潮が無くなったのか反応してこなくなりました
何よりも延長を希望した時間も過ぎてマリーナに帰港しなくてはいけません
この場所から前回のサワラポイントまでずっと好反応の連続でしたが後ろ髪引かれる思いで納竿

サワラ居るなら居るって言っといてよ〜!(泣)

もう少し早く帰港を決断していたらサワラもガッツリ釣れてたかもね〜
しかしこのサワラはたまたま居たのか、これからも当分居るのか…
う〜む判断に困るところですねぇ
今現在敦賀で釣れてるサゴシは舞鶴の群が音海に移動して順に北上していった物かと思っていましたが、実際は違う群のようです
では普段はどこにいるの?
北西風吹いたら入ってくるの?
う〜む

 

【本日釣果】
皆でハマチ気が遠くなるほど
(ダメージきついの等、少量キープ)
サゴシ14匹

本日釣果

楽しかったけど…
釣果にはイマイチ不満
デカいの出なかったしね
(白石北まで上がっていったよそのプレジャーさんはメジロ釣ってましたね)
あ〜でもサワラは惜しかった!

2

【地域】 舞鶴湾→大グリ
【海況】 中潮 快晴 無風
【釣り船】レンタル艇 YF23EX
【釣り座】自由(笑)
【釣行者】ヌッシー YOSHIBOさん 

 

仕事上なかなか休みの取れないこの時期のヌッシーです
久しぶりに休みが取れそうなので急遽YOSHIBOさんと一緒に釣りに行くことになりました
さてどうしましょ?

当日は快晴無風のベストコンディションの予報
場所は… 今の時期なら手堅く日本海丹後周辺やなぁ〜
問題は釣り船に乗るかレンタル艇で出るかです
悩んだ末に二人でレンタル艇をまた借りて出港することに
そう
またサワラ狙いです!

今回も前回同様YF23EXをチョイス
この船は安定性も良くて抜群に使いやすいです
朝9:00マリーナ着
今回も運転係のYOSHIBOさんは出航前に教習ビデオを30分間見ることに…
その間にヌッシーはお約束となったナマコ拾い!(爆)
しかも2回目なのでメチャ上手くなってます
1回網を入れる毎に4〜5匹はひょいひょい掬っていけます
ものの20分程でナマコは小型ながら2kg程に!(最早匹数ではなくキロ表記です)

舞鶴ボート2回目0

今回もコレでボウズ無し!

9:30出港!
目指すは湾口のサワラポイント
速攻で到着して魚探を見つめますがサワラらしき反応は無し

今日はサワラはお留守のようです

仕方がないので冠島方面へ移動開始です
底物かハマチで何とかするしかありません

すると途中の魚礁で好反応発見!
ヌッシーはすぐさま胴突き仕掛けにホタルイカ付けて落としますが餌取ばかり(ええ、生エサですが何か?)
違うタックルでサビキ落としてみますが何も食い付かず(ええ、ジガー名乗ってますが何か?)

そんな中YOSHIBOさんにヒット!
何だかデカそうです!
買ったばかりのダイワRYOGA−BJのドラグがチリチリ言ってます!
が、これは敢え無くばらし…
首振ってたし、メジロ?
聞けばインチクしゃくっていたそうです

何か気が抜けたので移動
冠島横に到着です
ここでも底周辺にベイト感度大量!
これだけ反応あればサビキに位何か掛かって来そうですが何も無し
あぁ、1回だけベラが掛かってきましたがリリース

しかし今日は絶好の釣り日和です
無風・べた凪・快晴!
都会の喧噪を忘れるにこれほど贅沢な時間の過ごし方はありません!

舞鶴ボート2回目1

しかし魚は食って来ず…
どうやら潮止まりのようです
周りのプレジャーも遊漁船も暇そう

11時過ぎになり、大グリのハマチポイントへ移動
ここも底中心にベイトの大感度です!

と、ここでYOSHIBOさんヒット!
デカそう!
重そう!
こりゃメジロか?!

何?何?何釣れたの?!

舞鶴ボート2回目2

ハマチダブルでした(笑)
しかもフロントフックはスレ掛かり〜!
ジグはYOSHIBOさんお得意と言うか超信頼の隊長ジグ!

トホホ〜
ヌッシーは奮発したシャウトのステイしゃくってるのに…
1800円が500円に負けるとダメージデカいです

シャウト(Shout!) ステイ シャウト(Shout!) ステイ

隊長ジグに負けんな!
気合い入れろ!(笑)

 


しかしYOSHIBOさんの快進撃はコレで止まらず、潮止まりなのにポンポンとハマチを単発でヒットさせていきます!
しまいにはキャスティングタックルに軽いジグ結んで投げて表層でもヒット
見るといつの間にやら周りではあちこちで鳥山発生!
ここに来て時合い?!

舞鶴ボート2回目3

しかしヌッシーには何故か釣れません

なんでやね〜〜〜ん!
と、やっとこさ涙のハマチ1匹ゲット
これで本当にボウズ逃れ

あ、YOSHIBOさんまた何か掛けてるよ〜
それ何?

何故かジグに引っかかったウマヅラハギでした
何でも釣れるね隊長ジグ

舞鶴ボート2回目4

この辺りで時間切れ

帰りにちょっとだけサワラポイント探ってみましたが影も形も見ることなく…

でもまぁ情報的な収穫は沢山得ることが出来ましたし、何よりのんびりした贅沢な時間を過ごせて満足!

それにしてもサワラはもう終わったんでしょうかねぇ?
今日居なかっただけ?
もうちょっと各種情報を集めてみたいと思います

PS:今日は各遊漁船の釣果も思わしくなかったですね
晴れが続いたので今日も爆釣してると思ったのですが…
冠周辺は赤潮大発生してました
こんなのも関係してるんでしょうかねぇ?

【本日釣果】
ヌッシー    : ハマチ1
YOSHIBOさん  : ハマチ5

4

【地域】 舞鶴湾口
【海況】 小潮 晴れ 南西の風6〜7M
【釣り船】レンタル艇 YF23EX
【釣り座】前の方
【釣行者】ヌッシー YOSHIBOさん 
      イッシーさん 窪和久君

 

話の始まりは前回のHPPINESS2釣行
時合いにピッタリはまったとは言えガンガン釣れたサワラ。
そう、サワラを釣りたかったんです!
ハマチなんて要らんのです!

しかし日本海の乗り合いはハマチ狙いがメインターゲット。
サワラは「お土産」と呼ばれる位に付け足しの扱いです。
でも最後にお土産感覚でサワラ狙ってもその時に時合いが来るかどうか判らず…
ヌッシー達はサワラメインで釣りをしたいのですが、自分で船を出しでもしない限りそれは無理そう…

そこで実際に周りに船を借りられるところが無いか調べてみると…

ありました!
しかもサワラポイントのすぐ近くに!!
しかもしかもYOSHIBOさんの会社の福利厚生でお得価格で借りられる事が判明!

これは借りるしかない!
そこで集まった皆さん。
忙しい予定をやり繰りして集合です!
イッシーさんは娘さんの卒園式をブッチしての参加(笑)
相当な釣りバカもとい、ヌッシーにとっては一番気の置けない釣り仲間の皆さんです。

朝9時マリーナ集合。
船舶免許保持者で今回船頭のYOSHIBOさんは事務所へガイダンスを受けに…

それを待っていた3人。
思い出したように窪和久君が言うには朝一から桟橋横で何人かの人がナマコを沢山掬って居たとのこと。
試しに見に行ってみるとホンマや!
居るわ居るわナマコが!

マリーナ横に置いてあった長いタモ網をちょっと拝借して偏光レンズ付けながらナマコ掬い開始!
あっと言う間に小粒ながら30匹超掬えました。

コレで今日はボウズ無し(爆)

さてガイダンスを受けたYOSHIBOさん指揮の下、出船準備開始です。
今回の船はYF23EX
ミヨシまで回り込める予想よりも大きなボートです。
9:30出港!
(レンタル時間は6時間なので15:30にはマリーナに戻らなくてはいけません)

速攻で湾口まで。

魚探には反応はありませんが…
ちょこっとしゃくってみると…
グン!
上層で一度だけヌッシーに押さえ込まれるアタリ!
お!サワラ居るね!

噂では魚探に濃く映るようなので反応を求めて湾の外方向へ移動開始です。

しばらく移動すると所謂群れの赤い反応ではなく、魚探画面下層にゴマ粒のようなちっさい点々が映り始めました。
ハテ?これは何?
試しにしゃくってみると…

ドン!
おりゃぁぁ〜!

いきなり竿をブチ曲げてヒットさせたのは最近絶好調の窪和久君!
ちょ、ちょっとデカいんちゃうの?!
早速ヌッシー特製のタモ網出動するもタモからはみ出てしかもフックがタモに引っかかって非常にヤバい状態!
仕方ないのでそのままサワラごとぶち抜きました。

窪和久君FstHit!

やるねぇ〜!
じゃぁヌッシーも!

と言うわけで速攻でヌッシーもヒット!
今日は全部ぶち抜き!
隣でYOSHIBOさんもヒット!
少し遅れてイッシーさんもヒット!

早々に全員安打達成です。
どうやらサワラはタモ網よりもギャフの方が便利そうですね。
仕方ないのでみんなでぶち抜く作戦です。

輸送艦のと

あ、ちなみに本日の天気は晴れですが南西の風が強くて6〜7M吹いています。
やり繰り上、仕方なくどてら流しなので釣りづらいし横風受けて凄い勢いで流されます。
そう言えばこの地域では南からの風は釣れないと言われているのを思い出しました。

が、
そんなことは関係なく結構釣れ続けます。
たまにサゴシも上がりますが殆どはサワラクラス。
ヒット&バレなんかもあって

たのしぃ〜〜!

12時頃まで結構釣れ続け、あっと言う間に血抜きしたときのサワラの血で船上は血の海地獄に…
(後で船体掃除するのが大変でした)

ちなみにヌッシーは前回も調子よかったヒラジグラ80gオレンジゴールド1個で終始押し通しました。
今回もロスト無し(笑)
このヒラジグラ1個でもう10匹以上のサワラ掛けてます。
(ドブ漬けしてあるから丈夫だし)
色々な魚が釣れるとの前情報でしたのでタックルも3セット持ち込みましたが今回は終始サワラオンリーで狙いましたのでタックルもステラ付けたWhippy#2しか使わず。
もっと身軽でも良かったね…

シャウト(Shout!) イジカ
シャウト(Shout!) イジカ

サワラ用フックはコレ!
サワラ狙いにはこれとザイロンの組み合わせが最強な気がします


ヤリエ ケイムライト・マニキュアタイプ
ヤリエ ケイムライト・マニキュアタイプ

昨年末から密かに愛用のケイムライト
サワラ・タチウオの歯物には特に効く感じです
サワラには側面の白い部分にコレを!
 

 

ACCEL(アクセル) ウレタンコートL.R(UV防止材配合)
ACCEL(アクセル) ウレタンコートL.R(UV防止材配合)

ジグの持ちが良いのはこれに3回ドブ漬けしているから!
 

12時頃に反応が無くなったので前回Happiness2で回った辺りを探ってみると…
おお!今日一番の反応の数々!
気が付くと周りには他の遊漁船や漁船やらが集合しています。
(風が強く吹いたので餌釣り船は壊滅だったみたい)

でもね…
   反応はあるけど全然喰ってこないのです。
周りに集結した船もどこも無反応みたいです。
反応薄くてもガンガン釣れるし濃くても全然釣れないし…
魚探の反応が全てでは無いんですね〜

色々頑張ってみたけどここでタイムアウト。

【本日釣果】
ヌッシー    : サワラ4 サゴシ1
YOSHIBOさん  : サワラ4 サゴシ2
イッシーさん  : サワラ2 サゴシ2
窪和久君    : サワラ3 

当日の他の遊漁船の釣果が南の強風のお陰で散々だった事を考えるとこれはお見事な結果と言えるのでは?
天気が良ければ更に爆釣も期待出来そうです。

ヌッシー釣果
YOSHIBOさん釣果
イッシーさん釣果

乗り合いジギング船でお土産タイムだけでサワラ狙うと時合い外してサワラのボウズ喰らうこともしばしばですが、一日サワラ狙いで腰を落ち着けるとやはり着実に釣果を上げることができるようです。

しかもかかった費用は4人で割ると1人当たり5500円とバカ安!
こんなに楽しんでサワラも釣れてそのお値段でホントに良いの?!

非常に満足のいく釣行でした!

皆さんまた行きましょうね!!

 

そうそう、朝に掬ったナマコはYOSHIBOさん以外の三人で分けて…

ナマコは?

ヌッシー家では酢の物に!
嫁さん曰く「美味しい!」らしく(ヌッシーはあまり食べない)2歳の息子も気に入ったようです。

酢の物に

 

エバーグリーン(EVERGREEN) E.G.インフレータブルジャケット(自動膨張式)
エバーグリーン(EVERGREEN) E.G.インフレータブルジャケット(自動膨張式)

当然全員ライジャケ着用
普通に皆さん持ってます

3

【地域】 日本海丹後近海
【海況】 大潮 雨 うねり
【釣り船】HAPPINESS
【釣り座】左大ミヨシ
【釣行者】ヌッシー YOSHIBOさん

 

3日位前に何となく決まった今回の釣行。
1年ぶりの養老漁港発HAPPINESSです。
仕事中にYOSHIBOさんと「25日(水)は風もなく波も穏やかそう」と言うだけで設定したのですが、前日からの雨が残って朝から土砂降り。
おまけに昼から波も出そうな予報です。

途中のんびりし過ぎたせいか出船ギリギリに到着したために雨の日に人気の無い大ミヨシしか場所が空いていませんでした。
まぁしゃあないか…

今回はヌッシー達二人を含めて客は7人。
HAPPINESSの小さい方の船です。
この船のミヨシは足下狭いから釣りにくいのよねぇ〜

8時出船。
波もなく穏やかな海を進みます。
朝一は白石付近で青物狙うとのこと。
白石付近は波あるかも… との話でしたが…

ビンゴ!
白石付近うねってます

雨もぎょうさん降ってます!(苦笑)

でも即鳥山発見!

鳥山発見

しかしコレが釣れないんですよねぇ〜(ベイトがアミエビだったそうです)
とうとう船はどてら流しで狙うことに…
(エンジン切って風の吹くままに船を流す方法。仕掛けは真下に落ちずにビューッと流されるために魚探の警戒エリア外の魚を狙える。しかし無茶苦茶ライン出るためにメチャしんどい方法です)

どてら流ししんどい〜
明石の40Mバーチカルに慣れた体が白石の80Mどてら流しを拒否しています。

雨はバチバチと顔に当たるし、ザッパンザッパンとミヨシは波も被ります。
一度なんて有り得ん位の海水をかぶりましたよ〜。一瞬ですがミヨシに居るのに水深1M位に体浸かりましたもん(爆)
ここは流れるプールか?!

どてら流しにしてからポチポチハマチが釣れ始めました。

が、ヌッシーは少し酔ってきました。
どてら流しでジグをしゃくりながら「ここで魚掛かったらしんどいなぁ〜、魚掛かって欲しくないなぁ〜」と本気で思案。
横になってるよりもしゃくってる方が気分は楽なのですが、ハマチ釣れて欲しくないし、そもそもハマチいらんし…

まだ先は長いしなぁ〜
本来サワラ釣りにきたんだし…
寝よ!

ヌッシーはキャビンに引っ込んで寝ることにしました。
(毎度の事ですが…)
気が付くともうお二方キャビンに引っ込んでおられます。

一方YOSHIBOさんは揺れるミヨシでしゃくり続けてハマチをポンポンとゲット!
調子ええですやん〜!

更には13:30頃、一瞬船内がざわついたかと思ったら何とメジロ取り込んでおられます!
(結果的にこれが今日船中唯一のメジロ)

YOSHIBOさんメジロ

男前ですやん〜!
こういうパワーファイト的な釣場ではさすがに昔取った杵柄と言うかYOSHIBOさん絶好調ですよね〜!

シャウト(Shout!) ステイ
シャウト(Shout!) ステイ

メジロゲットはコレ!
ステイ使うと負けた気がするけどやっぱり釣れるねぇ


ヌッシーも起き出して見物しましたが、まだしんどそうなどてら続行中だったので再びキャビンへ退避。
キャプテンは「こいつ酔ってるのか元気なんかわからん?」って思ってたかも(笑)

14:30頃、ようやく船は栗田湾入り口のサワラポイントへ移動。

待ってました!
ヌッシー、ようやく本日の釣り開始です!(遅っ!)

開始早々ヌッシーヒット!&ばらし
お!調子良さそう!
その後ペンペンサゴシを2匹ゲット!
よしよし…

しかしサゴシ2匹では格好悪すぎます。
サワラが欲しい〜
と思っていたら無線でサワラ感度上昇と入電!

即ヌッシーにもヒット!
ようやくサワラ的なサイズ釣れました。

やっとこサワラ

ここからが面白かった!

ほぼワンキャストワンヒット状態でサワラが当たります!
しかもかなり上層でのヒットです。
と言っても上層のみ引いてもだめで、下から誘い上げてきたらようやく上層で喰うパターン。
やはり渋いのか…
ちなみにサワラもどてら流しです(水深40Mライン)

揺れる大ミヨシでは到底立っていられないのでヌッシーは常に正座でしゃくってます。
腰が痛いです。

途中ヌッシーがサワラ掛けると間髪入れずにYOSHIBOさんもサワラ掛けるダブルヒットが2回。
んで、どちらもキャプテンがタモ入れ焦ってヌッシーの2匹ともナチュラルリリース!(爆)

YOSHIBOさん頼んますから同時にヒットさせるのやめてください。
どうもヌッシーのジグを追ってきたサワラを喰わせてるみたいでしたが…

3回目のダブルヒットでようやく二人ともキャッチ成功!

ここでアクシデント発生!
サワラが暴れた拍子にYOSHIBOさんの手にフックが返しまでズボッと!
それをキャプテンがそのまま引っこ抜く荒療治(痛っ!)

その間にヌッシーは水面で喰わせたサワラをごぼう抜き!

ここで時間切れ納竿となりました。

【本日釣果】
ヌッシー : サワラ3本 サゴシ2本
YOSHIBOさん : メジロ1本 ハマチ4本 サワラ4本

ヌッシー釣果


YOSHIBOさん釣果

今日はYOSHIBOさん男前でしたねぇ〜!
9時間ずっと揺れるミヨシでしゃくりっぱなしでしたし。
いやぁ〜見直しましたよ!
ヌッシーはと言うと寝ていた割にはしっかり帳尻合わせられたかな?(笑)
今日の目標のサワラも釣れたしOKです。

サワラは即締めて一旦冷やした後、海水氷を抜いて少量の氷とともに持ち帰り。
帰宅後すぐに刺身で食べましたが旨かったですよ!
やはりこの持ち帰り方が一番!

あ〜でも疲れた〜。
まだ体が揺れてます…

YOSHIBOさんと

 

シャウト(Shout!) イジカ
シャウト(Shout!) イジカ

今回のサワラ用フックはコレ!
シャンクが長いと歯魚には有利ですよねぇ〜
お陰でロストも無し!

1

【地域】 丹後半島
【海況】 中潮 強風 うねり
【釣り船】ハピネス2
【釣り座】ミヨシ
【釣行者】ヌッシー Satokenn先生 T入さん

 

Satokenn先生にお誘い頂いて養老漁港発のハピネス2
に乗ってきました。
今回はT入さんも含めて3人での参加です。
心配なのが当日の天気。
強風の予報です。


どうかなぁ〜

 

 

 

 


 

 

IMOC WeatherPageの予報によれば丹後半島北までは結構波がある予報です。
出来たら東の大グリ(冠島のポイント)に行きたいなぁ〜、その上で揺れの少ない艫に乗りたいなぁ〜

と思いつつ決まった釣り座は正反対の大ミヨシ(爆)
これは…酔うかも…
しかも船は一路西へ向かいます。
そっち行っちゃダメ〜!!

案の定丹後半島最北の経ヶ岬を西に回り込んだポイントは風が強いです。
釣りを始めるもドンドン風は強くなり、ヌッシー体感8M位。
白波が立ち、うねりも発生してきています。

取り敢えず釣りしなきゃ…
皆さんジグをしゃくっておられますが、ヌッシーは早速とインチク投入!
すぐに何か反応があり、カレイが釣れました。
速攻で絞めて、鱗とヌメリを落として海水バケツにどぼん。

あ、Satokenn先生船酔いですか?
キャビンで休憩されるようです。
やはりミヨシは揺れまくります。
しかも今日のハピネス2は小さい方の船だとかで、ミヨシ先端の手すりが微妙に低いのです。
ヌッシーの膝のすぐ上辺りまでしか高さがありません。
揺れるたびに海に落っこちそうになります。
怖い怖い。

カレイは1時間ほど海水に浸けたあとでミヨシの手すりに紐で括って干物に。


カレイの干物

 

 

 

 



 

 

そうこうしているうちにSatokenn先生復活です。
入れ替わりにヌッシーが気分悪くなってきました。
…ちょっと寝てきます。
キャビンに引っ込んで船酔いの回復を待ちます。

ピコーン!携帯にちとむさんからメール着信しました。
(音で判るんです)
あ〜でもどうせ「釣れた?」でしょ?
船酔い中に携帯の画面見ると余計気分悪くなるので放置。

寝ながら音にだけは気を付けていますが誰も魚を釣り上げた音がしません。
半島西のポイントを回っているようですが全くダメな様子。

1時間ほど経って船長も青物狙いを諦めたのか「え〜、根魚や鯛狙いの魚礁行きます」とのアナウンス。
お!ヌッシータイム到来!(笑)
そろそろ復活するか〜!
この時点で時刻は12:30
船中10人で未だヌッシーのカレイ以外の魚は上がっていません。

魚礁周りを狙うと艫のお客さんがソイを1匹釣り上げ…
が〜ん!竿頭奪われた!(爆)
インチクで狙うと何かが釣れた感触。
上げてみるとガシラです。
ほぼ同時にT入さんもガシラげっつ!

かろうじてガシラ

 

 

 

 

 


 

 

竿頭奪還!!…トホホ

Satokenn先生もソイを釣り上げてボウズ脱出。
他にはあと2匹ほどソイが上がっていた模様。


この辺りで船長は移動を決意した模様。
白石グリ(経ヶ岬北のポイント)へ向かいます。え〜〜〜白石なの〜〜〜
深いからヤダ!

ポイントに着いた頃、またヌッシーの携帯がピコーンと鳴ります。
今度はイッシーさんからメールが来た模様。
(音で判るんです)
まだ携帯見る余裕はありません。

白石でもみんなで頑張りましたよ…ええ

しかし誰も何もかすりもせず…
ホント今日はどうなっているのでしょうか…

15:30に船長も諦めたのか納竿となりました。
ふぅぅぅ…
港へ帰る船の中からちとむさんとイッシーさんへ「轟沈です」とだけメール返信。

こんなに釣れないハピネス2も珍しい。
今年に入って一番悪い日だったのでは無いでしょうか?

ちょっと日本海が嫌いになりました。

【本日釣果】
ヌッシー : ガシラ1 カレイ1 竿頭(爆)
Satokenn先生 : ソイ1
T入さん : ガシラ1

 

翌日追記
何だよ〜次の日はハピネス2爆釣してるやんか〜〜
しかもヌッシー達が乗った26日は「無かったこと」になってるし(爆)

大体26日は丹後半島西は網野のアルバトロスは出港控えてる位の強風だったし、東の大グリへ行った(と写真から思われる)ワープゾーンはそこそこ釣れてたし…
やはりヌッシーの予想通り西へ向かうのが正解だったようです。

 

2

【地域】 日本海(丹後半島西)
【海況】 若潮 凪ぎ  
【釣り船】ワープゾーン
【釣り座】右ミヨシ
【釣行者】ヌッシー A川さん K西さん

 

「ジギングに行きたいなぁ〜」と思っていたら赤いレインウェアさん経由でA川さん企画「魚英常連で魚英を仕立て船でタチウオ狙いに行く」に誘って頂きました。
魚英常連で魚英に乗るのは別に仕立てなくても普通の事なのでは?と少々妙に感じながらも(笑)参加しまぁぁす!と手を挙げてみました。

しかし魚英のナオチャン曰く「今タチウオこの辺におらへん」とのことで敢え無く計画頓挫。
その代わりにと言うわけでA川さんに日本海ワープゾーンへ誘って頂いたのでこれまたフットワーク良く参加することに。

しかし前日の丹後地方は雪。スタッドレス履いていないヌッシー号では夜間の凍結がちょっと心配。
と言うわけで無理言って同じく参加のK西さんに宮津まで同乗させて頂くことになりました。
(K西さんありがとう御座いました)

宮津に着いてみると…
寒っ!!
流石に日本海側の冬は格別の寒さです。
ワープゾーン出撃山に残る雪が視覚的にも寒さを倍増させます。
ただ天気は良く、冬の日本海にしては珍しい程の凪ぎ。
船酔いの心配は無さそうです。
いざワープゾーン出撃!

今回は昨日既に解禁となった白石グリでの釣りが目的。鰤とあわよくばヒラマサなんかが釣れちゃったりすると嬉しい感じです。
しかし解禁直後の白石グリは大概釣れないと言うジンクスもあり少々心配。

案の定白石周辺で合計12名にて必死にジグをしゃくっても何の反応も無し。
はやばやと投入したヌッシーのサビキ(笑)にもイワシすら付いてきません。

そんな中左ミヨシのニイチャンがインチクで50cm位のヒラメを釣り上げ!!
おお!寒ヒラメ!!
早速ヌッシーもインチクに換えてボトムをネチネチせめてみると…

まずはオコゼモゾッと魚が掛かった感触!
グリグリグリ!っと上げてみると20cm位のサイズのオコゼです。
取りあえず食べてみよう。
背中の毒棘を持参しているキッチン鋏でチョキチョキ切ってクーラーの中へ。

依然周りで必死にジギングしている皆さんに何の反応も無いので引き続きボトムをネチネチ探っていると…
デカいガシラ今度は大きなアタリ!
結構良く引きます!
上げてみると40cm位の大きなガシラゲッツ!!
こいつは良いお土産出来ました。

しかしジギングには相変わらず無反応。
何か釣れても良い感じなんですけどねぇ…

っと、その時ヌッシーの視界で何かが跳ねました。
「んっ?」
よく見ると今度はサッと横切る黒い背びれ。
「あぁぁぁ!」
イルカ参上今度はジャンプ!!

イルカ参上〜〜!(泣)

見る間に船の周りはイルカだらけに…
こりゃ釣れんはずだわ。ヌッシーが嬉しくない第一発見者になってしまいました。

本日の釣り終了〜〜〜です
船長もギブアップ。
本命は諦めて移動です。
途中でケンサキイカも狙ってみましたがあまり振るわず即移動。
冠島周辺へ移動してあんまり釣れないハマチを狙います。

冠島に着いてみると案の定ハマチは居るのですが釣れません。
それでもK西さんもA川さんも1匹づつハマチをゲット!

ここでの釣り方はどうやら超早巻きの様子。
でも早巻きがしんどいヘタレのヌッシーは1オンスロッドにサビキ垂らしてインチク付けた「外道狙いセット」を投下!!(笑)

マトウダイしばらくトラハゼの猛攻に泣かされましたが1発だけガン!と当たって釣れたのがヌッシー自身初めて釣り上げるマトウダイ!!

今日はヌッシー一人で外道大会開催中です(笑)
要するにヌッシー一人だけジギングせずにインチクで遊んで居たわけですが、船中殆ど釣果0〜1匹の中で3匹釣ったのは我ながら立派!

でも朝一のヒラメや冠島でのハマチはワープゾーンもHP用の写真を撮っているのにヌッシーのデカガシラやマトウダイは写真撮れないってどういう事ざます?!
まぁええけど…

すると隣で浮いていたハピネス2に乗っているSatokenn先生から携帯に入電。聞けばSatokenn先生はハマチ5匹釣ったとのこと。
おお!この渋い状況で5匹!どうやって釣ったんですか?と聞いた途端に携帯がプープープー…
かけ直して見ても「デンパノトドカナイバショカデンゲン…」のアナウンス。FOMAは圏外ですかぁ…。
Satokenn先生頼んますわ〜(笑)
肝心の所が聞けないままタイムアップ。

あぁ今日は初物含む外道ばかり釣れました。
釣れないよりは良いけれど期待も大きかっただけにちょっと残念です。
波も無く天気も良かったのですが(寒かったけど)、イルカがいかんねぇ〜イルカは。

A川さんK西さんまた遊んで下さいね!

【本日釣果】
ヌッシー : 小オコゼ・大ガシラ・マトウダイ
A川さん : ハマチ1
K西さん : ハマチ1

1

【地域】 日本海(経ヶ岬沖)
【海況】 小潮 晴れ 朝うねり2M→昼やや凪ぎ
【釣り船】VICTORY1
【釣り座】右艫
【釣行者】ヌッシー satokenn先生
      イッシーさん イッシーさんのお連れ

 

今日はsatokenn先生のお誘いを受けて激渋の明石ではなく日本海へ出撃です!!
イッシーさんからも「鰤ブリ祭り開催中らしい!」との報告を受けていたので嫌が応にも期待は高まります。50Lのトランク大将で足りるのかしら?!

しかし2日程前から寝冷えして子供と一緒に風邪気味のヌッシー。かなり体力的に不安が残ります。
前の晩から「行くべきか辞めるべきか」迷いましたが結局行くことに。なかなか大人になれません(笑)

ビクトリー1今回の釣り船は丹後ジギング船集団のドンとも言うべきVICTORY1です。港は津居山。と言うより城崎です。
ヌッシー宅からは片道170km、高速で100km下道70kmです。行くまでに3時間、多めに見積もって4時間の時間を取って走り始めたら2時間5分で着いてしまいました(爆)

みるとヌッシーよりも先に到着されている方が居られて釣り座の陣取りは失敗。

何はともあれ出港です!
VICTORY1の黒田キャプテン曰く「朝のうちは波高いかも」との事でしたが、予感的中で沖に出ると2M近いショートピッチのうねりの状態。
こ、これは体力的に不安が残る今日のヌッシーには絶望的かも…
そこで「今日は絶対に酔う」と決めてかかって釣果はそっちのけで体力極力温存作戦で行く事にしました。
つまり「出来る限り寝る!」です。

最初のポイントはうねりの残る近場ポイント。
ヌッシーがジグを落とすと…
ヒット!!
いきなり船中ファーストヒットで上がってきたのはハマチ。
日本海のハマチは美味しくないからなぁ…とおざなりな抜き上げをしようとした途端に針が外れて海に帰っていきました。
まぁいいや。

すぐにジグをキャスト。
すると即ヒット!!ヌッシー連発です。
何だ何だと見ていると掛かっていたのはペンペンシイラ。
これはリリース。
このペンペンシイラを各自釣り上げている間にヌッシーはフグを2連発。

移動です。
ヌッシーはちょっと気分が悪くなってきました。
クーラー並べて寝る体勢です。
へい!マグロ一丁!
皆からは早くも船酔いしてダウン1名(マグロ状態)に見えたことでしょう。

次のポイントは網野沖。
マグロ二匹ヌッシーもちょこっとしゃくりますがダンシングマジックをしゃくるには体力的に難しいので誰かが釣れるまで寝ることにします。
ふと横を見るとイッシーさんまで寝ています。
イッシーさんも船酔いのようです。
へい!!マグロ一丁!!

船は経ヶ岬へ向かいます。
ここでイッシーさんのお連れさんがサワラを釣り上げた直後にダウン。
へい!!!マグロ一丁!!!

今日は鰤ブリ祭りかと思いきや
マグロ祭り開催中です!!

ヌッシーは船酔いもありますが風邪の影響もあって何だか複雑な体調。
見るとsatokenn先生が何か魚を掛けた様子。
そっかぁ〜魚釣れるのかぁ〜じゃぁ僕もいっちょしゃくってみようかな〜!

ヌッシーも竿を持って釣りをしようとしたら…
satokenn先生が釣った魚はサワラでした。
そのサワラをヌッシーの真横で処理し始めたら、そのサワラがサワラ臭いの何の!!
「おえっ!」となる臭いをモロに嗅いでヌッシー再びダウンです(泣)

そのまま寝続けたヌッシー。
たまにちょこっと釣りしてみますが何も釣れず…
他の方もあまり釣れていない様子。

すると携帯に着信アリ。
赤いレインウェアさんからメールで「どない?」とのこと。
船酔いしてるので返信メールなんて打てません(爆)
直後にちとむさんから電話で「どない?」と電話アリ。
「酔ってます、サワラボチボチです」と吐き捨てるように返答(笑)

海の方は11時頃からようやくうねりが収まってきました。

この辺りからイッシーさんは出すものを全部出してスッキリしたのか復活です。
(イッシーさんのお連れさんはその後もキャビンから出てくることはありませんでした…南無)

皆で無言でしゃくっていると(喋ったら内臓出そうなんです)
後ろでバタンバタンと魚が跳ねる音。
振り返ると何も言わずにイッシーさんが良い型のサワラを釣り上げています。
ちょっとイッシーさんヒットとか何とか言ってよ〜(笑)
まだ船酔いの影響が残っていたイッシーさん、喋る元気がなかったそうですが、自分のサワラを処理している間にそのサワラの臭いを嗅いでプチダウン(笑)

その間にヌッシーとsatokenn先生のジグが同時に着底(100M位の底です)すると同時にドン!ドン!とヒット!
上がってきたのは70cm位のサワラ。
ようやくヌッシーにも魚が釣れました。
やれやれ〜。

イッシーさんメジロその後、黒田キャプテンが「青物っぽい反応ありますよ!」と言った直後にイッシーさんの竿が曲がり、値千金のメジロ1匹!
ちなみに今日のVICTORY1で唯一のブリ族です。
何で寝てたアンタが竿頭なんや〜!(笑)
イッシーさんこの魚で完全復活です。

その後も延々経ヶ岬周辺を走り回って青物の反応を探しますが何も釣れず。予定時刻を1時間延長した17時過ぎに納竿となりました。

サワラやっとこさ1匹本日釣果
ヌッシー:サワラ1匹
satokenn先生:サワラ3匹
イッシーさん:メジロ1匹 サワラ1匹
イッシーさんのお連れ:サワラ1匹

ふぅ…
疲れたねぇ…
今日は堪えたよ…
全員疲れ切って家路につきましたとさ。

4

【地域】 日本海(丹後半島西)
【海況】 小潮 晴   
【釣り船】アルバトロス
【釣り座】右大艫
【釣行者】ヌッシー・ちとむさん・I井さん改めイッシーさん

 

今日は魚英平日組3人衆(ヌッシー・ちとむさん・I井さん改めイッシーさん)にて日本海遠征です。
例によって前日まで連日の鰤・メジロ爆釣が続いていたので今回こそはヌッシー達にも釣れそうな予感がします。
しかし今年に入ってI井さん改めイッシーさんは5回、ヌッシーでさえ3回も「前日まで良かったけど当日になったら釣れない」的なスカ喰らっているために油断出来ません。

今回は網野出船のアルバトロス。しかも何故か釣果の良い2号艇での出船です。ちょっと早めに集合して7時出港!!
と、ここでヌッシーは少々しくじった事に気が付きました。持ってきたデジカメの中にメモリーカードが入ってなかったのです(爆)
と言うわけで今日の写真は全て携帯のカメラでの撮影です。

船長に前日の様子を聞くと「午後13時位から鳥山出来て釣れ始めた」とのこと。と言うことは今日も昼過ぎまでじっと我慢して時合いを待つ必要がある可能性大です。

案の定さっぱり釣れない時間が続きます。
赤潮もきつくてめげそうになります。

そんな中でも同船した有名常連さんは手堅くヒラメゲット!!

インチクでアコウゲットそれに発憤したのかI井さん改めイッシーさんがインチクで高級魚アコウをゲット!!

それ美味しいよぉぉ!!

ナイスなお土産羨ましい〜。
ヌッシーも美味しいお土産を…と頑張りますが何も全く釣れません。

ここから地獄のような堪え忍ぶ時間が続きます。

何も釣れない…暑い…釣れない…

業を煮やしたヌッシー、ここで本日の秘密兵器投入です。
実はキビナゴ持ってきていたのでした(爆)
ああそうさ!生エサさ!文句ある?!

胴突き仕掛けを作成して喰わせサビキ針にキビナゴセットして投入!!

メバル27cmしばらくすると1オンスのwhippy曲げて27cmと良い型のメバルが釣り上がりました。

ひゃっほ〜い!
おかず増えた!!

このメバルが釣れたのが10:30。
この魚を最後に船中全く釣れない時間がひたすら続きます。

あ〜釣れない

ふ〜釣れない

シラスナブラ]ああぁ!もうどないなっとんじゃ!!

前日鳥山が発生して釣れたと言う13時を回っても海の様子に変化は見られません。水鳥も呑気にプカプカ浮いてます。

他の船を見ても状況は全く同じ。どの船も魚を求めて網野沖を右往左往しているだけです。

15時を回ってため息も出なくなった15:30頃、急に船が今までにない全速力で走り始めました。
お!何かあった?

見ると前方に待望のナブラ発見!!

ここからは船上は文字通り戦場になりました!
全員目の色換えてジグをキャスト!!
即ミヨシの人にメジロヒット!!

うお〜!魚釣れてるよ!!

ヌッシーも気持ちばかり焦りますが魚は釣れず…
いや、マジで焦ります。
このチャンスを逃せば恐らく今日はボウズです。この時合いもいつまで持つか判りません。
取りあえず…

落ち着くことにしました(笑)

スピニングのwhippy4番にダンシングマジック190g付けてしゃくっていたのですが、どうもスピニングタックルが不得手なヌッシー。思うようにジグを動かせません。
そこでベイトのwhippy2番にイエローのツダジグ130gロングを付けて遠投。底まで落としてタンタンタン・ビョ〜ン、タンタンタン・ビョ〜ン、タンタンタ!!

ガッツ〜ン!!
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

2オンスのwhippyが根元からぶち曲がります!
巻いても巻いても巻いただけラインが引き出される魚のパワー!これメジロ?鰤ちゃうん?!
1ッ歩進んで2歩下がるぅ〜!を繰り返してやっとタモ入れ成功したのは70cm程のメジロ!良く引くと思ったら頭にスレ掛かりでした。

と、ここで背中合わせのちとむさんにもヒット!即ラインブレイク…
どうやらリールのトラブルのようです。勿体ない…。

ヌッシーはと言うと1匹目の魚を処理し終わってから同じタックル構成で再投入。タンタンタン・ビョ〜ン、タンタンタン・ビョ〜ン、タンタンタ!!

ガッツ〜ン!!
また
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

今度はキチンと口に掛かったのか比較的スムーズな巻き上がり。後20M程でタモ入れ!って所で惜しくも胴の間で同じようにヒットした人のラインと交差してヌッシーの魚はフックアウトしてしまいました。

ふぅ〜…。
やはりメジロ相手とはいえ2オンスのwhippyで水深70Mの底から魚を引き揚げてくるのは一苦労です。余計な時間を掛ければばらす可能性も高くなります。

そこで仕方なく苦手な4番のスピニングwhippyに当たっているツダジグ130gチャートロングをそのまま移設して遠投。
底まで落としてタン…

ガッツ〜ン!!
またまた即
キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

どないなっとんねん!(喜)
隣でイッシーさんも「まるで海苔棚のハマチみたいや(イッシーさんは明石の海苔棚でのハマチ釣りの名手)」と驚いてはりますが、ヌッシーもビックリです。

しかしイマイチスピニングリールの巻き方が判らないヌッシー。
何だか上手く巻けません。あたふたしている間に4番のwhippyはグリップからドゴンと曲がりっぱなしに。
へぇ〜この竿ってこんなに曲がるんだ〜と妙に感心しながら悪戦苦闘。
でもまぁフックの掛かりどころが良かったのか無事ちとむさんにタモ入れして貰って無事ゲット!

これを最後に急速に時合いは終わりを迎え、17時納竿となりました。

本日釣果本日釣果
ヌッシー:メジロ2匹・メバル1匹
イッシーさん:アコウ1匹(青物結果はヌッシーの口からは言えません…)
ちとむさん:(ヌッシーの口からは言えません…)

ふぅ〜久しぶりに奮闘したので右腕関節やられちゃいました。
筋トレ等しないとメジロ以上のサイズの魚とは渡り合えそうにありません。

アルバHPから帰宅後アルバトロスのHPを開くと…
ヌッシー魚でかく映りすぎ(笑)
やりすぎです。
(左写真はアルバのHPから拝借)

本日のアルバトロス釣果はメジロ27本とのことでしたが、乗船人数からすれば半分〜1/3位の人は釣れていないはず。
かなり厳しい一日でした。

結果的には何故かヌッシーは釣果に恵まれましたが、釣れない時間長すぎ!!待ち時間と比較して時合いも一瞬!
気力・体力ともにかなり堪えました。

まぁ何はともあれ釣れて良かった!
バンザ〜イ!!

3

【地域】 日本海(丹後半島東)
【海況】 大潮 晴   
【釣り船】ワープゾーン
【釣り座】右ミヨシ寄り胴の間付近
【釣行者】魚英常連オールスターズ

 

今日はsatokenn先生主催の魚英オールスターズによる「日本海遠征仕立てツアーinワープゾーン」です。
前日の同じ丹後ジギング船ALBATROSSVICTORY1からの釣果速報では「鰤大漁!!」の報告が入り込み、嫌が応にもテンションアゲ↑アゲ↑です。
今夜も眠れなぁ〜い!!

と言うわけで殆ど一睡もせずにヌッシー宅を出発です。
今回は行きの道は国道173号線を綾部まで走って綾部から京都縦貫道を抜けて宮津に至るルート。
霧ワープゾーンはつい先日に母港を移転したばかりですが、新しい港はヌッシーが良く行くメバルポイントと目と鼻の先にあり、土地勘もあるために楽です。阪神地区からも行きやすくなりました。
途中綾部の辺りでこの辺り名物の濃霧に今回も遭遇。
この霧見るたびに遠征気分が高まるんですよねぇ〜。

ワープゾーン出港さて今日の出港予定は7時の所、6時に現着。
1番乗りかと思いきやすでにちとむさん・ジュエリーI井さん・しおざきさんは現着。
早っ!
さてはアンタ達もワクワクして眠れなかったクチですな!(笑)

すぐに宴会今回参加者は12名。早速出船です!
目指すは前日鰤ブリ祭りだった網野沖。経ヶ岬を回り込むべく船は疾走します。
船が走り出すとお約束の宴会タイム〜(笑)
しかしヌッシーは寝てないので眠くて眠くて…
後部デッキに並べてあるみんなのクーラーの上で眠ってしまいました。

と、ここで船がスローダウン。
ん?まだ網野沖まで到達してないよ?ここは…経ヶ岬辺りか。

どうやら網野沖で既にスタンバイ中のALBATROSSVICTORY1から鰤の反応が薄いとの連絡が入った模様。
仕方なくこの辺りでまったりと鰤の活性が上がるのを待つことに。

ヌッシーは取りあえずサビキ落として見ます。
プルプルッ!何かちっこい物が掛かって上げてみるとヒメとか言うよう判らん魚が鈴生り(笑)
リリースです。
そんな中、ジュエリーI井さんがインチクでイカゲット!

すかさず全員スッテ仕掛けでイカ釣り開始です。
実は前日のsatokenn先生から「スッテ持ってきてねぇ〜」と連絡を受けていたのでした。
「鰤釣れてるのに何でスッテ??」と思った物でしたが、これが大活躍!!

シロイカスルメイカに混じってマイカ(白イカ)が釣れます。
聞くところに寄るとスルメイカはともかくマイカは末端価格1パイ1500円するとのことで気合い入ります(笑)

イカ釣り…と言うと楽そうですが、昼間のイカはベタ底に居るために110〜120M程仕掛けを上げ下げしなくてはならず、これがまたしんどい(笑)

底近辺で誘いを掛けてみんなでポツポツ釣り上げます。
タダ一人何故か釣れない人を除いてこれはこれで楽しい釣りです。

そんな中、ヌッシーの隣の大ミヨシで釣っていたちとむさんの竿にアタリあり。見ているとコココォン!!と竿が伸されてぶち曲がっています。
根掛かり??…でも竿先はゴンゴンしてるしリール巻けてるよね。
ちとむさん必死にリール巻いてます。

でかいヒラメ上がって来たのは…
でかい!
でかいヒラメです!!

やられたよ〜〜。
寄港後の検量では84cm5.8kgありました。
これが何と仕掛けの一番下のインチクではなく2号ハリスのイカ用スッテに食い付いて釣り上げたのですからたいしたもんです。

当然ちとむさん絶好調ならぬ好調!(笑)
船を何周もして皆に解説して回っています。
くっそ〜〜!やられたよ〜!
美味しいところを全部ちとむさんに持って行かれた感じです。

不運なのはヌッシー。
何しろちとむさんの隣でアタリから釣り上げるまで一部始終を見てしまったんですから、これから当分(1年位)ちとむさん「いやぁ、あの時のヒラメはこうやってああやって釣り上げて凄かったよなぁヌッシーさん!」と同意を求められることは必至!
その度に「あぁ凄かったですよね」と吐き捨てるように返さなければならなくなりました(笑)

ちとむさんが皆に解説しながら船をグルグル回っている間も他のメンバーは結構コンスタントにイカを釣り上げます。
ヌッシーにも3連で上がったりする中、やっぱり何故か1パイも釣れない人が約1名。
底に付けて置くだけで釣れるのに何故釣れないのか本人にも他の人にもトンと訳が判らず…。
何ででしょうねぇ?

ヌマカレイたまに外道でヌマカレイが釣れるのですが、釣れるたびに両面の鱗を落としてしばらく海水に浸けた後で天日干しして干しカレイに。
これ買ったら結構ええ値段する上に美味しいんですよねぇ〜。

結局13時を回っても網野沖の鰤の活性は上がらず、ワープゾーンは鰤を見切ってちょい沖まで移動するも何も釣れずに定刻4時に納竿となりました。

最後まで何も釣れなかった人はそっとしておいてあげましょう(笑)

さて帰宅です。
行きは下道+高速で2時間丁度で現着したヌッシーですが、帰りはそう言うわけにはいかない模様。なにしろゴールデンウィーク真っ只中なのです。
特に中国道宝塚近辺で渋滞は必至。
と思いきや既に宮津で道が混んでます(爆)
ナビでピッピと検索して「あ、この信号で曲がれば抜けれるな」と思ったら前をゆくちとむさんも同様に左折(笑)そのまま抜け道を抜けて高速を走り、先行する仲間を何人かぶち抜いて帰りました。
ちとむさんの走り方はヌッシーと同じなんですよね。スピードとか状況判断の仕方とか。

吉川JCでちとむさんと別れ、ヌッシーは中国道に。
即渋滞(泣)
渋滞は20kmとの表示ですが、距離よりもその移動スピードの遅さが際だつ嫌な渋滞です。
しかもオシッコしたぁ〜〜い
半泣きで2時間かけて渋滞を抜けて帰宅したのは夜9時前。
行きは2時間、帰りは4時間かかりました。

本日釣果さてヌッシー釣果はマイカ・スルメイカが半々位で16パイ。
20パイはあるかと思っていたのですが意外と少なかったです。
それと干しカレイ。
2ハイほどスルメイカを刺身にしてワタであえて食べたのですが当然美味しい!
これは他人にはやれん!(笑)

で、今日はおちまい…

となるはずでしたが眠り掛かった23時前に携帯に着信アリ。
ちとむさんから「今知り合いの店でヒラメつくって貰って食べてるんやけどエンガワとか旨いで〜!エンガワエンガワエンガ…」
お願いしますから寝かして下さい。

3

【地域】 日本海(丹後半島東)
【海況】 小潮 晴 (西の風14M)  
【釣り船】ワープゾーン
【釣り座】右胴の間付近行ったり来たり
【釣行者】魚英常連オールスターズ

 

今日は待ちに待ったSatokenn先生主催の魚英常連オールスターズ日本海遠征@ワープゾーンの日です。
前日に宮津から丹後半島をグルッと回った反対側の竹野沖でブリが大爆釣した事から、ワープゾーンも出船を1時間早めて竹野沖まで走ってブリを狙うとの事でしたので、もうヌッシーワクワクして眠れません。20時にベッドに入ったのに眠ったのは約1時間。

あぁ50箸離肇薀鵐大将に入りきらない位にブリが釣れたらどうしよう(笑)

早めに出たので7時集合の所、6時前に到着。途中でキッコリーさんに激しく車の後ろから煽られたのはナイショです。

集まったメンバーはSatokenn先生以下I井さん・キッコリーさん・H房さん・W田さん・等々魚英の常連を中心としたジガー13名。
たいがいの方はヌッシーが知っている方なのでかなり気楽です。今日のワープゾーンは貸し切り、つまり仕立てでの出船なのです。

予定通り7時出船。
一路丹後半島の反対側まで走ります。
船内ではこれまた予定通り宴会開催。
Satokenn先生キッコリーさんさんもよく飲みますねぇ〜。
ヌッシーは寝ていないので呑むと動けなくなる恐れがあるので自分でビール差し入れておきながら呑むのはパス。

Satokenn先生はと言うとI井さんや他の人達の愛妻弁当を見るたびに「それ、奥さんが作ってくれたんですか?ふ〜ん…えぇなぁ〜」を繰り返して居ます。
先生何か家庭でイヤな事でも会ったんですか?(笑)

しかしながら経ヶ岬を回り込んだ時点で強烈な西の風に出くわしました。予報では西の風2M位だったはずですが、14M吹いています。
(気象台のレポートでは10M、海上14Mだったそうです)
波頭が風で砕けています。これはブリポイントまで行くのは無理。無線によるとアルバトロスも港で出船待機している様子。

仕方なく少し風の弱い近隣で時間を潰します。
ヌッシーはインチクを投入。
しかし西の風が強く船がドンドン流されるために釣り辛いです。

そんな中でもポツポツと小型のアコウやらホウボウやらが上がります。
I井さんヤリイカゲットヌッシーはアタリすら無し。
と、ここで隣のI井さんが何やらヒット!!
「???」考え込みながら上がってきたのは良い型のヤリイカ!
インチクってスゲェ!ヤリイカも釣れるんですね(笑)

そんな場所に長々居ても仕方ないので風裏である丹後半島東側へ戻ってサワラ狙いをすることになりました。

サワラ狙い…ですが、やはりここもそれなりに風が強く釣り辛い状況。しかもサワラの活性は低そうです。
地震震度底物も渋い感じ(1匹だけマハタの大きなのが上がりましたが)
そう言えば昨日は能登半島東で大きな地震があったとニュースで見ましたが、その影響もあるのでしょうか。
ここいらも津波警報出ていたようですし。

ヌッシーは取りあえずトリプルフック1本のタチウオ仕掛けで臨みます。
さわりゃゲットするとフォールでヒット!
スレ掛かりで上がってきたのはサゴシと呼ぶには大きいけれど、サワラと呼ぶには気持ち小さい「さわりゃ?」クラスのサワラ。
ほぼ同時にI井さんも同サイズのサワラを釣り上げています。

何より渋い状況なので取りあえずの1本が上がったのはホッとします。
このボウズを逃れた安堵感は精神安定上重要です(笑)

お、Satokenn先生そいつはソイですか?ボウズ逃れましたね!

その後もたま〜にヌッシーにもアタリはあるのですがなかなか乗りません。やっとの思いで乗せてみるとサバ位の大きさのサゴシ。
I井さん連続ゲット隣を見るとI井さんアタリまくっています。
一時は入れ食いになり、2匹連続でヌッシーがタモ入れ係に…。
とほほです。
I井さんはヒットも多いですが当然サワラ相手なのでジグのロストも多く、計3個。しかしヌッシーのジグロストは無し。

ジグ無くしてI井さんはブツブツ言っていますが、ヌッシーのようにアタリが無いよりジグが無くなってもアタリがある方がずっと良いですよ〜。

昼の2時を回った頃から風も収まったのですが、この時間からでは丹後半島の西に回る事は無理なのでやむなくサワラ狙い続行。

すると最後の一流しでヌッシーにも待望のヒット!
ドラグを出すちょい大型のサワラだったのですがタモ入れ直前にザイロンのアシストラインをぶち切って逃亡。
とほほ〜。
ザイロン20号切るか〜普通。

釣果結局ヌッシー釣果はさわりゃ1匹サゴシ1匹。
I井さんはさわりゃ3匹・ヤリイカ1匹・ミニガシラ1匹
キッコリーさんさわりゃ1匹・サゴシ1匹
Satokenn先生……ソイ1匹
H房さん……レンコダイ1匹

 

まぁ釣果は渋かったですが、おなじみの仲間同士でかなり楽しく過ごせました。何だか体の疲れもかなり楽です。
企画して下さったSatokenn先生ありがとうございました!
また行きましょう!!

2

【地域】 日本海(竹野沖)
【海況】 中潮 晴 北の風1
【釣り船】アルバトロス
【釣り座】右艫
【釣行者】ヌッシー I井さん 
【釣果】 ヌッシー アコウ35cm ガシラ1匹
      I井さん ノーフィッシュ

 

今回は遠征です。I井さんにお誘い頂いて日本海浅茂川漁港から出るジギング船「アルバトロス」に乗船です。アルバトロスでは前々日にブリ・メジロが爆釣したようで期待大です。

大阪から160kmの道のりを走って京丹後市網野町到着。天気は晴。風も波もなく冬の日本海なのにまるで春の日本海のようです。
この時期の日本海は出船出来れば爆釣間違いなしなのでこれは貰ったも同然か?!

8:30頃出船。水深80Mライン辺りから流します。ヌッシーは先日ゲットしたWhippy4番に昨日買ったばかりのケイタンジグ150g付けて様子見です。
しかし慣れないスピニング難しい〜!

日本海鳥山とにかくわけも判らないまましゃくってみました。そのうちに鳥山が出来て魚探の反応も良い感じに!これはサービスタイム開始か?!
と思いきや誰もかすりもしない展開。
これだけの反応を見せているのに誰にも釣れません。アタリもありません。そうこうしているうちに鳥山サービスタイム終了〜。

頑張る石井さんともかく竿をしゃくります。がむしゃらに皆でしゃくります。
水深100M近辺を上げ下げです。
明石の鹿ノ瀬30Mに慣れた体には拷問に近いです。
一休みしたいけれど折角遠征してきているのでヌッシーもI井さんもしゃくり続けます。

と、何故かここでヌッシーペラに巻かれてジグロストです。ラインも100M近く失ってしまいました。あちゃ〜!だからスピニングリールは嫌いなのよ。
これでこの日のスピニングの出番は終わりました。

仕方がないので明石で使っているWhippy2番とベイトリールで対応。あぁやっぱりベイトの方がしっくり来ます。

と、ここまで船中ノーヒットでしたがミヨシの凄腕常連さんがメジロを1本釣り上げました。やる〜!
その後ヌッシーの背中側の人が大きなガシラ(多分ウッカリカサゴ)をヒット。あ、美味しそう!え〜な〜。

しかし全く後が続かず全員で筋トレタイムが続きます。
正午過ぎてすでに両腕はパンパンです。

するとコンとヌッシーにアタリがあって何かが掛かった様子。上げてみるとまぁまぁええサイズのガシラです。明石沖なら嬉しいサイズですが、今日はこれを釣りに来たのではなくあくまで「ブリ」狙いなので釣った気がしません。
その後先ほどのウッカリカサゴの人もガシラをゲット。

14時を回ってかなりヌッシーのモチベーションも落ちてきました。腕もパンパンでハイスピードではしゃくれません。
I井さんも疲れてはるなぁ〜と思っていたらI井さんのツインパ8000故障です。ついてない時はこんなもんです。

16時、本来なら上がりの時間ですがいまだメジロ1本・ガシラ3匹しか釣れていません。(お!ヌッシー3位 笑)
ロスタイムに突入です。

しかし何で釣れないのかねぇ?船頭も常連さんもこの状況なら普通は爆釣のはずと言っているのですが、サッパリアタリすらありません。
ヌッシーは青物諦めてボトムをねちっこく底物狙いに切り替えです。

17時、船頭の「この一流し終わったら上がりにします」のアナウンス。やれやれ〜終わりと言われてちょっと嬉しいです。やっとこの筋トレ地獄から開放されるのかぁ〜。最後にちょこっと真剣にしゃくってみるか…。

ボトムにジグが付いてからタンタンタンと数メーター。
ゴツン!と何かが釣れました。

お!

結構竿が曲がってます。青物か?!…いや違うな…。
底物っぽいな。何かな何かな?

メイクミラクルすると上がってきたのは何とアコウ!!
しかもかなり立派なサイズです。
うひょ〜!
最後の一流しでアコウが釣れるなんてまさにメイクミラクル!!
最後の最後に超高級魚釣れました(笑)

結局船中でこの日釣れたのは以上。
日よりも海況もよかったのに謎の貧果です。

50Lには寂しい釣果当然「ブリが釣れる」ものと思ってトランク大将50Lを持ち込んでいたヌッシーですが、中にちょろり〜んとアコウとガシラが入っているだけの寂しい状況。

まぁお土産できただけでも良しとするか。

疲れ切った体でまた帰路160kmをクルマ走らせて帰りました。
多分明日両腕上がらないと思います。

そのうちまた日本海にリベンジ行くぞ!!

 

ポチッと押してね 日本海はレンジ幅が広くて狙いが定まりません

このページのトップヘ