ヌッシー疑似餌同好会

カテゴリ: 【瀬戸内】高松・岡山〜松山

【海況】1月7日長潮 曇天ベタ凪
【釣船】中吉丸
【釣り座】左舷胴の間

2017年、本年も当ブログをよろしくお願い申し上げます。
今年もタイラバにジギングに楽しく邁進していきたいと思います!


そんな2017年の年明けですが、ヌッシーはというと例年の恒例行事のように年末から風邪をひいて寝こみ正月でした。幸い(?)インフルエンザではないものの咳が続いてしんどいです。歳取るとなかなか治らないですね…

そんなまだゼヒゼヒ言ってる状態ですが初釣りに行ってきました。
ソルティガ吉田氏と釣友の岡野さんと3人で広島県竹原港からでる
中吉丸さんにお世話になってタチウオジギングです。
いきなりのチョイ遠征は病み上がりの体力的に心配ですがとにかく大阪から320km程走って竹原港からGO!

今回のタックルはLUXXE FINEACTOR B66M-F(RYOGA C1012+PE1)  B65M-R(RYOGA C2025+PE0.8) にリーダー8号とヌッシーとしては珍しく太刀メタル2.5も装着。

ポイントに着くとやっぱり大船団です!
船団

でも何かがオカシイ…
何だこの違和感は?!


空には海鳥がやたらと飛び回っています。
釣り人が釣れたタチウオの頭や内臓を放り込むからか?
いやそれにしては多すぎる…

よくよく見ると周りのほとんどの釣り船は餌のテンヤ仕掛けです!
中吉丸もヌッシー達3人以外は全員餌テンヤ。
付け替えた餌の投棄目当てに海鳥が集まってきているようです。

いやいや、ここって殆どジギングで狙うところじゃなかったっけ?

理由はすぐに判りました。
ジグでなかなか当たらん!!

ヌッシーは序盤SLジグや枝豆ジグを使ってチョイフォールで食わせに掛かりましたがヒットはするけど散発的。

ジグや餌で釣れるタチウオに尻尾を喰われた物が多いので共食いパターンを狙いつつフルセシルバーで狙ってみたりもしますが釣れることは釣れるけどコレジャナイ感満載(笑)

共食い系


中盤以降はSVジグのタダ巻きで多少連発させましたが奮闘むなしくココマデ…

吉田さんも岡野さんもこんなの連発させてましたが…

吉田さん良型

岡野さん良型

でもやっぱり餌テンヤの方が数も型も良いですね〜
テンヤでは久しく見たことなかった超大物も上がってました。
テンヤも観察しましたが近畿では見かけない面白い餌の付け方も教えてもらって勉強になりましたよ。

まぁ結果的には
病み上がりには寒風身に滲みて身も心も寒く…
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

タチウオ16匹…
あぅぅ…

年始釣果


まぁしゃあないな〜
取り敢えずここから2017年は尻上がりに頑張るぜ!

【海況】10月21日 小潮 凪
【釣船】シーストーン

数日前になりますがまたまたうどん県まで鯛ラバしに行ってきました。
先週と同じ撮影ロケですがTVではありません。
1週間もたたんうちにまたうどん食べに…ぃゃ鯛ラバしに来るなんて…(笑)

はみだし

ちゅうかこの御仁の顔をこないにしょっちゅう見るなんて(笑)
もしかしてデジャビュ??


鯛ラバロケは結構厳しいながらもサクサク進み…

終盤最後の流し!

巻き巻き巻き、ドン!ビューー〜ん!

いきなりのヒット&ライン止まらへん!!
これはデカい!
マダイっぽい当たりじゃないのと引きの感じからドでかいアコウと推測。
もしマダイなら余裕で70UPやで!

ラインがビュビュビューーーー!と出続け…
出続け…でつづ…あれ?

流れに船が流されているのでラインが出てますが生命反応がありません。
根、根掛かり?!
感触はどう見ても根掛かり。
おっかしいなぁ〜確かに最初は魚やったんやけどな〜〜

「船長ごめん!根掛かりみたいやわ〜」
ちょっと無くしたくない仕掛けだったので船長は気を使って根掛かりを外す方向に船を回してくれました。

ありがとっっとっと!アレ??
また魚の反応が出だしてラインがドンドン引き出されます。

なんじゃこりゃ?!

引きのパワーは凄いです。
ロッドは弓なりですがリフトパワーはあります。
よし!勝負や!
PE1.5リーダー3号ですので指でスプールに微妙なテンションを加えながらリフトさせていきます。
予想していなかったビッグファイトです!

ゆっくりゆっくりリフトしてくと…

ん??

鯛ラバの先に付いているのはチョクリの高仕掛け。
チョクリを手繰るとその先には50cm位のマダイ。

なんじゃこりゃぁぁぁ〜!

どうやらヌッシー達がこのポイントに着く直前にチョクリ仕掛けの船がマダイを掛けたもののPEから高切れ。
その仕掛けをまだマダイが元気なうちにヌッシーが釣り上げた様子。

こんな事ってあるん?
船長も初めてや〜!言うてます。
他の仕掛けを拾うことはあっても生きてる魚が付いてることはめったに無いですからね。

でもこれって鯛ラバで釣ったとは言えないんじゃ…
何か毒気というかやる気をそがれてロケ終了(爆)
諸般の事情で画像は貼れないので文のみでお楽しみ下さい(こんなネタ、オモロイけど映像で使えんから書いてもOKでしょ)


帰りはやっぱりさぬき市志度にある名店「源内うどん」さんで名物のかしわうどんを頂いて気力体力回復!

源内さん

うどんを頂いていると天龍の塩澤会長が偶然お見えになり恐る恐るご挨拶させていただきました。
気さくな方で「がまかつの誰々さんに宜しく言うて置いてくれ!」と言われましたが、スミマセンそんなG社ビッグネームに気軽にお伝え出来ないのでございますよ(笑)

しかし何ですか源内さん、しょっちゅう釣り関係者がメーカー問わず現れますが何屋さん何ですか?(爆)

【海況】5月27日 長潮 凪
【釣船】シーストーン
【釣り座】だいたい左の方
【釣行者】ヌッシー

暇が無いながらも釣りのほうでヤラねばならんことが溜まってきたヌッシー。
釣りに行かねば…(爆)
取り敢えず久しぶりに休みをとれたのでどこに行こうか…
色々ヤラねばならんことの中からタイカブラ関連をチョイス!
ということは久しぶりに香川県庵治のシーストーンだ!

5時出船とのことなので夜中の2時に吹田インターを出発して一路高松へ。
高松道に入ってしばらくした頃に超久しぶりに特大流れ星を目撃!
これは今日の釣りは貰ったも同然やな…ふふふ

吹田インターからシーストーンの港までは夜中だと大体2時間半。
久しぶりに見るチクビ山です!
五剣山
(本当は高級庵治石が採掘されることで有名な五剣山)


今日はヌッシーの他にお客さん一名。船長と三人で出港です!
港を出ると…
な、なんかメチャ濁ってません??
聞けば先週の台風6号の後で川から流れ込んだ濁りがまだ抜けないそうな。
丁度産卵期に入って厳しくなってきたタイカブラですが、濁りとダブルパンチとは…
今日は1枚釣れるかどうかの戦いになるな…

最初は水深20m位のところから。
船長とあ〜だ・こ〜だと話をしていたらいきなり右舷のお客さんのドラグがジジジジ!
上がってきたのは食べごろな45cm位の真鯛!
釣れますやん!

続けて船長もボトムで何か掛けてます。
はて?鯛っぽく無いなと思ったらこれは45cm位のヒラメさんです。
え〜な〜ヒラメ!

おいて置かれたヌッシーですが何だかのんびりムード。
景色は良いし周りに船は居なくてのんびりしてるし… 船のガンネルに跨って座り、ほけ〜〜っとカブラを巻いていたらボトムから5巻き位の所でヒット!

おぅわっととと!鯛やん!(←当たり前)
船べりに跨ってる姿勢で身動き取れません(良い子は真似しないように!)
仕方がないのでそのまま巻き続けると上がってきたのは40cm位の真鯛。

高松真鯛

綺麗な真鯛さん釣れて一安心です。

続けてチャリコヒットするもバレるやろな〜と思っていたら案の定バレ…
魚体の軽い魚って重みでフッキングしないからバレやすいよね

その後も再度アタリがあって先程よりも少し小さい真鯛ゲッツ!

三人で仲良く真鯛を2枚づつ釣り上げた所で潮が止まってしまいました。
まぁ試さねばならん事も試せてそれなりに見える物もあったので鯛釣りはまぁ成功って事でいいか。

三人真鯛釣果

さてこれからどうしようか…

聞けば小豆島の周りでアジが釣れているらしい。
マルアジながら今この瞬間激釣れしてるとのことで「サビキしに行こう!」と迷わず決断(笑) 

移動すると激釣れ祭りは終わったあとのようでしたが、まだポツポツと拾い釣り出来る様子。
よく見ると所々で散発的にアジがボイルしています。
どうやらベイトはチリメンやイカナゴの様子。

イカナゴがベイトと言うことは…ヌッシーのジグでも何か釣れるんちゃう?
一応忍ばせておいたヌッシージグプロトを投入してシャクってみると何かヒット!(爆)
上げてみるとええ型のゴマサバさんです!

鯖も

ええやん!ゴマサバ!

しかしジグにゴマサバが寄ってくるとサビキをプチプチ切られるので迷惑(笑)
なのでサビキを落としてみるのですが、今日のアジはボトムよりも上から10〜20m位の浅いレンジで釣れるので感覚が狂います。
魚探を凝視しながら水深をコールして合わせていかないと釣れません。

でもまぁ何やかんやと美味しそうなマルアジが結構釣れて満足!
日頃ジギングばかりしてるとアジとかなかなか釣れないから恋しくなるんですよね〜

サバアジたくさん

で、港に帰港したのは17時過ぎ。
5時に出船したから12時間耐久釣りになりました。
いつもながらシーストーンはがんばってくれます。
同じ日に出船していた他船も軒並み真鯛は厳しかったようですが何とか全員安打で良かった良かった。

船長のヒラメも強奪してさぁ帰ろう!

クーラー


の前に、うどん県に来てうどんを喰わずに帰れようか!いや無理!
って言うことで隣のさぬき市にあるさぬきうどんの名店「源内うどん」さんへ。
ここの大将もジギングファン!
ヌッシーは今年の年始に松山でタチウオジギングをご一緒させて頂いて以来です。
源内うどん

釣りの後は温かいものを食べたいので「かしわうどん」をオーダー!

かしわうどん

おいしい!

3時間かけて帰宅する元気を頂きました(笑)

また行くぜ高松!

【うどん県タックル】
ロッド:LUXXE FINEACTOR B65L-R
リール:DAIWA RYOGA 2020
ライン:PE0.8号+リーダー3号
カブラ:プロト
フック:がまかつ サーベルポイントL

【海況】1月13日小潮 北の強風 
【釣船】黒岩フィッシングサービス
【釣り座】左胴の間

遅れ馳せながら皆様あけましておめでとうございます
2015年もよろしくお願い致します!

実は昨年12月23日頃から風邪をひいてしまいまして年末ですし休むわけにもいかず騙し騙し仕事もしていたのですが、これが30日頃に悪化(インフルエンザ化)してしまいそのまま年越し。
年明けにようやく熱も下がったかと思ったら3日に再度38.9℃まで発熱(二峰性発熱らしい)、結局少しづつ社会復帰できたのが年明け6日頃と散々な新年となってしまいました。
半月程寝込んだのでなかなか体力も回復せず…釣りにもいけず…

そんなこんなでしたがようやく2015年初釣りです!

愛媛県在住の釣友ワタナベさんにお誘い頂いていた松山沖のタチウオ狙いです。
この計画ももう2年程前からお誘いいただいていたのですが、どうやらメンバーさんの中に荒神さんが複数おられるようで計画も荒天中止続き(どこのグループにもいはりますね(笑))
今回は予報では朝のうちに少し風が残るかもしれないけど昼からは無風ベタ凪とのことで期待が持てます!

前日のタチウオ大会が荒天中止となり暇を持て余していたおっくんも誘って(拉致して)夜中0時から大阪出発!
ゆっくり走って4:30頃今回お世話になる松山の黒岩フィッシングサービスさんに到着しました。
朝7時出港です!

1黒岩フィッシングサービス
(ヌッシー史上最高の高低差ある桟橋(笑))

出港後20分程走っていわゆる松山沖と呼ばれるタチウオポイント到着です。
早いっ!
広島県側から船に乗ると場合によっちゃ2時間はかかるポイントまでの移動時間がメチャ短いです。船での移動よりも陸での移動のほうが楽なのは間違いないのでこれはかなり楽ですね。

さぁ開始!
開始早々地元の名人オキイさんがデカイのヒット!
そこから一人で連発です!
回りで全員があたふたしてる間に一人でタチウオを掛け続けて居られます。
スゲーぜ!

ヌッシーは何かブランカで釣ると負けのような気がしていたのでブランカを持ってこなかったのですが、地元の人は皆さんブランカ。やっぱりそうなのか?!
ヌッシーは色々試しましたが結局一番反応の良いSLジグで通しました。

ヌッシーにもポツポツ釣れます。
ヌッシー


2タチウオ
これ位のサイズがアベレージです。

今回のフックセッティングはリアにがまかつカットウ鈎にワイヤーを通した流行りのセッティング(フロントは無しで通しました)。鈎後ろのカシメにがまかつのラバジ用スカート・ケイムラカラーを挟み込んで作ったのですが、これがほぼ確実に口に掛かって上がってきます。
スレは覚えてる限り1回だけでしたよ。
口にかけると引きがダイレクトで面白いですね〜


日も上がった頃から時合い突入で船内でも皆さん釣れるようになって活気づきます。
見ると名人オキイさんが釣るタチウオはデカいのばかり。
今日は本当に勉強になります。

源内の大将
さぬきうどんの名店源内うどんの大将も!(笑)

もちろんおっくんも!
おっくん



天気予報では昼から北風が止んで凪になる…はずですがなかなか止みません。
っていうか何だか北風強まってません??
概況は予報に反してかなりの北風爆風です。
松山沖の船団も風波に翻弄されてもみくちゃにされています。

強風に揉まれる船団

しかし初めて乗せてもらった黒岩フィッシングサービスさんはこの風波の中でもキッチリと船を立ててくれています。おっくんと二人で感心しきりです。

この後さらに風は強くなり予定では17:00まで釣りをするはずでしたが15:30に切り上げて納竿。

今日のヌッシー釣果
釣果
タチウオ30本行かない位。

まぁこの状況ではこんなもんかな〜
初釣りはボウズにならないことが最優先なのでこれでいいのだ!
地元の名手さんの技を一日見せて頂いてとても参考になりました。
企画&お誘いいただいたワタナベさんありがとうございました!
また誘って下さい!


ちなみに帰りは休憩しながらゆっくり帰って21:30。
意外と近いね松山沖(笑)

【海況】7月2日中潮 凪 薄曇り
【釣船】松本釣船2
【釣り座】右胴の間
【釣行者】ヌッシー 尾崎さん

ポコンと2日がお休みになったヌッシー。ちょうどFIELDDEVICEの尾崎社長からもどっか連れて行けと言われたので以前から一度顔を出したかった岡山の松本釣船2さんの所でお世話になることにしました。
初めてお世話になる松本釣船2さんは瀬戸中央自動車道の児島インター降りて直ぐの好ロケーション!
ヌッシー史上最もインターに近い船宿さんに決定です(笑)
松本船長には初めてお会いするのですが、以前からフェイスブックでやりとりさせて頂いていたので初めてお会いする感じではなく何だか気楽な雰囲気ヽ(=´▽`=)ノ

今回のお客さんは7名、ヌッシー達は右前に乗せてもらい出港です。
状況はあんまり良くは無さそうだけどボウズは無さそうな気配を感じます。
この海域の常ですぐにポイント到着。

初めての船なので勝手は判りませんがとりあえず船長指定の15号玉とLUXXEの鯛カブラ竿では一番柔らかいB65L-Rで開始です。
初めてすぐに左艫のお客さんにヒット!
ヌッシーからは対角線上なので見えませんが何だかええサイズの様子。
直ぐにその前のお客さん、右艫のお客さんがバラしと艫の方は絶好調の気配

ところが前半分は4人共アタリ無し…
めちゃ巨大な船に沢山のお客さんと言うなら潮上潮下の有利不利は出るとは思いますが… 釣り座のせいとは思えなんだけど…
でもとにかく前の4人にアタリがありません。
ここでヒョッコリと船長がヌッシーの後ろで竿を出すなり即鯛ヒット!

腹立つ〜〜!(笑)

いかん、これは艫と筋を変えないと釣れん!
と言うわけで正面に超遠投して斜め引き〜!
ここで初めてコココと当たりが出ました。
今日はこれしか無いと再度遠投斜め引きしたところヒット!

岡山真鯛1

食べ頃サイズの真鯛ゲッツです!
とは言え最近食べごろサイズしか釣っていないのでもうちょっと絵になるサイズを狙います。
っていうか釣り座の関係上船長と近いためにしゃべってばっかりで全然集中してへん感じも…(笑)



ここから渋い時間がひたすら続き…



6時間経って潮が変わり今度はヌッシーたちが潮上のターン到来!
しかし何だか魚は完全に沈黙(T_T)

船内真鯛無しは二人のみ、しかもアタリすら無いのは一緒に行っている尾崎さんのみ。

ここで船長から無常の最終流しのコール。
こりゃダメか〜!
と思ったらこの土壇場で尾崎さんの竿がゴンゴンし始めました!
 ちょ、ちょ、そんな焦ったらアカン!落ち着いて落ち着いて!

尾崎さんヒット

ハラハラしながら見守っていると何とかネットイン!

尾崎さん真鯛

40cm台半ばの立派な真鯛です!
ひゃぁ〜良かった(笑)

という訳で今回は鯛1匹づつの釣果。
こりゃまたリベンジに行かねば!(笑)

【海況】1月29日 中潮 凪
【釣船】シーストーン
【釣り座】左大艫
【釣行者】ヌッシー

初釣りには出かけたものの年始から2回続けてボーズ食らってるヌッシー、いや、アヤメしか釣れなかった年末釣行から数えると殆ど3タテ食らってるも同然です。
「ボーズなんて気にしないぜ!」と息巻いてみても流石にそろそろ何か釣りたいのが本音。
トイウコトハ…
久しぶりに丹後に出かけてハマチ&サワラでボーズ逃れだ!

しかし出かけられそうな日は北西風が強くて丹後は無理そう。

そんなこんなで暇つぶしに高松のシーストーン船長と電話でしゃべっていると「明日乗合船で取材あるから一緒にどう?」とのお誘い。
何かしらんけど面白そうやな〜
しかしボーズ逃れたいのにこの1月末の一番鯛カブラで釣れない時期に参加するって自殺行為ちゃうの?!
と思いつつも生来のイッチョ噛み気質のせいか「じゃぁ朝7時に行くわ」と返事をしてしまいました。
あ〜あ〜

で、朝着いてみてビックリ!
取材ってTVロケやん!(爆)
釣りビジョン「Dzソルト」のロケで中井さんが来られてました
ゴメンナサイ、乗り合いとはいえ目立たないようにします…
まぁパターン探しのお手伝いでも出来れば本望であります!(キリッ)

船は前半分がロケ、後ろ半分の左舷がヌッシーで右舷がもうお一方のお客さんです。
Dzロケ

こう言っちゃ何ですが、人様のロケ見学は気楽!(爆)
1時間番組を作るのは大変だろうなぁ〜とかボ~ッと考えながら見学です。


で、釣りの方は…
予想通り厳しっ!
船長もあの手この手を試してくれますが、その努力を尽く打ち破るヌッシーの負のスパイラル2014バージョンです。


ヌッシーには遂にアタリの一つもないまま時刻はお昼!
船長そろそろ本命のイイダコ釣り行こうぜ!(爆)
何を隠そうヌッシーはイイダコ釣りが大好き。
冬場はイイダコがイイ(飯、つまり卵)を抱えるために穴に引っ込んでしまって釣れないというのが定説になってますが、船長曰く今でも釣れるそうな。流石に数は上がらないようですがイイ入りなら値打ちあります。

お手軽なイイダコ釣りですが冬の寒さで動きが鈍くなってるのか夏場のイイダコのようにサッと乗ってくる訳ではなくしばらくテンヤを放置というか溜めが必要。
小さいのも居るけど抱卵してデカくなってる奴は小型のマダコ位あって面白いねぇ〜
釣り終わってから中井さんが釣られた分をそのまま下さったので結構沢山になりました。
イイダコ

帰宅後フラフラになりながらも直ぐに下処理。
目と内臓を取り除きます。勿論イイ(卵)の部分は残すので非常に面倒くさいです。
驚くことに超小型でもちゃんとイイを持ってるんですね。
このまま全く臭みのない新鮮なまま炭酸で煮て柔らか煮になりました。


さてイッチョ噛みにしてはえらく遠くまで来てしまいましたが、うどん県に来てうどんを喰わずに帰れない!
と言うわけでシーストーン船長イチオシの源内うどんさんへ。
源内1

源内2
かしわうどんを頂いて帰りました。



しかし何だなぁ〜
今回はヌッシーの場所選びがグダグダだったせいもあるけど魚釣ってないねぇ〜(笑)
何だかこのまま1月は魚無しで終わりそうな予感。
いつまで続くヌッシーの負のスパイラル!

ヌッシーと一緒に釣りに行って悪い流れを吹き飛ばしちゃる!と言う強気な参戦者絶賛募集中です!

【海況】8月29日小潮 晴れ 凪
【釣船】シーストーン
【釣り座】左ミヨシ
【釣行者】ヌッシー


今週は小さい潮回りなので少し明石はおやすみして他の海域に釣りに行ってきました。
とは言え和歌山方面は近づきつつある台風の影響でうねりがある可能性大。
潮は小さいし真鯛を釣りたいなぁ〜 と言うことで高松のシーストーンさんまで出かけてきました。

今日は他のもうお一方のお客さんと船長の3人での出船です。
という訳で船長も竿を出します。
高松海域と言うことでシリーズで一番ライトなLUXXE DeckStage FINEACTOR B65L-Rを使用します。
海況は快晴ベタ凪ながらも秋の涼しい風も吹く絶好の釣り日和です。


今回も結構浅場スタート!
開始早々船長がええ型の真鯛を掛けるもバラし、また掛けるもバラし…
アカンやん船長(笑)
と人のことを笑っていたらヌッシーにもええ型の真鯛ヒット!
しかし中層でバラし!アカンやーん!

二人でけなし合いしていたらまた船長が掛けてアコウゲット!

お〜!え〜なぁ〜と思っていたらもうお一方のお客さんが何やらヒット!
同時にヌッシーもヒット!

上げてみるともう一方のお父さんが掛けたのは見事な60UP!
対してヌッシーはまぁまぁの食べ頃サイズ。
ヌッシーの真鯛も悪くは無いのですが60UPと並べられたらやっぱり見劣りしますね(笑)

1ダブルヒットも…


ここからヌッシーは2回ええ型の真鯛を掛けるも結構上で連続バラし。
どうも食い気はいいものの非常に浅い食いのようです。

背中側で釣られてるお父さんはバラさず爆釣中。
ご本人もビックリされてましたがお見事です。

今度はバラさん!と心に誓って2発掛けて取り込んだのはいずれも炊飯ジャーにピッタリな鯛めしクラスのチャリコ2匹。

俺ってチャリスト
(小鯛釣り師)

とは言えここでは気合いでアコウゲットしてポイント移動です。

2アコウゲッツ


移動したポイントでまたパターン探し。
しばらくするとどうやら斜め引きがいい感じらしく、ちょい投げして潮に乗せると連続ヒット!
しかしまたヌッシーはここで2連続バラし(爆)


どうも食いが浅いからかホンの少しでも巻き取り以外の振動をタックルに与えるとバレてしまう印象です。

反省して投入し直すとまたヒット!
慎重に慎重に巻き上げてタモに収まったのはチャリストにしては良型のええ真鯛です!(爆)

3やっとええ型の真鯛

    (船長大袈裟に撮りすぎ(笑))


続けて同じサイズを連続ゲット!

4続けてええ型


終わってみれば3人で総計真鯛22枚アコウ3匹と爆釣でした〜!

5釣果


ヌッシーはというと真鯛6枚アコウ1匹
バラし過ぎ〜〜!(爆)
ツ抜けされたお父さんが真鯛無双で竿頭でした。

いや〜しかし船長の読みがドンピシャで終始賑やかで楽しい真鯛釣行でした!


今日のタックル
ロッド:LUXXE DeckStage FINEACTOR B65L-R
リール:RYOGA2020
ライン:PE0.8 + リーダー4号
フック:がまかつサーベルポイントL
    がまかつ口元尾長9号

【海況】大潮 晴れ 凪→後半東の強風
【釣船】シーストーン
【釣り座】大体左大ミヨシ
【釣行者】ヌッシー ケンちゃん


海外赴任から帰国した友人のケンちゃんに「釣りに連れてけ〜〜!」と言われていたヌッシー
う〜む何が良いかな?
やっぱり底取りの練習がてら鯛カブラかな?
瀬戸内なら船酔いもないし丁度いいだろう

と言うわけで香川県高松庵治港のシーストーンさんまで出かけて来ました
え?遠いって?
この数年間の欧州暮らしですっかり距離感覚がおかしくなったケンちゃんには別段驚きは無かったようです(爆)

前日船長に連絡を取ってみると本命の鯛カブラの他に年末から沸いてるマゴチや、港でてすぐの場所でサワラも沸いてるとのこと

よし!狙いはサワラとマゴチね!(笑)

朝5時出船!

港を出てすぐにサワラミサイルが飛んでるのを発見!
船長はどうやら「飛んでる」=「トップで狙う」と解釈したようですが、サワラならジギングでバンバン釣れるでしょ?
ヌッシーはサワラは得意なんです(笑)
ベイトはイカナゴ?ならイカナゴパターンですね!

サワラ用にザイロンで括った近海ミディアム5/0+釣具屋の足元カゴで叩き売られてた絶妙に動かないジグを本年新製品のJIGDRIVE B60L-RFで放り込みます!
このJIGDRIVE B60L-RFはカタログスペック通りに解釈してもらっても良いのですが、元々はヌッシーが瀬戸内海でのイカナゴパターン用に作ったロッド
ベイトがイカナゴ=JIGDRIVEの「L」です

周囲で散発的にサワラが飛んでますが、ひときわ大きな水柱の近くに放り込んで底まで落としサバジャーク一閃!

ヒット!

お、お、お!
ドラグをギューンと引きずり出してなかなかのファイトを見せます
これ大きいんちゃうの?

上がってきたのはメーターに一歩届かずの98cm大サワラ!
腹回りもパンパンです

サワラ

開始5分で今日の仕事終了です(爆)

たのしぃ〜


もうちょっと狙いたかったですが鯛カブラのタックルしかお持ちでないお客さんも居られたのでこの場はこれで切り上げ


鯛を狙います
まぁ乗っ込みなので釣れるでしょ?
え?もうすでにアフター?
マジで?!

ここから結構頑張ってみましたが一向に鯛は釣れず
お!隣でケンちゃんがヒット!
上がってきたのは小型ながらも本命真鯛(チャリコ)!
写真とる間もなく船長が生簀へ(爆)

同時にヌッシーもヒットしてガシラ…


その後ヌッシーもゴンゴンゴンゴン!と真鯛のアタリがありましたが乗らず


マゴチのポイントへ移動

色々やってみましたがどうも鯛カブラを遠投ズル引きするのが向いている様子

少しまじめにやってみるとヒット!
マゴチ小ゲット!
写真とる間もなく船長が生簀へ…

右ミヨシのお客さんはメチャクチャ旨そうなメガマゴチを2匹獲られてました


この辺りから予報よりも大幅に早く東の強風が吹き始めました
風波も大きくなり釣りづらく難儀
昼寝したりしてる間に夕方5時納竿


12時間も船乗っていたのに見せ場は開始5分のみ(爆)
やっぱり鯛カブラは気合い入れて巻かないと釣れないね
開始早々にサワラ釣れて心に余裕が出来たせいでストイックになりきれなかったのが敗因かな?

まぁええわサワラ釣れたから
ケンちゃん少ししんどい釣りでスンマセン



がまかつ(Gamakatsu) LUXXE OCEAN ジグドライブ B60L−RF
がまかつ(Gamakatsu) LUXXE OCEAN ジグドライブ B60L−RF

イカナゴパターンにどうぞ!
100g位のジグをふんわかしゃくるとグー!
5/26現在セール中!


がまかつ(Gamakatsu) LUXXE OCEAN ジグドライブ S62L−RF
がまかつ(Gamakatsu) LUXXE OCEAN ジグドライブ S62L−RF

Lのスピニング版はこっち
ええよコレ!


がまかつ(Gamakatsu) LUXXE OCEAN ジグドライブ B60ML−RF
がまかつ(Gamakatsu) LUXXE OCEAN ジグドライブ B60ML−RF

ベイトがイカナゴじゃない時は「M」で

【地域】高松沖
【海況】中潮 
【釣船】シーストーン
【釣り座】左のほう
【釣行者】ヌッシー  


香川県高松市のシーストーンさんまで遊びに行って来ました
鯛釣り…と言いたいところですが目的はイイダコ釣り(笑)

今回も吹田ICから中国道から山陽道に入って→ 一回休憩→瀬戸大橋を渡ってから坂出で降りて、さぬき浜街道(一般道)を走って庵治(あじ)のシーストーンさんまで
前回は坂出から高速で高松まで行きましたが、さぬき浜街道通ってもほぼ所要時間は変わらず3時間ちょい
案外近いです

シーズトーン


潮の緩ぅ〜い日なのでイイダコ釣りには最適!

鯛カブラロッド(LUXXE Ocean FINEACTOR B66M-F)が実にいい仕事してくれます(笑)
爆釣も良いのですがすぐに飽きてしまうので、飽きないくらいのポツポツ釣れる感じがグー!

と言っても簡単ではなく、張らず緩めず・少し誘って合わせるテクニカルな釣りです
松岡せんちょとシーアンカー入れてノンビリと癒しの釣りです

癒しの釣り


気がつけばビニール袋一杯に

イイダコ沢山

ヌッシーは丸一日このイイダコ釣りでも良かったのですが、松岡せんちょがど〜しても鯛に行きたいというので潮が動き始めた頃合いに鯛のポイントへ

鯛のポイントも平日には船も少なく海は静かでノンビリ感が漂います


八剣山と屋島
    (写真は左の乳首みたいな山が庵治石で有名な五剣山、右奥の平らなトップの山が源平合戦で有名な屋島

殆ど釣りしてるのか松岡せんちょと喋ってるのか判らんノンビリムード
ちょっと濁りがキツくてアタリが数回あっただけで鯛釣り終了〜



久しぶりに肩肘張らずにノンビリとした釣りを楽しめました
松岡せんちょアリガト〜!


帰りは淡路島ルートで走行
一般道を走って徳島県鳴門まで行き、そこから高速に乗って淡路鳴門自動車道→7号神戸線→中国道で帰宅
こっちのほうがやはり距離が短い分だけ楽だけど橋を2回渡る分だけ高いね


さて、イイダコは嫁さんが大好物だけに喜んでくれるかな?

【地域】松山周辺&佐田岬周辺
【海況】大潮 凪
【釣船】Kaisei
【釣り座】左大艫
【釣行者】ヌッシー  加藤さん Gな人二名


今回はラグゼプロスタッフの加藤さんとG的な人お二人と一緒に二泊三日の室戸釣行に出かけてきました!
すげー楽しみ!!

と思っていたら超デカい台風が近づいて来てヤバい雰囲気に
初日移動日に九州→朝鮮半島に到達予定ですが、翌日の室戸釣行はIMOCの波浪予想を見る限り無理なんじゃ…

cwmsjp_14

何はともあれ取り敢えず出発しようと言うことで17日お昼に兵庫県を出発!

途中淡路島通過中に室戸の船長に電話してみると
「え?!来るの?!(マジで?)」
ってな返事(爆)
行くよ!もうすぐ鳴門やし!


大きな地図で見る
(現在地はココ↑)


取り敢えず翌日18日の室戸釣行は取りやめになったのでここから移動しながら代替地探しです



予報を見る限り18日に海へ出れるのは瀬戸内のみ
ここから色んな人に電話掛けまくってまずは目的地は松山に設定
更に神戸の重鎮から四国の重鎮さんへのホットラインを開いて頂いた上に船の手配まで大変大変お世話になって松山のKaiseiさんに滑りこませていただくことになりました
(お世話になった皆様、この場を借りて厚く御礼申し上げます)


この日の夜は急遽取りなおした松山市内というか道後温泉本館近くのお宿で一泊


大きな地図で見る
(泊まったのはココ↑)


翌朝、松山出港のKaiseiさんで出撃です!

この日は同じように台風で室戸行きが中止になった4人さんグループと一緒
佐田岬周辺での大型ブリ狙い遠征の予定ですが、朝のうちはまだ波が抜けきらなかったために松山周辺でジギングです

とは言え本来室戸釣行を予定していたものですから浅場で青物狙いできるようなジグを誰も持ちあわせて居ません(笑)
仕方なく持っているジグをやりくりして少しづつ状況に合わせていきます

LST4003輸送艦くにさき



開始早々、ミヨシでシャクっていたGな人Sさんがいきなり掛けました!
ヤズ(関西で言うハマチか)狙いなのにえらい竿が曲がってるなぁと思ったら予想外の10kgクラス巨鰤!!

Sさん巨鰤

なんじゃそりゃ〜!
ちなみにジグは懐かしのラフェスタ
本人は「ザ・祭りって意味だ」と熱く語ってましたが…(笑)


取り敢えずフィールド的には瀬戸内の海峡ジギング
となるとメンバー的にヌッシーが釣らないことには話になりません

という訳で頑張っちゃいました(笑)
メジロ→メジロ→ハマチ→ハマチ→ハマチ
スポスポ抜きあげては同船した方たちに贈呈
数釣りではちょっとええとこ見せれました♪


その横ではラグゼプロスタッフの加藤さんも難なくメジロキャッチ!

加藤さんメジロ

余裕ですな〜

ビ、ビクトリ〜
(↑中途半端なビクトリークロス)


昼前まで松山沖に居ましたが、佐田岬周辺の波も落ちてきて潮もええ感じだろうと言うわけでここから長距離移動です
松山沖からは約100km 2時間掛かります

Kaiseiさんは火が出るように飛ばしてくれて13時頃佐田岬着




大きな地図で見る

マジで来ちゃったよ佐田岬!
なかなか関西からは来れないよ〜〜!

佐田岬


さて、佐田岬ジギングをザックリ説明すると…
水深は90mから50mまで一気に駆け上がる崖っぷちジギング
しかも潮速は常に4.5ノット!(驚)

ま、まぁ明石みたいなもんでしょ(←声が裏返ってる)


取り敢えず300g辺りのジグを下げて様子見です
船長の「水深90mぁ〜、ハイどうぞ〜!」
で入れて
「ハイ水深80ぅ〜70ぅ〜65ぉ…」
やっと着底
着底する頃には60m辺りになってるバカッ早です

そんな中で初めに10kgクラス巨鰤をキャッチしたのはまたまたGな人Sさん!
しかもまたまたジグはラフェスタ(爆)

Sさん再び

そんなジグもう売ってねぇよ!(笑)


当初ロングジグを使っていたヌッシーですが、何か違うと違和感感じている間に根掛かりロスト

ふと目に入ったのがシーフロアコントロールの新作「クランキー300g」(プロト)
これに巨鰤狙いと言うことでがまかつバーティカルヘビー3/0の1本掛けで落とすと…

ガン!
お!当たった!
続けて2回アタリましたが乗らず…
これは鈎が合ってないな

ならばとフロントに近海ミディアム7/0タンデム掛けで投入

ど〜ん!
ヒット!


ウヒョ〜来たぜ!
かなり強烈な引きですが、ロッドがラグゼオーシャン・アルメーア62H-Fなのでいなしながら余裕の展開

クランキーで巨鰤



ど〜んと上がってきたのは来たぜ10kgクラス!


更に次の流しでもど〜んと10kクラス!

連発!



スゲェぜ佐田岬!!


更に次の流しでもど〜んと来たものの途中から反応が無くなり…
上がってきたのは10kgクラスの巨鰤……の頭だけ!(爆)
シャークアタックです

明らかに今日一番デカい頭だっただけに残念!


その間にも加藤さんもバンバン釣り上げてます

さすが〜


最後の流し〜

ドゴン!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
今日一番のトルクある奴が来ました!


真ん中まで引き上げた辺りでパン!
あちゃ〜切れたか?!
上げてみるとスプリットリングが飛んでました
どんだけデカいねん(爆)


ここで納竿

10kgクラスが連発する海って凄いですね〜
どれもこれも非常に旨そうなデブっぷり!
しかし明日は室戸を控えている上にクーラーはGなチーム4人でヌッシーのトランク大将1個とあり得ない設定(笑)なので全て同船した方々に進呈してOK~!

スゲェ海に来れた余韻に浸りながら2時間掛けて松山に戻ったのでした

圧巻釣果!


四国横断!岬巡り【後編】に続く



がまかつ(Gamakatsu) バラ シングル64 近海ミディアムがまかつ(Gamakatsu) バラ シングル64 近海ミディアム
デカイ鰤にはコレ!
勝手に刺さります(笑)
強度も抜群!

【地域】うどん県高松市沖
【海況】べた凪
【釣り船】シーストーン
【釣り座】左艫
【釣行者】ヌッシー


久しぶりに鯛カブラをしようと香川県高松市まで出かけてきました

「香川県高松市」と聞くと大阪人のヌッシーとしては遠いなぁというのが本音
ただ最近距離感覚が壊れ気味のヌッシーなら別段どうってこと無い距離でもあります(笑)

中国道吹田インターを起点に考えた場合ルートとしては淡路島を抜けるルートと岡山経由で瀬戸大橋を抜けるルートがありますが今回は瀬戸大橋ルートを採用(淡路島ルートのほうが早いけど高いのです)
瀬戸大橋ルートだと260km位です
AM1:00吹田インター通過、普通に流れに乗って走ってトイレ休憩2回で今回お世話になる高松市庵治のシーストーンさん着がAM4:15、まぁ3時間ちょいってとこですね
日曜日のこの時間に走ると吹田インターから瀬戸大橋を渡ったところまでなら驚きの1900円(安っ!)、更にここから高松中央までちょっとだけ乗ったら驚きの1700円(高っ!)
夜中は一般道も空いてて早いので瀬戸大橋を渡ったところで高速を降りることをお勧めします
(ちなみに帰りは高松から瀬戸大橋を渡った岡山側に料金所があるのでどうしても高速に乗らざるを得ず…高松から1900円)


今回はじめてお世話になるシーストーンさんですが、船はフラットで使いやすいです
少し小型の船ですがヌッシーはプレッシャーの少ない小型の船が好きなのです
特に高松の鯛カブラはかなり浅場を攻めるそうなので小型の方が有利?!
ミヨシ側に常連さんお二人、ヌッシーは左艫に乗せて頂いて出発です

船が出てすぐ左は源平合戦で有名な屋島(那須与一の話のとこですね)、右は庵治石が採掘できる事で有名な五剣山(ちなみに船長も石屋さんなのでシーストーン)、すぐそばに世界の中心で愛をなんたらのロケ地と言う抜群のロケーション
高松周辺は変わった形の山や島だらけで景色が面白いです

屋島
(写真は屋島)


で、すぐにポイント着
水深は…15m位(浅っ!)
高松周辺の鯛カブラは浅場を攻めるというのは本当でした
ちなみにこの日一桁水深のポイントも数多くあり、逆に30mを超えるのは最後に少し攻めただけ
殆どが20mよりも浅いので当然バーチカルでの距離が短くなってしまうのでロングキャスト&斜め引きのスタイルになります




で、


これがまた大苦戦!

今日は渋いとのことでしたがそれにしても食って来ません
しかも後述しますがタックルトラブルも多発

かなり辛いぞ〜!(笑)


そんな昼過ぎに待望のヒット!

シーバスヒット


ゴンゴンゴンと首をふるので船長は「大鯛や!」と喜んでますが、やりとりしているヌッシーとしては重量感はあるものの素直に巻き取れるし、それにしては突っ込むし…鯛?

やっとこさシーバス

上がってきたのは太っといシーバス!
絞めた後計測で73cmですが、太い良いコンデションのシーバスです
今が旬のシーバス、場所・体型から見ても絶対旨いのは間違いないのですが、今日は鯛を釣りに来ているのです
鯛来い!!


がまかつ(Gamakatsu) ラグゼ デッキ ステージ ファインアクター B65L−R
がまかつ(Gamakatsu) ラグゼ デッキ ステージ ファインアクター B65L−R

今回メインで頑張ったのが一番ライトなL
デカいシーバスにも余裕の対応!
コスパ高いねぇ〜!




さて、ここで釣れない理由の検証です

まずここではロングキャスト&斜め引きが生きてくる水深
まぁヌッシーはベイトタックルでもかなり遠投するので距離的には大丈夫なのですが、サミングする必要のあるベイトタックルでは0.8や0.6号のPEラインに対するダメージが思いの外大きく、飛行中にパチンと高切れ多発
こりゃスピニングタックルが要るね〜
(マグブレーキが付いてるRYOGAは流石にトラブル少なかったですが、遠心ブレーキのRYOGAは厳しかったです)

次に鯛カブラ
ヌッシーの鯛カブラは基本的に明石で使う18号玉や鳴門の16号玉に合わせて調整してあります
カブラのネクタイは先端が広がったいわゆるネクタイ形状
ところがここ高松では水深が浅いので8号玉や10号玉を使うんですよね
ヌッシーも10号玉で巻き巻きしていましたが、10号玉は玉が小さいので後方への乱流が起きにくくボリュームの大きいネクタイ形状のネクタイを動かす程のパワーが発生しないのです
結果引っ張ってもネクタイは棒状にスーッと引っ張られているだけ

この玉の大きさだと船長たちが使ってるいるような先端になるにつれ細くなるピン形状が有利
他のアプローチとしては玉の乱流に関係なく動くカーリーテールなんかもグー

とは言えそんなネクタイ作って来なかったよ〜
ネクタイを船長から強奪と言う手も考えましたが、そこはそれ、与えられた状況で戦うべし!


そこで逆に玉をネクタイが動かせるサイズまでサイズアップさせることに
15号玉にチェンジして巻き巻き…


ヒット!

涙の真鯛


上がってきたのはちょいとアベレージよりも小型ながらも待望の真鯛!
苦労したよ〜〜〜


この後納竿間際にチャリコもヒットしましたがリリース(笑)


いやぁ〜苦労したよ
所変われば釣り方変わるけど、高松の鯛カブラはこれはまた特殊で面白いね〜



ところで普通の乗船料8000円のまま納竿18:30まで頑張ってくれた船長
(いつものことらしいです(笑))
すっかり遅くなってしまいましたが、うどん県まで来てうどん喰わずに帰れるか〜!
とは言え全く土地勘が無い高松の地
もうこの際どんなんでもエエからうどん食うんや〜!
と11号線ロードサイドの店に飛び込み、ぶっかけうどん2玉、あ!ちくわとげそ天もお願いね!

mini_120610_1939

あ〜やっと落ち着いた(笑)

がまかつ(Gamakatsu) A1(エーワン)タイプ 口元尾長
がまかつ(Gamakatsu) A1(エーワン)タイプ 口元尾長

最近鯛カブラの鈎はコレ!(主に9号)
掛かり・強度(A1材)・形状最高!
ちょっと試してみてください!

【地域】広島(松山沖)
【海況】小潮 曇り 無風
【釣り船】豊栄丸
【釣り座】右大艫
【釣行者】ヌッシー 吉田さんと愉快な仲間たち(全11名)


吉田さんにお誘い頂いて広島から出る豊栄丸に乗って松山沖までタチウオジギングに出かけてきました

大阪からは以前もお世話になったO野さんと一緒にAM1:30に出発、AM5:00頃広島着、AM7:00出船です!
船は広島沖の島々の間を抜けて松山沖へ(松山沖と便宜上書いてますが多分広島と松山の中間辺り)
寒さがかなり肌に刺さりますが風も波もなく絶好のタチウオジギング日和です!
久しぶりのこのフィールド、島の多いこの景色はいかにも瀬戸内って感じでい〜ねぇ〜!

ヌッシーは右大艫、一つ前がO野さん、吉田さんは2つ前の右胴の間が釣り座
ヌッシーの上にだけオーリング(屋根)があるのでちょっとやりにくいかな?

このところのタチウオのご機嫌は日ムラがあってよく判らんとのこと
今日のご機嫌が良かったらいいのに…

今回持ち込んだタックルは3セット
ELDOKNOT 63M-R + RYOGA(PE1号)
ALMEA B67L-RF + SALTIGA LD(PE2号)
JIGDRIVE S62ML-RF + STELLA5000HG(PE2号)

まずは専用ロッドであるELDOKNOTから!
ジグ投入!
スーーーーーーーーーッと  プチ
一投目から爽やかに切られたーー!(爆)

まぁいきなり切られるくらい活性高い… と言うわけでもなく船内苦戦ムード
周りの船も苦戦中のようです
出来れば入れ食いに越したことはないですが、食いが渋い時は戦略を立てて攻略していくのがこのタチウオジギングの面白さ

ジグのカラー・ロッドの調子・リールの選択・ジャークの仕方
これらの組み合わせで一番良い方法を見つけ出していきます

まずジグのカラーはこの日は圧倒的にゴールド系が強いようです
もうこれはこの日の固定カラーとして考慮の内から外します

次にロッド、食い込みが良くてジグを跳ねさせないELDOKNOTか同じジグを使うなら少し跳ねさせる事ができるALMEAか、リールは1巻き73cmのRYOGAか90cm巻けるSALTIGA LDか…

エルドノットの曲がり



がまかつ(Gamakatsu) LUXXE デッキステージ エルドノット 63M−R 6.3FT
がまかつ(Gamakatsu) LUXXE デッキステージ エルドノット 63M−R 6.3FT

鯛カブラ・タチウオ専用設計!
粘るブランクスで食い込み抜群
曲がる竿って大好きです




リールも取っ替え引っ替えして落ち着いたのがELDOKNOT 63M-R + RYOGAの組み合わせ!
船長に棚を聞くと「かなり上のボトムから30m程」とのことなので5巻き(暗算しやすいように約3mと考え)ワンセット×7で棚に到達と考えて、もうワンセット+αで誘うと…

連続ヒット!!

タチウオ捕獲

パターン発見です!
ちょいとっここまで苦労しましたが、パターンさえ見つけられれば立て続けにヒットします
ちなみにフックは終日がまかつサーベルベイトトレブルをリア1本掛けで使用
タコベイトで誘って喰わせるこのフックは綺麗に口に掛かる率が高いのが特徴!

フッキング

がまかつ(Gamakatsu) サーベルベイト ダブル
がまかつ(Gamakatsu) サーベルベイト ダブル

こちらはダブル版
リアに付けることをオススメします
リーダーから歯を離してブレイク軽減!




一方胴の間では吉田さんが貫禄のヒット連発!
で、ドラゴンも捕獲!

吉田さんタチウオ


ELDOKNOTで調子よく釣り上げていると冷えたのかお腹が痛くなってきました
船長トイレどこ?
「スミマセン、まだ作ってないんです…」
マジですか?!
という訳で船の最後尾特殊スペースにて久しぶりにアクロバティックなトイレ(爆)
周りは200隻を超えるような大船団ですが、流石にそのど真ん中でオシリを出すわけにも行かないので船長は船団の外へ船を移動してくれました


戻ってみると群れが変わったのか先ほどのパターンが通用しなくなってました(笑)

皆さんゴメンナサイ…


という訳でまたパターン探しから
ヒットカラーは相変わらずゴールド系の様子、当たってくる棚の深さも同じなのですがどうも上手くヒットしません
先ほどのセッティングで大きくしゃくった時だけ当たってくるって事は…
ちょっとジグを弾いた方が良いのか??

そこでロッドをALMEA B67L-RFのタックルセットに替えて見ましたがリールの回転が早過ぎるのか食ってこず
そこでリールをRYOGAに換装してみると…

連続ヒット!
再度パターン発見です!



後半戦最後にポポポ〜んとタチウオを追加して16:00納竿となりました

【本日釣果】
ヌッシー : タチウオ25本
他の人不明(スミマセン)


01.15釣果


ちょいと厳しい日に当たってしまったようですが試行錯誤しながら一日タチウオジギングを楽しめました
パターンとしてはリールの回転速度とジグを弾くのか弾かないのかと言うアクションに敏感な日でした
どちらかと言うとスローな展開の日でしたね


16:00納竿後、広島の港まで走って帰港17:00
吉田さん達神戸組と釣具屋さん散策してからラーメン食べて給油して大阪着23:00
一日たっぷり遊びました

色々セットして迎え入れてくださった広島の皆さんアリガトウございました!


マリア(Maria) METAL FLICKER(メタルフリッカー)
マリア(Maria) METAL FLICKER(メタルフリッカー)

今回はほぼコレ一本!
安いけどどの海でも魚を連れてくる
頼れるジグですね

2

【地域】 松山沖
【海況】 中潮 晴天 温暖 黄砂
【釣り船】AKI
【釣り座】右胴の間
【釣行者】ヌッシー イッシーさん しおざきさん

 

しおざきさん経由のお誘いで釣り具山陽さんベースのメンバーに乗っかって広島県竹原出港のAKIに乗ってタチウオジギングに行ってきました。
ほぼ1年ぶりのAKIです。

しかし前日同海域にタチウオジギングに出かけたちっちさんからは「激渋の報告。
更にAKIからも釣果はかなり良くないとの報が入ってきました。その前日までは良かったのに…
加えて前日のヌッシーは酷い頭痛で体調は最悪。
う〜ん… 運転距離は長いし…

かなりテンション下げ下げでの出発です
2時自宅発→3時イッシーさん宅→4時しおざきさん宅と経由して釣り具山陽で皆さんと合流… と思いきやお一人遅刻との事で先に出発。
結局7時出船の予定が8時出船になってしまいました。
でも当日は乗り合いながら客は我々7名のみですので他の人に迷惑が掛からなかったのは不幸中の幸い。
(ある意味仕立て船です 笑)

船は一路松山沖へ。
そう言えば広島までの道中も酷く霧が出ていましたが、海上もなかなか霧が晴れない様子。
1時間の海上移動の間は皆さん仮眠です。

キャプテンの話によれば昨日は厳しかったとのこと。
風が強く波もあったとのことで釣りづらかったのは確かですが、魚探にタチウオの反応あるのに喰ってこないとの話(ここいらはちっちさんからの情報と同じ)。
まぁ今日は天気も良いのでタチウオの機嫌も回復してると信じて釣り開始です。

開始早々イッシーさんファーストヒット!
指3本半ってとこでしょうか?

イッシーさん1発目

それからしばらくしてしおざきさん、続いてヌッシーも取り敢えずキャッチ。

やはり厳しいようです

魚探にはかなりの反応が出ています。
しかし喰ってきません。

ジグのサイズが小さいほうが良いのか?と思いきや大きいのでも喰ってくるし、早巻きか?と思いきやゆっくりでも喰ってくるし…
パターンをなかなか掴み切れません

午前中パタパタッとヌッシーに連続ヒットしてニンマリの時間もあれば、午後にパタパタッとしおざきさんに連続ヒットしてスゲ〜な時間もあったり…
(総じて言えるのはヌッシー&イッシーさんに来るタチウオは総じて小さめだって事 笑)

指4本位

ヨーヅリ(YO-ZURI) ブランカ タチ魚SP
ヨーヅリ(YO-ZURI) ブランカ タチ魚SP

今回の殆どの釣果はコレ!
意外と塗装も強いんですよね〜
 


今回はおニューのダイワPLUTONで1日通したのですが、やっぱ良いわこのリール!
たまにジガー1000やミリオネアSWに持ち替えてみますが、あまりの巻き心地の違いに嫌になります。
何しろ巻きトルクが異常にあるので結構引く指4本クラスでもグワァァァっと巻き上げ可!
これは凄いわ!

そうれはそうと、当日は本職の漁師さんも多かったのですが、皆さん延縄漁されてるのが厄介(厄介って言うな!)
思わぬ所に延縄が伸びた「延縄トラップ」が仕掛けられているので、全員連続ヒットか!と思いきや全員延縄トラップに掛かっただけだったりもしばしば。
ヌッシーもタチウオに切られてロストしたジグは0だったものの、延縄にやられて1個ロストしました。

なんやかんやで時間経過…

ふぅ〜
昼までしゃくってもこりゃ10本行かない計算だな〜
ゴホゴホ…
何故か朝から咳が止まりません。
それにしても何で今日の霧は晴れないんだ…
あ”っ!
そうか!コレは霧じゃなくて黄砂なのか!
昼には温度が上昇して20度近くなった当日。
霞んでいるのは霧ではなくて昨日ニュースでも言ってた黄砂だと判明しました。
たしかに黄砂来るとは言ってたけど、いきなりマックスで来るか?
(余談ですがコレを書いてる翌日のヌッシーは黄砂にやられてガラガラ声です)

釣りの方は最後の最後にイッシーさんがちょっと大きそうなのをバラして16時の納竿となりました。

【本日釣果】
ヌッシー : タチウオ9本
イッシーさん : タチウオ7本
しおざきさん : タチウオ9本
他の方も大体8本前後の釣果

タチウオ釣果

キビシー!!
いやぁキビシかったですね実際
数もキビシかったですが、サイズも伸び悩んで指4本クラスが関の山。
名物の指5〜6本が出たらもう少し納得出来るところなのですが…

帰りはしおざきさんにも運転代わって貰って20時しおざきさん宅→21時半イッシーさん宅→22時半ヌッシー宅で帰宅。
いやぁ〜さすがに20時間稼働は疲れますね。
釣れなかったから余計に疲れました。

こりゃ身心ともに回復は当分先のようです。
(でもいつかリベンジしてやるぜ!)

 

そう言えば…
あれだけ渋いのならリーダー激細にしてやってみれば良かった!と思ったのは帰宅直前。
今度試してやるぜ!

 

ダイワ(Daiwa) ソルティガ・サクリファイス[リーフ]
ダイワ(Daiwa) ソルティガ・サクリファイス[リーフ]

ちなみに最後の1匹はコレで
定番のオレンジです

3

【地域】 松山沖
【海況】 中潮 凪ぎ 
【釣り船】AKI
【釣り座】ミヨシ
【釣行者】ヌッシー イッシーさん しおざきさん

 

今回は魚英常連のイッシーさん、しおざきさんにお誘い頂き、釣り具山陽のスタッフ釣行に混ぜて頂いて広島竹原港のAKI3までタチウオジギング(あの辺りではサーベリングの方が通りが良い)遠征に出かける事になりました。
ヌッシー初の広島遠征です。
ワクワクして寝られません!!

出るかドラゴンクラスタチウオ?!
気分はドラゴンクエストです

前日情報ではタチウオの時合いが夕まずめになっているとかで出船時刻が午前10時になるとのこと。こりゃ大阪帰宅時は日付が変わるなぁ。
昼間はメバルも狙うと聞き「あの辺のメバルは大きいから本気で狙うか」と明石スタイルの磯竿5.4Mを持ち込むことにしました。
仕掛けは岡豊製を中心に幹糸5号エダス0.8号20cmの物をチョイス。錘は30〜40号位だよね。
で、磯竿を弄っていたら…
バタン!と倒れた弾みで穂先がペキッと折れました!
ドシェ〜〜!!
慌ててエイト2へ駆け込んで「アフターお願いしま〜す!」と自分で言って修理(苦笑)

さて、遅めの出船と言うことでヌッシー宅出発4:30→イッシーさん宅5:30→しおざきさん宅6:30→釣り具山陽と順に回って集合です。
今回はヌッシー号での出撃。
クーラーは3人でトランク大将50L2個にしましたが、意外とプリウスに3人分のタックル乗るもんですねぇ〜。

午前10:00、竹原港からAKI出港!!
1時間ほど凪の海を25ノットで突っ走ります。
天気は曇り。同時刻の大阪は晴れていたようですが、空と海の境目が明瞭でない海をAKIはひた走ります。

まずはメバル狙いから。
皆さんタチウオ用のロッドで挑戦されるようです。
ヌッシーは予定通り1.5号の磯竿5.4Mをビヨ〜ンと伸ばして挑戦。しかしこの釣り方は手持ちだと竿が重くて腕が疲れます。
開始早々ヌッシーの重い竿にさらに重みが加わって25cm程のメバルゲット!船中1番乗りです!

しかし周りからは「それでは小さい」と素っ気なく流され…
これで小さいってどんなやねん?!

メバルはバコバコ釣れるのかと思いきやかなり渋い展開です。
っと、ヌッシーの竿に更なる重みが!!
今度は大きそうです!

上がってきたのはデカい!コレはデカい尺近いメバル!!
今度は流石に周囲からも「デカい!」と賞賛されました。

AKI3尺近いメバル

 

 

 

 


 

 

 

その後しおざきさんにもメバル1匹来ました。
船中ポツポツ上がりますが2匹釣れる人は居ません。
しかし何故かヌッシーだけ渋いなりにも好調。
ダブル1回、その後2匹追加で計6匹(全て25cm以上)メバル釣れました。
船長にも「一人勝ちやなぁ〜」と言われ気をよくしたヌッシー。

そうそう、釣れたメバルは一様に極小のアミエビみたいなのを大量に吐きました。ベイトはこんなちっこいのか…

ここで渋いメバルは早めに切り上げてタチウオのポイントへ移動です。

AKI3のミヨシから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回使うジグは魚英常連のA川さんのアドバイス&Satokenn先生のブログ等を読んで熟考した結果「ようするにホログラム光ってりゃええんやろ!」と言う結論に落ち着いたため赤金カラーのジグを中心にホログラムシールを貼ってチューンして対応。
当たるかホログラムチューン?!

明るい内からもポツポツ釣れます。
船中タチウオファーストヒットはしおざきさん。

AKI3しおざきさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後ヌッシーもポツポツ釣り上げ、しばし苦戦の後でイッシーさんも無事タチウオゲット!

AKI3イッシーさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼間釣れるタチウオは幾分細いようです。
ヌッシーもこの海域では珍しいと言われる指2本クラスを2回続けて釣り上げてリリースしました。

水深は40〜50M位のポイントが主流。
海底での根掛かりは皆無です。
流れは感じるほどは無く、当然2枚潮なんかでは無いので底取りは容易でした。

カラーは赤金を中心に使用しましたが、殆どの人が赤金使用なので他のカラーじゃダメなのかは不明です。
ちょっと渋くなってきた頃にシルバーミラー加工のジグを使ってみましたが、これでも好調にヒット。 「共食いパターンですよ!」と言うわけでしおざきさんも同様のシルバーのジグを使ってみたところ同じく好調にヒットしておられました。
(何故か共食いパターンで釣ると釣れた魚も尻尾を喰われてる率が高かったです)

夕方が近づき、夕まずめの爆釣タイムがやってきました!
噂の爆釣タイムってどんなだろ?と期待していましたが、噂に聞く「ジグが下に落ちない(落ちる間もなく喰ってくる)」と言うほどではなく、フォールでも当たったり釣れたりしますが十分底までジグを落とせる状況でした。

それでもタチウオが上に浮いてきている状況に偽りはなく、水深5M程の所でもヒットしてきます。
海面から海底までのフォールとしゃくり上げのどこでヒットしてくるか判らないので全域が棚です。

ワンピッチのジャークを基本に「止めたら切られる」らしいのでスピードに緩急を付けながらやや早めのしゃくり上げで臨みます。
正直ジグのカラーは何でも良い感じです。

最近の流れよりは少々タチウオも渋いそうでしたが、それでも結構釣れました。
(ただ噂に期待と妄想が膨らんでいたので少々不完全燃焼気味です)

あ、ジグのロストは2個で済みました。

【本日釣果】
ヌッシー : メバル6(メバル竿頭)
ヌッシー&イッシーさん合わせて :タチウオ34匹
しおざきさん : メバル1 タチウオ沢山

期待していたドラゴンクラスは今日は見かけませんでした。

AKI3釣果

 

 

 

 

 

 

 

しかし広島は遠いですねぇ〜。
大阪から広島まで330キロ(うち100キロはしおざきさんドライブ)、10時間釣りして、また大阪まで330キロドライブ。
帰宅は午前2時前でした。
う〜んヌッシーの電池切れ。

ちょっと不完全燃焼なのでまたどこかで憂さを晴らしたいですね、イッシーさんしおざきさん!

 

さて釣り上げたメバルは2匹イッシーさんにも進呈した後で、煮付けとお刺身に。

AKI3メバルの刺身

 

 

 

 

 


 

 

う〜む…
あっさりしすぎか…
メバルは煮付けか酒蒸しがベターのようです。

タチウオは定番の塩焼きの他、皮付きのまま短冊に切ってからキュウリとワカメと一緒に酢の物に。

AKI3タチウオの酢の物

 

 

 

 

 


 

これは美味しいですよ。
お勧めです。
刺身にもしようかと思いましたがメバルの刺身があったので今回はパス。

他にAKIに無理言って広島名物殻付きの牡蛎70個(5000円)もお土産に持ち帰っていたのですが、朝起きてみたらヌッシー母にすっかり殻を剥かれて剥き牡蛎に…(泣)

それは焼き牡蛎用やろ〜普通〜!
剥くんやったら最初から剥き牡蛎買ってきたよ〜。
トホホ。
でも剥いた牡蛎(身が大きい!)で作った牡蛎フライもそれはそれで大層美味しゅうございました。 ヨーヅリ(YO-ZURI) ブランカ タチ魚SP
ヨーヅリ(YO-ZURI) ブランカ タチ魚SP

地元で噂の最強タチジグ!
安いのに釣れると評判です


ヨーヅリ(YO-ZURI) ブランカ タチ魚SPヨーヅリ(YO-ZURI) ブランカ タチ魚SP

共食いパターンにはコレ!
持ってて損は無し!

このページのトップヘ