ヌッシー疑似餌同好会

カテゴリ: 【和歌山】紀北〜南紀

【海況】6月18日小潮 曇 北の風&上り潮=二枚潮 
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】左艫

カラーデジタル魚拓サービス「Fishing My World!!」を展開する越智さんとワイフの3人で久しぶりの南紀周参見の第八大洋丸さんに乗せてもらいました。
前日までの長野船長の話によるとキハダマグロやカツオをキャスティングで狙いつつジギングでカンパチとハタ狙いと言ういつもの南紀メニューな感じ。最近ずっとタイラバ続きだったので心ゆくまでジギングとキャスティングを満喫するぜ〜!

しかし潮止め名人ヌッシーと海を荒らす名人越智さんが一緒で無事に済むはずがなく…
潮が止まるヌッシーの能力は幸い発揮されずかなりの上り潮(南→北)。しかし謎の北風(北→南)が吹き付けてきて強烈な二枚潮発生!しかも雨雲がないのに雨が降ってきて越智さんの能力がいかんなく発揮されております( TДT)
ヤッテクレタナオチサン!

水深90mに200gのジグを落としてもしばらくすると底が判らなくなる状況。二枚潮ではジグが上手く動かないので一生懸命にシャクっても何のバイトも無し…
周囲の船からも悲鳴に似た無線が入ってきます。

これはマズイ…

ふと見ると船はタイラバポイントに差し掛かっています。
そう言えば念のためにLUXXE 桜幻 鯛ラバー B68ML-solid.FとタイラバQも若干持ってきてました。
落下の早いタイラバQの180g位の重いシンカーなら二枚潮を突き抜けられるかもしれません。
という訳でササッと用意して投入、クリクリクリ。

コキーン!
軽いアタリが発生して何かがヒット!
何だ何だ?と巻いてみるとチビキさん。
チビキとしては小型ですがタイラバで釣ったのは初めてです。
チビキ

気を良くして再度タイラバを落としてみると…

ド〜ン!
引ったくられるようなアタリと強烈な引きでドラグが出されます!
これは青物か?!シオ辺りを掛けちゃったかな?
巻いては出されを繰り返して巻き上げてみると…


1匹目68cm
(帽子忘れた…)
あ!マダイ!
68cmの大型マダイです。
今日もタイラバでマダイ釣っちゃったよ…
タイラバに真面目なヌッシーです(笑)

その次の流し。
タイラバQを入れるなり50cmクラスのマダイ!
二匹目


小型のマダイ!
三匹目


アオハタ親分!!
アオハタ親分


一流しで3匹ゲッツ!
相変わらずの強烈な二枚潮ながらタイラバQの突破性の高さが炸裂しています!



タイラバQを使ってすぐに5匹の釣果。
う〜ん満足。
この状況下でこれは大成功です。
タックルを置いて船長と喋っていたら…

越智さんが”船に落ちていた”らしいがまかつの桜幻ってタイラバタックルを持ち出してきて”先っちょに付いてた”タイラバQ投入。
すぐに何か掛かって食べごろのマダイゲッツ!

越智さんマダイ
(何か妙にムカつく〜!)

再度投入して今度はアオハタゲッツ!

越智さんアオハタ
(ホンマにムカつく〜!)

この辺りであまりにも二枚潮がキツイので浅場に移動。

すると越智さんちのワイフが”船に落ちていた”らしいがまかつのアルメイアってジギングロッドを持ち出してきて”先っちょに付いてた”インチク投入。

気がつくと何かウンショウンショとやり取りしています。
上がってきたのはオオモンハタ。
ワイフオオモン
コノニタモノフウフメ!

最後にアカハタを狙ってみましたがこちらはヒットせず…
納竿〜!

釣果

いや〜ホンマに今日はキツイ二枚潮でした。

あれじゃぁなかなか釣りとして成立しません。
こういう時は二枚潮を突破できる性能あるアイテムしか難しいですね。

南紀のタイラバですがこれからまたガンガン釣れそうです。
多彩なゲストも南紀タイラバの楽しみの一つですね〜
今日もワンタックルと念の為に持ってきただけのちょこっとのタイラバを3人で回して使ってコレだけの釣果ですから人数分のタックルを使ってキッチリやってたらどれだけ釣れていたか…

また南紀に行かなアカン理由が出来ました〜

あ、そうそう。
第八大洋丸にはスマホ用の探見丸Wi-Fiが付いてます。
これ、かなり便利なのですがスマホ用の探見丸アプリがメチャクチャ電気を食うんですよね。
みるみるバッテリーグラフが減っていきます。
そこで20000mAh位のモバイルバッテリーと使わなくなった古いスマホを組み合わせて使えば丸一日使用可能なんですよね。
ちょっと試してみて〜!
探見丸

【海況】3月30日大潮 晴/曇 北の風+下り潮3ノット 
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】胴の間

殆ど手付かずのマダイの楽園… そう聞いていた南紀の海。
確かに餌でマダイを狙う船が若干あるだけでルアー系遊漁船も地元の漁師さんたちも専門で狙っているのは見たことがありません。
「ちょっとタイラバで腰入れて探ってみよう」と言う訳で前回2月に調査したのですがあいにくの潮止まりで調査は難航。
今回はTEAM桜幻総監督がまかつM氏と2人で周参見の第八大洋丸さんで再調査です!
(各種NEWアイテムのテストも兼ねています)

ガーッと出港して90m位のポイント。
風強っ!
取り敢えず180gのシンカーとオレンジのロングカーリーでスタート!
おっと!潮流れてます!
最近潮を止めてしまってばかりでしたが珍しく潮が流れている日に当たったようです。
しかし流れ過ぎ!
風と潮の向きが同じなので船は3ノットで南へ流されていきます。
しかも流れが早いとお約束のように二枚潮三枚潮になっていてラインを安定させるのがなかなか難しいです。

でも流れないよりは爆速でも流れている方がマシ!
2人で探っていると…

ヒット!
開始早々総監督M氏ヒットしてマダイゲッツです!

1M氏朝イチマダイ

実はM氏はこの春発売予定のNEWアイテム。穴の2つ空いたスイベル使用!
つまりネクタイを2種セットできるのです。

(ネクタイが2本写ってるでしょ?)
2種カラーをセットするとどちらかのカラーに反応して釣れる可能性が高いです。

 M氏は続けて良型アオハタもゲッツ!

2M氏続けてアオハタ

さて、明るい方のカラーと暗い方のカラーどちらに当たっているのか?
ヌッシーはダーク系のカラーと判断してソリッドレッドのロングカーリーに変更。

すると即アタリ発生!
何故か何度もバラしてようやくマダイ確保!
どうも今日はソリッドレッドがアタリカラーなのは間違いなさそうです。

3やっと来たマダイ

ちゃんとしたマダイ久しぶり(笑)

ここから当たってはバラシ、当たってはゲッツのええ感じになってきました!
どうもバラしが多いのでロッドを桜幻Lから桜幻ULに変更。
柔軟なULにしてからバラし激減!

総監督M氏もエエ型のマダイ追加!

4M氏ええマダイ追加

ヌッシーもエエアオハタ連発!

5ええアオハタ

ここいらでいよいよ底取りが厳しくなりヌッシーはシンカーを220gにしてネクタイも水の抵抗が少ないストレートのソリッドレッドに変更。

一流しごとに2人のどちらかが掛けたりバラしたりするから長野船長もウズウズ(笑)
ちょっと竿を出してみたら即マダイゲッツ!
むむむ!やるな!(笑)

6サクッと船長も

更に激流れになってワンタッチの底取りも怪しくなってきました。
と言って船を立てると潮の流れが複雑なのでラインがワヤクチャになります。
そこで堪らず浅場に移動。

そして落とすなりヌッシーヒット!
おおお〜!ドラグ止まらん(喜)

見ると隣で
総監督M氏もヒットしてドラグ止まらん状態に!
ダブルヒットやぁぁ〜!

先に釣り上げたのはヌッシー。
予想よりも小さかったですが64cmの良型マダイ

そして
総監督M氏はなんと前回に続いてまた良型カンパチゲットです!(笑)

7ダブルヒット


ほんとこの海域はゲストが多彩で凄いです!

そしてダメ押しのマダイゲッツ!

8ダメ押しマダイ


あ〜満足!

しかしタイラバにはおよそ不向きな爆速の潮なのによく釣れました。
これでいつも通りの1ノット位の潮ならどんだけ釣れるねん…(笑)
やはり南紀にタイラバパラダイスは存在しました!

9釣果


ちなみに大型のマダイは抱卵してました(まだ卵は小ぶりでしたが)。
そして軒並み鳴門骨も装備!
南紀のタイラバパラダイスはノッコミ突入宣言致します!
行くなら今だ〜!

鳴門骨
 

【海況】3月13日大潮 終始パラパラ雨 
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】大ミヨシ


最近ジギングよりもタイラバでの露出が多くなったヌッシー。周囲では「ゴム兄さん」などと呼ばれてたりしますが…
色々な所で撮り貯めた写真を使っているうちに鯛を持ってるいわゆるブツ持ちの写真ストックが足りなくなってきてしまいました。
マダイを釣って写真を撮らねば!
という訳で写真を撮るセンスは近畿の船長随一の第八大洋丸長野船長にお願いすることにしました。

今回はヌッシー含めてお客さん5人、ジギングでシオ狙いに同船して1人タイラバに挑戦です。
朝に港で用意していると「ヌッシーさん!」と釣友でBEATマニアのオキくん登場。
お!今日は一緒やね、よろしく!

ヌッシーは大ミヨシの釣り座を頂いて出撃です!

すさみ

しかし案の定潮止めの名人ヌッシーと同じく潮止めの名人オキくんが乗ってるせいで潮は地獄のゼロノット
ヌッシーは朝イチにちょこっとシオ狙いのジギングをした以外はマダイを釣るべくタイラバを巻き巻きしますが何のアタリもありません。

しばらく頑張ってみてふとポイントをよく見ると「あ!ここはマダイ実績ポイント…」。ヌッシーにマダイを釣らせてやろうとの船長の好意が無言のプレッシャーで迫りくるスペクタクル。
寝不足で昼寝したいですが休むわけにはいかないのでタイラバをマキマキし続けます。
(船長ありがとう〜!)

しばらく頑張っていると隣でジギングしていた兄さんがガツン!とヒット!同時に艫の兄さんもガツンとヒット!
上がってきたのは予想通りのシオ。
隣の兄さんは何とシオのダブルです!

ダブル
慌ててジギングタックルに持ち替えるも後の祭り。

更にしばらく巻き巻きしていると皆さんゴン!とヒットしてアオハタ祭り!
え?釣れてないのはヌッシーとオキくんだけ?
そんなオキくんも何やかや言いながらアオハタ2連発。

しょうがないな〜とヌッシーも再度ジギングタックルに持ち替えてシャクるとドゴン!と大型ヒット!
ヒャッホー!
ポロリ…
今日イチのアタリをバラしてしまいました(T_T)

そのまま延々あがいてみるも何も起こらずストップフィッシング。
清々しいまでにボウズでした。

まぁ今日は恐怖のゼロノットやったししゃあなしやな…
(毎回のような気もするけど…) 

はっ!しまったマダイの写真が無い!
(ミッション失敗)

【海況】2月15日大潮 晴れ 北西の風6→10m 
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】左胴の間

南紀にタイラバに行こう!
TEAM LUXXE 桜幻 で周参見の大洋丸さんところへタイラバで行くことになりました。
あまり南紀でのタイラバの情報は出てこないですが実は白浜以南の海域はマダイの宝庫。
餌釣りで少々狙う船があるだけでタイラバのポイントとしては穴場です。
ドテラでもバーチカルでも狙えるポイントが無数にあって魅力的なのですが、最大のオススメな点は本職の漁師さんたちが網を入れないこと。網でゴッソリ居なくなるってことが無いのです。
潮さえ動けばサイズはメータークラスまで夢が広がるええとこです!(笑)

大阪からの道中は朝方なので気温2〜3℃、一番寒かったのは紀伊田辺インター近くで車の外気温計で−1℃、南紀やのに大丈夫かいな?と思っていたら紀勢道で椿を超えた辺りで気温はグンと上がって4℃。この辺りから黒潮の影響を受けるためで水温に至っては17〜18℃もあります。

今回のメンバーはヌッシーとLUXXE STAFFの永田君、永田君の友人、そしてTEAM桜幻総監督のがまかつM氏の4名。
長野船長の第八大洋丸でゴー!
いざ海に出てみると港でも感じたことながら風が強い!
北西風が結構な勢いで吹いてます。真北からなら南紀は完全に風裏なのでマシなのですが、今日の風は西寄りの北西風で一番難儀な方角からです。
しかも潮が動いてない!(爆)
いや、気持ち上り潮(北に向かう潮)なので風とぶつかって二枚潮になるわ波出るわとエエトコ無し。

けど無風よりマシ!
水深70mを新発売のタイラバQ150gで狙ってみます。
ファーストバイトはヌッシー、ココん!と来ましたが乗らず。 
ここで永田君がヒット!
軽い…と言いながら上がってきたのはアオハタ。
アオハタ

エエやんアオハタ!
かなり厳しい展開なので何でもオッケーです!
むしろマダイ以外のバラエティに富んだゲストの多さが南紀の魅力。
何でも釣れるぜタイラバQ!

そこへ回収中に何かがドンと乗ったのはM氏。
ん?それもマダイ違いますね?

松島さんシオ

上がってきたのはシオ!
お〜〜〜!シオまで来るか〜!

そこへヌッシーも妙なあたりを感じて巻き合わせ!
あ、これもマダイちゃうし(笑)

センニンフグ

上がってきたのはセンニンフグ(毒)!
今まで大概南紀で色んな魚を釣ってきましたが、まだ知らん魚釣れるか〜(笑)
懐深いわ和歌山県
センニンフグをリリースしてマキマキ…

かなり北西風が強くなってきました。
いつもは椿の南にある市江崎で北風をシャットアウトできるのですが、今日は西より過ぎて風が吹き付けてきます。

ここで何かヒットしたのは永田君。
マダイちゃう…と言いつつ上がってきたのはマダイ。

マダイ

船中ようやく本命出ました。

なかなかマダイが出ない中で皆でアレコレ試しつつタイラバを巻いてみます。
すると軽めのシンカーでユックリ落としていたM氏がフォールで何かヒット!
何かデカそうです!
大艫からヌッシーを躱し永田君を躱してミヨシ先端まで!
ビッグファイトを制して上がってきたのはまさかのカンパチ!
しかも体高と太さが際立つ絶対旨いやつです!

カンパチ!


ビッグファイトではありましたが、ジギングなどで掛けた場合と違ってあまり魚を怒らせないのか細いロッド(今回は皆でLUXXE桜幻ULを使っていました)や細いラインの割にはすんなり上がってきた印象です。

え〜な〜カンパチ…

風はいよいよ強くなってかなり厳しくなってきました。

荒海

ここでポイントを浅場に変更、アカハタメインで狙うことに。

流石にアカハタはキッチリ釣れて全員安打。

永田くんアカハタ

アカハタ良型

やっとアカハタ

こちらもアカハタ

ちょっと海況厳しくマダイの声をあまり聞けませんでしたが、取り敢えずボーズはギリギリ脱しました。

釣果

しかしカンパチえ〜な〜!
腹回りが半端なく太いです。

次回はもっとデカイの狙うぜ!!

カンパチ旨そう

【海況】1月18日中潮 快晴ベタ凪
【釣船】白墨丸
【釣り座】右胴の間

そろそろタイラバにも行かなきゃ〜!
という訳で行ってきました淡輪漁港の白墨丸さん。
数年ぶりに大雪を降らせた大寒波明けの快晴ベタ凪です!
週末はまた荒れそうなので出撃できるのはこの日しか無いというピンポイントの日。
平日なのに満員の8人お客さん載せて白墨丸出港〜!

白墨

取り敢えず巻き巻き…

巻き巻き…

寒っ!巻き巻き… 

反応無いです…

午前中はコツンとショートバイト一回あったっきり。

しかし胴の間前から3番目の隣、4番目のお客さんはなかなか型は出ないもののチャリコを時々釣りはるんですよね。
ヌッシーになくてこの人が持ってるものを色々試行錯誤しますがヌッシーには反応ありません。
ちょっと考えて隣とリールを巻くリズムを合わせてみました(リールが違うから意味は無いと思うのですが…)
するとココん!とバイト有り!

マジ?!

もう一度同じリズムで何ぞヒット!(笑)
いや、鯛ちゃうし…

船長が「竿曲げろ」と言うのでまげてみました(爆)
ロッドはLUXXE 桜幻UL

曲がり

上がってきたのは途中でヌッシーが宣言したとおりエソ。

船長は夕方まで頑張ってくれたお陰で最後の流しで艫でええマダイとヌッシーの左のお客さんがええアコウゲッツ!
ヌッシーは完全にホゲリました…(涙)

大寒波で予想以上に水温が下がったのが痛かったみたいですね。
まぁしゃあなしだ〜
次回また頑張ります。

【海況】12月26日中潮 曇天ベタ凪
【釣船】白墨丸
【釣り座】ミヨシ

まぁ例年年末年始はそれなりにバタバタのヌッシー。
クリスマスを乗り越えて大晦日まであと少し…このタイミングなら釣りに行けそう!
天気図を見ると26日のみ奇跡のベタ凪予報!
これは恐らく2016年最後のベタ凪の予感(爆)

まぁタイラバに明け暮れた2016年はやはりタイラバで締めくくりましょう〜と言うわけで泉南の
白墨丸さんにお世話になることにしました。
ヌッシーの他お二方のお客さんを乗せて
白墨丸出港!

白墨丸

比較的温かい日ではありますがやはり朝方は寒い… しかも天気は曇りでかなりローライトです。
潮の勢いもあまりなくて風も微風です。

曇天ベタ凪

船長の話では昨日はかなりのアタリがあったようですがパターンが定まらない感じとのこと。
まぁやってみるしかありません。
取り敢えず桜幻LにRYOGA付けてパッションオレンジピンテール80gから探ってみます。
しかしRYOGAがちめたい!(涙)金属製ベイトリールがつらい季節になりました…

開始早々コココッ!とアタって釣れたのは手のひらサイズのチャリコ…当然リリース。
でもマダイが食ってくれるのは嬉しいですね。
でもリールが冷た過ぎるのでジリオンを付けてある桜幻ULにタックルチェンジ!
おお〜!ジリオンのプラスチックボディが温かいぜ!(笑)

見ると艫のお兄さんがチャリコ→食べごろマダイと立て続けにヒット!
聞けばネクタイはグリーンとのことでヌッシーも即タイラバQのネクタイをスプリングシーウィード(要するにグリーン)に変更!

そして即ドン!

1朝イチ50cm

桜幻ULをバーンと曲げて上がってきたのは50cm丁度の超食べごろマダイ!
コレよコレ!年末にはコレよ!(笑)

その後ウィードグリーンでチャリコ(リリース)追加するも潮止まりで食い気が遠退き…

ここから深場を探ったり色々しますがニベが一匹釣れたのみ。

グルっと回って昼前にまた朝イチのポイント近く。
魚探の反応は結構あるのに全くアタリがありません。
朝に釣れたグリーンも昼には効果無し…でも今日はどうもカラーにシビアな気がします。

曇天でローライト…ならグローで見立たせてみよう!
とグローを巻き倒してみましたが反応無し。
グローがアカンとすると…ダークカラーでシルエットクッキリ作戦しか無いな〜!

タイラバQをレッドインパクト(要するにソリッドレッド)に変更して1投目。ココンッ!
おっ!アタルぞ!

気を良くして慎重に巻いてみるとドン!

2・ドン

ドドン!!

3・ドンドン

ドドド〜ン!!!

4・ドド〜ん

ソリッドレッドで3連発!
読みがバッチリ当たって気持ちE〜!


この後も船長は深場で一発狙いなど色々探ってくれましたがアタラず。
15時過ぎに納竿。

今日は海域全体を通してかなり渋い一日でした(曇天ローライト・澄み潮・風無し・潮無し)。
どうもカラー選択にシビアな印象だったのは澄み潮だったせいかな?
でもカラー選択がドンズバ当たって渋いなりに楽しめた一日でした。
何より2016年の釣り納めが綺麗に決まって満足です。

来年も頑張りま〜す!

【海況】12月12日大潮 晴れ 
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】自由

このところ南紀のキハダが何だか騒がしい。
50kg60kgと言った大型のキハダがポンポン上がり、遂には某メーカーさんの若い衆が「アカムツ用のPE0.8号で40kgのキハダを30分で釣り上げた」なんて話は「駅前の交差点を時速200kmで直角に曲がった」位にニワカには信じられない話ですらある。

一体どうしたことなのか周参見の第八大洋丸 長野船長に聞いてみた。
「キハダがベイトのサンマを食いすぎてメタボになって上手く泳げないから簡単に釣り上がる。メチャクチャ脂乗って全身トロや!」とのこと。

行きます!

即答で返事(笑)
しかし予定していた初日は荒天中止。
仕切り直して12/12にキハダマグロ狙いに出撃!!

長野船長の話ではキハダのポイントは比較的沿岸部で沸くのを待つ間にジギングしたりするから全部持って来いとのこと。
全部?そう全部。
という訳でマグロ用タックル2セットの他にジギング2セットとタイラバ1セットも持ち込んでみました。

朝6時に周参見港着。
紀伊田辺インター付近通過時に車の外気温計は2℃を示していて「南紀も寒いやんけ!」と思ったのに周参見港は早朝6℃。 流石黒潮の影響エリアだけのことはあります。

ヌッシーの他に3名のお客さん乗せて第八大洋丸出撃!

出撃

周参見港周辺の水温は何と21℃。そりゃ温かいはずです。
早朝の気温は低いので海に飛び込んだほうが温かいって事になります。

取り敢えずグングン南下して串本沖へ。
海はベタ凪…
いや、ベタ凪ぎ過ぎるか?!
もうちょい波気が無いと魚からも船が丸見えです。

ベタ凪

でも波気が無いので快適クルージング。
天気も良いしメチャクチャ気持ちいいです。
船長は色んな情報源からマグロの位置を探ってくれています。
ヌッシー達も暇なので鳥の動きを見ていたら向こうの方に何か大きな波しぶき発見!!
すかさず急行してみると…



イルカ(コビレゴンドウ)の大きな群れでした。
メチャクチャ居ます。
魚が逃げ散るって事で釣り人には忌み嫌われるイルカ・クジラ類ですが、長野船長いわく「コビレゴンドウとキハダの混成ナブラもあった」との話で、実際ウィキペディアにもマグロと同じ海域で見られるとの記述もあって、ことマグロキャスティングに関してはそれほど気にしなくても良い存在な気もしますが…

ここから更に海はベタ凪で冬とは思えない鏡のような水面に…

ちょっとジギングしてみようとの事で串本沖でジグを投入してみますがサバが2匹釣れたのみ。

ちょっとタイラバしてみようとの事でタイラバQを投入してみますが入れるたびに何かにプチッと切られて即3つロスト(爆)

昼を回って今度は帰港する方向へランガンしながら動き出しましたが、お決まりの潮無し風無しな砂漠化!(笑)

どうしようも無いけど天気ええから気持ちえ〜なぁ〜
とノンビリしていたら串本大島辺りで突如バショウカジキの群れに遭遇!
そこかしこでジャンプしたりテイルウォークしてたりします!

おぉぉぉ〜ルアー投げねば〜!

長野船長のアドバイスでは「沈めたほうが良い(シンキング)、バショウはシングルフックのほうが良い、ベイトはサンマかダツ」とのこと。
シンキングなんて持ってきてね〜よ!あ、シブキがあった!
シブキにがまかつ新発売のリングドチューンド管ムロを付けてどりゃ〜〜!

しかし遠い…
1回だけすぐそば目の前でボコボコボコっと湧いたけどヌッシーはプラグが絡まってて投げられず…

バショウも静かになってまたランガンしながら周参見へ戻りますが、完全に風が止まって魚の反応無し。

そのうちに日も沈み…

どっぷり

竿の先も見えん!(爆)
ここで納竿、帰港18時!

長野船長遅くまでありがとうございました。
まぁマグロ狙いってこんなもんでしょ?(笑)

串本沖異常無しでしたっ!
パトロール終わりっ!

【海況】10月11日長潮 晴れ
【釣船】白墨丸
【釣り座】右胴の間

休みを取れたので毎度のごとく前日に釣りを計画したヌッシー。
日本海も太平洋も荒れて無理っぽい…
と言って瀬戸内はどこも厳しいな…
厳しいながらも多少は目の有りそうな紀淡海峡行くか!
と言うわけで今回も
白墨丸さんにお世話になりました。

 ヌッシー含め7人の釣り人を乗せて5:30出撃!

聞けば状況はかなり渋いようですが、一日やってボウズは無いはず。
何なり上がるでしょ?(笑)

ところがポイントについてタイラバを巻けども巻けども微か〜なアタリが時折あるだけで全然釣れません。
濁りも強くタチウオも多いため時々タイラバが噛みちぎられます。

9時を回った位で少し考えてみました。
「何かベイトが小さい気がする」
そこでがまかつ新製品のショートカーリーの赤に付け替えて落とすとヒット!!

YES!何だか知らんがドンピシャや!(笑)

引き方からして完全にマダイです。
それほど大きなマダイでは無さそうですが、この超渋い中貴重な1匹です。

マキマキしながらタモを構える船長と海を覗いていたら…
あ!リーダー入った!




アレ?!白いぞ?!

上がってきたのは…マダイじゃない!
と言ってチヌでもない…
タイっぽいけどなんだこれ?!


1ヘダイ


「ヘダイ…やな」と船長

ヘダイって何ぞ??ヘダイの「ヘ」って何ぞ?!!

チダイ(血鯛)やレンコダイ(連子鯛)とかは判りますがヘダイの「ヘ」は一体何から来てるのか?!

そう言えばガンタンクはタンクやしガンキャノンはキャノン砲付けてるけど 、ガンダムの「ダム」って何やねん!ってのと似ています。


早速調べてみるとヘダイは平鯛から来ているらしい。へ〜〜〜〜。

周囲の船長さん達に聞きまくってみると皆さん異口同音に「旨い魚」とのこと。マダイよりも旨いと言うことで大事にキープ。 



その後マキマキするもリリースサイズのチャリコ1匹釣れたのみ。
(かろうじてマダイボウズ回避?)

2チャリコ


オマケにティップランでアオリを狙ってみるもこちらもボウズ…

危なかった…
ヘダイを釣っておかないと何も無いところだった…(笑)

週末にかけて潮が大きくなるし、濃い濁りが取れればもしかしたら釣果も上向くかな〜?



という訳で帰宅後早速ヘダイを捌いてみた。

3ヘダイ

ウロコはマダイよりもかなり取りやすい!
頭を落として、腹を割って…

4ヘダイ

おっと!何だこの内臓脂肪は!!
小振りのボディに不釣り合いなほどの脂を蓄えています。
3枚におろすだけで手はヌルヌルに〜!

今回は薄造りにしてポン酢で頂いてみましたが、鯛そっくりな癖のない味ながら旨味も脂も濃くて美味!
船長の神経〆もバッチリ決まってブリンブリンの薄造りになりました。
ホンマに旨いわコレ!

【海況】8月19日大潮 晴れ
【釣船】白墨丸
【釣り座】一番前

かなり久しぶりの釣りに出かけてきました。
復帰戦は泉南から出港の
白墨丸さん。
船長いわく「メチャ渋いのにチャレンジャーやな〜」とのこと。
そんなチャレンジャーを7名乗せて朝5時に出発です!
ホンマに皆さんMな方ばかりです(笑)

白墨丸

とりあえず紀淡海峡到着。

早速マキマキマキマキ…
な〜んの反応も返ってきません。
あ、胴の間のお兄さんが鯛釣った…

ポイント移動…
マキマキマキマキ…
やっぱりな〜んの反応も返ってきません
あ、また胴の間のお兄さんが鯛釣った…

何故か胴の間のお兄さんただ一人だけヒットします。
ロッドは桜幻L… ヌッシーも同じの使ってるんですが…(笑)
何でお兄さんだけ釣れるのか、何でヌッシーは釣れないのかさっぱり判りません。
お兄さんはリーダーが25cmしか無いらしく(笑)リーダー短いほうが釣れると船長と笑ってますがホンマかいな〜〜!

真面目にずっと正確に巻き続けてますがコツリと2回ほど微かなアタリがあったのみ。

ついに14時をまわり船長から「これが最後の流し」コール発令!
(ただし釣れたら延長ルール)
ここまで完全ボーズ
まさに9回裏2アウトまで追い込まれてます。

うむ〜ここは新発売のロングカーリーに賭けてみるか!
実はこのロングカーリーは試作段階から何故かデカイ鯛ばかり連れて来るスグレモノ。
今日のこの状況に合っているのかどうかは判りませんが取り敢えず今日はコレで勝負だ!

新発売カーリー


落としてマキマキマキ…
状況はバーチカルに近いドテラ状態。
底からハンドル5回転…
ん?!


何か妙な重みを感じたので巻き合わせ一閃!
ドゴン!

 お!ドラグ出る出る〜〜
コレを逃せば後が無いのでかなり慎重にやり取りしてタモに収まったのはデカイマダイ68cm

白墨丸68cm


やったった!(笑)


釣れたので延長戦突入です。

何だかユックリ巻きではないような気がしたので少し早巻きにしてみるとドゴン!
さっきよりも凄い勢いでドラグ出る出る〜!
しかしPEに傷が付いていたのかPE高切れブレイク…

う〜ん残念

急いで手近なノーマルタイラバQに戻して落としてみるも反応が無いので一旦回収…
急いで巻いているとボトムから50m位上でドゴン!
うぉ!コレもデカイ!
ドラグを出しながらかなり向こうに浮かび上がったのは本日最大71cm!

白墨丸71cm
 
完全に「釣った」というより「釣れた」魚です(笑)

白墨丸71cmその2

という訳で本日はここまで。
結局延長戦は16時までに及び、帰港は17時。
船長長い時間ありがとうございました。

殆どボウズで半泣きでしたが何とか帳尻合いました(笑)
ホンマに危なかったわ〜〜
どうせ釣れるならもっと早く釣れてくれればいいのに〜

船中7名全釣果はこんな感じでした。
全体釣果


【海況】7月12日小潮 晴れ うねり1.5m
【釣船】白墨丸
【釣り座】前から2番め

好評いただいてますLUXXE桜幻シリーズ。
新たな可能性を探るべく日々テスト中ですが、今回は泉南から出港の
白墨丸さんにお世話になって集中テストしてきました。

今日は朝4時集合4時半出港予定とのことで暗い中に淡輪漁港までひとっ走り。しかし
白墨丸のHPにあるガイドを読んでいたにも関わらず淡輪の狭い路地に突っ込んでしまい暗いうちから泣きながら車を鬼バック(泣)
淡輪の路地に迷い込んだのは以前夜な夜なメバルを狙っていた時以来か…

さて今日のメンバーはヌッシーの他は今年からラグゼスタッフに加入した永田さん、そしてがまかつ社から社員さん3名。
「そう言えば船長、今日って友ヶ島の南ってうねってますよね?」
IMOCの波浪予報には1.5m位の南からの波の予報になっています。
この予報は…

でも船長は「大丈夫大丈夫!昨日も凪やったから」とのこと。
そうなの?良かった!じゃぁ大丈夫か〜今日はアネロンも底をついて持ってきてないし。

船はベタ凪の泉南沖を疾走します。好調です!
ところが友ヶ島付近まで来ると超スーパーうねってますやん!(爆)
ドンブラコッコドンブラコッコ!
狭い海峡を抜けると幾分マシにはなりましたが1mオーバーのうねりが止みません。

ここで釣り座ジャンケン!
今日は基本ドテラ流しとのことなので前から順番に一列です。
海がうねってるから負けられません!
ジャンケンホイ!
真っ先に負けたのは永田さん(爆)ヌッシーは3番手。
釣り座はまず後ろ2つが埋まり(笑)ヌッシーは前から2番めを選択。負けた永田さんは揺れるミヨシ!

今日はテストなのでテストなパーツで狙ってみます。テストなので全然アカン場合もあるしメチャ当たる場合もあるのですが、何しろウネリがキツくてなかなか難しい釣りになってます。
そんな中で最初にヒットさせたのは社員Pさん。
ええやん〜

続けて永田さんもぽぽーんと2連続ヒットです!
永田さん先制パンチ

やるな〜!

こうしちゃおれん!
ヌッシーも何ぞ釣らんと今日は居なかったことになってしまいます。
しかし昨日までの好釣果はどこへやら、船の上下動が激しくてなかなかヒットしません。

うねる〜うねる〜!
こんなにうねってるのはKATSUMIのソバージュヘアー以来です、YES抱きしめて〜♪



・・・酔ってきた…
何だか気持ち悪いです…
朝4時集合は起床2時・自宅出発2時半です。
アネロンも飲んでません。

でも大概ヒットするのはこんな時(笑)
取り敢えず1枚
取り敢えず1枚!(でも酔ってます)

すぐに放り込んだその手でまたヒット!
なんとか2枚目
ぽぽーんと2枚目(でも酔ってます)

イカン!
船酔いがきつくなってきました(爆)
アネロンを貰って飲んでみたものの今からどこまで効くか…
しばらく続けてみましたが取り敢えず寝る!と後ろに移動して皆のドカットを集めてベッドにして寝ることにしました。
揺れるから寝にくいんだけど寝る!

・・・多分1時間半位横になっていたはずです。
何だか気分が楽になったので起きてみることにしました。
寝ていた間に釣果は上がっていない様子(笑)
と言うか人数減ってる!(爆)
社員さん2名も撃沈でキャビンに入っています。現状の釣り手は永田さんと社員さんの計2名。

うし!頑張るか!
再開するなりヌッシーヒット!
3枚目釣れましたがもう写真はええかな〜

すると隣で永田さんヒット!
永田さん飛ばし過ぎ

更にしばらくするとまたヒット!
今度はデカそうで桜幻の振り幅がかなり大きいです。

デカイの?!

上がってきたのは今日のBIGワン!
ナナマルさんです!

永田さん70UP
(お、こりゃノーマル鯛ラバ-Qやな)

勢いが止まらない永田さんは次の「上げて〜!」で回収ヒット!

止まらない回収ヒット

こっちも大きい!

この辺りで撃沈していた社員さんたちも次々復帰!
うねりは治まってきたのですが、今度は強烈な二枚潮に苦しめられます。
風と流れの方向は同じなのですが、船からドテラ方向に流れたラインは船の移動よりも早い底潮に乗って後ろへ飛んで行く感じ。つまりパッと見のラインは自分から正面に流れていくのだけど、ある水深から曲がってこっちに向かって足元を通過して後ろへ向かうと言うこと。

これは釣れんタイプの二枚潮や!
と思っていても時々誰かが釣り上げてしかも型が良いです。

こんなのや
こんなのや

覆面さん

こんなのがポツポツと…

ここで終了〜
ヌッシー後半全然釣れませんでした…前半に3枚釣っておいて良かったわ〜(笑)

非常に釣りづらい日でしたが
白墨丸さんもとっても頑張って下さって色々と試せた有意義な釣行になりました。
まだまだ鯛ラバ-Qも新展開ありますよ!

釣果

【海況】7月6日大潮 晴れ 南の風9m
【釣船】シーライド
【釣り座】終始前(一人貸し切り)


紀淡海峡あたりの調査をしたくて泉佐野の
シーライドさんにお世話になってきました。
一応フェイスブックで同行者募ってみましたが平日水曜に一緒に行ってくれる人は見つからず結局ヌッシー一人で乗せていただきました。
という訳で今回の釣り手はヌッシーとキャプテンです。

前日の電話相談では「何が釣れるか判らん」そうで「当日釣れるものを釣る!」作戦です。当然持ち込む道具も多くなり、ジギング&タイラバ&キャスティングと盛りだくさんです。

今日の潮は前半緩く登った後で(満ちてくる潮ね)後半大潮らしく激しく下る(引いていく潮ね)タイムテーブル。しかし南風が強く吹き続ける予報なので、後半は北上する風と南下する潮がぶつかって喧嘩をするのでザブザブになることは必至!
何とかザブザブになる前に結果を出したいところです。

取り敢えず南下して友ヶ島を抜けると…
すでにザブザブやん!(ToT)
思いの外に南風が強くて上り潮のはずなのに
ザブザブです。しかもかなり濁ってます。
前半は潮が緩いはずなのでタイラバをチョイスしますが反応無し。
どうやら緩いはずなのに結構流れてるみたい。
魚探にはイワシらしきベイトがかなりてんこ盛り写ります。
そこでジギングに変更!
Beeline180gを付けてチョンチョンポーン的にフォールを入れながら誘うと 落ち際でヒット!

初めはメジロの尻尾スレかと思うほどビューン!とドラグが出ましたが、どうやら口に掛かっている様子。
ということは結構デカイぞ?!

うんしょうんしょと上がってきたのは良く肥えたブリ!

ブリ87cm

87cmドーン!
頂きました!


もう帰って良いですか?とキャプテンに聞かれましたが、タイラバもせなアカンでしょ!(笑)

取り敢えずタイラバセットを出してシンカー100gドテラ流しで狙ってみます。
しかし朝イチ同様タイラバ反応無い〜
散々巻いて心折れかけてそろそろキャプテンに「マジで帰りましょうか」と進言しようと思ったその時に竿先にグーンと重みが乗り、体が勝手にスイープに巻き合わせ実行!

お!これは鯛の引きや!

マダイ

上がってきたのは40cm程の食べごろマダイ。

さぁブリもマダイも釣れたし本当に帰ろうか〜!
そう思いながら移動したその先でキャプテンが何かをドーンとヒット!

キャプテンのロッドはファインアクター(タイラバロッド)なので無理はできませんが、それにしても引きすぎるんちゃいますの?もしかして大きい??
出されては巻きのビッグファイトの末にヌッシータモ係で取り込んだのはデカイブリ!

ブリ92cm

ちょっと〜!さっきのヌッシーのよりデカイんちゃうの?!

ハイ、92cmありました(笑)

TGベイトがええ仕事してますね〜!
ちなみにキャプテンのロッドはがまかつFAINACTOR B66M-F、いわゆるタイラバロッドですがその中でもこのモデルは超先調子でシーバスからライトジギングまでこなす何でもロッド。
これに合わせる鈎は近海ミディアム5/0。
ジグの動きを殺すために柔軟なロッドを使いたいけど、柔軟な分だけフッキングパワーが落ちる分は刺さりの良い鈎でカバーするバランスタックルです。

この直後にキャプテンはサワラも追加。

ここで潮が無くなって納竿。

うんうん、周りの状況からするとかなり頑張った方ちゃうかな?
イワシパターンなのに小ジグをあまり持って行かなかったのはヌッシーの準備ミス。
今日の感じからすると濁りが抜けてセンターバランスの小ジグを持っていけば結構よく釣れるんじゃ無いかと思います。
紀淡海峡も楽しいね〜!


【海況】6月7日大潮 小雨 結構風強い 
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】前

愛媛県在住のヌッシー釣友のWBさん。
以前から一度周参見の
第八大洋丸で釣りをしたいと仰ってましたが、仕事の用事で大阪にくるついでに今度こそ第八大洋丸に乗りたい!とのどっちが本来の目的か判らんスケジュールで来阪!
(明らかに釣りの荷物のほうが多いです)
当然長野船長が張り切らないはずはなく…(笑)

小雨交じりで南東からの強風・潮無しと涙ちょちょぎれそうな条件の中で出港です!
とにかく今日のミッションは愛媛県からのゲストに魚を釣って貰う事が第一なのですが、こんな条件でも長野船長は「絶対釣らせる!」と本気です。
一応キャスティングとジギングの用意をそれなりに持ってきてはいるのですが、船長のこの気合の入れ方からすると今日はキャスティング1色の1日になることは間違い無さそうです。

大洋丸


朝イチは港を出たすぐの周辺から。
ヌッシーはLUXXE TOPGEAR 83MHにDOGFIGHTにPE6号と20kgクラスのキハダまでなら獲れるタックルで振り回します。
魚探にはベイト山盛りで出そうな雰囲気ムンムンな上に周囲の本職さん達はポコポコと景気良くビンタを釣り上げてるようですが、投げども投げども反応が返って来ません。

散々投げて…
「ちょっとジギングしてみようかな(チラッ)」
船長の様子を伺いながら得意のレクター投下!(笑)
シャクシャクシャク…ドン!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

やるやん俺!


ALMEA B67ULをブチ曲げる魚はなんか違う気もするけどカンパチに違いない!
しかもそこそこエエ型やで!

で、

上がってきたのは周参見のお友達エイラクブカさん。

えいらくさん
(お友達なので優しくリリース)

むぅ〜〜〜…
釣れないねぇ…



船長は意を決して沖へ。
こなったら長野勘ピューターが頼りです!!
小マシな反応を探して走り回り…


ココ!と言うところで船は停止。
二人でピューンと投げてみる。
ヌッシーがブルーフィッシュ60をヒョイと引っ張るとパシャ!
ん?!
もう一度引っ張るとゴン!とヒット!

それをボーッと見ていたWBさんの浮きっぱなしのブルーフィッシュもゴン!とヒット!

ダブルヒットや〜!

デッキまで抜きあげたのは待望のビンタ(キハダマグロの幼魚)

ダブルヒット

魚を外して即投げると即ヒット!
時合いや!
二人で投げてはデッキに抜きあげを繰り返し。

ビューン、ドン!、バチン!
小マシなサイズがヒットした瞬間抜き上げ用に締めていたドラグが回らずラインブレイク…
(下手っぴです…)
WBさんはその間に小マシなサイズゲット!

WBさんビンタ


おお〜!小マシなサイズ!
良かった〜!

その後ヌッシーのビンタとWBさんのカツオのWヒットがあり今日は終了〜!

WBさんカツヲ

ホント、釣れない時は何しても釣れないのに釣れるときは放り込むだけで釣れるとはキャスティングは理不尽な釣りです(笑)
しかしトップでヒットするとサイズ問わず興奮しますね〜!

WBさん遠くからお疲れ様でした。
長野船長ガンバって頂きありがとうございました!

釣果


【海況】5月25〜26日中潮 曇り時々雨 南東風 
【釣船】太郎丸
【釣り座】貸し切り

テストに行こう!とG社S氏からお誘いを受けて向かったのは南紀の
太郎丸
2日間通して釣りをする計画です。
まぁぶっちゃけヌッシーは機嫌よく釣りをすればいいとの事で朝イチからやる気満々!

太郎丸


取り敢えずジギングから。
船長にオーダーしてカンパチを狙うべく100mラインを攻めるも反応無し。
う〜む…
巻きが早過ぎるのか…?
そこでちょいゆっくり目にシャクリ上げて少し落としてまた巻き…
ここでジグのテンションが抜ける!
すかさず巻き合わせてヒット!
ドゴーン!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!カンパチや!

手応えから結構な大型と推測、恐らく10kgクラス。
強引に行くか、いやフックが細軸の近海ミディアム5/0やから口切れもあるぞ…
等としばし考えていたらビューンと突っ込まれて根ズレアウト!

あぁぁぁぁぁ〜〜〜!

船長とS氏の目が怖い…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

結局この日はサバが1匹サバフグ1匹で納竿。


夕食は紀伊田辺市内で地元の魚が美味しい居酒屋さんで食べて早めにホテルにチェックイン。

紀伊田辺〜白浜間はホテルが多いので泊まる所には苦労しません。
今回のお宿はちょっと古い感じのホテル。
明日は6時出船とのことなのでかなりゆっくり出来るはず。
シャワーを浴びてからベッドでうとうと…

うとうと

うとうと

ん?

深夜1時過ぎ位、何か黒っぽいモワッとした気配を右下辺りに感じました。
何?!
と思うとブワッと上半身に覆いかぶさって来た!
ぐわっ!#$%^&!


ナメんな!
気合を入れたら気配消失…
何の類や?アレは?!
寝るか起きるか迷いましたが、もう一度出やがったらシバキ倒す事にして就寝。

スマホの目覚ましで起きたら朝5時前。
夜中のアレは何やったのかと思いつつ用意してS氏と合流。
S氏に昨夜のことを話すと、その前の晩から田辺入りしていたS氏も別のホテルで似たような事があったとのこと。
大丈夫なんか俺ら?(笑)

太郎丸二日目 

取り敢えず昨日逃したカンパチを釣るべく200mクラスの深場まで探るもベイト反応は多いのに二枚潮がきつくてバイトなし。
上潮は2ノット位出てるのだが、上潮だけが滑っているだけで底潮が動いていないのかジグだけがボトムに置いて行かれる感じ。

散々シャクってみましたが昼前にギブアップ!
…(;´Д`)ウウッ…


2日連続で丸ボーズ…

こっちのほうが怖いわ!(爆)

【海況】5月9日大潮 雨
【釣船】シーライド
【釣り座】後ろ

例によって急にポッコリ予定が空いて釣りに行くことになったヌッシー。
思いつく人を誘ってみたものの誰も同行者無し…
しゃぁないな〜ゴールデンウィーク終わったばかりの平日やしな〜
予定表を見るとこの先はロケ・テスト・ロケ…とみっちりな感じ。
お!来月頭に
シーライドさんとこでロケするのにプラしてないじゃないか!
と言うわけで
シーライドさんにTEL
「船長明日乗せて(はぁと)」
「明日雨ですよ〜〜」
「大丈夫やから乗せて(はぁと)」
「あんまり釣れてませんよ〜」
「大丈夫やから乗せて!!」
何だか嫌がる船長に無理やり頼み込んで乗せてもらうことにしました(爆)

シーライド
雨やけど行くぜ!
シーライド

船長が言うにはまぁポツポツとは釣れてるみたいやけど、ついこないだまでのようにボコボコとは釣れていないみたい。
その上にヌッシーの予想よりも結構本気で雨が降ってますし、雲も分厚くてめちゃくちゃローライトです。
そもそもマダイって釣り方に関わらず天気が良いほうが釣れる魚(ヌッシー調べ)。
こりゃあかなりの悪コンデションです!

ローライト
(メチャクチャローライト)

しかしこんなコンデションで結果を残してこそ桜幻&鯛ラバ-Qの実証になるというもの!
やってやるぜ!!(珍しく本気)

で、船長今日はノルマ何匹にしましょうか?
「3匹!」
う!3匹か〜結構厳しいな…(爆)

最初のポイントは水深50m、ドテラ流しで狙います。流速1ノット風はそこそこ。
以上の条件からシンカーは80g、ローライトにアピールできるようにパールオレンジのネクタイで落としてみます。

反応は結構浮いていて悪く無いです。
上までまきまきまき…ゴン!

いきなりヒットです!
軽い引きから上がってきたのは予想通りの鯛飯サイズ。
こりゃぁイケるぜ!
鯛飯サイズの写真は撮らずに即投入!
取り敢えずボウズは無くなったので気が楽になりました。

まきまきまきまきグイ〜〜ン!
ドテラ流し特有な追随食いのヒットをスイープな巻き合わせでゴン!
お!サイズアップ!

2枚目

うひょ〜〜!旨そう!
THE加太の真鯛!な感じの旨そうなヤツです。

これはまだまだ行ける!
くりくり巻いていると引っ手繰るようにゴン!
鯛ラバ-Qを使った人の多くが感じるように何故かは判りませんが鯛ラバ-Qはコツコツ食い上げてくるアタリは少なくてゴツンと一気食いが多いのが特徴です。

3枚目

これも食べごろなベッピンさんです!(相変わらず喰った感想主体です)

ここいらでちょっと潮が緩み始めました。
やはり大潮は爆発力はあるけど時合いは短いです。

そうは言いながらゴン!
タイラバは精神力が保てば結構釣れる釣りなのですが、今日は気合が乗ってるから当たりまくります。
なかなか良い引きを見せながらこれまた旨そうなサイズのマダイゲッツ!

4枚目
(しかしもうこの時点でゴアを貫通して下の服までびしょ濡れです)


ここいらでお昼になり同時に潮止まり。
潮の反転を待ちます。
待ってる間にご飯を食べて…
うぅぅ寒い…
流石に濡れっぱなしは寒いです。
寒いと気力がグイ〜ンと下がります。
気力が下がるとタイラバは釣れなくなります。


しばらくして潮が反転しましたが、1匹マダイを追加した時点で気力切れで早上がりとしました。
だってもうゴアテックスの防水力の限界なんですもの(笑)


【本日釣果】マダイ5匹
本日釣果
(1枚は
シーライドさん釣果)

ノルマ大幅に超えて5枚も釣ったぜ!!
この時期この天気では出来過ぎな位です。
えっへん!
(道具が良いだけなんやけどね…)

船長無理を言って乗せていただきありがとうございました!

帰宅後…
まだ早いと思いながらも1匹だけ刺し身にしてみましたが、やっぱり加太のマダイは旨い!
全国レベルとは圧倒的に違うね〜
普段は刺し身に飽きて全然食べないうちの息子も旨い旨いとバクバク食べて瞬殺(笑)
子どもは美味しいものよく知ってるな〜

【本日のタックル構成】
ロッド : LUXXE 桜幻B68L-Solid.R
リール : ジリオンTW5.5
ルアー : 鯛ラバ-Q 80g パールオレンジ
フック : がまかつサーベルポイント(ナノスムースコート)
ライン : PE0.8号 + リーダー3号

【海況】2月12日中潮 晴れ 結構東風強い 
【釣船】太郎丸
【釣り座】貸し切り


南紀でタイラバさせてくれる船無いか?と
第八大洋丸の長野船長に聞いてみたところ「田辺から太郎丸って船が出てる!」と超プッシュを頂いたので早速出かけてきました!
今回は無理を言って一人で貸切です。

船は紀伊田辺の内之浦港から出港!以前はよく通った港なので勝手知ったる港です。
太郎丸結構大きな船で、和歌山の船としては異例の綺麗なキャビン完備!これはいつダウンしても大丈夫という…(笑)
朝6時に出港です!

1出船

船長の話では昨日から急に2℃も水温が下がってしまってマダイの活性は大幅ダウンだそう…
エサ船の釣果も散々らしく、時折聞こえるエサ船からの無線はボヤキばかりです(笑)
でも大丈夫!
何だか釣れそうな気がします!

(まぁ桜幻と鯛ラバ-Q持ってるしね)
取り敢えず控えめに本日のマダイ目標2枚に設定してスタートです。

水温低下の影響からかマダイは深場に落ちているようで水深90mラインからのドテラ流しです。
潮は上がってんのか下がってんのか判らん位の0.5ノット(泣)
ドテラタイラバとしては結構深いですが風が強くないのでシンカーは100gをセット、ロッドは桜幻のL番手です。
さてさてどんな感じかな?
最初はいつもの比較的早い巻きスピードで初めてみましたが何か反応がありません。
そこで気持ちゆっくり目、ゆっくりというよりもじっくりと言った感じで巻いてみると竿先に重みが乗りました。
ドテラ流し用のスイープなフッキングを入れてみるとマダイっぽい感じ!

上がってきたのはやや小振りの炊飯器からははみ出しちゃう鯛飯サイズ(笑)

2小振りな1匹め

3小振りな1匹め

 なんやぁ〜!釣れるやん!
一流し目から本命ゲットに気が楽になりました。

即次の流し、同じようなアタリがあってアオハタゲッツ!
しばらく経って引ったくるようなアタリでオオモンハタゲッツ!


4オオモンハタ

気持ち悪いくらい順調に釣れます!
あれ?無線からは相変わらずエサ船さんからのボヤキが聞こえるのですが…(笑)

ここで
太郎丸船長に使ってもらっていた桜幻のML(一番強い竿)に何かがドーンと乗ってギャーンとラインが引き出されています!
それ青物ちゃいますの?
5船長がMLでメジロ

でも桜幻MLのバットパワーはメチャ復元力が強いので余裕のやり取り!そうなんよね〜南紀っていつドデカイヤツが来るか判らんからMLの方が対処しやすいのよね〜

上がってきたのは小ブリな大メジロ!

え〜なぁ〜!ヌッシーもそろそろもう一匹…と思っていたらボトムでロッドに違和感が出たのでスイープに合わせてみたらヒット!
上がってきたのは50cm前後の食べごろマダイ!

6サイズアップ

あれれ?確か船長今日は渋いんちゃいましたっけ?(笑)
実際相変わらずエサ船は完全試合継続中のようですが、太郎丸船長の選択がドンズバ当たっているのか絶好調ですやん!
よしよし!サイズアップ狙いましょう!
風が強くなってドテラで流されやすくなってきたのでシンカーを120gにアップ。鯛ラバ-Qのネクタイもラメの入ったものにチェンジしました(ネクタイのチェンジは気の向くまま…)

水深はずっと90mライン。でも今日食ってくる巻きスピードは完全に把握出来ました。
さらに巻き続けるとロッドティップにアタックしてこないまでも何かが追随してくる違和感発生!

見える

そのまま10m以上巻き続けた所で重みが乗ったのでスイープに巻き合わせ!


どーん!
桜幻Lがギューンと曲がってドラグがジリジリ出されます!
 7Lで大鯛
ヤバそうなのでドラグノブをチリ+チリと2ノッチ分だけ緩めました。

引き方は鯛やけど鯛やとしたら結構デカイで!
ゆっくり上げてみると姿を現したのは68cmのナイスワン!
やったったで〜!

8マダイ68cm
この後で更に50cm前後の食べごろマダイを追加。
船長も同じようなサイズを1匹追加。


【本日釣果】
ヌッシー マダイ68cm頭に4枚・オオモンハタ・アオハタ

8本日釣果
(左上のメジロとマダイは船長釣果です)

いやぁ〜!楽しかった!
思いがけず大釣りさせてもらいました!

船長曰く「やぱり今が一番釣りにくいシーズンやし今日は潮も流れていないから状況は良くない」らしいのですが、タックルセレクトをしっかり決めてやることをやったらガンガン魚は食ってくる印象でしたよ。
和歌山県南紀のタイラバポテンシャルはかなりあるとは思っていましたがココマデとは…
狙う船も瀬戸内海のように大量ではないからプレッシャーも低そうです。
こりゃちょっと通わなあかんな〜!(笑)

そうそう、68cmの大鯛ですが、胃の中からは驚くほどデカイエビが出てきました!
コレ、車海老やとしたらムチャクチャ高いサイズやで〜!?
スゲえな南紀、エサまで馬鹿でかい(笑)

9でかいエビ
 
【本日のタックル構成(書かんでええ気も…】
ロッド : LUXXE 桜幻B68L-Solid.R
リール : ジリオンTW5.5
ルアー : 鯛ラバ-Q 100g120g(プロト)
フック : がまかつサーベルポイント(ナノスムースコート)
ライン : PE0.8号 + リーダー3号


やっぱりロッドの伝達感度って大事やな〜〜〜〜! 

勝利

【海況】1月16日小潮 晴れ 結構風強い 
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】前から2番め


今年の初釣りはいつ行こう?
考えながらすでに半月が過ぎました。
ふと見ると16日(土)なら出かけられそう、海況は…南紀ならOK!
という訳でいつもの周参見の
第八大洋丸さんにお邪魔しました。
最近の
第八大洋丸と言えばレッドモンスターと呼ばれるドデカイアオリイカで大活況!
3kg超えのデカいアオリが連日釣り上げられるので港は朝からエギンガーの皆さんがワンサカ集結。
よく知ってる船宿なのに何だか妙なアウェイ感満載のところ、周参見のジギングと言えばピンクのあおい丸!に転がり込ませて頂きました。他のお客さん2名さんと船長の弟さんの釣り手4名で出港です!

船は港を出てすぐのシオポイントへ。
ここは一応得意のポイントなのですが、釣り座に移動するときにチラッと見た魚探の反応は結構いい感じ!こりゃ釣れそうだと言うわけで真剣にシャクってみます。
アルメイアB67-ULにキャタリナLDのヌッシー的南紀鉄板の組み合わせに最終プロトのフルセ150gを括りつけて投入!
着底後に一気にグワーっと巻き上げるいつものスタイルです。
2流し目位にグワーッと20m程巻き上げた所で
ドン!とヒット!
YES!シオやなこれは!
直後に右のお兄さんも連続ヒット!
すぐさま入れなおした左のお兄さんもドンとヒット!
トリプルヒット〜!
カンパチ特有の下に突っ込む引きを見せますがドラグは出ません。
やや小さいかな?

上がってきたのはシオさん
フルセ150gプロトでシオ

小さいけど幸先良いヒットや〜!
フルセ150gプロトがしっかり仕事してくれました
何より3名同時ヒットはメチャ高活性なんちゃいますの?!
すぐさま再投入してシャクってみますが追随する気配はあるものの食ってきません。
魚探の反応は良いのですが…
誰もバラしていないのですが何故かジグを見切られてる感じ。
言うてる間にみるみる潮が緩くなってしまいました。

予想よりも風が強くて波気があるのですが、今日2時間横になっただけで睡眠不足のヌッシーは何だか船酔い気味15%位。う〜ん遅蒔きながらアネロン投入しておくか…

この後はシャクれどもシャクれども何の反応も無し。
潮がビターっと止まってしまっています。
イカ組の船も朝イチにバタバタっと釣れたもののその後は完全に沈黙とのこと。
もしかして…またヌッシーが砂漠化させた?!
聞けばあおい丸の弟さんも潮止め名人(?)らしく、ヌッシーと二人のコンボで完全沈黙してるようです(爆)
あ、でも朝イチちゃんと釣れたやん!
「朝イチは魚がまだヌッシーらに気がついてなかったからや」と言うのは下船後の長野船長の弁。
んなアホな(笑)

しばらくして右隣りのお兄さんが何やらヒット!
上がってきたのは潮止まりの友ヤガラさんです。

ヌッシーの船酔いは徐々に進行中。
吐くほどではないですが何だか生アクビばかり出ます。

ヌッシーは作戦変更、酔いが進行しないように細心の注意を払いながらジグをBeeline180gにチェンジしてボトムを叩きながら時々スーッと持ち上げる戦法。
すると「スポッ!」と吸い込まれる感触と同時にドン!とヒット!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
この引きはカンパチじゃ無いな、重量感とドラグの出方からすると…
ホウキハタ頂きやな!
船酔いもなんのその(時々吐きそうになったけど)結構な大きさと思しき魚とビッグファイトです。
これはポン酢と紅葉おろし用意して薄造りやな〜とか調理法まで想像しながら130mリールを巻き上げると…


僕だよ〜!(笑)
エイラク1

ガッデム!
上がってきたのは久しぶりのエイラクブカさん!
サメの存在をすっかり忘れていました。
エイラク2

しゃあことなしにリリース(泣)
ビッグファイトの疲れと気落ちで船酔いは一気に55%
もう寝る!
艫で寝始めたヌッシー。

だってヤガラとサメの潮止まり御三家コンボ(もう一種はイラ)には為す術も無いですもん…

このまま納竿。
トホホ…

まぁでも朝イチにシオ釣っておいて良かった!(笑)
危うく初釣りがボーズスタートになるところでした。

そう言えばイカ組に参加していたお友達のF橋さんはレッドモンスター初挑戦でこの激渋な日ながらしっかりと2kg級を釣り上げ!
お見事です!すばらしい〜!
F橋さん
今日は渋いながら3.9kgのレッドモンスターも上がったそうで周参見の海はやっぱとんでもないですね〜

【海況】12月2日中潮 晴天→激荒れ撤収
【釣船】K's(ケイズ)
【釣り座】右胴の間

以前から一度乗せていただきたかった船、泉佐野のK'sさんにお世話になりました。いきなりですが2日間連続のオーダーです(笑)
ドキドキしながら早めに乗り場へ到着。
今日はK’Sで

今回はヌッシー含めてお客さん5名。いきなり親しくさせていただきました(笑)
(一日お付き合いありがとうございました)

船は一路紀淡海峡方面へ。
明石方面ではなく紀淡海峡方面に向かう辺り古志船長の読みが冴えてましたね。

取り敢えずタチウオを狙ってみます。
今日のタチウオは棚がボトムから10〜20m程上なのでイマイチ狙いを付けにくいです。それでもポチポチ釣れますがシーズン初期に戻ったかのような小型主体。
それなりに各自釣り上げた頃に青物狙いに移動です。

で、紀淡海峡の青物ポイント着。
見るとなんだか濁ってます。
大阪湾側は澄んでいたのですが太平洋側から入ってくる潮が濁っている様子。

濁ってます

古志船長の話では最近の青物はタチウオではなくイカを食っているとの話。
イカかぁ〜イカっぽいジグ持ってきてないなぁ〜
ここはフルセ115gで勝負です!しかも濁っているので黄色のフルセです。
この黄色のフルセは「シカノセチャート」と名付けてます。浅い砂地の鹿ノ瀬海域では常に砂嵐のように濁っているんですよね。黄色(チャート)はこんな濁りで抜群に視認性が高いんです。自然界にこんな色の生物が居ないとかうんぬん関係なく、魚から発見してもらいやすいのです。
今日は紀淡海峡ですが濁っているから黄色いフルセ投入!ロッドはJIGDRIVEのULです!

シャクシャクシャク、ん?何か追尾してる??
違和感を感じた直後に艫のお客さんヒット!同時に古志船長が「ごっつ盛り上がってきたで!」と叫びます!
なんだか判りませんが時合い開始です!

ゆっくり目のワンピッチ5シャクリ3セット目
ド〜ン!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

巻き合わせ一閃!
ガッチリフッキングも決まってファイト開始しますがロッドがULなだけにビッグファイト(笑)
お、お、お、お〜〜!
久しぶりの青物らしい引っ張り合い(涙)

上がってきたのは良く肥えたメジロ!
1メジロ1匹目

周りのお客さんからは「黄色いジグで釣りよった」的な評価を頂きました(笑)が黄色で釣れるんです!

あまりの魚探の盛り上がりっぷりに古志船長もキャビンから出てきて竿を出すなりヒット!(笑)
2船長も掛ける

なんか知らんけど祭りやぁ〜!

負けじとヌッシーも同じ設定でシャクシャクシャク…

ド〜ン!またキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
こいつもゴッツ引くで〜〜!
久しぶりの2連続大型青物の引きにヌッシーも興奮気味です。
3メジロ2匹目
また黄色いジグで釣りよった的な評価を頂きました(笑)

この辺りから急にヌッシーに当たらなくなりました。
魚探の反応は良いのにヌッシーに食ってきません。追尾はしているようですが食ってこないのは何故?!
同船の他の方で釣れている人を観察して「お!固めの竿で飛ばせばいいんだ!」と気がついて実行した時には潮が緩んで祭りは終了…

まぁでも満足です。
タチウオを釣った後で肥えたメジロ2匹ゲットは最近のヌッシーとしては上出来。
ちょっと渋い釣果が続く明石〜大阪湾界隈としても上出来です。

ここからしばらく辺りを彷徨い…
グルっと回って前半に釣れたポイントに戻ってきました。
潮は…そんなに流れていませんが…

ふと空を見上げると徳島方面ににわかに黒雲が湧いて来ています。
実は2日間連続でK'sに乗せてもらうことにしていたヌッシー、しかし天気予報が変わって「明日は大時化やで」と言うことでどうも2日連続は無理の様子。それどころか「今夜から荒れだすで」とのことだったのですが、今夜どころか更に前倒しで今にも荒れてきそうな空模様です。
天候悪化

本荒れになるまでの勝負や!
しかし黒雲は悪いことばかり運んできたわけではありませんでした。
気圧の変化からか急に魚探の反応が急上昇!!
なになに?!また祭りが始まるの?!

取り敢えずしっかりシャクるためにJIGDRIVEをULからLにチェンジ。濁った太平洋側の水は引いて澄んだ大阪湾側の水になったのでチャートからシルバーのフルセ115gにチェンジ。
ちょろっとシャクリのアレンジもしてみましたが、やっぱりフルセ使用時にしっくり来るのはチョンチョンポーンの3拍子。ポーンで飛ばすのではなく横向きに置いてやる位の感じです。

チョンチョンポーンを単純に繋げて下から20m
ド〜ン!よっしゃヒット!∠( ゚д゚)/
こいつも良く引くがな〜〜!!
メジロ3匹目

急いでいるので物持ち写真は無しですぐにジグを放り込みます。
チョンチョンポーンチョンチョンポ、ドン!

おっしゃ!乗ってる〜!
よく引くけど重さがないなと思っていたら水面に現れたのはサワラ!
あ〜サワラは逃さん!!

うりゃ!っと船長のタモに放り込んでゲッツ!
トドメのサワラ
(せ、船長ガッツリ写真の下が切れてます…(笑))

釣るのが早いか荒れるのが早いかのタイムアタックは先に釣り上げてヌッシーの勝利に終わりましたが、ここから南の風がブイブイ吹いてきてほんまに危険。で、撤収!

【本日釣果】
メジロ3・サワラ1・タチウオそれなり
本日釣果

上出来!満足!
荒れなければ確実に明日も釣れたのにね〜!残念。
でも今後に期待できそうな感じでしたよ!

大物狙いで有名なチーム「黒潮爆裂組」と周参見の第八大洋丸のコラボ企画「第2回黒潮バトルロワイヤル」に参加してきました。
今回は参加人数191人・参加船30隻と言う超ビッグな大会になりました。

こりゃギリギリに行ったら車置くにも難儀するわ〜という訳で前日22時に大阪出発で周参見1時着。
車中泊にて開会式を待ちます。
その間に天気は土砂降りに… 
そう言えば隣の車で荒海神の異名を取るOTさんが寝てるんだったわ…
難儀な人やわ〜

受付開始は4時半から…なのに何故か3時半にOTさんに起こされ…
まだ真っ暗やん〜 一通り挨拶してから二度寝。

明るくなり始めてから行動開始です。
さぁ開会式だ!

開会式

流石に運営側を含めると200人を超えるので凄いです。
こんな大会未だかつて見たことないです。

事前にくじ引きで船割が決まっており、ヌッシーはというと串本のかわばた渡船さんとこの闘龍丸さんにお世話になることになりました。
一緒に乗るのはジギング主体のメンバーで…
あ”っ!ASSの柏原さんも一緒ですか?!
(今日は大人しくしておこう…(笑))
柏原さん達は「雨やし」と艫のほうへ布陣、ヌッシーは左ミヨシに釣り座を決めました。

乗り込んだら出港して港前にて待機です。

スタート前
続々と船が出てきます。

集まった所で号砲一発!スタートと同時に30隻が四方八方に全速力で散っていきます!
こりゃ豪快な画ですわ〜

取り敢えず船長&皆さんと相談して「ハタ狙いで行こう!」と言うわけで90mラインへGO!

シャクってみますが…アレ?
こうやって!こうして!こうだ!
アレアレ??
な〜〜んにも反応が帰って来ません。

負けずにとうりゃ!!
ヒット!
軽いアタリで上がってきた魚はエソさん。

続けてオリャオリャァァ!
ヒット!
さっきより大きいけど引かへんな〜
大きいヤガラちゃうん?!
ワクワクしながら巻き上げたらええ型のアヤメカサゴ。
君か…

等と皆でもがいているうちにスタート時には止んでいた雨がまた降りだして土砂降りに。

土砂降り

こんだけ降ってたらキャスティングしにいった船はアカンやろ〜と思っていたら「マグロ釣れた」と入電。
なんですと?!
もしや今日はそっち?!

何とかこの状況を打開しなくては!
という訳でヌッシーは船長と相談の上でもっと深場に行くことにしました。
着いたのは120mライン。
良さ気な反応が映っています。

ここでも色々試して見ますが無反応。
他の船からも諦めにも似た無線が入り続けています。
港の大会本部に居るOTさんと連絡をとってみると「どこも全然アカン」との話。
もしやこれは砂漠イヒ…

段々と時間が無くなってきました。
船長、もう一度浅場に戻りましょうか?
もう一流しだけ…と言うことで深場で引き続き試すと同船のお客さんにヒットしたのはマハタ
おお!ええですやん!

同じポイントで粘ってみますが続かず競技時間終了〜!
久しぶりに心折れました…


周参見港に戻ってみると…
大概の皆さんがボウズ

しかしこの状況下でも検量に持ち込む魚を釣る人は居るもので

入賞釣果

なんじゃこりゃ〜!
どこに居ってんこんなビッグな魚!(笑)

キハダマグロは4匹がエントリー、最大のキハダは何と25キロ!
手前のホウキハタは7キロです。

たくさん居たヌッシーの知り合いの釣果はというと、なんとニッキーが2kg程の小カンパチを釣り上げて見事優勝!
実は200名近い参加者の中で唯一の青物釣果はお見事の一言!
全体で青物が1匹と言うことでいかに厳しかったかお判りいただけると思います。

閉会式&表彰式をしながら昼食会。
大会終了

相変わらず土砂降りですが周参見漁協の競り場をお借りできてよかった〜

結局アヤメ1匹しか釣れなかったヌッシーですが、まぁしゃあないな〜。


釣果は厳しい大会となりましたが、雨でも怪我人が出ず無事に済んで良かったです。
大会開催に尽力いただきました黒爆スタッフの皆様・各船船長の皆様ありがとうございました!
来年もよろしくお願い致します!



(大雨降らせたOTさんと、結局海域ごと砂漠化させたヌッシーのペアですが皆さんゴメンナサイゴメンナサイ!)

【海況】3月22日大潮 快晴ベタ凪 
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】後ろ

この所天気や所用の関係で全然釣りに行けていないヌッシーです。そう言えば南紀の第八大洋丸の釣行予定も一回悪天候で流れてしまったな〜
という訳で久しぶりに第八大洋丸にTEL「最近どないなん?」
聞くまでも無く第八大洋丸と言うとレッドモンスターと呼ばれる最大4kgにもなるディープティップランアオリイカが大ブーム。殆どの釣り番組が駆けつけて釣り雑誌にも引っ張りだこ。
いやいや、イカじゃなくて…

聞けば大判カツオが昨日5マイル沖で釣れたとのことだが…
第八大洋丸格言に「昨日の5マイル今日の30マイル」ってのがある通り(爆)昨日近場で釣れたからといってホイホイと翌日に乗るととんでもなく遠くへ連れて行かれる恐れも…
カツオは魅力的だけどやっぱりジギングでお願いします!

今回はFacebookのお友達お二人と偶然同船となってなかなか楽しそうな予感!
天気も快晴ベタ凪なだけに張り切って行ってみよ〜!

10422251_887086404681135_8824499493760813804_n


ところが沖へ出てみると快晴ベタ凪なのは良いけれど、天気が良すぎて殆ど無風。
しかも潮は終始0.2ノットとDEATH TIDE…

ベイトはてんこ盛り魚探に映ってるし鳥は沢山海面スレスレを飛んでるけどジグに全く反応がありません。

流している水深は100m超。
この水深ならヌッシーとしては全てを掛けてホウキハタ狙いの水深なんだけど、ジグをリフトさせても何の反応も無く時間だけが過ぎていきます。

同船の方が型の良いウッカリカサゴを釣り上げられたので心折れました(笑)
底物狙いに切り替えます…

取り敢えずヌッシージグプロト120gを括ってボトムまで送り込み。
このジグは横を向きやすいのと滞空が良いのでボトム1シャクリで留め…
ヒット!

テスト

予想通りのアヤメカサゴさんです。

次の流しでももう1匹追加。

しかし何が気に喰わないのか一流しの最初は釣れるけどすぐに反応がなくなって釣れなくなります。

ジグをデカくするか小さくするか…
少し考えてタングステンの100gに交換。
ボトムだけをコチョコチョと探るとパクっとヒット。

11050178_887086438014465_1868137023654191200_n

この作戦でようやく3匹追加。


本日以上!(アヤメ5匹)

撃沈ですわ〜〜〜〜
何かもうすぐ4月になろうかと言うのに今年に入ってまだ魚らしい魚を釣り上げてないような気が…
まぁ地道にボチボチいきま〜す。

【海況】1月25日中潮 凪 
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】キャスティングローテーション

釣友のヲチさんに第八大洋丸に連れて行ってくれ!」とオーダーを受けたヌッシー。
イイね〜!行こう行こう!
こないだからサンマベイトが入ってきてブリも釣れ始めたみたいだし時期的にビンチョウも混じるかも!
という訳でヌッシーにしては珍しく10日程前に船長へオーダー。

ところが日が近づくに釣れ波浪予想ではメチャクチャ凪の予想。しかも何やらキハダの気配が急上昇中!
これは沿岸ショートコースで行ったら勿体無い!沖合ロングコースや!とヲチさんを説得してロングコースに変更。

そんなこんなでヲチさんとヲチさんのワイフさん(←凄腕)と3人で朝に周参見港に到着すると…
前日キハダ80kg195cmが釣り上げられたとの情報を受けて浜はお祭り騒ぎ!
ヌッシーより重いや〜ん(73kg180cm)
そんなん釣り上げられへんで〜掛かったらやれるだけはやるけど(笑)

今日は長野船長直々の第八大洋丸、お客さんは他にガチャンピンさん・ジャギさん・ヒラタさんの計6名で出撃です!

 3人


船は一路沖合へ。
沖合に到着後しばらくは静かでしたが、突然向こうの方にデカイ水柱があがりました!
全員戦闘態勢や!!
ポイントへ着くまでにもバッシャンバッシャン水柱が上がります。メチャクチャデカい水柱です。
ドカン!と飛び出たキハダマグロは余裕の80kgクラス
掛かったら漏れなく80kgのデカイキハダの群れです。

ヌッシーの本日のメインタックルはがまかつ LUXXE TOPGEAR 83H +ソルティガドッグファイトに5号ライン、30kg位までなら大丈夫なはずですが80kg相手となるとちょっと腰が引けます(爆)でも投げます!
こんな事なら82XHと8号ラインを用意しておけばよかった…

しかしこの群れは不発…

ここからあちこちで散発するベイトやボイルを追いかけ倒します!
情報では沿岸ブリトップの船は昨日とは打ってかわり好調でブリやハガツオをボコボコ釣り上げているとのことですが、こんなに沢山のキハダのボイルを魅せつけられては手堅くブリ狙いには到底行けません。

すると超近くでスーパーボイル発生!

ジャンプ1


ジャンプ2


ジャンプ3

逝け逝け逝け!!!
みんなで投げ倒したらガチャピンさんヒット!
ドラグがギャーーー〜ンと悲鳴をあげます!
ヨッシャー!!
と思う間もなくがまかつGTレコーダーを伸ばされてフックアウト
惜しい〜〜〜!

今のは惜しかった…
ちょっとだけ手頃になった40〜50kg級(推定)だったのに…
まさかガチャピンの衣装のままヒットさせるとは恐ろしい…(笑)

それからも散発的にボイルは続き…

しばらくするとまた近場でスーパーボイル発生!

今度の群れは跳ねてるキハダの感じから50kg頭に30kgクラスの手頃(?)なサイズも混じってる感じ。
ヌッシーが投げ込むのはブルーフィッシュ100,サンマの群れの後ろにドンピシャで入ってどうだ!

喰わない…

キハダの群れが移動して正面からズレたので左舷に回ってオリャ!と放り込みチョンチョンしてからホットケ…
ヌッシーのルアーにドガン!と水面炸裂!
デター!キター!喰っ



って無い!(泣)
おいおいちゃんと喰えよ〜〜頼むわ〜〜〜
今日一番のチャンスでしたが鈎掛かりしませんでした。

ここから徐々にキハダの反応は希薄になり…
皆で鳥やベイトを探すのですがちょっとした水面変化も希望的錯覚でボイルに見えたり…

天気が良いのは結構なのですが無風で海面は鏡のようです。
(上のマグロが飛んでる写真とは海面の様子がちがうでしょ)

凪1

凪2

1月の海とは思えん!

最後に沿岸部に行ってジギングとブリトップも試しましたが、風なし流れなしでは全く反応無く納竿。

キハダを釣り上げられなかったのは残念でしたが迫力あるスーパーボイルをたくさん見れたし色々勉強にもなりましたので非常に有意義で楽しかったですよ!

次回は獲るぜキハダマグロ! 

【海況】12月10日中潮 超二枚潮 
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】一貫して大ミヨシ

周参見の第八大洋丸にて釣友のおっくんが苦戦した月曜日、しかし翌火曜日はホウキハタを2匹も釣り上げる人も居たりと絶好調の様子。
むむむ!よろしい!ヌッシーがおっくんの敵を討ってきてあげましょう!
「自分でリベンジするからヌッシーは安らかに撃沈してこい」とのおっくんの声援を背に受けながら第八大洋丸に電話入れました。

しかしここで問題が…
翌水曜日は20時から神戸でソルティガ吉田さんの主催の焼肉暴燃会が予定されていまして…
周参見に行って帰って間に合うのか?
それ以上にそもそもそんな元気があるのか?
まぁ取り敢えず周参見に行って考えよう!(爆)

という訳で午前3時に大阪を出発して6時周参見着。
第八大洋丸出撃です!
二枚潮
今日はヌッシーと尾崎さん、他に常連さん2名の計4名乗船。
ヌッシーは大ミヨシのお立ち台です。
朝のうちは西のうねりが残ってる上に北の風。
潮は北へ向かって登ってるのに風は北から吹くちょっと嫌な感じ。

釣りを開始ししてみますが、ん?何だか着底感がおかしい…
通常ヌッシーがこの海域で常用するジグは150〜180gがメインなのですが底に着きません。
何だか強い二枚潮のようです
すると艫の常連さんが300gのジグでヤイトガツオをゲッツ!
おおっ!ヤイト!ですやん!
(スマガツオの事。腹に黒い点々がお灸の跡みたいなのでヤイトと呼ばれます)
しかしヤイトは良いとして300gのジグって…潮岬やあるまいしそんなの持ってきていません。

そのうちに風向きが東からの風になり…
かつて経験したことないような強烈な二枚潮に成長!

とんでもない二枚潮です!
すると少し北の遊漁船から船長にTELアリ
「これ(超二枚潮)って彼(ヌッシー)のせいか?!」(爆)
釣りになら〜ん!と苦情の電話が入ってます〜〜
Facebookを見ると少し南の潮岬で釣りしてる釣友も超二枚潮で苦戦中の様子。
近くで浮いていた餌釣りの船は釣りの仕掛けが80m水深で40mも糸ふけが出てしまうので釣りにならんと言うてます。
イカンイカン!このままではヌッシーを乗せてくれる船が無くなる!
そろそろこの辺りでヌッシーが乗ると海が変になる的なジンクスは返上しておかなければならんのですが…

みると同船の常連さんは遂に600gのジグまで投入してフォールでハガツオを上げて居られます。
しかしそれでもぶっ飛ぶのでジグのリフトではなかなかヒットしない様子。
ヌッシーが使う200gクラスのジグでは50m水深でも着底感があやふやです。

「おかしいなぁ〜こんな強烈な潮は年に1回か2回有る無しやで」
船長は言いますが、それって前回も言うてたで!(爆)
でも今回は潮の流れがメチャクチャなだけで魚の活性は普通にある模様。
砂漠化ではなく釣りにならないって事なのでヌッシーのせいな訳で無いような…

時刻は昼を回り残り時間もわずかになってきました。

ここで船長は決断。
取り敢えず1〜2回はボトムタッチ出来るので船をポイントの上にピンで着けるから最初の1〜2回のボトムタッチで釣れ!
とのこと。
確かにそれしか手は無いように思えます。

ヌッシーは潮受けの良い200gクラスのスロー用ジグではなく手持ちのジグの中からフォールの水切れが良いBEATのBeeline160gにチェンジ。
真っ直ぐ慎重に落とすなら重量が軽くても水切りが良いほうが底取りは楽なんです。
その少し前に南の潮岬方向へ20m程キャストすれば比較的に潮の影響を受けにくいことも発見していたので合わせて投入!

底からグワ〜っとリフト!
ヒット!

来たっ!遂に来たっ!

何かヒット1

明らかにカンパチ系の引きです!
上がってきたのは

ヒレナガ2

ヒレナガのシオ大!
納得の1匹です!
久しぶりにヒレナガカンパチを釣りましたが
やっぱヒレナガ格好ぇぇ〜!

見ると尾崎さんも何やらヒットした様子。

尾崎さんヒット3

引きは明らかにカンパチのそれです。

尾崎さんカンパチ5

上がってきたのは本カンパチのシオ大!
しかもプロトジグ150gですやん!
尾崎さんええ仕事しました(笑)

この時点で午後14時。
納竿時刻ですがやっと釣れ始めたので船長は残業です!
しかもやっと二枚潮が緩み始めました。
チャンス!とばかりに得意のレクター150gにチェンジしてグワーっと上げてみると
ヒット!

もっかいヒット6

さっきよりも更に強い引き!
カンパチクラスに間違いありません。
うんしょうんしょと真ん中まで上げてきた所でプン!とバレました…
NOぉぉぉぉ!
巻き取ってみるとジグがない!
っていうかリーダーのノット下50cm位のところで何かがリーダーをパスっと切って行ったようで先っちょがクルリンになってます(泣)
マジか…そんな事あるんか…

ここでまた尾崎さんがヒット!
どうやらヌッシーのシャクリをパクられたようです(爆)

尾崎さん再度カンパチ8

尾崎さん再度シオ大!
またもプロトジグ150g!
今日は尾崎さんやり遂げた感ありますね〜

ココで納竿。
【本日釣果】
ヌッシー:ヒレナガカンパチシオ大1
尾崎さん:本カンパチシオ大2
ホントに強烈な二枚潮でホトホト困りましたが特殊な攻略法で何とか本命のカンパチを釣れて納得です。

(本日のタックル)
JIGDRIVE B60ML-RF + ソルティガLD20SH + Beeline160g
ALMEA B67UL-RF + キャタリナLD20 + レクター150g


しかし今日はまだ終わりません(爆)
後片付けをして港を後にしたのが16時。
高速を200km走って大阪の自宅に着いたのが19時ジャスト。
周参見へは尾崎さんの車で行っていたのですがヌッシー宅で荷物をバタバタと下ろすだけおろして、そのまま既にヌッシー宅で待っていてくれてたおっくんの車に飛び乗り神戸へ!

20時には神戸MAXハーバー店横のたじま屋さんで吉田さん主催の暴燃会開始!

暴煙会

30人からの壊れた釣り人が集まりました!

しかしさっきまで周参見に居たのに何故この時間にここで焼肉食ってるのかヌッシーには自分の身に起きたことがよく理解できません(爆)

帰りはまたおっくんに送ってもらい23時にやっと帰宅&昏睡。
お疲れ様でした〜!

【海況】10月27日中潮 北の強風 竜巻
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】大ミヨシ


どこに釣りに行こうか思案していたヌッシー。
なんだか最近南紀が好調そうだぞ!と言うわけで周参見の第八大洋丸長野船長にTEL!
船長には「そろそろヌッシーが電話してくる」と読んでいたようで(笑)
「ヌッシーでも砂漠化しようがないくらい魚が居る!潮止まってても食う!」と豪語しています。
それなら安心だ〜!

朝港につくと偶然フェイスブックのお友達お二方と同船!他にフレンドリーなカップルさんと計5馬力での出船です。
ヌッシーは大ミヨシの釣り座。
夜中に前線通過して大雨が降った余波が残る中、出港です。

沖に出てみると潮は止まっている様子。回遊魚が結構いるとのことなので例のごとく着底後からグワーーーッ!と一気に巻き上げる方式を繰り返して様子を探ります。
グワーーーッ!と巻いてみるとゴン!ブツン!
オキサワラらしき大型の歯のあるやつに丸呑みにさせれてレクターロスト。
再度グワーーーッ!と巻いてみるとゴン!ブツン!
またオキサワラらしき大型の歯のあるやつに丸呑みにさせれてレクターロスト。

ムムム… ジグの消費が半端ないぞ〜
しかし同船者の皆さんが底ベタをスローに狙ってて反応が無い以上、グワーーーッと巻く以外に策がありません。
やたらとオキサワラのアタックを食らい、アシストフックをバスバス切られて心が折れそうになりかけた時
待望のヒット!

おりゃ!

これはオキサワラちゃうぞ!
ちょっとマシなカツオかハガツオに感じます!

上がってきたのは小型のビンタ(キハダマグロの幼魚)

ビンタ

何とかお土産確保です!
こいつは頭を殴ってから血抜きせずにチルドルームへ。

しかしここからが長かった…
やたらとオキサワラだけが元気でブツンブツンとジグを切られ続けるのですが、肝心の他の魚が釣れません。
オキサワラが釣れても良さそうなものですが、今日の群れはどれも20kg級のデカイ奴ばかりのようでジグの後ろからスプリットリングまでを丸呑みされて鈎にかかりません
既に被害総額は1万円超え(T_T)

あ〜天気もパッと晴れんし今日はどないなっとんねん。
そう思いながら遠くの雨雲を見ると…

竜巻1
ん?!

んんんんん?!

竜巻2
竜巻発生してるやん〜〜〜〜

久しぶりに見ました(笑)
海上の竜巻は陸上のそれよりも遅いのと遠くで発生してるので大丈夫ですが、やっぱりあんまり気持ちの良いものでは無いですね。
しかしまったく今日はなんて日だ!
(バイきんぐ小峠風に)

同船者の皆さんもそれぞれ何か1匹づつ釣果が出ましたが途中からオキサワラのアタリすら出ない状況に。

そうこうしてるうちに予報には無かった北風がピューピュー吹き始め…
ピューピューだった北風はドンドン勢いを増してうねりも出てザブザブに…
何やねん?何の風やねん??
(例年よりも8日早く吹いた木枯らし1号だったそうです)

という訳で納竿。
何や!ヌッシーのせいか?!ヌッシーがまた砂漠化させたんか?!
同船の皆様ゴメンナサイ。

朝にビンタを釣っておかなかったら完全試合になってしまうところでした。

そのビンタは帰宅後すぐにお刺身に。
ビンタ刺し身

旨いぜちくしょう!
やはり小型のマグロは血抜きせずに頭ごっつんだけにしておくのが良いようです!

【海況】10月2日小潮 東の強風 少雨
【釣船】第八大洋丸(あおい丸)
【釣り座】右前あたり

久しぶりに南紀に行ってきました。今回はラグゼプロスタッフの宮川さんといつもの尾崎さんと3人です。
今回は第八大洋丸グループのあおい丸さんで出撃です!昨年大きなホウキハタを釣らせてもらった相性いい船なので楽しみ!
前日までの第八大洋丸長野船長の話ではオキサワラに混じってバショウカジキも多数出現しているとのことなのでキャスティングタックルも一揃え持ち込みますが、基本的にはジギングでのオーダー。

朝イチ、港を出てすぐのカンパチポイント。
取り敢えずここで一番結果をだしているレクターでクルクルクルのトントントン、ヒット!
小気味良いタタキで上がってきたのはシオ

1朝イチシオ

取り敢えずボウズ回避して一安心です。

船長も直後に竿を出したかと思うと即ヒットさせてヒレナガのシオ。
アタリもコツコツ出て今日は爆釣か?!と期待させてくれます(笑)

すると何かボトムでヒット!
手応えと掛かり方、水深からするとこれは美味しい系のハタの予感〜♪
しかし上がってきたのはサメ… またネムリブカさんでした…残念。

以降は激渋…
何しろ東からの強風が強く陸が壁になって波高は低いとは言え船が安定しません。潮は止まっている訳ではなく下り潮が効いているのですが風と向きが逆なのでラインが真っ直ぐ落ちません。

そんな中で何やら宮川さんがフォールヒット!

2太いスマ

太い美味しそうなスマガツオです!

続けてオジサン!

3オジサン

小型のオオモンハタも釣り上げて宮川さんエエカンジです。

しかしヌッシーは鳴かず飛ばず…
この辺りで同行の尾崎さんの体調があまりに思わしくないために一旦港に引き上げることになりました。

港への移動中、持ってきたキャスティングタックルに引っ張り用のシブキを括りつけてトローリング。
宮川さんに一通り説明をさせてもらってボーっとしていたら…
ギューンとヌッシーの竿にヒット!
船長ヒットしてるよ〜!

船の行き足が止まってからファイト開始!
確率からいってオキサワラと想定して巻き始めます。
竿はトップギア83MHリールはドッグファイトにPE5+リーダー130LB、ビンチョウマグロを釣る時位のタックルなので楽勝で上がってくるはずです。

ギューンと最初の突っ込みをかわし後は巻くだけ…
ギューン! あれ?2回めも突っ込んだぞ元気なオキサワラやな〜
ギューングングングン… ???
何かおかしいですなかなか上がってきません!
トップギア83MHはブチ曲がって重量感は物凄いです。
手応えから言って20kgのビンチョウ以上20kgのキハダ以下な感じ。キハダが掛かった?

マグロと想定しなおしてファイトしてみますが何か違う感じ。
だいぶ巻き取っても回りながら上がってきません。
マグロ…じゃないな

かなり巻き取ったところでチラッと細長いブルーの魚影が見えた瞬間フックアウト…
なんてこったい!

新品だったシブキは一撃でボロボロに。

5シブキボロボロ

穴が開きそうな勢いです(爆)やはり相手は歯のある魚、オキサワラ?
でもリーダーはルアーの先50cm程がザラザラになってるし…もしかしてバショウカジキやった?
(カジキ類は鼻の先のトンガリ(ビル)でリーダーを切ったりザラザラにしたりします)

上げてないので何とも言えないのが無茶苦茶モヤモヤします(笑)

さてさて、体調の悪かった尾崎さんを港でおろして釣り再開です。

しかし渋さは相変わらず。
と言うか風が収まってきたのと同時に効いていた潮もとまってしまったようで…
無線から聞こえてくる餌船の話も今日の釣果に「イラ4」とか入れてきてるし(笑)

鳴かず飛ばずならがヌッシーも根性でテストジグのボトム滞空でサバフグ…

お!宮川さんが何かヒット!

4アカヤガラ

アカヤガラですやん!
美味しいけど!美味しいんやけど!

潮止まりの主、アカヤガラが釣れたことで納竿としました。

結構厳しい釣行になってしまいました。
宮川さんには慣れないLDのリールを使って頂いたのですが、色々釣られてお見事でした!

しかしバレた大型の魚が何やったのか気になる〜〜!

【海況】5月15日大潮 北西の強風
【釣船】大洋丸
【釣り座】大ミヨシ
【釣行者】ヌッシー YOSHIBOさん

今回は久しぶりの釣友YOSHIBOさんリクエストで周参見の大洋丸さんまで出かけてきました。
前日に船長と話をした感じでは「50mラインでカンパチ、90mラインでホウキハタ、他にお客さん居ないから250mラインも行ってみようか!あ、そう言えば磯際でヒラスズキ入れ食い」と景気の良い話に毎度のことながらテンションアップ(笑)

港につくと常連の水族館のお兄さんも居られて3馬力で出港です!
ヌッシーは大ミヨシ・YOSHIBOさんは胴の間・水族館のお兄さんは大艫の布陣。
天気予報は3mの波があるとのことでしたし道中の道路情報サービスにも強風注意報走行注意と書かれていましたが沖に出てみると無風のベタ凪です。
コレはイタダキか?!

取り敢えず水深50mポイントで150gのレクターを落としてみます。
ん?
妙だな?
船長曰く潮は珍しくかなり流れていて下げの2ノット、下げとはいえこれだけ動いていれば本来爆釣の潮ですが何か妙です。
何が妙かというとトン!と言う着底の感覚があまりありません。
回収時のライン角度から動いているのは上潮だけで下潮は動いていないか真逆に動いている事が判明、しかもジグが冷たいので上潮水温20℃に対して下潮はかなり冷たいと判ります。
いわゆる二枚潮ですが、その2枚の潮の速度差が大きすぎるために真下に落としたジグはボトム近辺でほぼ真横に流れてL字型のライン角度になってしまってます。
その証拠にリーダーは海底に擦れてジグの上50cm程が真っ白に変化。

これは難しい…
ライン角度も難しいですがボトム水温が低いためか魚探に映るベイトは沢山いるのに反応も全くありません。

まぁそんな中でも中層のサバは元気で3人共にサバフォールヒット!
特にYOSHIBOさんのサバは大きくてこれならたくさん釣れてもい〜なぁ〜な感じ。

でもあくまで狙いはボトム周辺の大型魚!
潮が早いので250mラインは無理と判断して50m〜90mラインを行ったり来たりして反応を探しますが誰もノーバイト。

かなり南下した50mラインはアジベイトとのことで120gメタルフリッカー金に替えてシャクってみると…
ヒット!
場所的にコレはシオか?!
いや強さから言って60cm〜70cmのカンパチや!

久しぶりのビッグファイトを楽しみつつ
船長もカンパチやカンパチや!とタモを構えている中に上がってきたのは…

エイラクブカ

お前か!(爆)

またサメ釣ってしまいました…

すかさず水族館のお兄さんが教えてくれたのはエイラクブカだそうで…
判らん!ドチザメと違うんかぁ〜(笑)
写真撮ってリリース。

ここで悲しいお知らせがあります。
サメ釣れる日は大概釣れない日なのです(笑)
大洋丸の船長も同意見。

この辺りから強風だった風は爆風レベルに到達。

YOSHIBOさん髪の毛
YOSHIBOさんの髪の毛が強風を物語る(笑)

たまらず船は超沿岸部まで退避して噂の磯際ヒラスズキをキャスティングで狙います。
が、強風で船は安定せずキャストもままならず、その上ジャストにサラシに放り込んでも反応なし。
あかんや〜〜ん!

根性で水族館のお兄さんがアカハタを1匹釣り上げ
続けてヌッシーも久しぶりにクロホシフエダイ(小)を釣り上げ…

名称未設定-2

風の合間の隙を見て再び沖目のラインを狙います。
強烈な2枚潮は相変わらずなので40m水深に対して300gのジグを投入すると何とか真っ直ぐに落ちはしますが釣れるのはエソのみ。
同じ海域の他船からは餌やルアー関係なく撃沈の無線しか入ってきません(爆)

ここで風は突風と言えるレベルに到達
もはや何の制御もできなくなったので帰港。




またやってしまった…(爆)

【海況】1月21日 中潮 北の風→北西の強風
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】左舷胴の間
【釣行者】ヌッシー


お友達に誘って頂いて松山からタチウオジギングを予定していたヌッシー。
しかし今期一番の寒波襲来で海はダダ荒れで釣行は中止。
家でゴロゴロしてくすぶっていたら嫁さんに「明日も行こうと思えば逝けるんだからどっか逝ってこい!明日しか当分逝けへんで!」とありがたいお言葉!
しかし一日後とはいえ寒波がそんな急に弱まる訳もなく全国的に北の風が強い予報… となると北風に強いいつもの南紀一択となります。
決してソルティガドッグファイトを買ったから無理やり南紀なのではありません(笑)

第八大洋丸の船長に電話を入れると明日はジギングで出るらしい。
流石に風が強くてマグロ狙いの沖出しは無理とのこと。
ざんね… いやいやジギング望むところです!
聞けは大型のヒラマサの気配もあるということでヒラマサタックルを・・・
あ"!ソルティガのリコールで5000番がありません、仕方なく旧Z6000番を引っ張りだしてセット。

周参見に到着してみると流石に風裏なので風は弱いです。
でも流石に数マイル沖から先は物凄い荒れているそうな。

早速ジギング開始!
魚探の反応は結構あるので順次叩いていきます。

が、反応無し…

ーーー途中省略ーーー


時々同船の方々がシオやらアヤメやらをあげられる中、ヌッシー一人アタリ無し地獄に陥ってます(笑)
あ、そういえばフォールでサバが釣れたような記憶もありますが…


ぼ〜〜〜っと水平線を見ながらシャクっていると、何かキラッと光るものが見えた!
「ん?」と凝視すると次の瞬間ドドドッ〜!と逃げ惑うサンマのナブラが遠くで発生!
「船長沸いてるで〜〜!」
船は急いで急行!
ヌッシーはロッドにセットしていた16cmのプラグから20cmのプラグに変更。
(サンマあんまりいなくてベイトはイワシやっていうてたやんか〜)
しかし船の到着前にナブラは散ってしまい終了。
ここがこの日一番のもりあがりでした。

この後もあの手この手を試しましたが逆転のドラマは起きず、北寄りの風は北西に変わって風波ともに強くなり終了〜。

あ〜〜〜リベンジどころか返り討ち(T_T)
ずいぶん長い間これといった魚を釣って居ない気がするのですが…

ヌッシーの新春はいつ来るのでしょうか?? 

あ!一枚も写真がない!(爆)

【海況】1月5日 中潮 快晴 凪
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】左艫
【釣行者】ヌッシー

フェイスブックやらブログやらで届く皆さんの正月三ヶ日中の初釣りに触発されてヌッシーも行ってきましたよ初釣りに!
目指すはこないだ釣り納めで撃沈した南紀です(笑)
今回も諸事情で寝ずに出かけてしまいましたが…

5日は年末年始のお休み最終日と言うこともあって流石の第八大洋丸もお客さんは少なくヌッシーともうお一方の二人で出撃です。
と言うか少し沖は波が高くてマグロ狙いの外洋への出船は難しい状況ではありました。
全国的にも北の風が強くて出船出来るのは南に面した周参見位なものです。
そんな状況下でしたが周参見港を出たジギング沿岸海域はベタ凪(笑)
今日は魚釣るぜ!!
 
周参見ボケボケ
(気合いに反して写真はボケボケ…)

魚探には結構なベイトの群れが写っています。
これは貰ったでしょ!

で、シャクリ倒しましたが…


あれ?


な〜〜〜〜〜んもアタリません。

誘い上げてもボトムを叩いてもメジロやカンパチどころかアヤメすらアタリません。

お昼ごろに同船の方が何か大物をヒットさせましたが前回のヌッシー同様シャーク…
その後小マシなアヤメを1匹釣って居られましたが…


14時終了!
ヌッシーは一度のアタリも無し!(爆)
潮さえ動けば何とかなったような気がするんだが…

まぁ初釣りってこんなもんさ〜〜〜

帰りに和歌山みかん買って帰りました。

【海況】12月25日 小潮 快晴 凪
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】左艫
【釣行者】ヌッシー

いや〜、久しぶりの釣りに行ってきました。
ここのところ本業は人手不足、体調最悪、海は激荒れと全く釣りに行けなかったもので…。
1ヶ月ほどろくに竿を振っていないので年内に一回は釣りに行かなきゃと考えていたところ25日なら何とか行けそうだと言うことで周参見の第八大洋丸さんに予約を入れました。

ところが前日は24日のクリスマスイブ
ただでさえいろんな事が起こる仕事なのに一番厄介な日を前日に設定してしまったせいで夜の23時を回った時点でお客様にお詫びに伺わなくては行けない事例勃発。問題自体はすんなり解決したものの寝ずに出かける羽目になってしまいました。

で、久しぶりの周参見港です。
見ると超大型のキハダが沸いているということで港にはマグロ狙いの皆さんが大挙集結!
お!ソルティガブロスの古谷さん発見!ご無沙汰しておりますとご挨拶。
キャスティングタックルをガンガンに揃えた皆さんの中で一人だけ短いジギングロッド握ってるのはかなり場違い感ありましたが(笑)よくよく見れば他にもうお二方ジギングの人が居られたのでホッとひと安心。

今回は孝高船長の船で出撃です!
2013-12-25_06-39-54_209

釣り座は左艫。
みなで左舷に並ぶドテラスタイルです。
天気は快晴、風が少しあってうねりも少々ありますがまぁ大丈夫でしょう。
狙いは正月用のホウキハタ!
船長と四方山話をしながら初めのポイントへ。
ここは不発…

移動の間にチャーハンおにぎりを一つ食べて…
次のポイントへ。
ん?
      あれ?船酔い?

この時点で船酔い率10%発生です。
どうやら睡眠不足の上に油気の多いチャーハンおにぎりが災いしてる模様。
今から効くかどうかは判りませんがアネロン投入しておきます。

次のポイントでジグチェンジ…
した途端に船酔い率が50%に跳ね上がりました(T_T)
こりゃいかん!
しかも船酔い率は徐々に進行していきます。
最近のヌッシーは多少船酔いしても立って釣りを続けていれば治る傾向にあったのですが、久しぶりの船上でしかも睡眠不足なので跳ね返せません。
しかたなく後方ベンチで寝て治す事に…
とにかく朝イチのおにぎりを消化してしまえば大丈夫なはずです。

って言うてる間に時計は11時に。
少しマシになってきたかな?
起き上がってジグを落としてみます。
シャクってみますがシャクるのがしんどい(爆)仕方がないのでジグを着底させたままコチョコチョしてスイっと上に跳ね上げる釣り方をしてみたところアヤメカサゴゲッツ!
IMG_1425

水深が深いのでアヤメカサゴを取り込むだけで体力が奪われます。
ここでアヤメを2連発。
少しふらつき始めた頃に今度は何かデカイのヒット!!
春にはこの釣り方でホウキハタをゲットしています。重さもあって首を振らないこの感じはもしかしたらお宝?!

船長も「船酔いで寝てたのにホウキ釣ったら他の人に悪いで〜」とか冗談を飛ばしています。
ヌッシーも正直しんどくて吐きそうですがホウキハタは吐いてでも釣り上げるぜ!

上の方まで上げて来ましたがなにか違うような…
船長は「メダイって事もありえるで〜」とか言うてますが…


上がってきたのはメーター超えのシャーク

再度寝込んでしまいました
(あまりのショックに画像なし)

ちょっと爆睡したところで12時頃全快起床!
海はベタ凪になってますが潮は変な流れになって魚の反応は薄くなってます

取り敢えずアヤメカサゴ連発していると…
ミヨシのお客さんが70cmオーバーの見事なホウキハタゲッツ!

完全に凹みまくったまま納竿

だぁめだぁ〜〜!(爆)


港に帰ってから製作中のジグの動きチェックして帰りましたとさ。

【本日釣果】
アヤメカサゴ5匹

2013-12-25_20-15-36_209


ヌッシーにサンタさんは訪れてくれませんでした(泣)

【海況】10月28日小潮 東風凪 快晴
【釣船】大洋丸
【釣り座】胴の間
【釣行者】ヌッシー  りょう君パパ


ここのところ明石ばかりが続いた中、南紀にも行きたいと思っては居たのですが連続する台風で全く行けず。台風27号28号が北に去ってようやく南紀にも行けそうな気配!
潮は行ってみるまで判りませんが27日28日29日の気圧配置を見る限りは28日(月曜日)が良さそうということで大洋丸に予約を入れました。

そう言えば近所のパパ友達のりょう君パパもかなりバス釣りをやり込んでおられる様子で、一度ジギングも行ってみたいとの事でしたのでお誘いして一緒に行くことになりました。
タックルは全てヌッシーのものです。

朝イチの周参見港。
結構寒いです。東の風も結構吹いてますが、東の風なら波は出ないでしょう。
艫にりょう君パパ、胴にヌッシー、ミヨシにもうお一方の布陣で出港です!

取り敢えずりょう君パパに底取りの仕方とワンピッチのしゃくり方と巻き合わせを覚えてもらいましたが、流石にバス釣りをやり込んでおられるだけあって飲み込みも早い!
段々とリズムも良くなった時にいきなり竿がブチ曲がりました!!

何かヒット!(笑

1ヒット!


よく判りませんがかなり竿が曲がってラインも引き出されている様子。
結構な大きさの魚であることは間違いありません。
りょう君パパもバスとは比較にならない引きに驚きながらも奮闘中!

2カンパチ


上がってきたのは何とカンパチ!
しかも70UPの良型です!
そらよう引くはずです。
ジギングで初めての魚がカンパチってどうなの?!(笑)

取り敢えず案内した人が釣ってくれて良かった〜。

ヌッシーもいつも通りレクターで早巻き+ピッチ幅の短いジャークの連続でオオモンハタとハガツオをゲッツ。

3ハガツオ


ハガツオは晩御飯用にウレシイね〜。


船長もあちこちで良い反応を探してくれています。
今日はいい感じの上り潮ですが、いつもよりも流れが複雑で2枚3枚になった変な潮です。
そうこうしてる間に何だかゴッツいええ感じの反応発見!
どうも今日のベイトはアジの様子。
早いワンピッチで誘い上げていくとヌッシーヒット!

何だかメチャクチャ引っ張られます。
これはもしやヒラマサ?

4ヒット


引っ張りっこして上がってきたのは何故かブリ!
何でブリがこんな強いね〜〜ん(笑)


5ブリ


更に同じパターンでヒット!

6ブリ

上がって来たのはまたしてもブリ!


魚を絞めて船を立てなおしたら今度はりょう君パパもヒット!
おおっ!と思ってたらヌッシーもヒット!
ダブルヒットやぁ〜〜!

7ヒット

8ブリ

9ブリ

ほぼ同時に二人してブリゲットです。
しかしジギング初日にカンパチとブリを釣り上げるとは持ってますねぇ〜!
もう十分でしょ?(爆)


まだ反応が続いていたので更に投入…。
早めのワンピッチで誘い上げていたら何かがまとわり付いてくる気配、20m程誘い上げてフォールさせると喰わないけどガガガッ!と突かれています!
着底後即またワンピッチで誘い上げてフォール…落ちない…・。
巻き合わせ一閃!
ドゴンとヒット!
かなりのトルクで引っ張られます。
これはヒラマサやろ〜〜〜ふふふ。

11ブリ


しかぁし、上がってきたのはまたしてもブリ(爆)
ブリばっかりしか釣れません。


ここでポイント移動。
この場所はヒラマサも結構出るとのこと。
よ〜し頑張るか!
と思ったら既にりょう君パパヒット(爆)
意外とスルスルと巻けています。
ラインがドテラのせいでかなり斜めになっているから中層の魚?カツオかな?
等と船長と話をしながら見守っていたら、
ビックリ!

12ヒラマサ

ヒラマサやん!(驚)

え… って言うことは…
カンパチ→ブリ→ヒラマサ釣ったの?!
青物グランドスラムやん!
ジギングデビュー戦でそんな事する人聞いたことないですわ(笑)

この後はりょう君パパがアカハタ追加。

13アカハタ


ヌッシーはシオを追加して終了〜。

14シオ


【本日釣果】
ヌッシー:ブリ4 シオ オオモンハタ
りょう君パパ:カンパチ ヒラマサ ブリ アカハタ


いや、今日は何と言ってもジギングデビュー戦なのに青物御三家グランドスラムを決めたりょう君パパが凄かった!

そもそも御三家が同時に釣れる海域ってのがそんなに無い。周参見はその数少ない海域の一つなんだけど、それでも3種とも同日に釣るってのは至難の業なのです。
ブリ+カンパチとかブリ+ヒラマサみたいに2種は比較的簡単なんだけど、大洋丸の船長にしても「年に一人くらい」の偉業なんだそうな。

確かにタックルはヌッシーのセッティングだからバランスは取れてた。日も良かった。そんでもってりょう君パパの筋も良かった!
でも何より彼は「持って」た!

15グランドスラム


久しぶりに持ってる人を見た一日でした。


(ヌッシーのタックル)
ロッド:LUXXE Ocean ALMEA B67L-RF
    ↑ULと間違えてLを持って行ってしまった(笑) 

リール:キャタリナLD20SH
ライン:PE2号 リーダーフロロ10号
ジグ :SFC レクター150g赤金
フック:がまかつ近海ミディアム5/0タンデム

(りょう君パパ貸し出しタックル)
ロッド:LUXXE Ocean JIGDRIVE B60ML-RF
リール:ソルティガLD20(US版)
ライン:PE2号 リーダーフロロ10号
ジグ :メタルフリッカー120g赤金
    BEAT トリガー150g赤金
フック:がまかつ近海ミディアム5/0

【海況】中潮 薄曇り 凪
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】自由
【釣行者】ヌッシー


最近タコばかりで魚釣ってないぞ!(笑)
こりゃ魚を釣らんとイカン!
と急に思い立って久しぶりの和歌山周参見港第八大洋丸まで出かけて来ました
今回は好孝船長はお二人のキャスティングチャーター、ヌッシーはもうお一方と一緒に親父さん船長の船です

一応こっちの船はジギングメインのオーダー
薄曇り&ベタ凪の海を一路潮岬まで突っ走ります

潮岬



近年よく見るようになった潮岬灯台(爆)しかし未だに潮岬を見ると「やっぱり遠いなぁ〜思いつきで来るところじゃないよなぁ〜(笑)」って思いますね〜

取り敢えずジギングで狙ってみます
でも探れども探れども魚からのコンタクトは無し
なんか妙な潮の流れ方で制御が難しいです

叩けど叩けどバイトすら無しです
もうお一方アカハタを1匹上げられてましたが…


昼過ぎからようやく散発的に何かが水面でバシャバシャし始めました

お〜し!カツオ釣っちゃる!

まずはデッドベイト50/100をキャスト!
オーダーど真ん中!
ヒット〜!

幸先良くヒットして上がってきたのは待望の本カツオ!
めっちゃ綺麗なブルーです
このブルーの間に写真写真…あたふたしてる間にカツオは親父船長にぶん殴られてチルドケースへ…
あぁ写真が〜〜(爆)

続けてキャストしてまたすぐヒット!
おおおおお!この引き方はカツオじゃないな〜ビンタ(キハダマグロの幼魚)やな!
しかし魚がこっち向いて走って来たと思ったらフックアウト〜
チッ惜しかった

もうお一方もヒットされて上がってきたのはやはりビンタ

しかしココからが長かった

急に見切られたのか投げ込めど投げ込めど、ど真ん中に入っても食いません
これ以上無い放り込みが成功しても「うそ〜ん!」って叫んでしまうほど食いません

何故だ?ベイトが小さいのか?シルエットを隠せば良いのか?
取り出したのはポッピングベイト「改」クリアー
放り込んでホットケ…ヒット!

ヤター!
ギュンギュン引いてあがって来たのはビンタ!

ビンタゲット



いやぁ〜苦労したよこの一匹捕るのに(笑)


で、結局この二匹だけで本日終了
非常に厳しい一日でしたがあれこれチャレンジして2本とれて良かったです


渋いのは渋かったですが、ルアーのサイズに敏感で10cm程のプラグじゃないとカツオは喰わない感じでした(キビナゴベイトと思われます)それ以上のプラグサイズだと喰ってもビンタになってしまう感じですね


まぁちゃんと食う日だったら爆釣してた感じなんだけどねぇ〜
まだ回遊魚がウロウロしてる間にもう一度行きたいなぁ

本日釣果



今日のキャスティングタックル
ロッド:がまかつLUXXE Ocean TOPGEAR 73M
リール:ソルティガ5000
ライン:PE3号+リーダー40LB
プラグ:デッドベイト50/100 ポッピングベイト

フック:がまかつトレブルSPXH #3 #2

【海況】小潮 晴れ 凪
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】大体大ミヨシ
【釣行者】ヌッシー YOSHIBOさん


先週に大層旨い魚を釣り上げたヌッシー
今週も2匹目のドジョウを狙って釣友のYOSHIBOさんと一緒に出かけて来ました

天気は快晴!ベタ凪の絶好の釣り日和です!
先週と同じ船頭さんの船でお客さん4名で出港です

1ベタ凪の海


まずは港の前周辺から流し始めますが…
天気が良すぎて風が吹かず船の位置が変わりません
しかも潮も止まっている様子
これは釣れる気が…

と思ったら開始早々YOSHIBOさんが何かヒット!即バラシ
しかも2回も…(笑)

気を取り直して100mラインまで
取り敢えず根魚を釣ろうとボトムを叩いていたヌッシーにヒットしたのは予想通りのアヤメカサゴです

2一匹目アヤメ


ここからヌッシーのアヤメカサゴ祭り開始です

アヤメをホイホイ掛けていたら何か重ための違う魚がヒット!
何が出るかな〜?と巻いてみるとアベレージサイズのウッカリカサゴゲットです

3ウッカリゲット


南紀にも居るには居るのですが結構珍しいウッカリカサゴ
鍋に良し!薄造りに良し!
意外と高いお値打ち魚ゲット〜〜

続けて同船のお客さんにまたウッカリカサゴが釣れて、もう一方のお客さんに何か大物がヒットしてヌッシータモアシストで上がったのは良型ヒラマサ!

ヒラマサが上がったことにヌッシーも迷いましたがボトム狙い続行


するとまた重たい魚がヒットして上がってきたのはまたしてもウッカリカサゴ!

4ウッカリ2匹目



近くの別の船でもウッカリが何匹か釣れたそうですが、船頭さんもウッカリが船で3匹もあがるのは記憶に無いと言うてはります
つまり珍しい魚が釣れる日=かなり厳しい日ということです


まぁしょうがない
今日はボトム叩きの日だ!


そうこうしてる間にYOSHIBOさんが何やら重たそうな魚をヒット!

上がってきたのは… ???




5エビスダイ


良型のエビスダイです!
居るとは聞いてましたがヌッシーも実際に見るのは初めて
相変わらず何が飛び出すか判らん南紀の海です(笑)

船頭さんの話ではとにかくウロコを取るのが大変なんだそうな
刺身で良し水炊きで良しだけど、まちがっても煮付けたらダメなんだそうな(そうなの?)

そうこうしてる間にまたYOSHIBOさんが何やら重たそうな魚をヒット!
さっきよりも更にビッグファイトを展開しています(爆)

上がってきたのは…???




6特大エビスダイ


超デカいエビスダイ!!
ほんまにデカイです
ちゅうか丸々です(笑)この丸さは写真で伝わりません


え〜なぁ〜YOSHIBOさん
僕もエビスダイ欲しいなぁ〜

これまた近くの船でも2匹ほど上がっているそうですが、船頭さんいわく2匹も上がるのは珍しいとのこと
え〜じゃぁ3匹めは無理?え?無理なの?
そう言わんと…(笑)


そんな話をしながらもヌッシーはひたすらアヤメカサゴを狩り続け…


ん?何か重いぞコレ
ウッカリとも違うな〜
船頭さんはエビスダイはもっと重いって言うてますが…




7僕にもエビスダイ


やった!エビスダイ!(爆)

僕にも釣れたよエビスダイ!



ここいらでまた何も釣れなくなって終了〜


【本日釣果】
ヌッシー: ウッカリカサゴ2 エビスダイ1 アヤメカサゴ沢山
YOSHIBOさん: エビスダイ(大)2 アヤメカサゴ


8YOSHIBOさん釣果

9ヌッシー釣果


ヌッシーとYOSHIBOさんのクーラーは同じトランク大将50Lなのですが、比べてみるとYOSHIBOさんのエビスダイの大きさが判りますよね
何だか二人共クーラーの中が真っ赤かです


渋いなりに楽しませてくれた南紀の海でした


今回も得意の組み合わせ
【ロッド】LUXXE Ocean ALMEA B67UL-RF
【リール】ダイワ キャタリナLD20SH
【ライン】PE2号 + リーダー8号
【フック】鎌鼬4/0タンデム
【ジグ】シーフロアコントロール レクター150g

このページのトップヘ