ヌッシー疑似餌同好会

カテゴリ: 【鳴門】

25日は鳴門のつるぎさんで雑誌GAME FISHING 創刊第二号の実釣取材でした。
あ、GAME FISHINGさんには連載頂いてますのでこれから当分毎号何か書かせて頂く予定です!

instaweather_org_20170525_060341

で、最近の雑誌は記事に連動する動画があることが多いので編集さんにずっとビデオ撮られつづけ…(笑)

しかし25日は何故かこの日だけ雨!
ず〜っと晴れてたのにこの日だけ雨!
しかも途中淡路鳴門自動車道では思わずブレーキ踏むくらいの濃霧。
ほぼ昼過ぎまで大鳴門橋の橋桁が上半分見えない状態の超ローライト。
そして春の大潮ではウルトラ激流過ぎて頼みの太平洋側を攻めれず…

(ほかのお客さんが絡まりまくって釣りにならないので)

コレ以上無いくらいの悪条件から取り敢えず引きずり出してミッション完遂!(涙)

終わってから編集さんを徳島空港まで送って腹ペコな胃袋を定番の中華そばひろっちゃんで満たして帰りました〜

IMG_20170525_170730_315

コスミック出版発行のGAME FISHING第二号は6月21日発売予定です!

【海況】小潮 凪 五月晴れ
【釣り船】つるぎ
【釣り座】ミヨシ

今回は次週に控えた雑誌のプラのために久しぶりに鳴門まで出かけてきました。
まぁ今週は小潮で来週は爆速の大潮だけど何となくの感覚はつかめるでしょ(笑)

という訳で久しぶりに乗せていただいた西上船長の
つるぎで出発!

出撃

今回は3名の乗船でヌッシーはミヨシ貸し切りでした。
船長の説明ではどうやら厳しいみたい(笑)
産卵シーズンど真ん中で何も食わないみたい。

取り敢えず先週岡山で好調だった虫っぽい仕様で試してみるも何か違う感じ。
まぁまずはマダイに見つけてもらうべくパッションオレンジのショートカーリーで落としてみるとボトムでココン!とヒット。

1匹目


上がってきたのはやや小ぶりな焼き物サイズマダイ。
これが今のアベレージらしい。

まぁこれでボウズ無くなった〜と喜んで落とすと今度はフォールでヒット!
フォールなのである程度待ってから巻き合わせ!
ギューーーンと横走りに引っ張るこれは…
青モンやな〜ハマチクラスか?

2匹めはハマチ

上がってきたのはやっぱりハマチ。
でも鳴門のハマチは何だか旨そうです(笑)

気を良くしてタイラバを落とすとまたボトムでココン!とヒット。

3匹目

今度はまた焼き物サイズ。

また落とすとまたボトムでヒット!
お!これは少しサイズアップした感じだぞ!

と思ったらこれは大きめのホウボウ…
なんか五目釣りになってきた…

で、ヒットしたらまた焼き物サイズ。


今日のパターンからすると次はまた他のゲスト…

と思ったらやっぱりイネゴチ(ワニゴチかと思ったら船長いわくイネゴチとのこと。ようするにメゴチ)

何だよ〜と思ってたらまたヒット。

5匹目

これはまた焼き物サイズ(笑)


五月晴れ

天気は良くまさに五月晴れ…
寝ないままに走ってきたヌッシーは眠くなってデッキで昼寝。

何だかグダグダになってしまいましたが、それなりに釣れたしまぁ来週も何とかなるか〜(笑)
潮が止まってて船の後ろではイネゴチ祭りですがマダイは当たらないまま納竿。

船長来週もよろしくお願いいたします!
m(_ _)m

6日(木)はフィッシングライフのロケに鳴門のつるぎさんにお世話になってきました。

6日…
という事は台風18号がグワーっと通過した5日の直後!
マジっすか?!(爆)
(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

1618-00

台風の風が残ってたので普通の日でも怖い鳴門海峡大橋は朝イチ通過時に5回ほど風にハンドル取られました。

いやもうホント超濁りまくりで…

どないなったかは放送を見てね!

 FL

【海況】6月27日大潮 凪
【釣船】高進丸
【釣り座】大体左ミヨシ
【釣行者】ヌッシー ヒロさん 若松さん 若松パパさん

今回は釣友のヒロさんにお誘いいただいて鳴門で鯛カブラです。聞けば以前からヌッシーも大注目していた鳴門の凄腕鯛カブラアングラーの若松さんと若松パパさんとご一緒させて頂けるとのこと!
これは勉強させてもらわなくては!

今回お世話になるのは鳴門の室漁港から出る高進丸さん。
初めてお世話になる船なので楽しみです。
今日は乗り合いではなく我々4人での仕立て。
朝5:30に出港です!

高進丸

とりあえず沖に出て、ゆっくり目に鯛カブラを落としてさぁ巻き始めようかと思ったら背後でヒロさんがバタバタ。
え?!と思うまもなく既に1匹釣り上げています。
マジで?!

ヒロさん1匹め

負けてられねえぜ!
とヌッシーも巻き始めたら即ヒット!
今日はどないなってんねん?!

ヌッシー1匹め

開始早々食べ頃真鯛ゲットです!
雨が振りそうでローライトながら普通のオレンジで普通に釣れました。

そのまま返す刃でもう一匹!!
何だどうしたヌッシー?!(爆)

ヌッシー2枚目

その横で若松さんも爆り初めています、若松パパさんもえらい勢いで釣り上げていきます。
実は若松さん達の仕掛けはちょっと独特で、手釣りで使うビシマ糸(錘を点々と打ってあるライン)をロッドで操作するスタイル。ヌッシーは初めて目にしましたが、通常の鯛カブラとは違うラインをトレース出来るのか動きが全く読めません。
しかも釣れてくる鯛は大鯛ばかり!

と思ったら若松さんが何やらビッグファイト!
上がってきたのは70cmに迫ろうかという大鯛!

若松さん大鯛

スゲー!

ここでヒロさんも2匹目ゲット!

ヒロさん2匹目

ここからヌッシーも怒涛のヒット!
人が違ったようにガンガン釣り上げます!
ガンガン釣っていつの間にかつ抜け!(10匹超え)
どないなってんねん?
高進丸さんは流し方が独特でヌッシーも初めての乗船なので何とも言えませんが、斜め引きがこの日は効いた気がします。
ある一定の角度にラインが達するとアタリが連発。
しかし数は上がれど一向にサイズが伸びません。

ヒット

しかし若松さん親子は貫禄のヒットの連続。
とうとうパパさんは80cmに迫ろうかという超ビッグ真鯛までゲッツ!

パパさん大鯛

ヌッシーもこれだけ釣ってるのにこの敗北感は何?!(笑)
潮上とか潮下とかそう言った問題ではなく仕掛けのシステムそのものがもたらす何かだとは思うのですが、一向に謎が解けないのでサイズアップへの打開策が見えてきません。

それくらい若松さん親子の釣果はサイズも匹数も尋常では無いのです。
ヌッシーの超ハイペースな追い上げが効かんのです…

ヒロさん良型

途中からヌッシーのカブラを使って好調に追い上げていたヒロさんも良型ゲッツ!

ハァハァ…
とりあえず納竿…

まずはヌッシー釣果
ヌッシー釣果
小型のリリース含めてキャッチは16匹!
頑張った!(感涙)

続いてヒロさん釣果
ヒロさん釣果
食べ頃含めて8匹!
(いや、これの数でも普通は驚異的!)

しかし…

そんなヌッシーとヒロさんの釣果をあざ笑うがごとく…


若松さん親子の釣果を足した画像がこれだ!!


全体釣果

どど〜ん!
なんじゃこりゃ〜!(笑)
若松さん17匹 若松パパさん19匹
完敗じゃないか
何で16枚も釣って全く良型が混じらないのか訳がわかりませぬ。
今日お世話になった高進丸さんは今までヌッシーが知っていた鯛カブラとはまた違った独特の流し方。ということは対処も当然変わって来るので慣れが必要…とは言え1枚位はエエのん来てもおかしくないか?(笑)
いやはやしかしこんな鯛カブラもあるんだなぁ〜と改めて勉強になった釣行でした。

全部

ヌッシータックル
ロッド:LUXXE Ocean FINEACTOR B65M-R
リール:RYOGA2020
フック:がまかつサーベルポイントS
ライン:PE0.8号 + リーダー3号
シンカー:18~25号

ヒロさんタックル
ロッド:LUXXE Ocean FINEACTOR B65ML-R
リール:オシア カルカッタ 300HG
ライン:PE0.8号 + リーダー4号
シンカー:20号・25号

【地域】鳴門海峡
【海況】小潮 凪
【釣り船】つるぎ
【釣り座】ミヨシ
【釣行者】ヌッシー


どうしても鯛カブラで鯛をやっつけておかないとモヤモヤが晴れないヌッシー

今週も行くぜ鳴門まで!

という訳で3週連続の鳴門つるぎさんです
今日はお客さんがヌッシー含めて3名なので全員右舷に寄せての釣り座
他のお二人は2週前につるぎでご一緒させていただいた方でした
ヌッシーは一番前のミヨシ周辺を独占

出港前に準備をしていると船長が持ち込んだスポンジマットに気が付きました
これって確かサワラを絞める時に使ってるやつですよね?サワラ上がってるんですか?
と聞くと「凄い多い」との答え
と言うことはジギングもしなきゃ!困ったな〜鯛カブラしなきゃいかんのに(笑)


港を出て一投目
すぐさまコココッ!とアタリが来てチャリコゲッツ!

1朝イチチャリコ


チャリコサイズとはいえ狙いの真鯛を幸先良く釣り上げることができて良い感じです
試行錯誤してきた遊動式の鯛カブラが良い感じに仕上がってきたのもありますが、今日は魚の活性も高いようです

幸先いい釣果にニンマリしていたら船長がジグで魚と遊び始めました
どうやら真鯛が物凄いアタってくるようです

まぁ取り敢えず鯛カブラで鯛も釣れたことやし面白そうなジギングやってみるか!(←浮気性)
ポーイと一投目、どうやらサバジャークがエエらしいのでサバジャーク

ゴン!
キューーーーん

何や何や?鯛ちゃうで?!

2ジギングでサワラ


上がってきたのはサワラ!
明石ではヤナギと呼ばれる少し小型ですが久しぶりの本サワラは嬉しいゲストです

その後、今週も釣れたぜな「旨いマサバ」、ツバス、ツバスとヒットして…

何度も真鯛らしきグン!とくるアタリはあるのですがなかなかジグを食い込みません
でも真鯛のアタリは非常に多くて「釣れないけど楽し〜!」
鯛カブラよりも圧倒的にジグのアタリの方が多いです

で、やっとこさ

3ジギングでも真鯛


ジグで真鯛ゲッツ!


さて、ジギングで鯛釣れたし鯛カブラ真面目にするか〜(←浮気性)


ここいらで鳴門三日目にしてようやく自分なりの鯛カブラの肝を思い出して来ました(遅っ!)
思い出したらええ型の真鯛のバラシを皮切りに怒涛の4連発

4鯛カブラで連発

フハハハハハ〜!
やれば出来るじゃないか!(笑



で、最後にジギングでまたサワラを追加して終了〜!(←浮気性)


【本日釣果】
サワラ2・真鯛5・マサバ1・ツバス1(以降リリース)・ガシラ1
今週は五目釣りでした(笑)


5本日釣果


いや〜〜ジグにカブラに盛りだくさんの釣果になりました
特にジギングでのアタリの多さは非常に面白いです
一日ジグで通せばかなりの数の真鯛が釣れるんではないでしょうか
(なかなか鈎掛かりしないとこも熱くなる要因)
しかもサワラもかなり居るので美味しいお土産間違いなし!

鯛カブラの釣果も出たし今日は楽しかったです


【地域】鳴門海峡
【海況】中潮 凪
【釣り船】つるぎ
【釣り座】左大ミヨシ
【釣行者】ヌッシー

前週、大ブリが釣れたものの狙いの真鯛は1匹のみと自分の中ではちょっと残念に終わった釣行
「1週間開けてリベンジだ!」と水曜日か木曜日に再度出撃する予定でいたら何と水木はダブル台風の余波で大荒れの予報

12073109

しかも鯛名人の某焼き鳥屋さんからは「あれほど居たイワシが居なくなりつつある」との情報も舞い込み…
よし!月曜日の某焼き鳥屋さんに続いてヌッシーも火曜日に出撃だ!

という訳で今週も鳴門のつるぎさんにお世話になって来ました

港に着くと何やら見知った顔が…
久しぶりにさとけん先生にお会いしました
今日は違う船にご乗船のようでしたがどないだったのでしょうか?


前週と同じく6:00出船、こないだは思わぬブリが釣れたのにスペーザ35Lしか持って行っていなかったので今週はトランク大将50Lを持込み(笑)
ジグドライブS62ML-RF+ステラのジギングタックルもちゃっかり1本持ち込みです。
ジグを放り込む関係上鯛カブラの邪魔にならないように左ミヨシの釣り座を確保
お客さんは6人です



前情報としては問題のイワシはスッカリサッパリ何処かに行ってしまって居ないとのこと
しかも真鯛もここ2〜3日食いが悪いとのことで出鼻をくじかれた感じです


取り敢えず鯛カブラ開始



喰い悪っ!(爆)


いや〜辛いのなんのって、10時前まで誰にもかすりもせず


それでも10時を回ってポツポツと真鯛が上がりだしました

右胴の間の方、左胴の間の方が続けて真鯛を上げた直後
ヌッシーのカブラにもベタ底3Mからココココッ!っとアタリ発生!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

合わせも決まってゴンゴンと荒っぽく首を振る様子は結構ええ型の真鯛と予想!
今週は流石に一味違うヌッシーをお見せできるぜ!

ん?やけに早く浮力ついたな…抵抗辞めたのか??

ああ見えた…あれっ?!

上がってきたのは何だかシルエットの違う魚!

1マゴチ

ええ型のマゴチでした!

そう言えば毎年恒例にしている梅雨前の久美浜マゴチ狙いに今年は行かなかったのでマゴチ食べてなかったんよね、ちょうど良かっ… 
って真鯛ちゃうやん!

今が旬のマゴチ、しかも鳴門産、
夏の真鯛よりも遥かに旨いのは百も承知ですが船中鯛・鯛と来て何故一人だけマゴチ?!

今日も外道ハンターっぷり全開です(笑)


ここからもまた渋い展開
ごくたまに真鯛がポツーンと上がります
なんやかんやと言いながらヌッシー以外は真鯛一巡の様相

何で真鯛釣れへんのやろ?


ここで周りを見渡せば周囲には結構な数の本職漁師さんたちがケンケンを引っ張っているのが見えます
どうも上の方を引っ張っている様子から恐らく狙いはサワラと推測
これだけ本職さん達が集まっているということは魚は居るということであるし、にしては釣れていない様子なので恐らく底に近い棚が正解か!

そこでジグドライブS62ML-RF+ステラにCB-ONEのC1(120g)を括ってポ〜イと遠投!
ボトムから1,2,3 1,2,3 ドン!

おっと1投目でヒット!
引きの様子から青物、メジロかな??

と思っていたらいきなりステラのドラグをギョギョギョギョ〜!と引き出しながら真下に突っ込み始めました
横に来た船長は「大きな真鯛か?」と聞いてますが、いやちゃうでしょう!カンパチでしょう!

かなりパワフルなやりとり!
久しぶりのスピニングタックルでのジギングは楽しぃ〜!

2カンパチ

上がってきたのはシオ大?… いや船長が「カンパチや」と言うのでカンパチ認定!(笑)


しかしまた真鯛と関係無いものを釣ってしまった…
まぁジギングして気分転換になったので鯛カブラ再開です

何か釣れたと思ったら小型のガシラだったのでノータッチリリース

4鳴門


そろそろ終盤戦に差し掛かってきました
ここまでマゴチとカンパチと高級魚2種揃えて釣果に不足は無いですが本命の真鯛が無い状況は何とかしなくてはいけません


かな〜り真剣に鯛カブラを巻き巻きしていたら…
フォールで何かにひったくられました!
真鯛…じゃないな、結構大きい?よく引くな〜あ、でも小さい?何?

3サバ


エエ型のマサバでした
先週のマサバもゴッツ旨かったですが、今回のは更に丸々としてて旨さがにじみでています(笑)

しかし鯛釣れんな〜

更に巻き巻きしてると今度は上げで明らかにサバと思われるヒット!


胴の間の方からは「これだけ釣り上げて鯛が混じらないのもある意味凄い」と妙に感心されました
そうなんです他の皆さんは全て真鯛のみ、マゴチもカンパチもマサバもヌッシーだけ


ビバ外道王(泣)

ここで納竿
今日は1匹も真鯛釣れんかったわトホホ

【本日釣果】
マゴチ、カンパチ、マサバ2

5釣果


いやぁ〜よく釣れて良かったのか、真鯛釣れずに残念やったのか謎(笑)
取り敢えず今の時期の真鯛よりは遥かに旨い魚ばかりなんですけどね
でもほら、釣り師の意地みたいなものってありますやん?

なんて言うか…

終わってから船長と二人で反省会をしましたが、結論から言えば「まぁ次回も頑張りや」(爆)ってな事に落ち着きました

ちくしょ〜!またリベンジに行くぜ!



まぁまた頑張れよって励ましのポチを!
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

【地域】鳴門海峡
【海況】中潮 凪
【釣り船】つるぎ
【釣り座】左大艫
【釣行者】ヌッシー


そろそろ鯛も産卵後の回復期に入ったんじゃないかと鳴門海峡のつるぎさんまで遊びに行って来ました
つるぎさんでお世話になるのは4〜5年ぶり
ちょっと緊張します!

船は亀浦漁港を6:00に出港、お客は6人でヌッシーは何となく左の艫に釣り座を構えました

で、朝イチ
右艫のレンタルタックルのおじさんがいきなりエエ型の真鯛を上げました!
レンタルタックルとはいえつるぎのレンタルタックルは恐ろしくバランス取りしてあるので舐めていると痛い目に遭うという噂は本当でした
このおじさんは立て続けに真鯛連発!

一方左ミヨシの常連さん二人も頻繁に当たりをとって真鯛も確実に釣り上げていきます

何となく何が悪いのか判って来ました
先日の高松鯛カブラもそうでしたが、ご当地セッティングにハマらないと厳しいようです
この辺りはどこの海域でも取り敢えず同じ装備で何とかなるジギングと違って鯛カブラはシビアですね
んでもって「はは〜ん」と判っても船の上では対策の立てようも無く…

色々悪あがきをしてみます

少し派手系のネクタイを付けてみたら何だか妙なヒット!
上がってきたのはマサバ!
丁度サバを食べたいと思っていたとこ… いやいや違うんです鯛を釣りに来たんです


色々試していると…



グッグッグ〜〜〜!
っと抑えこむアタリ!


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
やっと来たよ!


よいしょとスイープに合わせたところ…




キュキョキョッキョキュキュキュキュキョキョキュキュキュキョキョッキョキュキュキュキュキョキョキュキュ&%$#!

物凄い勢いでドラグが無限逆回転開始!

うお!青物や!
周囲も青モンや!青モンや!とカブラを上げて協力してくださりますが…


ドラグは相変わらずキュキュキョキョキュキュキョ&%$〜!っと高速で引き出されるばかり
「青物ですわ」と返事はしてみたものの
「でもこれメジロやなくてブリやで!」と心の声(笑)
ヤバイ!と思ったので即ドラグを少し緩めます



まずは冷静になってみよう!
がまかつのNEW鯛カブラロッドFINEACTOR B66M-F(先調子モデル)はブリと予測される相手に対してまだバットに余力を残して耐えています
FINEACTORグッジョブ!


がまかつ(Gamakatsu) ラグゼ デッキ ステージ ファインアクター B66M−F
がまかつ(Gamakatsu) ラグゼ デッキ ステージ ファインアクター B66M−F

一見ライトに見えても内に秘めた強さは本物
一日使っていても楽です




PE0.8号リーダー4号とブリ相手には恐ろしくライトなラインですが200m入ってるし無理をしなければ大丈夫でしょう
RYOGA C1012もドラグから唸り声を上げながらギリギリのところで踏ん張っています


問題は鈎!
一瞬のバイトでも鯛のクチビルに掛けてやろうといつも使っているがまかつ口元尾長9号ではなく口元尾長5号と言う超マイクロな鈎!
線経0.72mm・重量66mg・フトコロ強度3.5kgしかありません
変な所に掛かっていれば口切れするだろうし、無理をすれば一気に破壊されるでしょう


頼む!口元尾長5号!

ハラハラな攻防は続きます
それでも時間が経つに連れて相手も弱って来ました
チャ〜ンス!
勝負をかけると…


見えた!

デカい!

バカでかい!(爆)

1回目のタモ入れは失敗
2回目は慎重に魚を回してタモ入れ成功!

鳴門2

鳴門1


うひょ〜〜〜!デッケー!
93cmの大鰤でした


口元尾長5号は少し伸ばされていたけど耐えてました
ラッキーな事に鈎はカンヌキの所にガッチリフッキング
スゲェぜ!がまのグレ鈎!

伸されていた鈎



がまかつ(Gamakatsu) A1(エーワン)タイプ 口元尾長
がまかつ(Gamakatsu) A1(エーワン)タイプ 口元尾長

10kg級の鰤でもOK!(笑)
8号9号は鯛カブラにオススメ!



でも…
今日は鯛を釣りに来たんです
デカいけど外道… 外道だけどデカい…
嬉し恥ずかし微妙な感じ(笑)
狙ってもなかなか捕れないサイズなのに…


鳴門の魚たちよ、もう少し空気読めよな


この後もヌッシーの試行錯誤は続きます
ポイントは90mライン、プロトの鯛カブラフックで投入

コン!コンコン!
お!
コンコンコング〜ン!
ヨッシャーやっと鯛が乗ったよ!

慎重すぎるくらいに慎重にやり取りして上がってきたのはやや小型ながら待望の鳴門鯛!

鳴門3

いや〜やっと鯛釣れた(笑)

以後目立った動きなく納竿
近いうちに鳴門のセッティングでもう一度乗り込むぜ!

鳴門4

帰りに少し徳島市内まで足を伸ばしてガマカツチーム推薦のラーメン屋さんに行って来ました
これが徳島ラーメンか!!
また来よう(笑)

179899_408676579188789_1331910550_n




にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村>

ついに夏到来って感じですね
水分だけは船に沢山持ち込んで体調管理してくださいね!

1

【地域】 鳴門
【海況】 中潮 曇天/時々雨
【釣り船】つるぎ
【釣り座】右ミヨシ
【釣行者】ヌッシー ・ エイト3藤本店長 ・ 窪和久君

 

いつも行くフィッシングエイト3の窪和久君と「明石の魚英にアコウの飲ませ釣りに行こう!」と計画していたヌッシー。エイト3の藤本店長も参加することになり、さて実行!と言う段になって急遽「鳴門好釣!」の一報アリ。
無理矢理行き先変更となって鳴門のつるぎに出かけてきました。

朝3時にエイト3集合、藤本店長の車に便乗して一路鳴門へ。
今日は梅雨前線が真上に乗っかっているために生憎の雨模様。
まぁ降ると判っていればそれ相応の装備で臨むために特に問題はありません。
関西を代表する釣り名人の二人と一緒ですし、月曜日には同じつるぎ魚英の常連お友達H房ブラザーズが爆釣したようですから釣果に関しても何の心配も無いでしょう。

ドンヨリとした鳴門海峡いざ出港!
天気は雨交じりの曇天。鳴門大橋の橋桁上部までもが重たい雲に隠れています。

藤本店長は左大ミヨシ・窪和久君は右大ミヨシ・ヌッシーは窪和久君の後ろに布陣。

今日は潮が緩いのか鳴門海峡名物の海峡段差(激しい潮の流れで出来る1〜2Mの壁)もありません。

いきなり海峡付近で釣りスタートです。

んで……魚どこにおるんじゃ!(笑)
どないなっとんじゃ〜〜!
と思った7時頃「おっ!」とか言いながら藤本店長が鯛飯にももの足りないチャリコ(小鯛)を1匹釣りあげ。
さっきからたまにコツンとか来るのはこいつかぁ〜。

んでもってまた全然釣れない時間が続きます。
まぁなんやかんや言ってこの釣りは毎回こんなパターンですし、なんやかんや言って最後には何か釣れるものですから焦りません。

そうこうしている間にポツリ・ポツリとどこかで何かが釣れ…
12時を回った時点で気が付けば何も釣っていないのはヌッシーと窪和久君と左艫のオッチャンのみに…。

これはやばいかも…

しかし久しぶりに心が折れかけていたヌッシー、取りあえず寝て心の力の回復を図ることにします(笑)
クーラー並べてしばし昼寝。
30分程して起きてみても状況は何も変わらず。
よしよし!今から追い上げじゃ!!

ポイントは鳴門海峡大橋西の水深70M、海峡に向かって流れる引き潮の流れです。

窪和久君に大物ヒットかなりやる気になって仕掛けを落としていると…

隣で窪和久君にヒット!!
ん?!何それ?でかいの?

竿がブチ曲がっています。
鯛ちゃうやろ、それ?
寒鯛?アコウみたいにも見えるな〜

途中まで巻き上げたところから更に魚の締め込みは強くなり窪和久君も悪戦苦闘しています。
釣り座は右ミヨシなのに魚に引っ張られてミヨシ先端を周り、左へ移り、左胴の間をドンドン後ろへ後退していきます。

おいおい、早く上げないと鳴門海峡に突っ込むよ!
いつもの壁は出来ていないとは言え、鳴門海峡は激流が渦巻いています。

あ〜突っ込む突っ込む!
ドン!海峡に突っ込んで船はガクガク揺れる揺れる(笑)

窪和久君は更に後退して後ろのスパンカー(船の姿勢を制御する帆)の間で苦闘中。
そこでやっとタモが入って…

窪和久君新記録70cmあがってきたのは
でかい!
でかい鯛です!

窪和久君の自己新となる大真鯛70cm

凄いの釣り上げたねぇ〜!
やるねぇ〜!

やっぱり深場にはでかいのいるねぇ〜
しかし最近ヌッシーの周りで自己新の鯛釣り上げる人多くないか?もしかしてヌッシーは福の神?

しかしその福の神様自体はサッパリ釣れず(笑)

残り1時間一生懸命頑張ってみましたが何も起こらず。
ヌッシーカス決定です!

グハッ!傷つくなぁ〜シクシク…

藤本店長に「鯛(チャリコ)あげよか?」と言われて「結構です!」と即答したヌッシーでした。

くそ〜〜!
鳴門なんて嫌いだぁ〜〜〜!

今日の敗因 : ヌッシーの想像を絶する遅巻き!サビキ釣りかっ!って位遅巻きでした。

5

【地域】 鳴門
【海況】 大潮 西の風4〜5M 波高1.5M  
【釣り船】つるぎ
【釣り座】左艫
【釣行者】ヌッシー I井さん 
【釣果】 ヌッシー 真鯛59cm1匹
      I井さん 食べ頃真鯛1匹

 

「鳴門で青物が釣れている」そんな情報を元に鳴門の釣り船「つるぎ」のHPを開くと・・・本当に青物が釣れています!しかも当然この時期ですから真鯛も釣れています。
鳴門のメジロと真鯛で今夜はご馳走やぁ〜!
っと行きたいのだけれど、1人で行くには橋2つ渡るのは高すぎる。
そこで仲間を募ったところI井さんが一緒に行ってくれることに。
イエス!!

つるぎさんと懇意ないつものフィッシングエイト2の窪和久君に予約入れと情報入手をお願いしたところ、どうやら今週は青物が調子良い潮ではなく青物狙いなら来週が良い。と言われましたが取りあえず行ってみることに。
最初から渋い展開は承知の上です。

ちょっと早めの5:30に鳴門の亀浦漁港着。6:30出船です。
なかなか良い船。ヌッシーは左大艫に席を取り、I井さんはその隣です。今日は7人乗船。

天候は弱い冬型気圧配置ながら西の風は結構きつく波も高いです。あちゃ〜ヌッシー酔い止め切れてるの忘れて持ってきていません。まぁいっか。

初っぱなはちょっと走って沼島南の青物ポイントへ。しかし小一時間ジギングして見るも船中全く反応が無いために早々に切り上げて鯛釣り開始です。

今回の鯛釣りの仕掛けは加太方式と似たビニール片を疑似餌とした全長10Mの長仕掛け。今日は鯛カブラでは分が悪いとの事ですが、風が強い日にこの長仕掛けも結構分が悪いです。
取りあえず鳴門大橋東でレクチャーを受けた後、大橋西に向かい本格的に鯛を狙います。

巻き続けるI井さんとにかく仕掛けがもつれないように慎重に投入した後、一旦底を取りゆっくり巻き上げの繰り返し。
黙々と巻き続けます。

しかし当たり無し。船中だれもかすりもしません。船頭の「もう少ししたら良い潮に変わる」の言葉を信じてひたすらリールを巻き続けますが生命反応0です。
風向きと潮の向きが真逆なので二枚潮になっている様子。ハリスは海中で絡まるし釣りにくい事この上無しです。

そうこうしているうちにヌッシーちょっと船酔い。I井さんに酔い止めを1錠貰いますが船酔い度20%前後で推移している感じ。なんか嫌な感じです。

「この一流しが終わったら休憩しよう」と思い続けますが、魚探を見るたびに魚探に映る魚の反応が良くなって来ているのが見て取れるために休めません。
しゃあない頑張ろか。

11:30頃、何度繰り返したか判らないほどの投入巻き上げを繰り返した後の再投入。

コツッ!

キタァ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

コツッ!コツッ!コツッ!!明らかに真鯛のアタリです!ここで早合わせしては全てが水の泡!合わせたいのを我慢して巻き続けます。

「来いっ!来いっ!来いっ!!!」ヌッシーがブツブツ言っているので周りの人もヌッシーが当たっている事に気が付いた様子。そう、これが船中初アタリなのです。

コツッ!来いっ!コツッ!来いっ!コツッ!来いっ!コツッ!来いっ!まだかぁ〜?!
7回か8回アタリがあったときにスッと竿先がやや絞り込まれました。「乗ったか?乗ったのか??微妙〜!」しかし意を決して巻き合わせ。

乗ったぁ!一気に竿が絞り込まれました。周囲の注目浴びます。ばらせません(汗)
巻いてはドラグ出されの繰り返し。一向に上がってきません。
「大きいんか?」と後ろの誰かに聞かれたので「ん〜いやそれほどでも・・・」と無意識に謙虚な言葉が口から出ましたが(笑)明らかにでかいです。

少しだけドラグを絞って勝負に出ます。リーダー入って仕掛けをたぐり寄せ・・・でかい!! 船頭がタモで掬ってくれました。
ウシッ!

「おめでとうございます!」船頭が珍しく祝ってくれた上に握手してくれました。どうやら本当にでかいようです。
良かったぁ〜やっと1匹釣れたよ。
船酔いはすっかり解除されています(笑)

ここから船中急にアタリだします。魚探を見ると水中は鯛の反応でビッシリ!どんだけ鯛おるねん!けれど釣れるのはポツリポツリです。鯛釣り難しい!!

お!隣でI井さんの竿先がコツコツお辞儀しています。I井さんの顔を見るとヌッシーと目があった途端に「ニマァァ〜」っと笑っておられます。が、これはばらし。

1月18日釣果直後にまたアタリあってI井さんも食べ頃の綺麗な真鯛ゲット!!良かったぁ〜!これで二人揃って帰れます。

その後1時間ほど続いた時合いですが、ヌッシーもI井さんもアタリはあるものの魚を乗せきれず。アタリも遠のいた14:00に納竿となりました。

59cmの真鯛とJrいやぁ〜鯛釣りって難しい!!
ヌッシーの釣り上げた鯛は60cmに僅かに届かない59cm。つるぎとしても久しぶりに出たナイスサイズだそうです。久しぶりの大鯛です。
しかも高級鳴門産!一番美味しい時期のビッグサイズ!末端価格は恐らく1万円を優に越えるはず。
(尻尾の切れ目は神経絞め職人I井さんの技が炸裂した証)

1匹しか釣れなかったのは残念だけど、でかい鯛が釣れたから満足です。

 

ポチッと押してね 買ったら高いぞ!!

このページのトップヘ