ヌッシー疑似餌同好会

カテゴリ: 2017 オフショア

【海況】3月20日小潮 晴れ→曇 
【釣船】グランブルー
【釣り座】右艫

G社の若い衆に「ジギングに行きましょう!」と誘われたヌッシー。
行き先は竹野の
グランブルーさん。 
丹後というよりは但馬の海です。
ここのところパッとしなかった丹後〜但馬海域ですが釣行日前日から大爆発!
どこの船からもブリラッシュでウハウハな釣果が釣果報告が舞い込みテンションあがります!
大体「好調!」と聞いても3日と持たないのが常ですが、流石に昨日の今日ならそれなりに釣れるでしょう。

という訳でグランブルー発進!
グランブルー

今回はG社若い衆5名+ヌッシー+知り合いの計10名でのチャーター。
遅めの8時出船です。
ヌッシーは右艫に釣り座をもらいました。

出発早々同船になったチームエロネスの原田さんから「え?好調二日目?いや土曜から釣れてるから三日目やで」とまさかの情報! 
マジっすか?!
三日目は無いかも…

という訳でシャクリ倒しますがスッカスカでアタリ一つありません。
丹後半島東側の船も昨日好調だった白石が不調なのか丹後半島西側の網野前まできているらしく絶不調ぶりが伝わってきます。
まさかまた海域ごと砂漠化させたか?!
シャクっていても全くジグに潮が絡まないスッカスカな状態が続き、試しにボトムを叩きまくっても根魚一匹釣れません。

嘆いていても仕方がないのでシャクリ倒します。

と、ここでいきなり左大艫のG社若い衆Aクンがドゴン!とヒット!
おっとビッグファイトやん!
ナイスファイト

ロッドはがまかつ最新最強のLUXXE JIGREVO SpecD S62UL-F!
柔軟なスペックですがバットがガッチリと粘りまくっています。

上がってきたのは7.5kgのメタボブリ!

5kg

やりおったー!

続けとばかりに皆の活性上がりますが全く続きません。

心折れそうになりながらも最後までシャクリ倒しましたがヌッシーにはマトウダイ以外何も釣れず…
そう言えばこの日はマトウダイが4〜5匹釣れてましたね…潮止まりの使者マトウダイ…トホホ
船中青物はこのブリ一本のみ。

まぁしゃあなしだな〜
やっぱり三日目は危ないな〜


おまけ:久しぶりに見た猫崎(通称キューピー)
キューピー

【海況】3月13日大潮 終始パラパラ雨 
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】大ミヨシ


最近ジギングよりもタイラバでの露出が多くなったヌッシー。周囲では「ゴム兄さん」などと呼ばれてたりしますが…
色々な所で撮り貯めた写真を使っているうちに鯛を持ってるいわゆるブツ持ちの写真ストックが足りなくなってきてしまいました。
マダイを釣って写真を撮らねば!
という訳で写真を撮るセンスは近畿の船長随一の第八大洋丸長野船長にお願いすることにしました。

今回はヌッシー含めてお客さん5人、ジギングでシオ狙いに同船して1人タイラバに挑戦です。
朝に港で用意していると「ヌッシーさん!」と釣友でBEATマニアのオキくん登場。
お!今日は一緒やね、よろしく!

ヌッシーは大ミヨシの釣り座を頂いて出撃です!

すさみ

しかし案の定潮止めの名人ヌッシーと同じく潮止めの名人オキくんが乗ってるせいで潮は地獄のゼロノット
ヌッシーは朝イチにちょこっとシオ狙いのジギングをした以外はマダイを釣るべくタイラバを巻き巻きしますが何のアタリもありません。

しばらく頑張ってみてふとポイントをよく見ると「あ!ここはマダイ実績ポイント…」。ヌッシーにマダイを釣らせてやろうとの船長の好意が無言のプレッシャーで迫りくるスペクタクル。
寝不足で昼寝したいですが休むわけにはいかないのでタイラバをマキマキし続けます。
(船長ありがとう〜!)

しばらく頑張っていると隣でジギングしていた兄さんがガツン!とヒット!同時に艫の兄さんもガツンとヒット!
上がってきたのは予想通りのシオ。
隣の兄さんは何とシオのダブルです!

ダブル
慌ててジギングタックルに持ち替えるも後の祭り。

更にしばらく巻き巻きしていると皆さんゴン!とヒットしてアオハタ祭り!
え?釣れてないのはヌッシーとオキくんだけ?
そんなオキくんも何やかや言いながらアオハタ2連発。

しょうがないな〜とヌッシーも再度ジギングタックルに持ち替えてシャクるとドゴン!と大型ヒット!
ヒャッホー!
ポロリ…
今日イチのアタリをバラしてしまいました(T_T)

そのまま延々あがいてみるも何も起こらずストップフィッシング。
清々しいまでにボウズでした。

まぁ今日は恐怖のゼロノットやったししゃあなしやな…
(毎回のような気もするけど…) 

はっ!しまったマダイの写真が無い!
(ミッション失敗)

【海況】3月6日小潮 曇り南風→雨西爆風
【釣船】拍宝丸
【釣り座】二人で貸し切り

ラグゼプロスタッフの宮川さんから「サワラ食べたい釣りたい!」とオーダーを受けたヌッシー。
行きましょ行きましょ!今なら舞鶴湾でサワラ・サゴシ祭り開催中です!
という訳で予約を入れたのは舟屋で有名な丹後の伊根から出船する拍宝丸さん。
ポイントは目の前です(笑)

拍宝丸

ヌッシーはJIGDRIVE B60L-RF・宮川さんはJIGDRIVE S62L-RFのLロッドで臨みます。
ジグはド定番のメタルフリッカー120gアカキン。フロントフックは刃物対策でアシストフック筋鋼です。
ポイントに着いてジグを落として…
ヒット!!
宮川さん釣れますよ!(宮川さんまだ準備中)
あ、バレた!おっとまたヒット!
宮川さん釣れますよ! (笑)
(宮川さんまだ準備中)
よいしょっと抜き上げ
落とすなりヒット!
宮川さん釣れますよ! (爆)
(宮川さんまだ準備中)
宮川さんの準備が出来るまでに既に2〜3本サゴシを抜き上げ。
準備ができた宮川さんも入れるなりヒットしています(笑)
そのまま宮川さんも連続ヒットモードに突入!

こ、これは爆釣コースや!

もうめったらやったらと釣れます。
船長は釣れる先から絞めて血抜きして冷やしてくれています。
魚を全然触ってない…(笑)
ブツ持ち写真はエエのが取れたら撮りましょう。

しかし今日は食いが非常に浅いのか抜き上げるのと同じくらいバラしまくります。
ヌッシーのデータではココのサワラは大概フロントフックを噛んでくるのですが、今日は8割リアフック。

ジグ
(リアに噛み傷が集中)

2人でサワラの炙りサイズを目指して釣り続けます。
おりゃ!サゴシ
とりゃ!サゴシ
そりゃ!サゴシ
どぉうりゃぁぁ〜!サゴシ!!


はぁはぁ…サイズが上がんない(笑)
かなりサゴシを釣ったはずですが…

そりゃ〜!ゴン!
お!何か重量感!
これはサワラ… じゃないな…スレ掛かりか?

上がってきたのはシーバス。

シーバス2

シーバス久しぶりに釣った〜 よし!食ってやる!(笑)

そうこうしているうちにずっと吹いていた南からの風がピタッと11:30に止みました。
天気予報では昼から西の爆風になるとの予報。
サゴシの食いも止まってきたし岸寄りでヒラマサ狙おう!
とヒラマサポイントに行くも到着するなり西の爆風と叩きつける雨。
無駄に時間通りやな…
結局当たり1発のみで撤収。

でかいサイズは出ませんでしたがサゴシ爆釣で終わりました!
(左列ヌッシー・右列宮川さん)

釣果

主原釣果

宮川さん釣果

よく釣れたね〜
今日のサゴシは行儀が良くてこんなに釣ったのに二人共一つもジグを無くすこと無く終わったのも凄かったです。
そして
拍宝丸さんの手際が良くてコレだけ釣ってるのに二人共殆ど魚を触っていないのも凄い(笑)
船長の読みも大当たりで良い釣りさせていただきました!


さて帰りましょうか〜

でも伊根から一山越えたら福知山。
そうだ!ラグゼスタッフの木下くん(エギング担当)のお店でラーメン食べて帰りましょう!
雨風で体冷えたからラーメン温まるしきっと美味しいですよ〜
と福知山までドライブ。
 ・
 ・
 ・
店閉まっとるやんけ!(夕方は18時から)
6時から


店の裏手に居た木下くんを引っ張り出して宮川さん直々のお説教です(嘘)

三人で

そんなこんなで楽しく釣りできました。
宮川さんまた行きましょう!

【海況】2月25日大潮 晴れ・まぁまぁ凪
【釣船】シーホーク
【釣り座】前から2番目

今年は数年ぶりに好調と噂の舞鶴湾口のサワラ。 
サワラ好きとしては行かねばなるまい!(笑)
という訳でいつもの舞鶴シーホークさんまでお世話になってきました!
古川船長によれば舞鶴湾口手前のタチウオと向こうのサワラのセットで牙物退治とのこと。
どちらのポイントもシーホークの港から目と鼻の先のベストポジション。
朝に港に着くとエイトアネックスのマリナちゃんも居て、お客さん計5人で出撃です!
(ヌッシーは前日から突如花粉症がMAXパワーで発症…何かフラフラする中での参戦です)

まずは行き掛けの駄賃なタチウオから。
タチウオは最近渋めとの事でしたが、その通りヌッシーの後ろの方が1匹釣り上げただけで終了。
タチウオは放っといてサワラ行きましょ!!

朝日を浴びながらシーホーク出港!!
出港

今日の気温は比較的暖かですが周囲の山には先日の大雪がまだ残っています。
雪山

取り敢えずJIGDRIVE S62Lにステラ付けて久しぶりのスピニングタックルでGO!
スピニングってどうやって巻くんだっけ?(笑)記憶を辿りながらシャクシャクしてるとドン!
オレンジのメタルフリッカー120gに立て続けにサゴシやサゴシ+α(明石で言うところのヤナギ)がポポ〜んと釣れます。
あっという間に全員安打!

トリプルヒット

マリナサワラ

サワラA

サワラC

サワラB

ヌッシーは小型が多かったのですが何とか小マシなサイズを取ろうと試行錯誤。
どうやら今日はミラーフィニッシュのジグに高反応のようなのでアルミのフルセにチェンジして小マシなんゲッツ!

やっとこサワラ

途中ちょっと自分だけ当たらない時間もあったりしましたが、対サワラ用のワイヤー入りアシストフック「がまかつ筋鋼」 も駆使してエエサイズも手堅くゲッツ!

筋金

さらに太めのサワラサイズも飛び出して…

良型(笑)

終わってみればサゴシ含むサワラ14本で終了〜!
同船者全員10本以上釣り上げて爆釣と言っていい結果となりました。

帰りの駄賃代わりにまたタチウオを狙いましたが、マリナ嬢が上手に2本釣り上げたもののヌッシーにはかすりもせず…

マリナタチウオ

ここでストップ!

まぁ上出来だ!
明日からサワラ三昧です!

釣果



今日も夜明けから夕暮れまで楽しく遊びました。
帰港


【海況】2月15日大潮 晴れ 北西の風6→10m 
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】左胴の間

南紀にタイラバに行こう!
TEAM LUXXE 桜幻 で周参見の大洋丸さんところへタイラバで行くことになりました。
あまり南紀でのタイラバの情報は出てこないですが実は白浜以南の海域はマダイの宝庫。
餌釣りで少々狙う船があるだけでタイラバのポイントとしては穴場です。
ドテラでもバーチカルでも狙えるポイントが無数にあって魅力的なのですが、最大のオススメな点は本職の漁師さんたちが網を入れないこと。網でゴッソリ居なくなるってことが無いのです。
潮さえ動けばサイズはメータークラスまで夢が広がるええとこです!(笑)

大阪からの道中は朝方なので気温2〜3℃、一番寒かったのは紀伊田辺インター近くで車の外気温計で−1℃、南紀やのに大丈夫かいな?と思っていたら紀勢道で椿を超えた辺りで気温はグンと上がって4℃。この辺りから黒潮の影響を受けるためで水温に至っては17〜18℃もあります。

今回のメンバーはヌッシーとLUXXE STAFFの永田君、永田君の友人、そしてTEAM桜幻総監督のがまかつM氏の4名。
長野船長の第八大洋丸でゴー!
いざ海に出てみると港でも感じたことながら風が強い!
北西風が結構な勢いで吹いてます。真北からなら南紀は完全に風裏なのでマシなのですが、今日の風は西寄りの北西風で一番難儀な方角からです。
しかも潮が動いてない!(爆)
いや、気持ち上り潮(北に向かう潮)なので風とぶつかって二枚潮になるわ波出るわとエエトコ無し。

けど無風よりマシ!
水深70mを新発売のタイラバQ150gで狙ってみます。
ファーストバイトはヌッシー、ココん!と来ましたが乗らず。 
ここで永田君がヒット!
軽い…と言いながら上がってきたのはアオハタ。
アオハタ

エエやんアオハタ!
かなり厳しい展開なので何でもオッケーです!
むしろマダイ以外のバラエティに富んだゲストの多さが南紀の魅力。
何でも釣れるぜタイラバQ!

そこへ回収中に何かがドンと乗ったのはM氏。
ん?それもマダイ違いますね?

松島さんシオ

上がってきたのはシオ!
お〜〜〜!シオまで来るか〜!

そこへヌッシーも妙なあたりを感じて巻き合わせ!
あ、これもマダイちゃうし(笑)

センニンフグ

上がってきたのはセンニンフグ(毒)!
今まで大概南紀で色んな魚を釣ってきましたが、まだ知らん魚釣れるか〜(笑)
懐深いわ和歌山県
センニンフグをリリースしてマキマキ…

かなり北西風が強くなってきました。
いつもは椿の南にある市江崎で北風をシャットアウトできるのですが、今日は西より過ぎて風が吹き付けてきます。

ここで何かヒットしたのは永田君。
マダイちゃう…と言いつつ上がってきたのはマダイ。

マダイ

船中ようやく本命出ました。

なかなかマダイが出ない中で皆でアレコレ試しつつタイラバを巻いてみます。
すると軽めのシンカーでユックリ落としていたM氏がフォールで何かヒット!
何かデカそうです!
大艫からヌッシーを躱し永田君を躱してミヨシ先端まで!
ビッグファイトを制して上がってきたのはまさかのカンパチ!
しかも体高と太さが際立つ絶対旨いやつです!

カンパチ!


ビッグファイトではありましたが、ジギングなどで掛けた場合と違ってあまり魚を怒らせないのか細いロッド(今回は皆でLUXXE桜幻ULを使っていました)や細いラインの割にはすんなり上がってきた印象です。

え〜な〜カンパチ…

風はいよいよ強くなってかなり厳しくなってきました。

荒海

ここでポイントを浅場に変更、アカハタメインで狙うことに。

流石にアカハタはキッチリ釣れて全員安打。

永田くんアカハタ

アカハタ良型

やっとアカハタ

こちらもアカハタ

ちょっと海況厳しくマダイの声をあまり聞けませんでしたが、取り敢えずボーズはギリギリ脱しました。

釣果

しかしカンパチえ〜な〜!
腹回りが半端なく太いです。

次回はもっとデカイの狙うぜ!!

カンパチ旨そう

【海況】1月18日中潮 快晴ベタ凪
【釣船】白墨丸
【釣り座】右胴の間

そろそろタイラバにも行かなきゃ〜!
という訳で行ってきました淡輪漁港の白墨丸さん。
数年ぶりに大雪を降らせた大寒波明けの快晴ベタ凪です!
週末はまた荒れそうなので出撃できるのはこの日しか無いというピンポイントの日。
平日なのに満員の8人お客さん載せて白墨丸出港〜!

白墨

取り敢えず巻き巻き…

巻き巻き…

寒っ!巻き巻き… 

反応無いです…

午前中はコツンとショートバイト一回あったっきり。

しかし胴の間前から3番目の隣、4番目のお客さんはなかなか型は出ないもののチャリコを時々釣りはるんですよね。
ヌッシーになくてこの人が持ってるものを色々試行錯誤しますがヌッシーには反応ありません。
ちょっと考えて隣とリールを巻くリズムを合わせてみました(リールが違うから意味は無いと思うのですが…)
するとココん!とバイト有り!

マジ?!

もう一度同じリズムで何ぞヒット!(笑)
いや、鯛ちゃうし…

船長が「竿曲げろ」と言うのでまげてみました(爆)
ロッドはLUXXE 桜幻UL

曲がり

上がってきたのは途中でヌッシーが宣言したとおりエソ。

船長は夕方まで頑張ってくれたお陰で最後の流しで艫でええマダイとヌッシーの左のお客さんがええアコウゲッツ!
ヌッシーは完全にホゲリました…(涙)

大寒波で予想以上に水温が下がったのが痛かったみたいですね。
まぁしゃあなしだ〜
次回また頑張ります。

【海況】1月7日長潮 曇天ベタ凪
【釣船】中吉丸
【釣り座】左舷胴の間

2017年、本年も当ブログをよろしくお願い申し上げます。
今年もタイラバにジギングに楽しく邁進していきたいと思います!


そんな2017年の年明けですが、ヌッシーはというと例年の恒例行事のように年末から風邪をひいて寝こみ正月でした。幸い(?)インフルエンザではないものの咳が続いてしんどいです。歳取るとなかなか治らないですね…

そんなまだゼヒゼヒ言ってる状態ですが初釣りに行ってきました。
ソルティガ吉田氏と釣友の岡野さんと3人で広島県竹原港からでる
中吉丸さんにお世話になってタチウオジギングです。
いきなりのチョイ遠征は病み上がりの体力的に心配ですがとにかく大阪から320km程走って竹原港からGO!

今回のタックルはLUXXE FINEACTOR B66M-F(RYOGA C1012+PE1)  B65M-R(RYOGA C2025+PE0.8) にリーダー8号とヌッシーとしては珍しく太刀メタル2.5も装着。

ポイントに着くとやっぱり大船団です!
船団

でも何かがオカシイ…
何だこの違和感は?!


空には海鳥がやたらと飛び回っています。
釣り人が釣れたタチウオの頭や内臓を放り込むからか?
いやそれにしては多すぎる…

よくよく見ると周りのほとんどの釣り船は餌のテンヤ仕掛けです!
中吉丸もヌッシー達3人以外は全員餌テンヤ。
付け替えた餌の投棄目当てに海鳥が集まってきているようです。

いやいや、ここって殆どジギングで狙うところじゃなかったっけ?

理由はすぐに判りました。
ジグでなかなか当たらん!!

ヌッシーは序盤SLジグや枝豆ジグを使ってチョイフォールで食わせに掛かりましたがヒットはするけど散発的。

ジグや餌で釣れるタチウオに尻尾を喰われた物が多いので共食いパターンを狙いつつフルセシルバーで狙ってみたりもしますが釣れることは釣れるけどコレジャナイ感満載(笑)

共食い系


中盤以降はSVジグのタダ巻きで多少連発させましたが奮闘むなしくココマデ…

吉田さんも岡野さんもこんなの連発させてましたが…

吉田さん良型

岡野さん良型

でもやっぱり餌テンヤの方が数も型も良いですね〜
テンヤでは久しく見たことなかった超大物も上がってました。
テンヤも観察しましたが近畿では見かけない面白い餌の付け方も教えてもらって勉強になりましたよ。

まぁ結果的には
病み上がりには寒風身に滲みて身も心も寒く…
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

タチウオ16匹…
あぅぅ…

年始釣果


まぁしゃあないな〜
取り敢えずここから2017年は尻上がりに頑張るぜ!

【海況】12月12日大潮 晴れ 
【釣船】第八大洋丸
【釣り座】自由

このところ南紀のキハダが何だか騒がしい。
50kg60kgと言った大型のキハダがポンポン上がり、遂には某メーカーさんの若い衆が「アカムツ用のPE0.8号で40kgのキハダを30分で釣り上げた」なんて話は「駅前の交差点を時速200kmで直角に曲がった」位にニワカには信じられない話ですらある。

一体どうしたことなのか周参見の第八大洋丸 長野船長に聞いてみた。
「キハダがベイトのサンマを食いすぎてメタボになって上手く泳げないから簡単に釣り上がる。メチャクチャ脂乗って全身トロや!」とのこと。

行きます!

即答で返事(笑)
しかし予定していた初日は荒天中止。
仕切り直して12/12にキハダマグロ狙いに出撃!!

長野船長の話ではキハダのポイントは比較的沿岸部で沸くのを待つ間にジギングしたりするから全部持って来いとのこと。
全部?そう全部。
という訳でマグロ用タックル2セットの他にジギング2セットとタイラバ1セットも持ち込んでみました。

朝6時に周参見港着。
紀伊田辺インター付近通過時に車の外気温計は2℃を示していて「南紀も寒いやんけ!」と思ったのに周参見港は早朝6℃。 流石黒潮の影響エリアだけのことはあります。

ヌッシーの他に3名のお客さん乗せて第八大洋丸出撃!

出撃

周参見港周辺の水温は何と21℃。そりゃ温かいはずです。
早朝の気温は低いので海に飛び込んだほうが温かいって事になります。

取り敢えずグングン南下して串本沖へ。
海はベタ凪…
いや、ベタ凪ぎ過ぎるか?!
もうちょい波気が無いと魚からも船が丸見えです。

ベタ凪

でも波気が無いので快適クルージング。
天気も良いしメチャクチャ気持ちいいです。
船長は色んな情報源からマグロの位置を探ってくれています。
ヌッシー達も暇なので鳥の動きを見ていたら向こうの方に何か大きな波しぶき発見!!
すかさず急行してみると…



イルカ(コビレゴンドウ)の大きな群れでした。
メチャクチャ居ます。
魚が逃げ散るって事で釣り人には忌み嫌われるイルカ・クジラ類ですが、長野船長いわく「コビレゴンドウとキハダの混成ナブラもあった」との話で、実際ウィキペディアにもマグロと同じ海域で見られるとの記述もあって、ことマグロキャスティングに関してはそれほど気にしなくても良い存在な気もしますが…

ここから更に海はベタ凪で冬とは思えない鏡のような水面に…

ちょっとジギングしてみようとの事で串本沖でジグを投入してみますがサバが2匹釣れたのみ。

ちょっとタイラバしてみようとの事でタイラバQを投入してみますが入れるたびに何かにプチッと切られて即3つロスト(爆)

昼を回って今度は帰港する方向へランガンしながら動き出しましたが、お決まりの潮無し風無しな砂漠化!(笑)

どうしようも無いけど天気ええから気持ちえ〜なぁ〜
とノンビリしていたら串本大島辺りで突如バショウカジキの群れに遭遇!
そこかしこでジャンプしたりテイルウォークしてたりします!

おぉぉぉ〜ルアー投げねば〜!

長野船長のアドバイスでは「沈めたほうが良い(シンキング)、バショウはシングルフックのほうが良い、ベイトはサンマかダツ」とのこと。
シンキングなんて持ってきてね〜よ!あ、シブキがあった!
シブキにがまかつ新発売のリングドチューンド管ムロを付けてどりゃ〜〜!

しかし遠い…
1回だけすぐそば目の前でボコボコボコっと湧いたけどヌッシーはプラグが絡まってて投げられず…

バショウも静かになってまたランガンしながら周参見へ戻りますが、完全に風が止まって魚の反応無し。

そのうちに日も沈み…

どっぷり

竿の先も見えん!(爆)
ここで納竿、帰港18時!

長野船長遅くまでありがとうございました。
まぁマグロ狙いってこんなもんでしょ?(笑)

串本沖異常無しでしたっ!
パトロール終わりっ!

近畿圏としては近年最も有名なジギングチームと言っても過言ではないTEAM「ガチ」とジギング用品ネット通販最大手の「Amberjack」のコラボイベントGACHI × Amberjack WinterMeeting2016に参加してきました。

ガチ0

ヌッシーは今回も進行MCを仰せつかりましたが、まぁ大して役に立ってた訳でもなく…(笑)

今回の大会は緩い感じのクローズドイベント。日頃ガチと親交のある人達ばかり40人ほどで行う大会となりました。(参加したかった!という方ゴメンナサイね。ガチのどなたかを捕まえて仲良くなっておけば次回お声が掛かるかも?!)。
ガチと親交のある方は殆どヌッシーの知り合いでもあるのでヌッシーとしてもやりやすいです。

 今回の参加艇は K’sSEA PARADISESeaRIDE愁輝丸の4艇。
大会ルールはタチウオ狙いで一匹の重量で競います。他魚種の部門はエソはノーカウント。

ヌッシーはSeaRIDEさんのお世話になりました(いつもお世話になってますが(笑))。


状況としてはタチウオも楽観できる状況ではなく結構渋いとのこと。
まぁボウズは無いと思いますが厳しい戦いになりそう…

と思いきや着いて入れるなり女性アングラーお二方がポポーんとヒット!

ガチ1

ガチ5

カメラマン役のヌッシーは大慌て!
一通り撮り終えてジグを入れるなり皆さんポポーんポポーんとタチウオを釣られます。
釣りできひんやん〜!

ガチ2


ガチ4

ガチ3

スッカリ出遅れたヌッシー…
やっと釣れたのは風になびくサイズ(笑)
ガチ9

そうこうしているうちに大艫のチーム「フリーラン」リーダーの加太さんが何か大きいのヒット!
出た〜!F5クラス!
(指5本クラス)

ガチ6

 これはもしかしたら優勝かも?!
少なくとも優勝争いには絡むよね〜

その頃ちんまいタチウオを釣っては寄贈とリリースを繰り返していたヌッシーにもようやく小マシなタチウオヒット(笑)
しかしこれでは勝てん!(×ゲストは勝っちゃいけません)

ガチ10
 
お昼にはお弁当タイム。
加太さんが作ってくださった全員分のお弁当を頂きます。
これがあるからガチのイベントは好き!(笑)

お弁当

さて昼から後半戦!

それまで晴天で絶好の釣り日和でしたが午後に入ってから天気予報通り曇ってきて雨が振りそうな気配…

タチウオの食いも渋っていましたが、ここで船団を離れる選択をしたSeaRIDE船長の読みがあたってまたパラパラと釣れ出しました。

ガチ7

加太さんも良型追加!

ガチ8
1:30納竿!
港に戻って検量です。

結果発表!
1位 高田さん!(イトコー)K’s
2位 山本さん!(春陽軒)愁輝丸
3位 加太さん!(フリーラン)SeaRIDE
他魚 太田さん!(Bozles)SEA PARADISE

他魚の部門の太田さんは大塚さんと同寸同重量のハマチで争いジャンケンで決まりました。
何故ハマチ?!と思ったらSEA PARADISEさんは他魚狙いで橋脚に行っていたとのこと(笑)
この辺りの選択も面白いですね。

高田氏の優勝FISHは重量1020gのドラゴンでした。
加太さんのもデカイと思いましたがそれを上回ったお二人も素晴らしいです。

イトコー


形式的には大会ですが、みんなでワイワイ楽しく遊べた楽しいイベントでした。
ミリ単位グラム単位でシビアに争うのではなく親交を深める場として最高でした。
次回も期待してますよ!

最後になりましたが大会準備をしてくださったガチの皆さん ・参加人数分のお弁当を用意してくださった加太さん・協賛企業の皆さん・参加艇船長の皆さん・そして会場をお貸し下さった神戸苅藻マリーナさん、ありがとうございました!

集合写真

 

このページのトップヘ